KEIRI

2016-08-19 Music memo

[][]Summersonic2016

今年もサマーソニックの時期がやってきましたね。

僕は東京で8/20,21両日参戦します。

最近はソウルジャズ枠のアーティストも多くバリエーションに富んでいるのもよいですね。

またフェスやライヴではアーティストの好きな曲を一緒に歌うのも醍醐味の一つ!

そんな一緒に歌いたい曲の、Lyric を以下に掲載。


Suede:Metal Mickey

Well she's show showing it off then

The glitter in her lovely eyes

Show show showing it off then

And all the people shake their money in time

She sells heart

She sells meat

Oh dad, she's driving me mad

Come see

We shake shake shake to the trumpet

And through the slippery city we ride

Skyline swine on the circuit

Where all the people shake their money in time

She sells heart

She sells meat

Oh dad, she's driving me mad

Come see

She sells heart

She sells meat

Oh dad, she's driving me mad

Come see

She sells heart

She sells meat

She sells heart

She sells meat

She sells heart

She sells meat

She sells heart

She sells meat



Suede:Lazy

Here they com with their make-up on

As lovely as the clouds, come and see them,

Boys and girls and their mums and their words

And their romances and jobs and their sons,

Barking mad kids, lonely dads

who drug it up to give it some meaning,

From the raves to the council estates

they're reminding us there's things to be done.

But you and me,

All we want to be

Is lazy

You and me,

So lazy

Here they come gone 7am

Getting satellite and Sky getting cable,

Bills and Bens and their mums and their friends,

Who just really really want to be loved

Uncle Teds and their legendary vests,

Helping out around the disabled

From the flats and the maisonettes

they're reminding us there's things to be done

But you and me,

All we want to be

Is lazy

You and me,

So lazy

You and me,

All we want to be

Is lazy

You and me,

So lazy

You and me,

All we want to be

Is lazy

You and me,

So lazy

It's you and me,

It's you and me,

It's you and me.



◆Don’t Move / METAFIVE

Don’t get blinded Keep your eyes on the audience

No nonsense now Keep a check on the consequences

A good thing, baby A good thing is so hard to find

And the cost that she paid for distraction She lost her mind

She said don’t move Stay just where you are

Keep your hands up

My mother’s gonna murder your guitar

Hold on And keep calm Hands behind your head

This here is a time bomb You don’t wanna end up dead

Don’t let it all swallow you whole,

hollow your soul out and leave you alone

Hold on and keep calm

Listen to the words she said

Don’t move Don’t climb upon the trend

Keep your head down It ain’t gonna be your friend

Don’t you worry ’bout a thing

A thing, thing, about a thing

Whenever you hear a song just sing

Sing, sing along, just sing

Don’t you worry ’bout a thing

A thing, thing, about a thing

Whenever you hear a song just sing

Sing, sing your heart out, sing

She said don’t move Stay just where you are

Keep your hands up My mother’s gonna murder your guitar

Don’t move Don’t climb upon the trend

It doesn’t matter what they’re selling

There’s nobody left that’s still listening

The walking dead among the living

I don’t wanna be like them and give in

Just sit and wait for the collision

Stay a remainder in their division

Hold on And keep calm Hands behind your head

This here is a little time bomb You don’t wanna end up dead

She said don’t move Stay just where you are

Keep your hands up Murderer guitar

Don’t move Don’t climb upon the trend

Keep your head down It ain’t gonna be your friend

It doesn’t matter what they’re selling

There’s nobody left that’s still listening

The walking dead among the living

I don’t wanna be like them and give in

Just sit and wait for the collision

Stay a remainder in their division



◆CUE

give me a cue

I think I've nearly found you

give me a cue

I can see clues all around me

the sound of music

the crying of the air

give me a cue

I think I've nearly found you

give me a cue

i can see clues all around me

the sound of music

the crying of the air

give me a clue

give me a cue

the sound of music

the echo of the earth/air

im sick and tired of the same old chaos

must be a way to get out of this cul de sac

give me a cue

i can see clues all around me

the sound of music

the sound of my own voice

i'm sick and tired of the same old chaos

must be a way to get out of this cul-de-sac

give me a cue

i think i've nearly found you

2015-05-29 お勧めラジオ番組

[][]お勧めラジオ番組

みなさん、どんなラジオライフをお過ごしですか?

