子どもの笑顔 The Big K.I.S.S. Project

2017-04-14

パースふくしまの会から情報が届きました!

10:46

■キッスプロジェクトは2016年10月パースシドニーで開催された、福島県観光&物産セミナーに同行し応援しました。

http://perth-zanmai.com/?p=3310

パースふくしまの会から情報が届きました!

キッスは頂いた義援金福島でサポートを必要としている団体へお届けする準備に入ります!

*3月25日、パース市内のフォレストプレイスにてパースジャパンフェスティ

バルPerth Japan Festival が開催されました。

f:id:KISSPROJECT:20170325113216j:image:w360

https://www.perthjapanfestival.com

40以上の企業や団体のスタッフ1500人が日本の観光や文化を紹介、日本食やグッズを販売し、200人以上のボランティアのサポートがありました。

昨年同様オーストラリア大企業リオティントやウッドブリッジのスポンサーのほか、今年からはパース市もスポンサーに迎え(https://www.perthjapanfestival.com/sponsors-1/)昨年以上に盛大なイベントとなり、パース市民約15000人が訪れました。

f:id:KISSPROJECT:20170325160613j:image:w360

パースふくしまの会では会員10名が参加、福島県国際課のご協力により福島の観光や赤べこ、起き上がり小法師など福島にまつわるグッズを紹介、年配の方から小さな子供にまで喜んでいただき客足がと絶える事なく大盛況に終わりました。他にも飯坂町出身の舟山精二郎様が経営されているジュンパシフィック社より昨年10月にオーストラリアパースシドニーで開催された福島県観光物産セミナーで紹介したグローバル倶楽部のしじみエキスを使ったインスタントラーメン ロ麺チスト、岡昇ルレーヴピーチ、以前にも日本祭りで紹介した五十嵐製麺 ふるさと青じそ麺、新しく内池醸造のえごまドレッシングなど多大なご協賛を頂きました。

物産では会津手描き蒔絵風鈴を今年初めて販売、その美しい手描きと涼しげな音に惹かれて沢山の方々が福島県ブースに足を運んでくれました。また昨年同様に販売した会津塗も大変人気でした。今回の義援金福島でサポートを必要としている団体にお届けする予定です。

f:id:KISSPROJECT:20170325160736j:image:w360

2014年より始まったパース日本祭りも今回で4回目を迎え、第一回からと比べると規模も内容も幅広く豊かなものとなりました。

パースで日本を味わい、体験することができるこのイベントには、日本に興味のある方、以前に日本を訪れたことのある方、これから日本に行く予定のある方など”日本”で繋がっている方の参加が多く、そのような方々に福島県の最新の情報をお届けするとともに観光や味覚をアピールできた事を本当に嬉しく思います。震災の時に福島英語教師をしていて、毎年必ず福島ブースに足を運び私達に会って話しをする事であの時の恐怖が癒され元気をもらえる!と言ってくれる女性がいます。

6年経った今でも海外から「今でも私達は福島のみなさんを想っています」というメッセージを発信する事の大切さを痛感しました。「できる人ができるだけ、できる限り」をモットーにパースふくしまの会はこれからも福島応援していきます。

パースふくしまの会 会長

ストックトン 亜紀子

<そしてこんな嬉しい情報も!>

先日の日本祭りで友人が福島の物品を買ってくださったのですが、なんと彼女の書いている人気ブログにも紹介していただきました。

私たちの周りではこのブログ、よく読んでパースの情報を得ているんです。

ありがたいですね!

http://pdtp.com.au/2017/03/27/7561/

パースふくしまの会 晃子

2017-01-10

ファミリー卵教室・28年度

10:47

昨年に引き続き今年も福島県養鶏協会さまのご協力により、ファミリー卵教室を開催しました。

今年は郡山での開催、遅くなってしまいましたがレポート致します。

日 時:2016.12.23(金・祝)

時 間:10:30〜13:30

場 所:郡山中央公民館

参加者:16組、41名

クリスマスの連休で各地でイベントが開催される中、多くの参加者にお集まりいただきました。

はじめに今回サポートをいただいた福島県養鶏協会さまより、福島レイヤー会代表幹事(有限会社松川養鶏 代表取締役社長)の酒井社長様にご挨拶をしていただきました。最近のニュースなどを取り上げ、安心・安全な卵を提供している事を分かり易く子ども達に説明してくださいました。子ども達も真剣にお話しを聞いていました。

f:id:KISSPROJECT:20161226161854j:image

次に、講師の紹介を行い早速スタート!

