読書の羅針盤 〜 JV44の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

JV44による、読み捨て日記、かきなぐり感想サイトです。

ライトグリーン地のイタリック体部分は書籍中のあらすじを引用させていただいてます。

本サイトからのリンクは基本的に無断リンクです。問題等ありましたら、コメント欄にその旨お知らせください。

2008/04/04 (Fri)

とある飛空士への追憶

| とある飛空士への追憶を含むブックマーク

なんか色んなところで絶賛されているみたいだけど、個人的にはそれほどでもないかなと。まぁガガガ文庫で最高の一冊というのには賛同。

主人公2人の身分違いの恋は結構よかったけど、空戦やら飛行機に関しては、野暮ながら突っ込みながら読んでたし。とりあえず下駄ばきに突っ込み速度で負ける戦闘機って何だとか、逃げきることしかできないなら当たらない旋回機銃は下ろして速度と航続距離をかせぐだろうとか。空戦シーンがスゴイという人は「大空のサムライ」とか読んでみたらいいと思う。ラストの空戦なんか坂井三郎ガダルカナルで負傷したシーンを思い出したし。下駄ばきを主役にするんなら第二次大戦前の水上機全盛期あたりの設定の方が矛盾がなかったかなぁ。

真電は航続距離が長く、防御不足、主翼の強度不足の戦闘機ってことで零戦サンタ・クルスは高速化ギミック付きってことで紫雲(+彩雲?)がモデルなんだろうか?

関連:「飛行機なラノベ」を集めてみた(平和の温故知新)

大体リスト化されているっぽいが、塩の街が漏れてるかな。ハードカバー版はどうか知らないけど、文庫版のラストは空自所属の主人公がトムキャットで爆撃するという割とむちゃな感じ。

空戦シーンが好きなライトノベルは「シルフィ・ナイト」かな。デファイアントのあわれっぷりが沁みいってくる。翻訳ものであそこまでデファイアントの空戦シーンを描いたモノってあったっけか?

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫)

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/JV44/20080404/p3