子どもの笑顔 The Big K.I.S.S. Project

2017-10-05

ハワイで県産品をPRしてきました!

15:22

9月20日から25日まで米国ハワイ州を訪問し、ハワイの自然・文化・経済の調査に加え、福島物産を紹介する活動を行ってきました。

東邦銀行さんと業務提携を結んでいるセントラル・パシフィックバンクと、輸入卸業のチェリーカンパニーを訪問し、県産品の日本酒喜多方ラーメン、果物などの美味しさや魅力をPRしました。

興味を持っていただき、販路拡大に向けて少しでもお役に立てればと思います。

f:id:KISSPROJECT:20171005152220p:image

福島民報 2017.10.4


f:id:KISSPROJECT:20171005152221p:image

福島民友 2017.10.4

2017-06-11 パースふくしまの会様 誠友スポーツ少年団様からのお便り

パースふくしまの会様 活動支援金のお礼

謹啓 時下ますます御清栄のこととお喜び申し上げます。

 この度は、誠友スポーツ少年団の活動に際し、多大なるご芳志を賜り、団を代表いたしまして心よりお礼申し上げます。

頂戴しました活動支援金は、先日6月3日、4日にいわき市にて開催された第70回福島県総合体育大会のために有効に活用させていただきました。その結果ですが、一回戦 ほおの木ソフトボールスポーツ少年団喜多方市)に5−0で勝利しましたが、二回戦 中神谷スポーツ少年団いわき市)に1−7で敗退となりました。

団員と指導者方と保護者が一丸となって臨んだ大会ではありましたが、不本意な結果となりました。しかしながら、二回戦終盤に粘ってもぎ取った1点に団員の成長を大きく感じることができました。

まだまだシーズン序盤ですので皆様に良い結果を報告できるよう、今後の大会に向け、よりいっそう練習に励む所存です。

今後とも、福島県復興にご支援を賜りますようお願い申し上げますとともに、異国の地から故郷を想う県人会皆様方のご活躍をご祈念いたします。

先ずは、略儀ながら書中をもって御礼申し上げます。

謹白

 

誠友スポーツ少年団 会長 原 恵

f:id:KISSPROJECT:20170621144219p:image

f:id:KISSPROJECT:20170621144216p:image

2017-06-10 パースふくしま県人会様 福島市少年ラグビースクール様からのお便り

パース福島県人会

活動報告書

この度は過分なる支援金を頂戴致しまして誠に有難うございます。

さて、私たち福島市少年ラグビースクールは、下は5歳の保育園児から上は中学3年生ま で約50名の子供たちが毎週日曜日の午前9時30分〜11 時30分の2時間にわたりラグビ ーの練習を行っています。

チームカテゴリーとして未就学児、低学年(1,2年生)、中学年 (3,4年生)、高学年(5,6年生)、中学生チームに分かれています。

小学生以下は6月の会津ロータリー杯と11 月の県総体がメインの試合となり、子供たち は試合での勝利に向けて練習に真剣に取り組んでいます。中学生は県の合同チームでの対 外試合が中心で年に数回県外に遠征して試合をしています。

今回頂戴した支援金は練習用のボールの購入に使わせて頂き、子供たちがもっとラグビー ボールに触れられる機会を増やして参りたいと考えております。

最後になりましたが、貴県人会の益々のご発展をご祈念申し上げます。

福島市少年ラグビースクール コーチ 五十畑 昌之

f:id:KISSPROJECT:20170616103810j:image

2017-06-01 お届けレポート

パースふくしまの会様からのご支援金を4施設に直接訪問し、お届けしてきました。

新聞社からの取材もしていただきました。

福島民報

f:id:KISSPROJECT:20170621145301p:image

福島民友

f:id:KISSPROJECT:20170621145305p:image

2017-04-14

パースふくしまの会から情報が届きました!

10:46

■キッスプロジェクトは2016年10月パースシドニーで開催された、福島県観光&物産セミナーに同行し応援しました。

http://perth-zanmai.com/?p=3310

パースふくしまの会から情報が届きました!

キッスは頂いた義援金福島でサポートを必要としている団体へお届けする準備に入ります!

*3月25日、パース市内のフォレストプレイスにてパースジャパンフェスティ

バルPerth Japan Festival が開催されました。

f:id:KISSPROJECT:20170325113216j:image:w360

https://www.perthjapanfestival.com

40以上の企業や団体のスタッフ1500人が日本の観光や文化を紹介、日本食やグッズを販売し、200人以上のボランティアのサポートがありました。

昨年同様オーストラリア大企業リオティントやウッドブリッジのスポンサーのほか、今年からはパース市もスポンサーに迎え(https://www.perthjapanfestival.com/sponsors-1/)昨年以上に盛大なイベントとなり、パース市民約15000人が訪れました。

f:id:KISSPROJECT:20170325160613j:image:w360

パースふくしまの会では会員10名が参加、福島県国際課のご協力により福島の観光や赤べこ、起き上がり小法師など福島にまつわるグッズを紹介、年配の方から小さな子供にまで喜んでいただき客足がと絶える事なく大盛況に終わりました。他にも飯坂町出身の舟山精二郎様が経営されているジュンパシフィック社より昨年10月にオーストラリアパースシドニーで開催された福島県観光物産セミナーで紹介したグローバル倶楽部のしじみエキスを使ったインスタントラーメン ロ麺チスト、岡昇ルレーヴピーチ、以前にも日本祭りで紹介した五十嵐製麺 ふるさと青じそ麺、新しく内池醸造のえごまドレッシングなど多大なご協賛を頂きました。

物産では会津手描き蒔絵風鈴を今年初めて販売、その美しい手描きと涼しげな音に惹かれて沢山の方々が福島県ブースに足を運んでくれました。また昨年同様に販売した会津塗も大変人気でした。今回の義援金福島でサポートを必要としている団体にお届けする予定です。

f:id:KISSPROJECT:20170325160736j:image:w360

2014年より始まったパース日本祭りも今回で4回目を迎え、第一回からと比べると規模も内容も幅広く豊かなものとなりました。

パースで日本を味わい、体験することができるこのイベントには、日本に興味のある方、以前に日本を訪れたことのある方、これから日本に行く予定のある方など”日本”で繋がっている方の参加が多く、そのような方々に福島県の最新の情報をお届けするとともに観光や味覚をアピールできた事を本当に嬉しく思います。震災の時に福島英語教師をしていて、毎年必ず福島ブースに足を運び私達に会って話しをする事であの時の恐怖が癒され元気をもらえる!と言ってくれる女性がいます。

6年経った今でも海外から「今でも私達は福島のみなさんを想っています」というメッセージを発信する事の大切さを痛感しました。「できる人ができるだけ、できる限り」をモットーにパースふくしまの会はこれからも福島応援していきます。

パースふくしまの会 会長

ストックトン 亜紀子

<そしてこんな嬉しい情報も!>

先日の日本祭りで友人が福島の物品を買ってくださったのですが、なんと彼女の書いている人気ブログにも紹介していただきました。

私たちの周りではこのブログ、よく読んでパースの情報を得ているんです。

ありがたいですね!

http://pdtp.com.au/2017/03/27/7561/

パースふくしまの会 晃子