今は日常の中で意識してラジオを聴くという人が少ないのではないかと思いますが、僕はここ最近ラジオが面白すぎて、殆どテレビを見ていないんです。

なぜそんなにラジオが面白いのか?身体に馴染む音楽がオンエアされる番組との出会いに加え、ネット、とりわけツイッターを通じて、他のリスナーや時には番組関係者、アーティストとの音や時や感動の共有、といったところが大きな理由かな。

 

また、2014年ラジコによる地域放送局のエリアフリー化も大きいですね!

ラジコとはPCやスマホインターネット経由でラジオが聴けるサービスです。(♪ラジコの聴き方【nanapi】) そのラジコがエリアフリー化により、地域枠を超えて、例えば愛知に居ながら東京放送局が聴けるんですよ。 )

僕は5年間の東京転勤で、愛知放送局とは比較にならないROCK、JAZZ、SOULな音が流れるインターFMに出逢い、音楽熱が再燃。その後愛知に転勤になり泣く泣く東京を後に。時を同じくしてラジコのエリアフリー化が!(フリー化の恩恵なくとも別途手段で東京のFMを聴いていたんですけどね。)しかもインターFM愛知で開局と、何とも嬉しい事続き。

 

そんな訳で面白すぎるラジオ、その一部ではありますが、私のお勧め番組を一挙ご紹介!

紹介内容は流れる音楽のジャンルや僕が感じる番組特徴、番組に纏わるエピソードに加え、その番組を疑似的に体験していただきたいと思い、番組でオンエアされた曲の中から、「僕がその番組らしさを感じる曲(※)」を!いえ、そう言うとおこがましいですね、単純に僕の胸に響いた曲の音源を添付しています。ぜひ聴いてみてください。そしてよかったらラジオ放送も一緒に楽しみましょう!

※あくまでも僕の個人的主観が入ってますので予めご了承のほど。

 

 

◆◆◆ JAZZ ain't Jazz [インターFM:Wed.22:00-23:00] ◆◆◆

  DJ: 沖野修也

  公式サイト: http://www.interfm.co.jp/jaj/index.php?mode=wed&id=16

  番組ハッシュタグ#jaj761

  f:id:KEIRI:20150414225729j:image:w360

DJ、プロデューサー、“クラブ・ジャズ・シーン”中心的存在の沖野修也さんが考える「現代のジャズ」というコンセプトで、クラブジャズを中心に、それらのルーツ、また他のジャンルとの関わりなどを交えつつ、オーソドックスなものから踊れるジャズ、更にジャズに影響を受けたダンスミュージックを紹介する番組。

上述の通り僕の嗜好は元々ロック周辺が中心で、その傍らJazzの魅力を少すづつ感じながらもどっぷりと深入りしていない。そんな音楽感でしたが、沖野さんの選曲に、説得力のあるトークに、そして「アワード」や「番組の枠を超えたコラボ」など、アイデアとユーモ ア満載の企画に触れるにつけ、グィグィと惹きつけられてきました。

ジャズというものに対しての皆さんの考え方や聴き方にちょっと新しい何かを投げかけることが出来れば」という沖野さんの想いに共鳴し、今までと違う「何か」を感じているところです。

 

 ☆オンエア曲を紹介しています。ぜひどうぞ〜→  http://d.hatena.ne.jp/KEIRI/20150401/1430067723

 

 

◆◆◆ Tokyo Moon [インターFM Wed. 23:00 - 24:00] ◆◆◆

  DJ: 松浦俊夫

  公式サイト: http://www.interfm.co.jp/moon/index.php?mode=wed&id=78

  公式サイト: http://t-matsuura.blog.openers.jp/

  番組ハッシュタグ#tokyomoon

  f:id:KEIRI:20150414225050j:image:w360

アンダーグラウンドガラージサイケデリックプログレッシヴ、ジャジーでファンキーラテンで。静と動、陰と陽、そんな音々がスムーズに繋がる変幻自在な松浦さんの選曲が光るプログラムです。

