Hatena::ブログ(Diary)

カードヒーローFAN!〜ゲームブログ〜 RSSフィード

ニンテンドーDSゲームソフト-高速カードバトル カードヒーロー

高速カードバトル カードヒーロー

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • 発売日: 2007/12/20
  • メディア: Video Game

このサイトは、ニンテンドーDSゲームソフトで人気の高いカードゲーム「カードヒーロ」にはまってしまった管理人が、初心者から上級者を目指すブログです。ゲームを通して完成させた様々なデッキや初心者に役立つ戦略、デッキ構築方法などを解説していきます。コメントもお気軽にどうぞ^^

2008-01-10

「Spd対人戦の基本」

カードヒーローWi-Fiでは気軽にできるSpdばかりをやっているのですが、私が対人戦で気にしているを書いておきます。基本的な事ばかりなので参考になるか分かりませんがどうぞ^^

  • まず相手のレア度を見てサンダーがあるかどうかをチェック!
    (デッキのレア度が7ならまずサンダーが入っています。)
  • Sカードが入っているかどうか?
    (ラッフィーや神斬丸を守るような動きをする場合は入っている事が多いです。ジャレスを使っているならジャレットが入っている可能性が大)
  • ダイン、ゲイラを使っている場合は「悪魔のダンス」が入っているかも?
  • フェニックス、ピグミィを使っている場合は「パワー2」が入っているかも?

はじめて戦う相手の場合はデッキの構成が分からないので、できるだけ序盤で相手にマジックを使わせることを心がけています。キラービやバルキャノンなど後衛で強力なカードを出すと相手がマジックを消費してくれる場合があります。

Spdは相手のストーンが4つ貯まってからが勝負で、相手のストーンが4つになった次ぎのターンはサンダーで1体やられることを覚悟しなければなりません。しかし、サンダーを使わせればそのターンはレベルアップやストーン消費の特殊能力は使えないので、自分の番に反撃ができます。

相手の最後の2体は可能ならば同じターンに倒したいです。4つストーンがあるにも関わらず、相手にマジックが残っていて、弱った前衛を放置する場合は「おとりの可能性」があります。

あと1体というところで、逆転負けするのがSpdの恐ろしさ。Spdはルールが単純なので、手札の組み合わせが最悪だった場合はどうしようもありません。他のルールと同じように引きなおしができたらよかったのに。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証