カレーなる辛口Javaな転職日記 RSSフィード

2018年 06/07

「はじめてUNIXで仕事をする人が読む本」

仕事の基盤、UNIXの基本を身につける

UNIXの教育を受けないままIT業界に就職した人に最適な、仕事でUNIXを使うための最低限の基礎知識をまとめた教科書をお届けします。

新刊として入っていた.

あの本の第二版なのか同じ本なのか,まだよくわからない.


なお内容はタイトル通りの本で,今までUNIXを使ったことがない人が仕事で使う時に,オススメする最初の一冊としてはよくできてた.内容は広く浅くだが,初心者のとっかかりとしてはこんなもんだろう.

われわれは「いかにUNIX的であるか」を基準に選択することにした。UNIX的なオペレーションとは、CUICLI:Command Line Interfaceとも言う)でコマンドを駆使して行うものである。結果として、GUIベースのツールや、新しいツールの網羅ができず、新しいツールに興味津々の若い読者には、物足りない内容になってしまったかもしれない。

新しいツールの使い方に興味を持つ読者は、次々と現れる新しい書籍を読んでいただきたい。本書はそれらの書籍とは衝突しない。

古典的なUNIXのコマンドラインインターフェイスは、UNIXが作られて以来40年以上の間、使われ続けてきたのである。温故知新ともいうし、まずは古きをたずねてみてはいかがであろうか?

本書が対象とする読者は以下のような人である。

  • 情報系の学部2年生レベルのUNIX講義の内容を学びたい人。
  • 情報系の大学で学んだものの、ほとんどUNIXの教育を受けないまま、IT業界に就職することになった人。
  • 就職して2〜3年になるが、先輩から「こんなことも知らないのか」と叱咤されることがあるエンジニア。
https://tatsu-zine.com/books/hajimete-unix-shigoto

達人出版界の方に名前が出てるが,さて.


ついでにメモ.

https://www.oreilly.co.jp/books/9784873118444/

Wireshark本は,洋書ならいっぱい出てるようだ.

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/JavaBlack/20180607/p1