過去に一度、JAZZ ain't Jazzの沖野さんとの番組通しでのコラボ企画、メッセージトークと1曲選曲を互いに送り合う企画があり、予想外に素っ気ないやりとりに聴こえたため、期待を膨らませ過ぎたリスナーから二人の仲を心配するツイートも寄せらる、なんてエピソードも。実を言うと二人は話し始めると止まらないらしく、そのコラボ企画では「あえて距離を置いた」とか。

そんな番組クロスオーヴァーなところ、そしてクールな声、変幻自在のセンスが光る松浦さんの選曲が堪らないプログラム

 

 ☆オンエア曲を紹介しています。ぜひどうぞ〜→  http://d.hatena.ne.jp/KEIRI/20150402/1430131902

 

 

◆◆◆ World Music Cruise [インターFM Sun. 21:30 - 22:00] ◆◆◆

  DJ: 関谷元子

  公式サイト: http://www.interfm.co.jp/wmc/index.php?mode=sun&id=77

  番組ハッシュタグ#cruise761

  f:id:KEIRI:20150419181852j:image:w360

世界各地の都市を、その土地の音楽、情景、言葉、観光など様々なカルチャーの紹介と共にゆったりとクルーズ。ワールドミュージックというくくりで殆ど知識がない僕ですが、音階やリズムなど、普段耳にするものとは一味違うサウンドが、その土地の文化やカルチャーの紹介とともにギュッと凝縮された形で楽しめる、とても贅沢な番組です。皆さんもご一緒に、30分のエア・トトリップにでかけましょう。

 

 ☆オンエア曲を紹介しています。ぜひどうぞ〜→ http://d.hatena.ne.jp/KEIRI/20150403/1430133560

 

 

◆◆◆ LHR - London Hit Radio- [インターFM Sun. 15:00 - 18:00] ◆◆◆

  DJ: Guy Perryman, 加藤円夏

  公式サイト:http://www.interfm.co.jp/lhr/index.php?mode=sun&id=5

  番組ハッシュタグ#lhr761

  f:id:KEIRI:20150419182028j:image:w360

『最新UK Hitsをはじめ幅広く、厳選された上質なUK音楽とともにUKの空気そのままに週末を彩る3時間。』との番宣の通りで、UKを中心としたヒットチューンが多くかかります。

元々学生の頃、YMOをきっかけに音楽好きが開花、MTVの普及もあり洋楽やHR/HMに熱中。高校時代にはめんたいロック、Blues、PUNK、GLAMに傾倒、コピーバンドをしながらニューウェイヴ、Positive Punk、Psychedelic など、音楽に熱中。そんな経緯もあり、ヒットチャートに登ってくるような音より、エモーショナルであったりアンダーグラウンドな音をもっとかけてほしい、というのが正直な所ではあるけど、とはいっても、90'sマンチェスターや、80'sニューウェイヴサイケデリックACID JAZZ などが要所でかかるので聴き逃せない!UKでのライヴ情報やアーティストのゲスト出演も嬉しいポイント!

 

 

◆◆◆ WTF?-What The Funday? [インターFM Sun. 08:00 - 11:00] ◆◆◆

  DJ: George Williams, Furukawa Taro, Mike Rogers

  公式サイト: http://www.interfm.co.jp/wtf/index.php?mode=sun&id=32

  番組ハッシュタグ#wtf761

  f:id:KEIRI:20150419181611j:image:w360

インターFMのお騒がせDJ代表!?ジョージ、タロヲ、マイクが日曜の朝の目覚めをナックルパンチをお見舞いするかのようなトークと音楽で賑やかにお届けする番組。番宣での『クロスオーバージャズなどオフィスでの聴き心地もよい音楽をセレクトしてお届け』というコンセプトもそそるね。

