東京永久観光 & 迷宮旅行社 タグ分類(2007年7月まで)

2007-00-00

[][]

彬子さま

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070709

 皇室セカイ系 東浩紀『ゲーム的リアリズムの誕生』 

[]

デジたること

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070704

 美崎薫『デジタルカメラ2.0』

[][]

読書と無読書のあいだ

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070628

 福岡伸一『生物と無生物のあいだ』 ドミナント・ネガティブ

[][]

年金の長いトンネルを抜けると選挙であった

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070623

 金谷武洋『日本語に主語はいらない』『日本語文法の謎を解く』

[][]

小説と無小説のあいだ

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070619

 福岡伸一『生物と無生物のあいだ』

[][]

昭和の息子として

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070617

 宮部みゆき責任編集『松本清張傑作短編コレクション』

[][][][]

言語の起源と進化(ズバリその話)

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070616

 シリーズ進化学第5巻『ヒトの進化』から岡ノ谷一夫「言語の起源と進化」

[][][]

舞いミク

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070606

 増田直紀『私たちはどうつながっているのか』

 スモールワールド スケールフリー

 クラスター ハブ

[][][][][]

存在と時間と癌

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070517

 筑紫哲也 癌の確率・死ぬ確率 『ヤバい経済学』 健康診断

 ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』

 『西洋哲学史 近代から現代へ』 ハイデガー

[][][]

林屋三昧

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070516

 ヨガ8段階 英会話 辺見庸『自分自身への審問』

 I haven't understood God yet. But I'm searching God.

 

[][][][][]

大河エッセイ「私たち人類は本当に遠くまで来たね」

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070429

 人類のはじまり 道具のはじまり 言語のはじまり 文字のはじまり

 『人類進化の700万年』『銃・病原菌・鉄』

[][][][]

『ニッポンの小説』 もう何も生えないのかというと…

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070417

 高橋源一郎『ニッポンの小説 ―百年の孤独』 否定神学

 ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』

[][][]

所有と国家のゆくえ

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070414

 稲葉振一郎・立岩真也『所有と国家のゆくえ』 市場経済と財の分配

[][][]

私も東京から考える

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070407

 東浩紀・北田暁大『東京から考える』

 郊外化 ポストモダン社会の条件 新しいナショナリズム 都市共感のバーチャル化

[][][]

無題

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070311

 熊野純彦『西洋哲学史―古代から中世へ』 池田晶子『2001年哲学の旅』

[][]

無知の無知

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070309

 熊野純彦『西洋哲学史 古代から中世へ』

 

[][][]

幸田文『みそっかす』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070308

 『東京タワー』

[][][]

理解の累積淘汰〜ドーキンス『盲目の時計職人』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070303

[][][][][]

誰が読んでも娯楽でなし

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070225

 中原昌也「誰が見ても人でなし」 毎日新聞「ネット君臨」

[][][][]

ウィキペディアの乱

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070223

 『グーテンベルクの銀河系』 

[]

読んだ、読んだ、読んだ

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070123

 以下感想ほとんどなし:入不二基義『相対主義の極北』 遠山啓『無限と連続』 レイコフ『認知意味論』『レトリックと人生』 田川建三『イエスという男』 サール『マインド 心の哲学』 池田清彦『新しい生物学の教科書』『構造主義と進化論』 ケストナー『飛ぶ教室』 イポリト・ベルナール『アメリ』 カフカ『失踪者』

[][][][][][][]

言語について素朴に考える (3) 〜インターネット言語そして音楽〜

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070115

 iTunes 音楽ゲノム計画パンドラ 筒井康隆『パプリカ』

 

[][][][][][][]

言語について素朴に考える (2)

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070113

 言語・数学・論理 『2001年宇宙の旅』 

[][][][][]

言語について素朴に考える(1)

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070110

 ディーコン『ヒトはいかにして人となったか』 人間の言語はシンボル

[][][][][][][]

あけましておめでとうございます

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20070101

『InterCommunication』池上高志+鈴木健 チューリングマシン アフォーダンス 安冨歩『複雑さを生きる』

2006-00-00

[][][]

年越し前やっとゴミだし

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20061231

「カラマーゾフの兄弟」『旅芸人の記録』『アンゲロプロス 沈黙のパルチザン』 田中小実昌「ポロポロ」 絲山秋子「エスケイプ/アブセント」「袋小路の男」 高橋源一郎『一億三千万人のための小説教室』 太宰治「女生徒」 川上弘美『溺レる』

