Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016年06月21日

海外製のスマホを購入する

皆さまお久しぶりです。今日はSIMフリーの端末についてです。

現在iij mioのデータ通信専用SIM=3GB、972円/月と0SIM by So-net=500MB、0円/月の

SIMカードを使っていますが、先日nexus7 2013を落として壊してしまったため、

代替品を探していました。


日本製だと2016年なのに2013年製のnexus7よりもコスパがいいタブレットやスマホが

見つからなくてどうしてものかと悩んでいました。


ライティング機材はeBayなどを使って海外製品を輸入して使ってみて、それなりに満足していたので、

今回も海外で購入してみることにします。


条件

iijmioと0SIMのSIMカードが使えること。⇒NTTのLTEFOMA、できればフォーマプラスエリアに対応していること。

価格はなるべく安く。

GPS、バッテリー、CPU、RAMがよいこと。

Paypalでさくっと買えること。


補足

今年3月頃より円高傾向になり、1ドル100円に近付いてきました。1ドル120円の頃よりもぐっと

お得な時期になってきています。

海外で販売されているモデルはほぼ100%技適に適合しておりませんので、以下ほにゃらら…。

動作する・しないかはAndroidモデルの場合、言語設定を日本語に変更すればよいので、あとは

日本の電波(3G、LTE(4G))が入るかどうかがポイントになります。電源はUSB(microUSB)での

給電となり、付属の電源アダプターは使えないかもしれませんが、日本製のものを使えばOKです。


対応バンドについて

au、softbank系は今回は考慮しません。NTT系の回線を使っているiijmioと0SIMが使えるかどうかを

ポイントにしたいと思います。


購入検討対象となるスマホのスペック表を見て、

3G WCDMA 2100MHz(Band1)

4G FDD-LTE 800MHZ 2100MHz

があれば使えます。

フォーマプラスエリア(Band6)で動作するには、3G WCDMA 850MHzに対応しているものであれば

動く可能性があるようです。

W-CDMA「850MHz帯」対応端末は、FOMAプラスエリア(800MHz帯)を掴むのか?

ドライバの書き換えをして対応する可能性もありますが、リスクが高いです。

no title

動くかどうかを確認するには、購入検討対象となるスマホの型番で以下のサイトで調べます。

Will My Phone Work?