音はPunk、ビートROCK、グランジ、Blues、ソウル、時にJazzyな音も。 Damned や Sham69 、初期のThe Roosters あたりがかかるのは凄く貴重な番組ではないでしょうか。

 

 ☆オンエア曲を紹介しています。ぜひどうぞ〜→ http://d.hatena.ne.jp/KEIRI/20150406/1430133240

 

 

◆◆◆ Kenrocks Nite - Ver. 2 [インターFM Thu. 23:00 - 24:00] ◆◆◆

  DJ: 大貫憲章, Katchin'

  公式サイト:http://www.interfm.co.jp/kenrocks/index.php?mode=thu&id=36

  番組ハッシュタグ#kenrocks

  f:id:KEIRI:20150529212834j:image:w360

大貫憲章さんといえば、やっと自分のお金でレコードが買える身分になった中学生の頃、なけなしのお金をはたいて買ったレコードをライナーノートを何度も何度も読みながら「鑑賞する」。そのライナーで鳥井賀句さん、伊藤正則さん、増井修さんなどとともに、何度目にしただろう。そんな大貫さんとKatchin' (カッチン)ことLONDON NITEのDJ出身の片桐克巳さんが繰り出す、洋邦、新旧とわずのロック直球なプログラム

アーティスト秘話、音楽に対する率直な思いや業界話、主催イベント“ロンドンナイト”の歴史、なども話題にあがります。

個人的にはRamonesJohnny Thundersなど 70'S Punkをよくかけてくれるところや、ほぼ毎週、ノーザン・ソウルからの紹介があるところなんか、嬉しいポイント。

 

 

◆◆◆ The Dave Fromm Show [インターFM Mon.-Fri. 18:00 - 20:00] ◆◆◆

  DJ: Dave Fromm, ジョー横溝

  公式サイト: http://www.interfm.co.jp/dave/index.php?mode=mon&id=6

  番組ハッシュタグ#DFS761

  f:id:KEIRI:20150419181250j:image:w360

『Dave Fromm厳選のRock Tuneと共に笑いと毒を発信する陰謀ROCKバラエティ番組 「The Dave Fromm Show」!』

音的にはAlternativeグランジハードロッククラシックROCK、サザンロック、AOR など、アメリカ寄りな傾向かな。ガツンと五臓六腑にしみわたる選曲がいい!

いつ頃から放送しているのかわからないけど、かなりの長寿番組と思う。

僕が東京に転勤になった2007年に、この番組との出逢い、というかインターFMとの出逢い、これが音楽好きな僕にとって大きな、贅沢な出来事。その頃はRadikoなど無く、愛知に居ると愛知放送局しか聴けなかったから。

東京での車での外回り。得意先に叱咤され、土地勘や渋滞感も慣れず心がぐったりしたときにも、車のラジオから流れる「The Dave Fromm Show」!ガツンとROCKで気持ちを支えてくれた番組。

おそらくDaveさんの趣味でなくリスナーのリクエストによるものだと思うんだけれど、最近は以前よりメタルな音の比率が上がったかな。僕的にはNirvanaPearl JamFoo FightersNickelBackSoundgardenなど、直球グランジな音の比率が多かった4〜5年前の頃の選曲が最も好きだったけど、ともかく爽快ロックな番組です。

 

 ☆オンエア曲を紹介しています。ぜひどうぞ〜→ http://d.hatena.ne.jp/KEIRI/20150405/1430134630

 

 

◆◆◆ あ、安部礼司FM東京他、全国JFN37局 Sun.17:00-17:55] ◆◆◆

  公式サイト:http://www.tfm.co.jp/abe/index_pc.php

  ナレーター:五十嵐明

  番組ハッシュタグ#abe02

  f:id:KEIRI:20150419235342j:image:w360

ラジオドラマです。え?ラジオでドラマ?なんて意外に思う方もいらっしゃるかと思いますが、そうですラジオでドラマなんです。

番宣内容は『この物語は、ごくごく普通な昭和生まれのナイスサラリーマン安部礼司が、トレンドの荒波に揉まれる姿と、それでも前向きに生きる姿を描いた、勇気と成長のコメディである。日曜の黄昏時、若さと渋さの間で揺れるアナタに贈る「鼻歌みたいな応援歌」を、ツボな選曲とともにお楽しみ下さい!』

