地方在住オタの徒然記(仮)

オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト
  • JOSPのAmazonストア
  • 2006年08月18日 地デジが放送開始してチューナーもあるのに見られない人

    []というか「ネタ」

    原作者・天野こずえ氏もあまりの出来のよさに感涙したという、ARIAファンでなくともあまりの可愛さについ手が出したくなる逸品!

    感涙って! まあ、欲しくはなりますが。


    7月15日に、NHKみんなの広場 ふれあいホールで収録された公開番組「彩雲国物語の世界」の模様を、8月21日深夜と22日深夜の2日間にわたって放送する予定。

     「彩雲国物語」の魅力を、映像を交えながら番組に出演している声優のゲストとともにわかりやすく紹介。

    ゲスト 桑島法子/関智一/緑川光/檜山修之/タイナカサチ

    ここだけ見たいかな。


    技術が追いついたといいつつも、日本のCGは練り込み不足な面が多い気がするのだが。


     フジテレビプロデューサーの岡氏が、『うる星やつら』のプロデューサーも兼ねていたから、ある週だけ、番組を入れ替えようとしたのである。

    実現されていたらアニメ志に残る出来事であったことは確かだな。


    新訳ね……まあ、頑張ってくださいな。。


    実は行ったことがない人。


    これで麻雀でも覚えようかな。


    ヨドバシが出て、なぜラジオ会館が出てこない!


    終わるモノもあれば、始まるモノもあり。


    アホや。


    ちょっと和む。っていうか、リアルにいうと繋がりにくいサポセン多すぎで、

    繋がったと思ったら冷たくあしらわれるというケースを聞くことが多いですが。


    「勝てば官軍」というのは、全くその通りなんですが。


    政治的な理由と現実的な理由の混合と言ったところだろうが、

    個人的には高画質を追求したアニメがどっちで多くで出るか、ポイントはそこ。


    拙速よりも確実なバージョンアップをお願いします。


    一体どれくらいのサーバー環境で運営しているんだろうか、それが知りたい。


    「Googling:ググる」もGoogleが使用停止を要求しているというのも見かけたが、

    やり過ぎな様な気がしないでもない。


    ソニー炎上! がこうも見事に当てはまるとはw


    ビジネスPCだったら余分な常駐ソフト入ってないから、512でも大丈夫だろうが

    メーカー製のクリーンインストールでも700Mを余裕で超えていたからな。微妙。


    HDDクラッシャーが欲しいなと思った。


    タイのタクシン・シナワット首相は全国放送のラジオで、「このプロジェクトが完了したら」、タイのすべての小学生に支給対象を拡大すると発表した。同氏は、それぞれの生徒が「書籍の代わりに無料のコンピュータを手に入れる。書籍はコンピュータで探して読めるからだ」と語った。

    著作権的には危ない発言のような……。


    欲しい! と思ったが、1万9800円はなぁ。


    脱帽。そのバカさ加減にw


    ファミコン系ならZガンダムHOTスクランブル。

    エポック社カセットビジョンというのをそれ以前に持っていましたが。


    コンピューター系の人間としては、「ヴァイパー」と読むものとばかり。


    祈るとき、「アーメン」の代わりに「ラーメン」と言う。

    激しく意味不明。


    幼心にこの辺の問題を認識するきっかけとなったのは、

    「みゆき」だったような気がする三十路手前。


    その内、もっと増えそうな予感も……。


    見栄が命を救ったというべきか。


    3回アウト制は、施行されてない州なのかな。


    サービスが整っているというべきか。


    接点がまだ見えませんな。

    っていうか、この事件、犯人が検挙されるとは思ってなかった。


    日本においても、似たような傾向がありそうな気もしないではない。


    警備の意味が……。


    金持ちが私財でこれだけの額をポンと出すことが割と多いのがアメリカだ罠。

    その陰にスラム街とかもあるのがアメリカの面白いところだが。


    何らかの作用はあると思っていたが、問題は許容量と摂取間隔だ罠。


    作る前から分かりきっていたと思いますが。


    スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
    ゲスト


    画像認証

    トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/JOSP/20060818/1155831517