Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年04月06日

写真にシャープネスはいらないみたい。

以前Lightroomばかり使っていたときには一律にシャープネスをかけていたのですが、

写真が硬くてきつすぎる印象がありました。


どうしてもシャープネスが必要だったら、部分補正ブラシでピント位置だけシャープネスを

かけるか、Photoshopでマスクを使いながらシャープネスをかけると、ずいぶんと

写真らしい雰囲気に上がることが分かりました。


以下の写真は解像度が800pxしかないため、ちょっと分かりにくいのですが、

シャープネスの代わりにコントラストが高いと、それなりに分かりやすく

なるようです。


無理なくコントラストを上げるには、やはりツァイスのレンズなど、高級レンズに

頼るのが一番きれいに仕上がります。(といつつ、下の写真はSIGMAのレンズだったりするw)


f:id:JJs:20150406220459j:image


f:id:JJs:20150406220457j:image

上2つはLightroomのみで調整


f:id:JJs:20150406220458j:image

Lightroomで調整後、FilmPack3で調整


トーンカーブをガチャガチャいじっても狙った通りにコントラストが得られないときには

FilmPackを使い、写真に合わせて、カラーレンダリングの適用度を上げ下げします。

ツルツルし過ぎると引っかかりがなくて味がなくなるので、ついでにフィルム粒状感も

入れてあげるとより立体的に見えます。


f:id:JJs:20150406220456j:image

Lightroomで調整後、FilmPackで調整、さらにPhotoshopで調整。



一番下の葉っぱの写真はちょっとやり過ぎなのですが(分かりやすくするためと言い訳)、

距離によってカラーを変えてあげると、葉っぱのようにごちゃごちゃした被写体でも

適切に距離を分離することができます。

Photoshopでレイヤーを重ねて、色を変えながらチョコチョコと距離感が出るように

仕上げていけばよいようです。

ミスしたときに戻すのが面倒臭くなるので、マスクをかけて、マスクをブラシで描きながら

地道に作業すれば、狙った通りにはなると思います。


まとめ

全体的にシャープネスをかける代わりに

彩度を上げる。

FilmPackのカラーレンダリングでコントラストを調整する。

補正ブラシで部分的にシャープネスをかける。

Photoshopのレイヤーで色調整したものを重ねながら調整する。


なるべくシャープネスを使わないようにすると写真っぽい(生っぽい)感じが残る。

2013年04月05日

つ、ついに3D表示に成功! Argyll CMSで生成した3D Gumatを表示させる

dispcal GUIで作ったICC profileを3D Gamutで見てみたい。

この機能についてはArgyll CMS公式以外ではいっさい見つからないが、公式はやばいほど分かりにくいw

f:id:JJs:20130405192353p:image

D

そこのカメラ好きの奥さん、この機能も無料で使えるよ!(謎


要点

dispcal GUIでディスプレイのプロファイルを作成。

ArgyllCMSの中にあるiccgamut.exeで3D Gamutファイルを生成。

webブラウザのプラグインで3d Gamutを表示!