WillMyPhoneWork.net - Check if your phone works on a network


まれにAPNの設定が上手くできないスマホもあるようなので、上記サイトで調べても100%保証が

できないのが中華製品ですね。心配であれば型番で検索して日本で使っている人がいるかどうかを

確認してみましょう。


スペック

欲しいスマホは以下のサイトで調べます。

Cheap smartphone price comparison


こちらで条件を入れていきます。

Smartphone comparison Kimovil.com

スマホの動作が快適かどうかはAnTuTuというアプリで計測した数値で把握します。

自分が今使っている端末がAnTuTuでどれぐらいの数値かを把握すれば、

それよりも高い数値が出るものを買えば、より快適になりそうだなという予測がつきます。

AnTuTuはバージョンが変わると、以前のバージョンでの数値は直接比較ができなくなって

しまうことに注意。

nexus7 2013が約38,000だったので、それ以上のスペックを探します。

RAMは3GBは欲しいです。

などなど、色々と条件を入れていった結果、Bluboo Xtouch X500というモデルを選びました。

購入はGEARBESTのPaypal払いを選択。

GearBest: Online Shopping - Best Gear at Best Prices


届きましたらレビューします。

2014年01月06日

ピントチェックまでできる αでの撮影後プレビュー決定版 Nexus Media Importer

nexus photo viewerで激速画像プレビュー αで撮影後の確認ならこれ - JJsの日記

の続きです。400円弱でNexus Media Importerを購入しました。


nexus photo viewerでできなかったピントのチェック(拡大)や縮小が

ピンチアウト(指を広げる)操作で簡単にできます。

no title


次の画像への移動も楽ちん。


っていうか、なぜこれをお勧めするかというと、Sony αのRAWファイル

問題なく表示できるから。jpegじゃなくてもよい。これに尽きます。

あと、プレビュー表示するためにタブレットに画像をダウンロードする必要がありません。

プレビューが圧倒的に表示が早いです。


ケーブルで接続するのがちょっと面倒ですけど、これならポートレート撮影後に

モデルさんと一緒に確認するのに便利ですね。

プレビューするためにもうでっかいノートPCを持ち歩く必要もなくなります。


nexus7 2013ならsRGBカバー率約90%なので、表示できる色域を頭に入れておけば

おおよその色も把握できますね。


まとめ

圧倒的なプレビュー速度。枚数が多ければ多いほど有難味が湧きます。

滑らか、かつ自由な拡大縮小でピントチェックを素早く可能に。

7インチタブレットのFULL HD(nexus7 2013)なら背面液晶よりも解像度が上。画面も大きくて見やすい。

α55、α99のRAWファイルをそのまま表示できるのを確認済み。

Android ver4.42で動作確認済み。

※注 テザー撮影ができたり、OTGケーブルを挿しっぱなしにして撮影ができるわけじゃありません。


たぶんα使い以外の人でもかなり使えると思います。

Androidアプリではキヤノンが頭一つ抜けている感じでしたが、これでα使いの人も

撮影方法の幅が広がりますね。


そのうち動作レビュー動画を上げますね。


α99使いのカズさんもnexus7 2013推しなんだ。

D


今日nexus7用にキーボードをポチったのでこちらも後日レビューします。

2014年01月05日

まとまっていない記事

以下の記事はもう一回まとめ直すかもしれません。

バラバラに買うなりのメリットは使用可能時間が飛躍的に伸びること

ASTRO3E(モバイルバッテリー)とHuawei E355の組み合わせだと、24時間以上Wi-Fiの電波飛ばせるな、こりゃ。

nexus7のバッテリーのほうが先に切れます。なので、nexus7もモバイルバッテリーで充電すればOK。


車のシガープラグから給電

年明けは百均ごり押しですwこのへんの安いのは、突発的な電圧の変化で接続している機器が

ぶっ壊れる可能性があるのでお勧めはできないw

f:id:JJs:20140105234829j:image


これでnexus7をナビに使えるよ。でも通信しっぱなしだから通信制限にかかりそう。

20分のナビで15MBぐらい消費した。

途中でナビが切れたりすることはありません。

f:id:JJs:20140105234830j:image


タブレットやスマホから簡単にwebカメラの動画を見られる時代

それからqnapのVmobileの動作確認ができました。BIC SIM(IIJmio)の低速側でも表示されてびっくりですよ。

f:id:JJs:20140105233843p:image


適当な場所に置いてみたwebカメラの動画を、nexus7で見れました。

f:id:JJs:20140105233844p:image


速度はたったの0.22MB/sだけど、画質を一番悪い設定すればVmobileで監視も大丈夫。

f:id:JJs:20140105233845p:image


QnapのAndroidアプリでほぼ完全に外部からNASをいじれる

Qfileとかすごい。外からQnapにアクセスしてファイルのやりとりが簡単にできる。

WindowsのノートPCとか会社からno-ip使ってアクセスはしていたことがあるけど、

Androidタブレットからも簡単にアクセスできるとは驚きですよ。


とある可能性

OTGケーブル&SDカードリーダ&Androidで読み取った写真データをVPN接続とかで直接家のQnapにぶち込めるように

なればすごい楽ですね。まだ動作確認はしてないけど。

これでうまく行けば、県外(海外)に撮影に行って、車内でVPNで転送して、家まで運転している間に

NASへファイル転送が終わっているということになるな。できたら凄い!

SDカードも最小で済むし、消える心配もないのか。

その場合は格安SIMじゃなくて、転送量無制限のSIMが必要になるだろうけど。

(たぶん新聞社の方とはとっくの昔にされてるんでしょうけどね)

2014年01月04日

nexus photo viewerで激速画像プレビュー αで撮影後の確認ならこれ

300枚以上撮影した後、カメラの背面液晶で、一枚一枚画像を確認するのが

大変だなあと感じたことはありませんか?


20枚目あたりを見た後、180枚目に移動するのは本当に一苦労します。

例えばモデルさんに撮影結果を見せるのも、ダラダラと時間かかるのも

テンポ悪くて大変ですよね。


そんなとき、Androidタブレット機とOTGケーブル、カメラとパソコンを接続するUSBケーブルが

あれば、アプリで高速プレビュー表示ができるようになります。

f:id:JJs:20140104220636p:image


動画にまとめました

実際に接続して、nexus photo viewerを使ってみました。

プレビュー表示の早さは動画じゃないと伝わらないと思いますので

ご覧ください。

D

もちろん早回しはしてませんよ。


使い方

以下からダウンロードします。

no title

f:id:JJs:20140104200701j:image


OTGケーブルを用意します。これでタブレットとカメラが接続できるようになります。

f:id:JJs:20140104220919j:image

このケーブルは特殊だから、Amazonとかでしか買えないと思っていたが、

実は百均でも普通に手に入るのよね

でもAmazonでも150円ぐらいだから、手間賃と思えばいいのかな。


OTGケーブルとUSBケーブルを使って、タブレットとカメラを接続すれば、アプリが起動します。

f:id:JJs:20140104220918j:image


撮影後のSDカードをパソコンに読み込むときと同じ階層フォルダが表示されますので、

見たいフォルダを選択すればOK。

f:id:JJs:20140104221425p:image


nexus photo viewerだと拡大表示に制限があったり、拡大後に一覧プレビューに戻るのが大変。

制限なしで使えるようにするには、Nexus Media Importerという有料アプリを使えばいいみたい。

no title

2013年12月15日

α99のテザー撮影テスト

Sony Alpha Tethered Capture Plug-in for Lightroom 5 for Windows - DNA Software

こちらのLightroom4用プラグイン(DEMO)をインストールしてみて、

テザー撮影ができることが確認できました。

f:id:JJs:20131215202430j:image



PC側から操作できるのはシャッターのみで、絞りやシャッタースピード、ISOの

変更はできません。

カメラ側で絞りやシャッタースピード、ISOを変更した場合、

2,3秒ほど遅れてLihgtroom側に反映されます。


α99にSDカードを入れておかなくても、直接テザー撮影時に指定された

PC内のフォルダに記録されるので、データを移し換える手間がいりません。


撮影したデータがPCに反映されるまで5〜8秒ほどかかります。

デモ撮影の場合はjpegの縮小サイズのみテザー撮影可能で、DEMOと大きく文字が

入るので、事実上動作確認のみができます。


ノートPCと接続してブツ撮りするときに威力を発揮するプラグインだと思います。



それから、こちらのUSBホストケーブルを使ってnexus7と接続できないか

調査中。

Sony Alpha Tethered Capture for A99 from Android - DNA Software

D


DNA softwareに問い合わせしてみたら、フルスクリーンでアプリは表示されるけど、

画像のプレビューは長辺1080pxに縮小されるそうな。

α99の背面液晶は1,228,800画素だから、QVGA1280×960)程度は表示されるはず。

となると、背面液晶よりも解像度は劣る?

それにしても問い合わせて2時間以内に回答が返ってきてびっくり。