はじめは、八巻亜梨沙先生による『アフリカのおやつをつくろう!』です。

f:id:KISSPROJECT:20161226162144j:image

<八巻亜梨沙 先生プロフィール>

福島市出身。福島大学人間発達文化学類卒業。

卒業後、青年海外協力隊としてアフリカボツワナで活動。帰国後、JICA 二本松に勤務。現在は、東邦銀行国際営業部勤務。

キッスは国際色豊かな団体で、この日はサポートにオーストラリアから来ていたマーゴさんも参加してくださいました。亜梨沙先生からは、ボツワナポピュラーパン「パパタ」作りを紹介していたき、お料理の説明の途中でボツワナという国の食文化や挨拶などを子ども達に楽しく教えてくださいました。ボツワナでは朝食を家で軽く食べ、ティータイムにパパタをおやつとして食べる事が多いそうです。生地はなんと“300回”こねるそうですが、当日は先生が準備してくださった生地を成形して、フライパンで焼くところを実習で体験しました。

f:id:KISSPROJECT:20161226160752j:image

   

ふんわり膨らんだパンに、いり卵を挟んだり、蜂蜜を付けて食べたりするそうです。この日はオーストラリアのジャラハニーとアフリカルイボスティーを試食でいただき、国際色豊かなおやつを楽しみました。

次は、たまごソムリエの友加里先生による『親子で楽しめるたまご料理』です。

f:id:KISSPROJECT:20161226171859j:image

<友加里先生プロフィール>

福島県出身・たまごソムリエ

日テレあのニュースで得する人損する人』タマミちゃんとして出演中

著書『たまごソムリエ友加里のたまご大好き〜あなたのたまご料理が100倍おいしくなるレシピ〜』

最初に、友加里先生がテレビで紹介していた、「まるごと卵を使ったプリンの作り方」を見せてくださいました。ストッキングを使って、くるくる回す様子に「わぁ〜」と歓声があがっていました。

f:id:KISSPROJECT:20161226162008j:image

メニュー:オムライス、卵サラダ、卵スープ、卵フライ

子ども達は、真剣に先生のデモンストレーションを見ていました。

次にこれを入れて...と順番をしっかり覚えているお子さんも多かったです。「卵は角じゃなくて平らなところで割るって先生が言ってたよ!」と、細かいポイントもしっかり覚えていました。

この日は時間の関係でスープとフライは先生方に作っていただき、参加者の方にはオムライスと卵サラダを作っていただきました。

サラダは、ゆで卵とむき海老、ブロッコリーマヨネーズであえるのですが、栄養のバランスも考えられた、シンプルでもおもてなし料理にできそうな彩りよい一品でした。粉チーズが少量入っているのですが、それがすごく卵に合って美味しかったです。

f:id:KISSPROJECT:20161226172332j:image

オムライスの卵にはマヨネーズだけしか入れていないのですが、ふんわりトロトロでとても美味しくできました。

当日は養鶏協会さんのご支援でオムライスだけで、なんと1人3個の卵を使ったのですが、本当に贅沢なご馳走オムライスでした。

ふだん子どもだけに全てをまかせるのは、親からすると勇気のいる事ですが、良い機会をいただいて、子ども達に思い切ってまかせてみて”見守るだけでここまでできるんだ!”という新たな発見もありました。娘も「お友達と二人で5人分作ったよ!!」と満足気でした。

作っている途中「お腹が空いた〜、早く食べた〜い」という声が何度も聞こえてきただけに、完成後子ども達はモリモリ食べていました。

甘くしないと卵焼きも食べれない娘が、卵3個のオムライスをあっという間に完食していました。

身近な食材で栄養価の高い卵を使って、料理のレパートリーを増やせれば保護者にとっては嬉しい限り。先生方にきっかけをいただいて、食べる事・作る事に子ども達が興味を持ってくれる事は本当に嬉しい事です。