使い方

c:\直下にすでにArgyll CMSがインストール(コピー)され、念のためPathも通っている

状態として以下。


環境光を測定する方法を以前紹介しましたので、

コマンドプロンプトとArgyll CMSの基本的な使い方は以下を参照ください。

Argyll CMSで環境光を測定する −演色評価数(Ra)や色温度も計れる! with ColorMunki Photo - JJsの日記


gamutを見たいICC プロファイルを以下からコピーする。

C:\Windows\System32\spool\drivers\color


そのICC profileを以下フォルダ内にコピー。

C:\Argyll_V1.5.1\bin


dispcalで作ったプロファイルは名前が長いので、

作業性向上のため、短い名前にリネーム推奨。


検索⇒cmdでコマンドプロンプトを起動

cd C:\Argyll_V1.5.1\bin

と打ってリターン。

f:id:JJs:20130405193318p:image

iccgamut -w プロファイル名.icm

でiccgamut.exeを-wパラメータ(オプション)付きで実行。


C:\Argyll_V1.5.1\binフォルダ内にプロファイル名.wrlというVRMLファイルが生成される。

これで3D gamutデータを手に入れることができました。


※-wを付けると、.wrlファイルを生成させる。このファイルだとVRMLソフトで開くことが

できるようになる。


3Dデータを表示させるプラグイン

.wrlというVRMLファイルを見るために、webブラウザで動くプラグインをインストールします。


Cortona3D Viewer

Windows

Cortona3D Viewer - Web 3D Products - ParallelGraphics

Mac OS X

Cortona VRML Client for Mac OS X - Web 3D Products - ParallelGraphics


「Install Cortona3D Viewer」をクリック。

32bit/64bitを選択してダウンロード。

f:id:JJs:20130405185936p:image


ダウンロードしたcortona3d_x64.msiを実行。Next。

f:id:JJs:20130405190308p:image

f:id:JJs:20130405190309p:image


お使いのパソコン(グラフィックボード)に合わせて DirectXOpenGLレンダリングを選択。

f:id:JJs:20130405190310p:image


Contona3Dをプラグインとしてインストールしたいブラウザを選択。

今回はInternet Explorer(IE10)を選択。好みでいいと思います。

f:id:JJs:20130405190311p:image


「Install」

f:id:JJs:20130405190934p:image


これでインストールが完了しました。

f:id:JJs:20130405190935p:image


Internet Explorerで見る

初回.wrlファイルをダブルクリックしても開かない場合があります。

先にIEを起動して開いておきます。

そこに.wrlファイルをドラッグ&ドロップします。

f:id:JJs:20130405191832p:image

ノ○ピーは関係ないんだからねッw


ダブルクリックで開かない原因はこれだね。

「ブロックされているコンテンツを許可」をクリック。

f:id:JJs:20130405192132p:image


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

f:id:JJs:20130405192352p:image

適当に触っていたら操作方法は分かると思いますので、思いっきりグリグリして

みてください。

明度低い裏側部分で凹みがある部分は、Profileで補正されている結果だと思われます。

やはり3Dで見たほうが明度軸もあるため、ICC Profileが何を表しているのか分かりやすいでしょう。


詳しくは以下を参照ください。

iccgamut

2012年11月07日

Google Chromeがついにカラーマネジメントに対応

Google Chromeがついにカラーマネジメントに対応したことを、

遅れながら今日知りました。


Chromeのバージョンが22以上から、カラーマネジメントに対応しています。

Chrome Color Management is Finally Working

Chromeは自動的にバージョンをアップデートしますので、知らず知らずのうちに

バージョンが22以上になっていると思います。


以下のページで、砂漠の写真が上下同じに見えた場合、使っているブラウザは

カラーマネジメントに対応しています。

Is Your Browser Color-Managed?


ついでにIE10でも見てみましたが、ちゃんとカラーマネジメントに対応してるようです。

これでFirefoxを使わなくても、ChromeかIE10でいいみたいですね。


Chromeに慣れ過ぎてIEをなかなか使う気にならないのですが、

レンダリング速度ならIEが体感的に早いので、IEのシェアは維持されそうです。


あと、IE6さん、そろそろ限界かもしれないです。アメリカだとシェア0.4%と

サポート打ち切りの対象に余裕で入ってます。

- Microsoft Edge Development



12月13日 追記


一口にICCプロファイルに対応していると言っても、ICCプロファイルは

V2とV4があります。

さらに一歩進んで、V4プロファイルに対応しているブラウザはどれかを調べてみました。

ICC profile v4に対応しているブラウザを探そう IE10, Chrome, Firefox, Safari, Photoshop, IE9, Win7-Safari - JJsの日記


Firefoxが適していたのはもう過去の話になるかも。

2012年10月26日

Windows 8 pro 64bit版とIETesterについて 今のところ相性が悪いようです。

起動して動かすことはできるが、IE9のタブのみクラッシュしてしまいます。

まだWindows8へ正式対応していないので、仕方ないですね。


不具合の動作をYoutubeにアップロードしました。

D

動作をみていると、どうもIE9をデフォルトと認識しているようですが、

実際のデフォルトにあたるブラウザはIE10なので、動作がおかしいのかもしれません。


IE10のレンダリング速度はかなり速く、Chromeが若干速度が低下したようにも感じるので、

使用感としてはIE10のほうが体感速度が速いです。

2012年02月29日

Youtbueで字幕を入れる―アノテーション機能

Adobe Premiere Elements 10での編集作業で、作業効率に直結するバグ&仕様が

多数あり、ヘトヘトになってしまったので、ある程度の完成度でYoutubeに

自作PCの動画をアップしました。


この時点ではまだ字幕がついておらず、動画を作った人にとっては

よく分かっていることでも、見た人にはさっぱりな部分が多かったと思われます。

確かYoutubeでも字幕入れられたはず、ということで、

探してみたら見つかりました。


「アノテーション」と呼ばれる字幕やインタラクティブな画面を

タイムラインを見ながら挿入できる編集機能です。

f:id:JJs:20120229002621p:image


「吹き出し」・「メモ」・「タイトル」・「スポットライト」・「ラベル」・「一時停止」

に分類されるアノテーションは、作業性が高く、直感的に字幕などを

配置できました。


Premiere elements 10での字幕入れ(タイトル)


基本的に「メモ」と呼ばれるものが字幕にあたり、Premiere Elementsではタイトルに

あたります。


タイトルに限らず、Premiere Elements編集作業中は、負荷がかかり過ぎの重さ、

いちいち画面が切り替わる面倒さ、レンダリングのやり直しが発生します。


Premiere Elementsのレンダリングは、今回制作したわずか14分程度の内容であっても、うちの環境の場合

1分〜5分ぐらいかかります。

それが編集作業中のバグ&仕様により、毎度毎度再レンダリングを強いられるので、

テンポよく作業ができません。


Youtubeでの字幕入れ

Youtubeで字幕を入れているとき、字幕の文字数が長くなった場合、「開始」と「終了」に

表示されている時間を調整して、表示時間を長くします。


すでに動画のほうは出来上がってしまっているので、「字幕の解説内容に該当する動画部分」の

表示時間が短すぎて、その表示時間内に読めるように字幕を入れるのが大変困難でした。


Premiere elementsでの編集であれば、動画を再編集して長くすればいいのですが、

youtubeにはそこまでの編集機能はありません。


画像のように密度を高くしてアノテーションを配置すると、削除したはずのアノテーションが

消えてなかったり、表示時間を調整しても反映されないバグがあります。


その場合は、一旦作業をやめ、しばらくしてから再度アノテーション編集画面に入ってから

やり直しをします。


そのような面倒さは残りますが、動作自体は軽く、直感的であるため、字幕の密度が

低ければ、サクサク作業をこなせます。

編集ソフトを使わずに、携帯などで撮って、すぐアップロードしたような動画の編集にも

ぴったりですね。