Hatena::ブログ(Diary)

JunsNote このページをアンテナに追加 RSSフィード

★目次★.. ★写真★.. ★SuperPC_JUNS★.. ★JUNS ポームページ★

2010-01-02 2010年 PC JUNSの目標

PCオーディオとCUDA

f:id:JunsNote:20100102175452j:image

http://www.juns.jp/

あけましておめでとうございます

ある年齢から正月の特別加減はずいぶんと少なくなりましたが

今年なにか違います、こんなに新年に対して緊張するのは珍しいです

SUPERMICRO日本代理店のサンウェイ小川さんから来年のカレンダーを頂いたのですが

一月はGPUでした

f:id:SuperPC_JUNS:20100102171302j:image

これだと分かりにくいですが1月の写真は1UラックにTeslaが入ってます

パンフレットから分かりやすい1月と3月の写真が掲載されたページを見ると

f:id:SuperPC_JUNS:20100102174128j:image

なんか、今更ながらに衝撃でした

遂に始まったんだなと・・・

何か示唆がある気がしてページをめくると

f:id:JunsNote:20100102174050j:image

次世代オーバー10Gネットワークアダプタ

f:id:JunsNote:20100102174113j:image

2.5インチ・そのままSSDもさせそうなネットワークストレージ

つまり

1.GPGPU

2.10GbitオーバーNIC

3.2.5インチ・SSD対応超高速NAS

この3つの足並みが揃うと大変な事が可能になる

分かりやすいところでは演算というコンピュータの核がCPUからGPUに代わる

GPUはCPUと比べてSLIのごとく物理的に枚数を容易に増やせる

複数枚のGPUを用れば一気に演算能力が10〜1000倍くらいはね上がる

それを10Gbitオーバーのネットワークが支え

HDDとSSDコンパチブルな2.5インチアレイ超高速ストレージがまとめる

SUPERMICROのNICは光なので40Gbpsもある

つまり一秒に4Gbyteもやり取り出来る計算だが

実際にはintelのイーサ互換10Gbitが普及するでしょう

今の設備に容易に入れるからそれが望ましい

10Gでも一秒に1Gbyteも送れる(TCPIPとかのオーバーヘッドでここまではいかないが)

