Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015年11月17日

Sony α99のカメラプロファイル Lightroom用(Camera Raw)を配布します。

Color Checker Passportを使ってカメラのプロファイルを作成しましたので、

これを配布したいと思います。主にポートレート関係だと効果が分かりやすくなっています。

Sony SLT-A99V.dcp 直

※名前は適当にリネームしてください。


Windwosだと以下の場所に上記からダウンロードしたファイルを以下に移動させます。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Adobe\CameraRaw\CameraProfiles


Lightroomを起動し、現像画面で「カメラキャリブレーション」項目からプロファイルを

ダウンロードしたファイルに変更すれば、適用されます。

f:id:JJs:20151117213307j:image


適用後はAdobe StandardやCamera Standardに比べて肌色のトーンがきれいに出て、

色が濃く乗ってきます。また赤色の発色がきれいです。

α99を使っていて、肌色に苦労していた方は使ってみてください。


ちなみにこのプロファイルはColor Checker Passportを用いて作成しました。

Profoto B1で白傘を使って日影にてフラッシュ撮影した際にカラーチェッカーを

写し込んで作成しています。

Yongnuoや純正のクリップオンストロボで白傘でバウンス撮影した際にも

だいたい同じカラーバランスになると思います。

適用後は好みに合わせて色温度や色かぶり補正を調整してください。

2015年09月25日

Capture One 8とsony α99との相性

去年の冬頃からCapture One 8 pro for Sonyを使っていますが、

Lightroomとは全くプロファイルの色が異なり、今まで撮影時の色が出ずに困っていた肌色が

撮影時の色にほぼ同じ色で出るようになりました。


Capture Oneのプロファイルはgenericとstandardの2つから選べますが、どちらもLightroomの

Adobe standardやcamera standard、camera portraitよりもきれいな肌色、色のバランスが

出ています。

なのでパンチが効いたレタッチをせず、素材そのままの色を活かすのであれば

やはりCapture Oneのほうがいいと感じています。


それからα99でも問題なくテザー撮影ができるので、ブツ撮りはグッと楽になりました。


色関係をCapture Oneでレタッチし、16bitのpsdファイルでPhotoshopにデータを渡し、

歪みツールや部分的なレタッチ、全体的な調整を行って完成です。


色で悩んでいたらCapture Oneは本当にお勧めです。

2015年05月08日

Lightroom6 アップグレード版の購入方法

Adobe Lightroom6が先月末に発売されました。一番安く購入できる方法はアップグレード版になるのですが、

Adobeのサイトからのみ購入することができます。


購入するためにはAdobe IDを作っておく(作る)必要があります。

アドビのサイトにアクセス。

アドビ公式サイト:クリエイティブ、マーケティング、文書管理ソリューション


f:id:JJs:20150508203727j:image

一番したの「製品」をクリック。


f:id:JJs:20150508203726j:image

製品一覧が表示されるので、Lightroom6を探します。

こちらで「アップグレード版」を選択し、所有している製品を選択、

カードに追加すれば、16,000円⇒9600円で購入することができます。



f:id:JJs:20150508204820j:image

もし、アップグレード版が表示されない場合には、アップグレード前の製品をAdobe IDに

登録しておけば、アップグレード版が表示されると思います。

2015年02月11日

Lightroom6は64Bit OSでリリース予定あり

Lightroom5はあまり魅力を感じる機能が追加されなかったので、導入を見送っています。

それにしても一向にLightroom6のリリースのアナウンスがなく、PhotoshopがCCのみになったように

Lightroomもクラウドのみになるのかと心配していましたが、AdobeのブログにLightroom6の準備は

進めているとの記事がありました。

Update on OS Support for Next Version of Lightroom


新しくカメラを買わない限りは問題ないので、もうしばらくLightroom6が出るのを待ってみようかと

思っています。

2013年12月30日

nexus7 色域対決2012 VS 2013 ディスプレイの美しさを比較してみた

同じ画像で比較

上がnexus7(2013)、下がnexus7(2012)。

f:id:JJs:20131229233728j:image


元画像。

f:id:JJs:20131229233923j:image

nexus7(2012)は白飛びが激しく、色が全体的に薄い。オレンジが黄色に近く、

エメラルドグリーンが水色に近い。全体的に色に深みがないのが分かります。

nexus7(2013)は諧調に優れ、色も元画像に近くなりました。


測定結果

以前nexus7(2012)の色域を測定しました。

Nexus7の画質をチェック 色域を調べてみる - JJsの日記


前回と同じやり方でnexus7(2013)の色域をチェック。

f:id:JJs:20131230100704j:image

「komado」はWi-Fiでパソコンのディスプレイに映っている画面をそのまま

nexus7に転送してくれます。やや遅延が見られるので、完璧に測定できていないかもしれません。


f:id:JJs:20131229232125j:image


f:id:JJs:20131229232128j:image


f:id:JJs:20131229232127j:image


f:id:JJs:20131229232126j:image


2013左と2012右を一覧で比較。キャプチャ時に

画面の大きさを揃えられなかったので、グラフの大きさから直接的に

色域のカバー率を比較できません。

f:id:JJs:20131229232521j:image

あくまでひとつひとつのグラフのsRGBの色域(点線で表示)との比較で確かめてみてください。


sRGBの色域カバー率は 75.6%⇒91.4% まで拡大。

AdobeRGBの色域カバー率は 52.8%⇒66.4%まで拡大。


sRGBの色域の広さに対しての面積比は80.0%⇒101.1%に拡大。

AdobeRGBの色域の広さに対しての面積比は55.1%⇒69.6%に拡大。


nexus7(2012)の色域カバー率が、安TNパネル程度しかカバーできておらず、色の表現が

いまいちだったのが、nexus7(2013)sRGB9割カバーとまずまずになりました。


nexus7(2012)がやや赤っぽい色味だったのが、nexus7(2013)はやや緑っぽい色に

なっています。(white pointのずれ)

最近のノートPCは色温度がsRGBの規定よりもやや高いものが多いので、

違和感を感じない人も多いかなと思います。


このデータには出ていませんが、色のトーンも改善され、滑らかなグレースケール表示も

可能となっています。


結論しては写真を見るなら断然nexus7(2013)ですね。

解像度は1280x800から1920x1200とが大幅に向上してますし。