Hatena::ブログ(Diary)

Drop the Debt ! ジュビリー関西ネットワーク(Jubilee Kansai Network) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-05-12

【ご紹介】不当な債務帳消しニュースレター『でっと ばい Debt Bye!』の第三号が発行される

23:18 | 【ご紹介】不当な債務帳消しニュースレター『でっと ばい Debt Bye!』の第三号が発行されるを含むブックマーク 【ご紹介】不当な債務帳消しニュースレター『でっと ばい Debt Bye!』の第三号が発行されるのブックマークコメント

f:id:Jubilee_Kansai:20100512231755j:image


不当な債務帳消しニュースレター『でっと ばい Debt Bye!』の第三号が発行されました。

http://jdebt.socialforum.jp/

昨年12月のCOP15特集号です。リンク先から、DemocracyNow! JapanとDemocracyNow!のウェブサイトからの日本語および英語字幕の動画映像を見ることができます。

====

『でっと ばい Debt Bye!』第三号 目次

特集:COP15/エコロジカル・デット

▼[でっと ばい Debt Bye! 第三号をダウンロード!] (PDF 11メガバイト

http://socialforum.jp/debtbye/DebtBye03.pdf


・前書きに変えて COP15における気候債務と気候正義運動

・クリマフォーラム'09宣言 要約

「気候を変えるな。システムを変えろ」

ナオミ・クライン(著述家・ジャーナリスト) スピーチ

地球の運命は、気候正義を求める大衆運動にかかっている」

http://democracynow.jp/submov/20091211-2

エボ・モラレスボリビア大統領記者会見

「戦争に数兆ドルを費やす西側諸国が気候変動に100億ドルしか拠出しないのは恥ずべきことだ」

http://www.democracynow.org/2009/12/16/bolivian_president_evo_morales_shameful_for

エボ・モラレス インタビュー

「気候債務資本主義、なぜ気候正義法廷を求めるかを語る」

http://www.democracynow.org/2009/12/17/bolivian_president_evo_morales_on_climate

社会運動による共同声明

「ポスト・コペンハーゲンの気候変動緊急事態にいますぐ行動を!」

・「債務貧困、資源の呪い」

・ポール・マッカーティン(カトリックコロンバン会)

ハイチ大地震から債務帳消しを考える」

 ※"でっと ばい Debt Bye!"は債務帳消し問題を扱うニューズレターです。自由にダウンロードしてご利用いただけます。(※利用条件など)

http://jdebt.socialforum.jp/2009/07/blog-post.html


【このサイトについて】

 『でっと ばい Debt Bye!』は第三世界債務の完全な帳消しを求める日本の社会運動の協力によって発行されています。

 現在、以下の団体が編集に参加しています。

 ・債務貧困を考えるジュビリー九州

 ・ATTAC Japan 全国ネットワーク

 ・聖コロンバン

『でっと ばい Debt Bye!』はどなたでもダウンロード、印刷して自由に再配布していただけます。

また、『でっと ばい Debt Bye!』の一部の記事を機関紙などに転載される場合は

非営利機関の媒体の場合

 ・出典を表記すること(『でっと ばい Debt Bye!』の名前と、このサイトのURL"http://jdebt.socialforum.jp/"を必ず記載して下さい)

 ・改変しないこと

 を守っていただければ、自由に転載していただけます(その際は、ご一報いただければなお幸いです)。

営利機関の媒体の場合

・"jdebt[at]socialforum.jp"までご相談下さい。

な 2011/01/24 23:02 先進国が発展途上国の資源を奪って成長してきたという主張が間違っているという気はありませんが、それは一面的な見方にすぎません。
グローバル化が進んだことで貧困は減少し、1970年代には全人口の3分の1が極度の貧困にあえいでいましたが、現在では全人口の6分の1までその割合が減少しました。
そして、その過程で豊かになった国はあれども貧しくなった国はほとんどありません。
現在の世界はwinner all takesではなく、すべての人がwin-winの関係になれるというのが信じずなのです。
詳しくはジェフリー・サックス著「貧困の終焉」(早川書房)を参照してください。