[][][]

カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20061217

 グレッグ・イーガン『しあわせの理由』

[][][][]

小説の人間原理 〜 佐藤友哉「1000の小説とバックベアード」

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20061211

 高橋源一郎のインタビュー(文藝06年夏号) ライトノベル 『ファウスト』 動物化する小説? 『日本文学盛衰史』

[][][][][]

高橋源一郎のボケとツッコミ

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20061209

 高橋源一郎のインタビュー(文藝06年夏号) 「ニッポンの小説」 文学のコード 伊藤たかみ「貝からみる風景」 中原昌也「誰が見ても人でなし」 小島信夫『残光』 二葉亭四迷 ブコウスキー『パルプ』 『働くおっさん劇場』 保坂和志

[][][][][][]

気づくことも説くことも難しいが

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20061202

 マイケル・トマセロ『心とことばの起源を探る』 テレンス・W・ディーコン『ヒトはいかにして人となったか』

 絲山秋子「エスケイプ/アブセント」 保坂和志「小説をめぐって28」

[][]

世界には頂上と裾野がある

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20061127

 ウィリアム・H・マクニール『世界史』 山川出版『詳説世界史』

 フラット化する世界

[][][]

阿房計画

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20061125

 『インド夜想曲』

[][][][]

バーザールでごーざーる 

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20061028

 安冨歩『複雑さを生きる やわらかな制御』 『インターコミュニケーション』

[][]

読書週間の標語が「しおりいらずの一気読み」だそう

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20061027

[][][]

昭和史のスタンダード?

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20061016

 半藤一利『昭和史 1926-1945』 北朝鮮制裁決議

[][]

あちらの頭がおかしいわけでないなら、こちらの頭が足りないのだ

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20061015

 現代思想「脳科学の未来」 郡司ペギオ幸夫『生きていることの科学 生命・意識のマテリアル』 柄谷行人 『InterCommunication』郡司ペギオ幸夫×保坂和志

[][]

論理学 知らずに死ぬのか

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20061008

 野矢茂樹『入門! 論理学』『論理学』 不完全性定理 地球外知性

[][][]

村上春樹いろいろ

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20061004

 『1973年のピンボール』 『文学界』「世界は村上春樹をどう読むか」

[][][]

利己的な遺伝子

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060916

 リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子』 ミーム 進化の単位 『講座 進化1 進化論とは』(柴谷篤弘 長野敬 養老孟司編) 池田清彦

[][][]

頭に効く薬(それは本?)

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060830

 『遺伝子が明かす脳と心のからくり』

[][][][][][]

青年的

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060728

 石川啄木『ローマ字日記』 ニュース23のテーマ「to U」 日本文学盛衰史

[]

最近読んだ思想本

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060725

 難波江和英・内田樹『現代思想のパフォーマンス』 檜垣立哉『生と権力の哲学』 参考→蓮實重彦『物語批判序説』、柄谷行人『日本近代文学の起源』

[][]

レン・フィッシャー『魂の重さの量り方』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060714

[][]

藤原新也『印度放浪』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060707

[][]

『眼の誕生〜カンブリア紀大進化の謎を解く』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060705

[][][]

ボールとは何か、言語とは何か

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060702

 大堀寿夫『認知言語学』 ライカン『言語哲学』 ウィトゲンシュタイン『哲学探究』

[][][]

大江健三郎『憂い顔の童子』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060526

 関連で村上春樹

[][][]

『ダ・ヴィンチ・コード』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060522

 関連『三日月情話』

[][][][]

経過報告(追加あり)

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060510

 大堀寿夫『認知言語学』 メタファー レイコフ

[][][][]

早々とスイカを食べる

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060424

 チャオプラヤー 高架式の電車 ウィークエンドマーケット 金の移動

 村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』

 

[][][][]

ネットしにきたわけではないが

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060423

 世界のグローバル化と多様性、村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』

 

[][]

無為徒読

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060317

 飯田隆編『論理の哲学』 野矢茂樹『論理学』  佐藤良明『ビートルズとは何だったのか』 岡田暁生『西洋音楽史』

[][]

いくつか本も読んだ

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060311

 ジム・クレイス『死んでいる』 asin:4560071489

[][][]

砂粒であるより粉雪でありたい

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060128

 谷崎潤一郎『細雪』 近代的自我の来し方と行く末

[][][][][]

芥川株

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060121

 絲山秋子「イッツ・オンリー・トーク」 六本木のIT長者と蒲田の芥川賞作家 東野圭吾『白夜行』

[][][][][]

あなたは香田さん以外の誰について詳しく知りたいですか

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060113

 下川裕治『香田証生さんはなぜ殺されたのか』 自分探しのアホ、金儲けのアホ 国末憲人『自爆テロリストの正体』

[][][][][][]

正月早々、でもないか、もう

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20060106

 ファン・カルロス・ゴメス『霊長類のこころ』

2005-00-00

[][][]

少しでも書きつけたから、これで年越し

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20051230

 今年の3冊?

