KEIRI

2015-11-24 フィリピン・サーフトリップ

[][]【2015 フィリピン サーフトリップ −あとがき−】

自分の憶測ではフィリピンは(他の選択肢より)

南国情緒的な気分や波の良さの期待感は抑え目で、「行ったことが無い」ことを優先して選んだフィリピンやったけど、その認識を覆す、めっちゃよいトリップになったばい。暑いけどカラッとしてて過ごしやすい!海も短パン&ラッシュでOK!リーフやけど素足でOK(注意は必要)。

フィリピンで会話した日本人サーファーなんかから聞いた話では、滞在中、波に恵まれ続けたのは幸運だったみたい。

食も「タイやインドネシアのように辛くは無く、甘さ/酸っぱさが強い」と聞いとったとやけど、チョイスしかたに救われたのか?美味しいものに恵まれたばい。

マニラからラウニオンへの道中で事故に遭ったときに受けた親切、海のポイント選びや海辺での食事で受けた親切に、初めは懐疑的になり警戒しよったよ(マニラでは騙されたりとか多いと聞いてたので。)。ばってんそれは単なる親切だった。いずれも相手にとって何の見返りもないものだから、ここ現地の人はそもそもそういう親切な気質なんやね、って感じたばい。(現地の)レディス・サーファーも多く、文化や趣味で女性/男性の垣根が無いように感じた。(例えばロンボクでは現地の女性サーファーって見たことないけんね。)

出かけるにも何するにも言葉の出来なさを痛感する旅(それが一つの狙い)。

ツアーをサポートしてくれた高橋チューさん、ゲストハウス スタッフの Abel、波アドバイスくれたレンタルボート店のJojo、初日の朝ごはんをアテンドしてくれた Dada、La Unionで一緒できた日本からのサーファーにも色々アドバイス貰えて充実して過ごすことができた。世話になった方皆さん、ありがとう〜!



 <Tour Schedule>

・151124 09:50-12:05 CI151 名古屋台北

・151124 13:45-15:50 CI703 台北マニラ

・151124 夕刻〜4,5時間? 送迎車  マニラ〜ラ・ウニオン

*151125 終日サーフ

*151126 終日サーフ

*151127 終日サーフ

*151128 終日サーフ

・151129 01:30〜4,5時間? 送迎車  ラ・ウニオン〜ラ・ウニオン

・151129 10:45-12:45 CI702 マニラ台北

・151129 17:15-20:50 CI150 台北名古屋

<参考WEB>

ツアー会社「アイランズブルー」のツアー情報

 http://www.islands-blue.com/overseas/launion/index.html

BCMポイントガイド

 http://www.bcm-surfpatrol.com/tripguide/area_detail?trip_num=11

Badfish Gest House

 http://www.islands-blue.com/hotels/badfish_01.html

MonaLiza Beach Resort

 http://www.islands-blue.com/hotels/monariza_beach_01.html

高橋チューさんのBADFISHオフィシャルサイト

 http://badfish.blog.shinobi.jp/

Simple Pleasures Saloon Spa

 https://goo.gl/maps/hmHYzL3ppv72

2015-05-29 お勧めラジオ番組

[][]お勧めラジオ番組(現在休止中、又は終了してしまった番組)

◆◆◆ Vitamin Jam [FM軽井沢 Wed. 23:00 - 24:00] ◆◆◆

  DJ:浅田尚美

  公式サイト:http://vitamin-jam.tumblr.com/

  番組ハッシュタグ#vitaminjam

  f:id:KEIRI:20150419201055j:image:w360

 

Vitamin JamはFM軽井沢(77.5 MHz)から毎週水曜23時からお送りしていたJAZZ&SOUL満載のプログラム。2010年春にスタートし第1シーズンは残念ながら2012年7月をもって終了しました。現在は休止中というのが適切かな?