f:id:KISSPROJECT:20161226171802j:image

講師の先生方も子ども達一人一人に声をかけてくださって、スタッフの分の試食まで作ってくださいました。

また、帰りには自宅でも実践できるように、今日の“レシピ”と“卵1パック”をお土産にいただきました。

講師の先生方、そして今回全面サポートをしてくださった福島県養鶏協会の皆様に心から感謝いたします。

卵の美味しさ、作る喜びを知って、美味しい!と家族や友達と共感できる、幸せな時間を持てたと思います。

本当にありがとうございました。

報告:ビッグキッスプロジェクト 松崎恵子

2016-10-04

パースふくしまの会 チャレンジウォールでのクライミング体験プレゼント

12:07

昨年は海外の絵本のプレゼントをしてくださった「パースふくしまの会」さまより、今年も福島子ども達のためにとご支援をいただきました。

皆さんが様々な活動の中で集めてくださった支援金。

今年はどんな形で提供すればいいのか悩みに悩み、こむこむチャレンジウォールでのクライミング体験を実施する事としました。

これまでキッスでは、心身共に元気な子ども達になって欲しい、また広い世界を感じて欲しい。という思いから「音楽・英会話アート」3つの柱でワークショップのご提案をしてきました。

子ども達の吸収力は大人の想像を超えていて、毎回もっともっと、また来て!という声をたくさんいただきます。そんな中、今回は新しい試みとして少し難し事にチャレンジしてもらおう。

来年1年生になる子ども達に「チャレンジする気持ち」の大切さを知ってほしい。という思いで、”こむこむチャレンジウォール”でのクライミング体験を実施する事としました。

今回は特定の場所での実施の為、移動方法は施設側で決定いただき、また運動のためケガ等の危険がゼロではない事から、その点をご理解いただいた施設となりました。

私達の方でも、福島山岳会さんに講師を依頼し、また当日初めての事にチャレンジする子ども達のサポート役として福島大学の山岳部のメンバーにサークル活動としての支援を依頼しました。

本番は10月となりますが先日、会長のストックトン亜紀子さんに予定施設を見学いただき、山岳会の佐藤さんと福島大学の石川さんに支援金を贈呈していただきました。

子どもが無料で体験できるクライミング施設は全国でもとてもめずらしく、この機会に多くの方に知っていただければ嬉しいです。

事前に福大の皆さんが保育園を訪問してくれた様子、また当日については改めてレポートしたいと思います。

パースふくしまの会」の皆様、この度は本当にありがとうございました。

安全第一で講師の先生のサポートをいただき、子ども達の忘れられない一日になれば。と思います。

実施は10月6日、10月20日の予定です。

追加のレポートお楽しみに!

ビッグキッスプロジェクト 松崎

f:id:KISSPROJECT:20161004120523j:image f:id:KISSPROJECT:20161004120522j:image

パースふくしまの会>

オーストラリアパース在住の福島県出身者を中心とした「パースふくしまの会」(会長:ストックトン亜紀子さん=福島市出身)

http://perth-fukushima-kenjinkai.com/


f:id:KISSPROJECT:20161004120524j:image

写真:取材を受ける皆さん

2016-08-02

余目一輪車クラブから、オーストラリアのパースの支援者へお礼状が届きました

07:57

オーストラリアパース在住の福島県出身者を中心とした「パースふくしまの会」(ストックトン亜紀子会長=福島市出身)から6月18日、福島市の余目一輪車クラブに10万円の活動支援金が寄贈されました。


当日は弊会代表の林由美子、パースから宮城英語教師出来ているアリアナさんも参加。余目一輪車クラブの代表に寄付金を贈呈しました。


今回の寄付は、パースふくしまの会が2月に行ったバザーの売上金です。


その後、福島民報でも報道されました。

クラブの子どもたちからお礼状が届きました。

f:id:KISSPROJECT:20160802074855j:image:w360

f:id:KISSPROJECT:20160802074856j:image:w360

2016-06-20

モフランさん・たたらさん コンサート

13:30

3月にスタートした本プロジェクト。

ロンドン日本食店「Peko Peko」(ペコペコ)が東日本大震災5周年のチャリティーコンサートで募ったご支援金が、キッスメンバー太田ゆりさんからのご紹介届きました。

支援金は当初、青葉学園英会話ワークショップの目的で集められましたが、思いのほかご寄附が集まり、少しでも多くの子ども達にとの思いから、今回の企画がスタートしました。