[][][]

見きわめるべき困難が見えているか

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20051126

 東浩紀編著『波状言論S改』 ネオリベ

 杉田俊介『フリーターにとって「自由」とは何か』

[][][]

私の情報感染にもタミフルを

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20051123

 ダンカン・ワッツ『スモールワールド・ネットワーク』

[][][]

神の手抜き?

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20051105

 歯周病 ID論 ジョージ・C. ウィリアムズ『生物はなぜ進化するのか』

[][][]

要するに小説は面白いということ

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20051022 

 ギュンター・グラス『ブリキの太鼓』 『考える脳 考えるコンピューター』

[][]

スティーヴ・エリクソン『黒い時計の旅』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20051016

[][]

読書の秋

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20051012

 スティーヴ・エリクソン『黒い時計の旅』 ネオリベ

 

[][][][]

ジェフ・ホーキンス『考える脳 考えるコンピューター』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20051011

 記憶と予測 知能のシーケンス性と階層性

[][][]

つまらない小説はすべて一様につまらないが、おもしろい小説はどれもそれぞれにおもしろい 

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20051006

 ウィリアム・フォークナー『響きと怒り』 世界遺産ベスト30

 

[][][]

腐敗も発酵もしない

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050929

 マックOS10 iTunes 検索 前野隆司『脳はなぜ「心」を作ったのか』

[][][]

バカ社長みたいな「私」

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050923

 前野隆司『脳はなぜ「心」を作ったのかー「私」の謎を解く受動意識仮説』

 『ロボットのこころ』

[][][][]

ウクライナ96年、奇妙な日々

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050921

 アンドレイ・クルコフ『ペンギンの憂鬱』 ネオリベ

[][][]

じゃ、そろそろ、まとめに入ろう(4)

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050812

 総合的に考える〜数は実在するのか

 ジョン・D・バロウ『宇宙に法則はあるのか』

[][][]

じゃ、そろそろ、まとめに入ろう(2)

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050726

 総合的に考える〜地球外文明の可能性

 スティーヴン・ウェッブ『広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由』

 松井孝典『宇宙誌』

[]

 なつはずかし

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050718

 NHK漫画夜話 永島慎二

[][]

あなたが左ならわたしは右

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050712

 高野陽太郎『鏡の中のミステリー』

[]

Reading Baton

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050625

 好きな作家 よく読むまたは思い入れのある本

[][]

平山瑞穂『ラス・マンチャス通信』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050610

[][][][][][]

旅の回想というより、回想という旅 

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050521

 池谷裕二『進化しすぎた脳』

[][][][]

マーク・ブキャナン『複雑な世界、単純な法則 ネットワーク科学の最前線』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050507

 スモールワールド べき乗則

 アルバート・ラズロ=バラバシ『新ネットワーク思考』

[][][]

『白鯨』にも出てくるケープコッドは千葉にあった

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050501

 東京ディズニーシー ニセ観光 メタ観光

 『千と千尋の神隠し』 江戸川乱歩「パノラマ島綺譚」

[][]

この世は小説と小説以外で出来ている(のかも)

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050415

 保坂和志『書きあぐねている人のための小説入門』

[][][][]

エゴイスティックに自分らしさを貫く生活がしたい

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050414

 池田清彦『やがて消えゆく我が身なら』

[][][]

島国ブログ

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050331

 北田暁大/東浩紀トークショー 『嗤う日本の「ナショナリズム」』 

[][]

青木淳悟『四十日と四十夜のメルヘン』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050327

[][][][]

酔狂としての感動

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050326

 北田暁大『嗤う日本の「ナショナリズム」』 東浩紀の反応

[][][]

病気はお前だ

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050319

 本橋哲也『ポストコロニアリズム』

 スピヴァク『サバルタンは語ることができるか』 保坂和志『明け方の猫』

[][][]

滑空する評論

http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050318

 仲俣暁生『極西文学論』 サイモン&ガーファンクル「アメリカ」

[][]

小説の滋養強壮ドーピング

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050315

 ジョン・アーヴィング『 ガープの世界』

[][]

松本清張『点と線』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050305

[][][]

戸田山和久『科学哲学の冒険??サイエンスの目的と方法をさぐる』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050304

 科学的実在論

 ジョナサン・カラー『文学理論』 野矢茂樹『無限論の教室』

[][][]

これが、戦争なんだね …違うよ!