  ☆シーズン1終了時の浅田尚美さんからのメッセージ

DJはJAZZシンガーの浅田尚美さん。ツイッターでリスナーさんとリアルタイムでの交流はもとより、DJの浅田尚美さんご本人や番組関係の方との交流も! というか、僕にとって「ツイッターを活用したリスナー参加型FM番組」は、このVitamin Jamが初といっても過言ではないです。FM番組のツイッター活用はインターFMも早い時期から取り組んでおり僕も番組のハッシュタグを付けてツイートしたりしてはいましたが、DJご本人さんをも交えたスタイルは浅田尚美さんの Vitamin Jam との出逢いによって知ることとなりました。

音楽的にはJAZZ、SOUL、FUNK、ブラジルゴスペルサルサなどなど。スタンダードなものからモダンなものまで。僕はこの辺りは好きでありながらもほぼ無知なところがあり、特に、アレサ・フランクリンテンプテーションズ、カーティスメイフィールドなどなど、ソウルな音を知るきっかけになりました。

浅田尚美さんによる、アーティストの生い立ちや曲のメイキングといった所もしっかり紹介しながらの番組進行は、JAZZやSOULに対する強い愛情を感じます。一方でリスナーへの接し方はフランクそのもの。JAZZやSOULビギナーであり、時折場違いなツイートをしてしまう私に対してさえも、何のわけでたてもなく、じゃんじゃんリプライしてくださって!その興奮と感動は今でも脳裏に焼き付いています。

本当に。再開が待ち遠しい限りです。

 

   ☆プレイリスト例

☆プレイリスト2011/06/15

☆プレイリスト2012/04/25

☆プレイリスト2012/07/25

  ☆オンエア曲、その他 ブログのアーカイブ一覧

 

 

◆◆◆ Mutant Radio [インターFM 日曜日深夜60min] ◆◆◆

  DJ: DJミュータ

  公式サイト: 残っていません。

  番組ハッシュタグ#mutantradio

  f:id:KEIRI:20150528215928j:image:w360

13年4月〜14年9月Interfmにて放送された、「Mutant Radio (ニュータント・レディオ)!」

そこは、ほぼ無限に広がる突然変異(=ミュータント)な音の宝箱。

音的には、Punk,PositivePunk,Glam,Garage,Psychedelic,Manchester,Newwave,Acidjazz,Electro,Techno,Ambient,Dub,Funk,Grange,Alternative などなど。かなりアンダーグラウンドな所をコアに、時折POPなもの、ベタなところを挟んでくれるところあたりが、まさに突然変異ツンデレの法則で(?)虜になってしまう、そんなプログラムでした。

「ミュー単語クロスワード」というアーティスト名、曲名、又は曲中のコンセプトをキーワードに繋いでいくコーナーも、DJミュータの手にかかれば見事にナチュラルに?時折強引に?繋がってしまうんです。何よりキーワードに対するDJミュータさんの想い入れがこもった語りは、「気の優しい兄貴」肌を感じる、尾を引くものでした。

14年9月の番組終焉に向けては、ファンの多くが涙、涙!その様子は、こちら最終回14/9/29の番組ハッシュタグツイートのまとめで感じられます。

   → http://tr.twipple.jp/h/43/0a/%23mutantradio.html?__from=recent

     ↑201604確認、ログは消えてしまっていました。残念。

またDJミュータさんの番組連動ツイート語録はこちら。

   → http://es.favstar.fm/users/mutantradio

そんな DJミュータさんによるMutant Radio!

またいつか、復活してほしい。そしてその素晴らしさを一人でも多くの人に共有したい。

そんなことを祈りつつ、過去の放送のオンエアリストのうち拾えた分をまとめてみました。

 ☆オンエアリストを紹介しています。ぜひどうぞ〜→ http://d.hatena.ne.jp/KEIRI/20150410

 

◆◆◆ キッチュニア [インターFM 特定曜日の深夜30min] ◆◆◆

  DJ: 松尾貴史

  公式サイト: http://www.kitschnia.jp/index.html

  番組ハッシュタグ#キッチュニア

  f:id:KEIRI:20150414225425j:image:w360

11年9月〜12年3月Interfmにて放送されたラジオコメディ番組『キッチュニア』。惜しまれながらも番組は終止符をってしまいましたが、とても印象深い番組でしたので、こういう番組の再来の願いを込めて紹介します。

『世界の後ろ暗い場所にあるという架空の街「キッチュニア」。街で起こる数々の“俗悪でインチキな”事件や出来事を集めたコメディースケッチ集という形式で送るコント番組。』だそうです番宣によると^^;

現代版スネークマンショーといったところかな。むっつりとして尾を引くような、そして時に聴き手を欺く?ような松尾貴史さんのコメディートークがたまらない!オフィシャルサイトでは、過去の放送のコントの一部が視聴できます。俗悪でインチキなキッチュニアの世界をぜひ視聴してみてください。