1Gbyte/秒とは16台のHDDをRAID0で組んでやっと可能になるほどのものすごい速度だ

それを10本巧く使えば10Gbyte送れるとなるともうPCのバスと変わらない

SSDを24台RAIDで組めばやはり10Gbyte/秒くらいやり取りできるだろう

つまりLANでCPUとGPUとストレージを分散出来る時代が来た

そしてキーボードやプログラムの順序を制御するのはCPUだが演算はGPUでやる

つまりCPUはI/O処理が主な仕事になる訳だ

こんな事は8800GTXが出た当時から予感されていた事だが

SUPERMICROの巻頭ページにCUDAが掲載されるというのは

現実に需要と注目が高まっていると考えて間違いない

今年はAdobeやAutoDeskなトップアプリケーションベンダーがCUDAにネイティブ対応してくる

ゲーム以外でRadeonを選ぶ理由は無い、またFermiを待つ必要もない

殆どのアプリはG200を基本にCUDA対応を進める

正確に言うと大量に存在するGTX295/285/275/280/260/QuadroFX5800/4800/CXのユーザーを無視できるわけがない

intelに変わってPC界の王者になりたいNVIDIAにとってはG200を使っている顧客は最大の武器になるのだから

個人的にはGTX275かQuadroFX4800を勧めるが、GT210以上である事は必須、オンボードグラフィックはOffice専用だ

CPUには春に出る『Gulftown』という最後の武器があり注目もしているが

これは、むしろDualXEONのマーケットを食うことになると予想する

現在の16スレッドでも使いきれていないから

『Gulftown』の12スレッドはちょうどいい

メモリも8GDIMM x 6 = 48Gbyteあれば大抵は間に合うだろう

しかし32nmプロセスということもあり楽しみにしている

現在920/975を使用しているマシンは差し替えるだけで使えるので

もし良い性能を出せた時はアップグレードします

新規の方も920つまりLGA1366の構成で購入頂ければ

『Gulftown』発売後にアップグレードいたします

920と『Gulftown』ではCPUの価格が10万円以上違うので

とにかくは920を4.2GHzで使えるようにしたJUNSのPCを使っておいてください

そうすれば将来の最高速も約束出来ます

世間では860などLGA1156の方が920等LGA1366より高性能と思っておられる方がいる様ですが

LAG1366はメモリ3chでXEONと全く同じサーバー用CPUです

コンシューマー向けに設計されたメモリ2ch+グラフィック内蔵の低価格を目標に作られた

LGA1156とは始まりから異なります、高性能を求められる場合はLGA1366、省電力とかはLGA1156

そんな感じです

さてそんなサーバーやワークステーションの最先端はどのように一般に下りてくるのか

先ずCUDAは必ず必須になります、思いもよらないアプリがCUDAを使用して

今まで考えも出来なかった機能や速度を可能にしてくるでしょう

10Gbitイーサや超高速NAS

その前にUSB3.0があるし

何よりWindows7のMediaCenterが普及する方が先です

MediaCenterはあまり良いイメージを持たれていませんが

多分iTuneつまりAppleはかなり脅威を感じていると思います

MediaCenterにはiTuneが苦手な動画や写真の管理機能があり

しかも世界の殆どのPCにプリインストールされています

原理的にはiPodをMediaCenterで使う事はなにも難しくありません

iTuneの音楽ライブラリィをMediaCenterにコピーするのなんて一瞬

なにしろ動画と違って音楽は100Gbyteくらいで数千曲収まるから

一生分の曲と言っても10Gイーサなら30秒でコピーできてしまうのです

2011年日本も完全デジタル放送になりますが

iTuneはそれと全く関係していない

しかしMediaCenterはそれを一気に引き受ける

DNLA/DHCP-IP規格の普及が始まった今

MediaCenterに対応しないチューナーやコンテンツを考える人はいないでしょう

とりあえずMediaCenterで録画なり音楽ライブラリィを作っておけば

家じゅう、いや世界中のパソコンやテレビで見れるようになるのですから

ここはiTuneはひっくり返っても勝てない

ところでJUNSはといえば

DAWから始まったクリエイターむけPC作りをより発展させ

CUDAをフル活用したビデオ編集や3Dレンダリングから流体力学計算マシンまで作り

そのノウハウをMediaCenterにぶつけます

つまり最高のWindows7マシンを世界で初めて作りたいのです

大袈裟な物言いですが、本当にWindows7は奥深いのです

けれど、その機能をちゃんと使っているPCなんて世界中見ても存在しない

それだけ難しいとも言えます

AppleがiPodで復活したように音楽は衰退と言われながらも

永遠に無くなることのない太古から人間と共にあったものです

ハイビジョンバーチャルな3Dはもちろん凄いけれど

音楽には比べるもののない深い人とのつながりがある

f:id:SuperPC_JUNS:20100102172346j:image

スピーカーと真空管と発熱灯、そしてPCとLED液晶とAD/DAコンバータ

それらが違和感なく共存する、いや積極的に補完し合う関係

f:id:SuperPC_JUNS:20100102172051j:image

Pure PC Audio を核にしていますが

ハイビジョンも3Dゲームもそつなくこなす3.8GHz-i7 PCです

それプラスFocalといったフランスのスピーカーと

ロシアや東欧で数十年も昔に作られた真空管による

優しい、澄んだ、音楽が加わる

f:id:SuperPC_JUNS:20100102172223j:image

もちろんJBL+マルチアンプによるリズムやスィングのある

JASSやRockなどもこなす

もう昔から何度もトライされてきたけれど

誰も達する事の出来なかった

あのPCを実現したいわけです

山中潤

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/JunsNote/20100102/1262430356
Connection: close