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050228

 三崎亜記『となり町戦争』(小説すばる新人賞)

[][][][][]

脳は文法を知っている

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050227

 http://www.mayQ.net/sakai.html(全文)

 酒井邦嘉『言語の脳科学』 チョムスキー

 スティーブン・ピンカー『言語を生みだす本能』

『最新脳科学?心と意識のハード・プロブレム』

[][]

ジリリリンと鳴る電話の音が懐かしい

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050205

『Style of comedy 桑原茂一のスタイルのあるコメディ』

 スネークマンショー

[][][]

ベストアルバム、超絶リミックス

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050120

 坂本龍一『UF』

『定本 柄谷行人集2 隠喩としての建築』

 東浩紀『存在論的、郵便的』

[][]

無茶苦茶を貫く根拠はないがとりあえず貫く

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050112

 町田康『パンク侍、斬られて候』 テロ

2004-00-00

[][][]

正月の仕込み

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20041223

『吾輩は猫である』

[][][]

〈私〉のバージョンアップ

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20041220

 永井均『私・今・そして神 開闢の哲学』『〈子ども〉のための哲学』

 中島義道

[][][]

『電車男』に注目するのは…

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20041217

[][][][]

融通無碍か、むげなる融通か

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20041216

 日本の15歳 読解力低下 倫理研 第1回議事録 『電車男』

[][]

青木淳悟「クレーターのほとりで」

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20041211

[][][][]

クオリアと意識の謎(茂木健一郎さんの話をめぐって) 

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20041209

 http://www.mayQ.net/qualia.html(全文) 

 茂木健一郎『脳内現象』

 養老孟司の『唯脳論』 リタ・カーター『脳と意識の地形図』

 トマス・ネーゲル『コウモリであるとはどのようなことか』

[][][]

生はヒリヒリむずがゆい 鴨志田穣&西原理恵子『最後のアジアパー伝』 

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20041110

『サラエボ旅行案内』

[][][]

働けど働けど…、というか、働くほど働くほど…

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20041028

 渋谷望『魂の労働』 斎藤貴男『安心のファシム』『R25』

[][][]

「電車男」は、ことしの流行語大賞になるかも?

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20041024

[][][]

誰がそれを読んでいるのか

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20041017

 記号としての意味から情報としての意味へ 

 石田英敬『記号の知/メディアの知』

 パース 郡司ペギオ幸夫

 

[][][][]

ジルベルト、宮部みゆき『模倣犯』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20041014

 

[][][]

宇宙はモノではなくコトである

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20041009

 竹内薫『世界が変わる現代物理学』

[][][]

PKを外してしまったような人生?

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20041007

 飯田泰之『経済学思考の技術』

[][][]

六本人 歩く

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20041003

中島義道『どうせ死んでしまう……』

[][]

村上春樹『アフターダーク』 抽象問題の抽象解決

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040925

 http://www.mayQ.net/afterdark.html(全文)

[][]

人類の進歩と難儀

 ジョナサン・カラー『文学理論』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040920

[][]

日本恋愛大賞

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040918#p1

 島田雅彦『彗星の住人』

[][][]

書を捨てよ、ネットにこもろう、田口トモロヲ

http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040915

『広告批評』高橋源一郎が若手作家5人にインタビュー

 大岡昇平「俘虜記」「野火」

[][][]

リチャード・E・ニスベット『木を見る西洋人、森を見る東洋人』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040913

[][][][]

世界を正しくやりくりするために

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040910

 岩井克人 グローバリズム 言語と貨幣=外部の媒介

『インターコミュニケーション』 『貨幣論』

[][]

テクノロジーやばい

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040908

 福田和也『イデオロギーズ』

[][][][]

心悩問題じゃなくて…

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040907

 山本貴光&吉川浩満『心脳問題』

 《わたしたちはいまだに持続そのものを適切にとらえる言語をもっていない》/ただし実は、自然や身体そのものだけが「持続」しているのであり、言語や科学も、人間の心も、あらゆる生物の意識も、いずれも「持続」ではなく「分節や表象」として生じてきた、のでは?

