Hatena::ブログ(Diary)

JJsの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016年09月23日

α99II発表おめでとうございます! 今現在の制作環境について

少し記事を書くのが出遅れましたが、ついにα99IIが発表されましたね。

Sony launches new flagship ? A-mount camera, the ?99 II - Sony Corporation


これでAマウントは、プロサポート、それに相応しいフルサイズ機、レタッチは

Capture One Pro9 for Sonyと素晴らしい環境が揃いました。


そしてダメ押しにProfotoのAir remoteがソニーに対応したバージョンが出ます。

Profoto Air Remote TTL-S ? TTL & HSS for Sony

これによって、ポートレート撮影でもきちんとした環境で行うことができると思います。


現在のsonyフルサイズ機の制作環境について

本気でポートレートを撮りたい人にとって、ストロボの充電速度はかなり重要で、

ある程度の光量をシャッタースピードに合わせて連射するにはYongnuo YN560IIIなどの

クリップオンストロボでは無理でした。


Profoto D2という速射性に優れたモノブロックストロボが発表され、これまた話題になっています。

Profoto D2 ? 世界最速のモノライト:TTL搭載


現在使用しているProfoto D1でも十分な光量で連射撮影ができているので、

お勧めします。


レタッチについては、Lightroomのプロファイルがソニー機と相性が悪く、

Adobe Standardは少し赤っぽく、あまり透明感のないものでした。

Capture Oneを使えば、きちんとした色合いで肌色を表現できます。

Capture Oneは9になって、少し癖が強くなったため、風景、物撮りの場合、

Lightroomのほうが色が正確に合わせられることもあります。


撮影の前には必ずX-riteのColor Checker Passportでカメラのグレーバランスを取り、

その後カラーチェック用のチャートを撮影しておく必要があります。

f:id:JJs:20160920212151j:image


ポートレートの場合は商品撮影などとは違うので、最終的にはきれいに見える

肌色で調整できればOKだと思います。

色はCapture Oneで調整し、肌のレタッチ、シャープネス、最終調整には

Photoshopを使います。


ちょっと話が飛びますが、今現在は親指オートフォーカス、シャッターボタン半押しAFはオフにして

撮影しています。ポートレートでのジャスピンはEVFだと逆に解像度不足で狙いにくいし、

その部分が弱点でもあるなあと感じていますが、ずっと同じカメラにレンズを使っていると

慣れの部分でピントが合っている、合っていないが分かってくるものだと最近は理解しています。


最終的な仕上がりのかっこよさを求めるなら、ライティング時の露光量はほぼ遊びがなく、1/10EVで

調整できるProfoto D1のようなモノブロックが必要になるし、Photoshopできちんとしたレイヤー分解で

丁寧に仕上げていくのが必須です。


ずっと写真ばかりを見ていると、ついうっかりレンズやカメラ、レタッチソフトの特性を活かした撮影方法ばかり

思い浮かんでしまうので、他の分野の芸術作品を鑑賞して、そもそもの入りの部分で

何がきれいで、感動できるものがあるのかなあと考えることが大事だなあと反省しているところでした。


ライティングに関しては、絶対的な正解というものが分かりにくいです。

必ずしもレフじゃないとダメ、とかボックスじゃないとダメということもなく、同じような光の回り方が

できるライティングの組み方をいくつも試して覚えていくのが必要かなと思います。

部屋の広さや間取り、家具など周りの状況によって使える機材やディフューザーの種類が制約されるので、

手段はたくさんあったほうが楽ですね。

あとは撮影に慣れている人ばかりを撮るとは限らないので、ライティングのスウィートスポットが狭い

ビューティーディッシュはモデルさん限定で使い、大きめの傘でどこでもだいたいまんべんなく光が回る

ライティングで、撮影が初めての人を撮るなど、実際の運用方法で選んだりすることもあります。


マンガの描き分けと同じで、ガチガチのカッコよさを目指した撮影と、柔らかく優しく撮る撮影など

同じ被写体と全く違った雰囲気で仕上げてみるとか、そういったアプローチでいくつも試していると、

だんだんと撮影技術としての幅は広がってくると思います。


調味料を目分量で適当に入れちゃうプロの料理家がいないように、最初は地味なんですけど

被写体と自分の距離、ライトの光量、向き、被写体との距離を細かくメモしていって、

確実な再現性が持てるようにするのが、遠いようで一番の近道なんじゃないかなあ。

2015年09月25日

Capture One 8とsony α99との相性

去年の冬頃からCapture One 8 pro for Sonyを使っていますが、

Lightroomとは全くプロファイルの色が異なり、今まで撮影時の色が出ずに困っていた肌色が

撮影時の色にほぼ同じ色で出るようになりました。


Capture Oneのプロファイルはgenericとstandardの2つから選べますが、どちらもLightroomの

Adobe standardやcamera standard、camera portraitよりもきれいな肌色、色のバランスが

出ています。

なのでパンチが効いたレタッチをせず、素材そのままの色を活かすのであれば