世間の荒波に揉まれながら、また何気ない日常風景から。。。笑いあり感動あり、ハンカチ無くしてこの番組は聴けませんよ!(笑)

そしてその物語を華麗に演出する、今ツボ(今更ツボ)な曲!40代リーマンが青春していたであろう頃のヒット曲やアニメソングも堪らない!

ただ僕はここ1年ほど、この番組聴いていなんです。理由は、、、聴きたくても聴く時間が無い!なんとかしなくっちゃ!

 

実は「あ、安部礼司」、非公式と思うけどオンエア音源がYoutubeにアップされてたりします。

 ♪あ、安部礼司 2014年4月27日オンエア音源

 ☆14/4/27のオンエア曲一覧

 ☆オンエア曲検索

 

 ☆オンエア曲を紹介しています。ぜひどうぞ〜→ http://d.hatena.ne.jp/KEIRI/20150407/1430135702

 

 

2015-04-07 お勧めFMラジオ番組 紹介

2014-11-27 南台湾 Surftrip

[][]【2014 TAIWAN Surftripについて】

連休をいただいての年に一度のSurftrip!

今年は、マレーシアが良いなぁと探ってた( http://www.tourismmalaysia.or.jp/mstyle/special1.html )んですが、マレーシア内で国内線乗継(クアラルンプール→クアンタン)があり、移動ロスが多そうだと考えたので、滞在先でのサーフ日程で最も有利(5日間ツアーで3日サーフ可)な南台湾にしました。

 

旅程は名古屋発、東京又は大阪経由で南台湾(高雄)行きを考えたが、国内線の飛行機が取れない(個別手配になり高額になる)ため、結局はAIR名古屋→台北、そっから新幹線で台北→高雄へと移動するプランとしました。新幹線乗継が若干不安だったけど、今回は友人Y君と行けることになったので、なんとかなるでしょ、ってことでね。

 

初日は移動で夕刻に墾丁に着。2,3,4日目の3日間はフルでサーフ!5日目は帰路の移動です。

現地通過は台湾ドルでレートはおよそ「1TWD=3.8JPY」

日本時間との時差は「JST-1」(台湾が1時間遅れとなる。)

 

[][]【2014 TAIWAN Surftrip −3日目:サーフ2日目−】

今日も佳樂水です。本日は東京からお越しのTAKAさんも加わって^^

f:id:KEIRI:20141129090814j:image:w320 f:id:KEIRI:20141129091137j:image:w320

午前は左リーフ側は腰?胸、右河口側は胸、セット頭。

f:id:KEIRI:20141129084927j:image:w320 f:id:KEIRI:20141129085210j:image:w320

オンショアで乱れ気味ですがたまに長く走れる波。お昼前にはほぼチョッピーに。

 

午後もチョッピーのままでしたねー。

f:id:KEIRI:20141129142205j:image:w320 f:id:KEIRI:20141129142152j:image:w320

 

夕飯はTAKAさん、Y君とともに墾丁ナイトマーケットでタイ・テイストのお店に。TAKAさん明日は電車・バスで台南に行くとか。行った先でスクーターを借りて走って回ったりもするとか。行動力あるなぁ!

f:id:KEIRI:20141129192131j:image:w320

 

ご飯後は一人でぶらぶら。

小湾海水浴場の辺りで海へのバーにて。

f:id:KEIRI:20141129204254j:image:w320 f:id:KEIRI:20141129211103j:image:w320

 

2014-01-22 談話会聴講記

[]ダイアログ・イン・ザ・ダーク 談話会に参加して

本日、ドイツ生まれのダイアログ・イン・ザ・ダークを日本へ導き、開催、運営に関わっておられる金井真介さん、志村季世恵さん、檜山晃さんとの談話会に参加する機会に恵まれました。

.

f:id:KEIRI:20140125235805j:image

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

目以外のなにかで、ものを見たことがありますか?