 

 ☆過去放送(の一部)の視聴とオンエア曲を紹介はこちらへ。ぜひどうぞ〜→ http://d.hatena.ne.jp/KEIRI/20150409/1430137085

 

 

◆◆◆ JAZZ IT 21 [radio-i愛知)] ◆◆◆

  DJ: ルーシーケント

  公式サイト: 残っていません

radio-i  は、かつて愛知に存在した、例えるなら「愛知インターFM」と呼んで、当たらずとも遠からずな番組があり、ハイセンスは英国ロックやクロスオーバーJazzが流れて大好きでした。そのradio-iで、ルーシーケントさんがDJの 「JAZZ IT 21」という番組が、JAZZを聴きたいながらもグレンミラーやデュークエリントンの名曲位しか知らなかった僕にJAZZの世界を広げてくれた番組でした。とはいえ僕が愛知に居てこの番組を聴いていた当時(2006年頃)はツイッターなども存在せず、誰のどんな曲をオンエアしてたか、アーカイブが残っていません。

radio-iは2010年9月に惜しまれながらその生涯を終えましたが、なんでも今のインターFM名古屋の開局に繋がっているとか。

  ☆radio-i(愛知国際放送)について【wikipedia】

 

いかがでしたか?ここをお読みくださった方はきっとラジオの虜になるに違いありません。ぜひラジオ放送を一緒に楽しみましょう!

 

2015-04-09 お勧めFMラジオ番組 紹介

[]お勧めラジオインターFM 「 キッチュニア 」番組&オンエア曲紹介

11年9月〜12年3月Interfmにて放送されたラジオコメディ番組『キッチュニア』。

その過去放送の一部の視聴の仕方の紹介、オンエア曲紹介です。

オフィシャルサイト(下記)から、過去の放送のコントの一部が視聴できます。

  オフィシャルサイト&過去放送のコント視聴

 

お奨めは上記サイトより視聴できる5つのうち真ん中です。(下の画像参照)腹がよじれて大変なことになる可能性がありますので視聴にはご注意を!

  f:id:KEIRI:20150414223846j:image:w360

 

   ☆オンエア曲紹介

♪ Cosa Nostra - Erlon Chaves【Youtube視聴】

 むっつりヘンテコラテンソウル

 

♪ Telex - Beautiful Li(f)e【Youtube視聴】

 むっちりヘンテコテクノ

 

♪ Thomas Dolby- She Blinded Me With Science【Youtube視聴】

 80'sのヘンテコ代表!

2009-02-16 Music Memo

[]Time-Sick Song of a Grizzly Bear / The Mother Hips

f:id:KEIRI:20090216004740j:image:small

ネット・ラジオで久々のアメリカン・ロックがHIT!

何ともFunnyなネーミングですね。オフィシャルウェブサイトのBiographyを翻訳してみたら、大変なことになりました(^O^)

音のほうは、、、時折みせるメロディにマンチェスターの薫りも感じつつ。

オフィシャルサイトによると90年代前半から活動していたみたい(?)

彼らが長いキャリアを持っていることを考えると「マンチェスターの薫り」というのもおかしいのかも。マンチェスター・ムーヴメントにいたバンドたちもルーツとしてはサイケのみならずBluesも入っているはずなので。

何はともあれ、アメリカらしい、爽快な良い音してます♪

小春日和の海沿いの道を走るときとかにサラッと流してると最高ですね。


♪視聴(Myspace)

♪Offisialwebsite

♪視聴、アルバム紹介(HMV)

2007-04-01 Recommend

[]STONEHENGE(ストーン変事) / SYRUP, THE(ザ・シロップ)

f:id:KEIRI:20070401133758j:image:small

inter-fmにて「STONEHENGE」on air

(2007/04/01 12:45)

これは面白い!

自ら(?)ハレンチを全面に押し出しているようですが、音は最高にcoolだと思います。

(ピチカートやモダチョキ好きな人にはツボかも。)

表題のSTONEHENGE(ストーン変事)は、私が検索した範囲では今のところネット上の音源なし!うぅ〜

♪アルバム紹介(OfficialWebSite)

.

※今日は波良いのに・・・今家で仕事中ーー; ちょっと休憩タイムでエアチェック中です。ふぅ。

オフィシャルサイトなどで他の曲で聴けるもの、少々ありますので参考に下記に紹介。