やはりCapture Oneのほうがいいと感じています。


それからα99でも問題なくテザー撮影ができるので、ブツ撮りはグッと楽になりました。


色関係をCapture Oneでレタッチし、16bitのpsdファイルでPhotoshopにデータを渡し、

歪みツールや部分的なレタッチ、全体的な調整を行って完成です。


色で悩んでいたらCapture Oneは本当にお勧めです。

2015年04月06日

写真にシャープネスはいらないみたい。

以前Lightroomばかり使っていたときには一律にシャープネスをかけていたのですが、

写真が硬くてきつすぎる印象がありました。


どうしてもシャープネスが必要だったら、部分補正ブラシでピント位置だけシャープネスを

かけるか、Photoshopでマスクを使いながらシャープネスをかけると、ずいぶんと

写真らしい雰囲気に上がることが分かりました。


以下の写真は解像度が800pxしかないため、ちょっと分かりにくいのですが、

シャープネスの代わりにコントラストが高いと、それなりに分かりやすく

なるようです。


無理なくコントラストを上げるには、やはりツァイスのレンズなど、高級レンズに

頼るのが一番きれいに仕上がります。(といつつ、下の写真はSIGMAのレンズだったりするw)


f:id:JJs:20150406220459j:image


f:id:JJs:20150406220457j:image

上2つはLightroomのみで調整


f:id:JJs:20150406220458j:image

Lightroomで調整後、FilmPack3で調整


トーンカーブをガチャガチャいじっても狙った通りにコントラストが得られないときには

FilmPackを使い、写真に合わせて、カラーレンダリングの適用度を上げ下げします。

ツルツルし過ぎると引っかかりがなくて味がなくなるので、ついでにフィルム粒状感も

入れてあげるとより立体的に見えます。


f:id:JJs:20150406220456j:image

Lightroomで調整後、FilmPackで調整、さらにPhotoshopで調整。



一番下の葉っぱの写真はちょっとやり過ぎなのですが(分かりやすくするためと言い訳)、

距離によってカラーを変えてあげると、葉っぱのようにごちゃごちゃした被写体でも

適切に距離を分離することができます。

Photoshopでレイヤーを重ねて、色を変えながらチョコチョコと距離感が出るように

仕上げていけばよいようです。

ミスしたときに戻すのが面倒臭くなるので、マスクをかけて、マスクをブラシで描きながら

地道に作業すれば、狙った通りにはなると思います。


まとめ

全体的にシャープネスをかける代わりに

彩度を上げる。

FilmPackのカラーレンダリングでコントラストを調整する。

補正ブラシで部分的にシャープネスをかける。

Photoshopのレイヤーで色調整したものを重ねながら調整する。


なるべくシャープネスを使わないようにすると写真っぽい(生っぽい)感じが残る。

2015年02月11日

Lightroom6は64Bit OSでリリース予定あり

Lightroom5はあまり魅力を感じる機能が追加されなかったので、導入を見送っています。

それにしても一向にLightroom6のリリースのアナウンスがなく、PhotoshopがCCのみになったように

Lightroomもクラウドのみになるのかと心配していましたが、AdobeのブログにLightroom6の準備は

進めているとの記事がありました。

Update on OS Support for Next Version of Lightroom


新しくカメラを買わない限りは問題ないので、もうしばらくLightroom6が出るのを待ってみようかと

思っています。

2015年01月08日

写真のレタッチ

今年もよろしくお願いいたします。


いくつか写真をレタッチする上で、また考え方が変わってきました。


いじり過ぎない

基本的にレタッチをすればするほど、色が崩れたり、諧調が飛びやすくなるので、

レタッチが最小になるようにします。


シャープネスは本当に必要か?

写真全体に対してシャープネスをかける必要があることってほとんどないと思います。

写真全体がシャープだと、どこが主題なのか分からなくなるし、きつい感じがします。

シャープをかける前に、本当にシャープが必要なのかどうかを考える必要があるようです。


シャープが必要だと感じる場合、コントラストや彩度を上げることで解決することが

あります。エッヂがきつくなるよりはコントラストを上げてみるのも大事かなと。


どうしてもシャープが必要であれば、部分的に補正ブラシでかけるほうがいい。


焼き込みツールが大事

LightroomでもPhotoshopでもいろんなパラメータがあり、トーンカーブがありますが、

いじればいじるほど、諧調が失われ、画面が汚れていきます。

まず先にカメラキャリブレーションでヴィヴィッドが必要であれば、ヴィヴィッドを、

明るくしたければLightを、など諧調が壊れず、全体の色調・イメージが合うキャリブレーション

を適用しておきます。


主題の部分のトーンは撮影時にきっちりと撮っておく必要があります。

それでも写真っぽくならない場合に、全体を見ながら焼き込み、覆い焼きで調整したほうが

トーンが潰れずリアリティーが残ります。

コントラストを考えるとき、写真全体のコントラスト、部分・部分のコントラストを分けて

考えていくほうが、納得できる仕上がりになります。

主題の部分的なコントラストは諧調をきれいに残しつつ、周辺の背景は思いっきり黒潰しをしたり、

白飛ばししたほうが画面が整理されて、分かりやすいものが出来上がります。