「音楽で集めたご支援金。音楽で届けたい!」

メンバーで検討した結果、3月にこむこむで行われた、郡山北工業高校福島工業高校の生徒とのコラボが大好評だった、BBモフランさんとたたらさんにご依頼をしました。

モフランさんはコンゴ民主共和国出身、劇団四季ライオンキング」の初代パーカッション奏者を務めた方です。

たたらさんは明星大学講師で音楽療法士の方、お二人はこれまでに被災地を中心に200箇所の施設で活動をしています。

今回は初めて、私の母校で合奏部のある”清水小学校”様とそのそばにある”たんぽぽ保育園”様に訪問しました。

訪問日:2016.6.17(金)

訪問メンバー:キッスプロジェクト

  たんぽぽ保育園(事務局長 鈴木、吉村、松崎 3名)

  清水小学校(事務局長 鈴木、野崎、鈴木(裕)松崎 4名)

まずは午前中に”たんぽぽ保育園”様に。

大きなホールに園児全員0歳児から6歳児、175名が集まってくれました。

見慣れない楽器に興味深々の子ども達。

最初に、鈴木事務局長が「イギリスから届いたプレゼントだよ!」と子ども達に丁寧に説明

皆真剣にお話を聞いてくれました。

f:id:KISSPROJECT:20160620121634j:image

ステージには、たたらさん一人。

たたらさんに教えてもらって皆でモフランさんを呼びます。

「みんなで呼んでみよう!ジャンボー!!」モフランさん登場です。

最初は大きな音にびっくりして泣き出す子もいましたが、すぐになれ皆笑顔。

モフランさんは、「この楽器はヤギの皮でできているんだよ」など丁寧に説明をしてくれたり、

皆が知っている「どんぐりころころ」をひいてくれたり。(自然に子ども達は続けて歌っていました)

ピアノで「ゴキブリの歌」を歌うと、大嫌いなゴキブリもちょっぴり好きになりそうな?

そして、音に合わせて一緒に踊ったり、掛け声を言ったり、とても盛り上がりました。

先生も子ども達も本当に笑いながらノリノリで踊っていました。

後半の演奏シーンでは、「やりたい!やりたい!」と沢山の声。

今回は一部の子ども達しかできなかったので、またの機会があるといいですね。

f:id:KISSPROJECT:20160620121625j:image

最後は皆から歌のプレゼントがあり、私達もモフランさん、たたらさんも大感激でした。

帰りにモフランさんは、175名一人一人とタッチをしてくれました。

f:id:KISSPROJECT:20160620121558j:image

午後は小学校。

スケジュールの都合で授業での実施は難しい為、放課後合奏部の生徒という事でお声かけしましたが、先生方のご配慮で全校生徒に呼びかけいただきました。

140名の子ども達と保護者の方にもお集まりいただきました。

こちらでは今回清水小学校の校長先生方とのお繋ぎをしてくださった、キッスメンバーの福島大学 野崎先生がご挨拶。

子ども達に「ボランティアって分かる?皆もやっているでしょ...」などと問いかけながら支援先の説明をしてくださいました。

f:id:KISSPROJECT:20160620121554j:image

保育園と比べ、少し高学年向けに変えられたプログラムでしたが、それでも踊って・声を出して。

という楽しいプログラム

ここでは合奏部の子ども達がフルートクラリネットトランペットなど様々な楽器を持ち込んでくれて、

モフランさんが即興で「ネコ好きな人、じゃあネコの鳴き声やってみよう!イヌが好きな人は、イヌね〜」

なんて感じで、楽器を使って音の遊びを楽しむ時間もありました。

皆最初は”???”でしたが、慣れてくると自由に音を楽しんでいました。

f:id:KISSPROJECT:20160620121551j:image

モフランさん達の演奏は全く楽譜を使いません。

心も身体も解放して、純粋にその場にあふれる音楽を楽しんでいるように感じました。

評価や常識にとらわれず、”自分の思うままに表現していいんだよ...”というメッセージがそこにはあるように思います。

「音楽って楽しい!」が子ども達に少しでも伝わっていたら嬉しいです。


両施設の先生方、今回はタイトなスケジュールの中ご準備いただき、本当にありがとうございました。

子ども達に身体と心で感じる音楽が届けられ、キッスメンバー一同嬉しく思っております。

そして貴重な機会をくださった、Peko Pekoの皆さん。

モフランさん、たたらさん、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

報告 松崎