暗闇の中の対話。

鳥のさえずり、遠くのせせらぎ、土の匂い、森の体温。水の質感。

足元の葉と葉のこすれる枯れた音、その葉を踏みつぶす感触。

仲間の声、乾杯のグラスの音。

暗闇のあたたかさ。

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、

暗闇のソーシャルエンターテインメントです。

参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、グループを組んで入り、

暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、

中を探検し、様々なシーンを体験します。

その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、

そしてコミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出します。

*******************************

  ダイアログ・イン・ザ・ダークOfficial Web Siteより引用

   http://www.dialoginthedark.com/did/

.

この談話会への参加は応募抽選方式であり、その際に参加動機、参加における想い、を述べなければならなかったのですが、私は

「なにぶん、知識も経験もないので”こういうことが語りたい!”ということが言えないのですが、視覚の無い方が、どういう不都合を、恐怖を、喜びを感じるのか、ともかく体感してみたい。そのうえで感じたことを語りたい。」

と記しました。

.

視覚の無い世界。

普段の生活の中で、暗く周囲が見えないシーンに出くわすことはあれど、全くの暗闇ということは中々無く、またそういうシチュエーションも比較的短い時間です。

ゆえに、視覚の無い世界とは、どんなに不便でどんなに恐怖で。。。とのマイナスイメージばかりが先行していました。

.

さて1/22、談話会。ダイアログ・イン・ザ・ダーク(以下、’DID’と略す)ジャパン代表である金井真介さんの「DID設立の想い」、そしてDIDジャパン理事であり設立からずっと関わってこられている志村季世恵さんの「DIDへかかわるきっかけ、続ける想い」、それからDIDアテンドであり視覚障害をお持ちの檜山晃さんと志村季世恵さんとの談話、という形で進んでいきました。

そして談話会の会場を暗闇にして、檜山晃さんから告げられる課題をもとに、参加者どおしでその課題に取り組む。課題は主に人と人との疎通。会場は会議室ゆえにスペース感も暗闇環境も、また時間的にも、簡易的なものでしたが、触感、聴感をたよりに必死に感覚疎通、意思疎通をしました。

.

暗闇になった瞬間から、私たちは何も出来なくなる。

一方で視覚障害をお持ちの方は何もかわらず行動できる。

.

私たちは普段の視覚のある生活の中で(色々なことが)「見えている」。

「見えている」ということは「見え過ごしてしまっている。」ことが多い。

視覚障害をお持ちの方は視覚に頼らない、他の感覚で(必要とすることを)「見ている」。

.

この談話会を通じて、「視覚の無い世界」についての認識が変わりました!

「視覚が無い」のは「不都合」はあるけど「豊か」な部分もある。

決して不憫ではない。

「視覚が無い」のは「一つの個性」!

.

.

元々、健常者/障害者 という言葉が、優/劣、上/下 を感じてしまい、とても嫌いな表現だ、という考えを持っていました。

そんな中、今回視覚の無い世界が体験できるということで「どういう不都合かを体感したい。」としてこの談話会に応募。

振り返ってみれば、「優/劣という感覚が嫌いだ」と言っている自分が、無意識の中で「視覚が無い」=「不憫」という捉え方、 優/劣 の捉え方をしていたのでは?!?!

自分という人間がとても嫌に感じました。

.

「視覚が無い」のも「視覚がある」のも夫々「一つの個性」。

お互いが対等にいれるようになりたい。

関係者の皆様、貴重な機会に参加させていただき有難うございました!

DID。定置会場は東京外苑前と大阪にありますね♪

いつかその会場でしっかり体験したいと思います。

.

<参考文献>

「まっくらな中での対話」

 http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2767902

 

f:id:KEIRI:20140125235418j:image:medium

.