[][][]

仲俣暁生『ポスト・ムラカミの日本文学』

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040831

 保坂和志「小説をめぐって」

[][][]

Welcome to

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040817

 ジョン・アーヴィング『ホテル・ニューハンプシャー』

 伊坂幸太郎『重力ピエロ』

[][][]

夏バテの果て

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040816

 舞城王太郎「ドリルホール・イン・マイ・ブレイン」「好き好き大好き超愛してる。」

[][]

朋輩!

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040717

 モブ・ノリオ「介護入門」(芥川賞)

[][][]

小説いろいろ

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040716

 柄谷行人・福田和也の対談

 保坂和志『小説の自由』

 舞城王太郎 東浩紀「メタリアル・フィクションの誕生」

[][]

感想の始まる前の長い長い話

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040622

「電車男」 『本格小説』

[][]

久々

http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040619

 森本浩一『デイヴィドソン 「言語」なんて存在するのだろうか』

 野矢茂樹『哲学・航海日誌』

 他人と言葉が通じる不思議さ

[][]

本格読書

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040530

 水村美苗『本格小説』

[][]

それに比べりゃ1000字たらずの冗長など

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040529

 水村美苗『本格小説』

[][]

メッタ義理

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040519

 矢作俊彦『ららら科學の子』が三島賞

[][][][]

払ってますか?(近ごろの挨拶)

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040504

 なんで屋 村上春樹『1973年のピンボール』

[][][]

この世は無駄に満ちている

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040416

 内田百間『百鬼園随筆』 金なくて長生き

[][][][]

宇宙も思考も晴れ上がりそうで、なかなか

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040407

 池田清彦 佐藤勝彦『宇宙96%の謎』

 斎藤慶典『デカルト??「われ思う」のは誰か』

 東浩紀『存在論的、郵便的』 デリダ

[][][]

科学の素、科学論の素

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040402

 池田清彦『科学とオカルト』

 稲葉振一郎『経済学という教養』 北田暁大『責任と正義』

[][][]

小説その不可能性の中心?

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040324

 星野智幸『ロンリー・ハーツ・キラー』

[][]

なぜこんな本を読まなくてはいけないのか

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040312

 北田暁大『責任と正義』 最後まで熟読

[][][][]

虚構の果てのサウンド

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040226

 坂本龍一『CHASM』『スムーチー』

 大澤真幸『虚構の時代の果て』 9.11 サリン事件

[][][]

ヘレン・ケラー再び

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040222

 スーザン・シャラー『言葉のない世界に生きた男』

 人間は言葉なしに思考できるのか

[][][]

数学とは何か(というほどのこと)

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040218

 http://www.mayq.net/mugennohate.html(全文)

 足立恒雄『無限の果てに何があるか』『√2の不思議』

 

[][]

あの気持ち

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040209

 綿矢りさ『蹴りたい背中』(芥川賞)

[][]

きれいな戦争、きたない平和

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040207

 http://www.mayq.net/tadashiisensou.html(全文)

 藤原帰一『「正しい戦争」は本当にあるのか』

[][][]

論争の果てに何かあるか

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040202

 足立恒雄『無限の果てに何があるか』

 数学そして議論における公理系 数は実在か

[][]

経済大盛りつゆだく

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040201

 http://www.mayq.net/keizaigakutoiu.html(全文)

 稲葉振一郎『経済学という教養』 マルクス葬送?

[][][]

青汁

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040127

 雑誌『SIGHT』 音楽と並ぶ政治・経済 

 イラク戦争 稲葉振一郎『経済学という教養』 

 

[][]

難解の果てに何があるか

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040123

 中道やや左 中級やや難

 島田雅彦『無敵の一般教養』 足立恒雄『無限の果てに何があるか』

[][][]

今見たばかり

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040122

 侯孝賢(ホウ・シャオシェン)『恋恋風塵』(戀戀風塵)

 四方田犬彦『電映風雲』

[][]

アサヒコム「 作家に聞こう」に乙一が登場

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040114

[][][]

阿部和重『シンセミア』 写実、叙述、呪術 ? 

 http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20040113

 http://www.mayq.net/sinsemillas.html(全文)