Hatena::ブログ(Diary)

鉄よりつよいもの。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |

2017年12月12日

[]お知らせ:移転しま

こちらのはてなダイアリーでの更新は終了します(たぶん)。

はてなブログを始めましたので、今後はそちらを更新する予定。


http://kkt.hatenablog.jp


過去エントリーを移行するかは考え中。

とりあえずこちらは放置状態で残しておきます


それでは引き続きよろしくどうぞ。


※追記

「ハロプロ楽曲大賞2017」投票者欄からこちらのブログにリンクされていますが、上記のようにこちらの更新は終了しています

私の投票時のプロフィール更新のミスと思われます。失礼いたしました。

上記のように、新たなブログで更新していますのでそちらへどうぞ。

「ハロプロ楽曲大賞2017」投票内容のエントリは下記です。

http://kkt.hatenablog.jp/entry/2017/12/12/221919

(2018年1月1日追記)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KKT/20171212

2017年09月30日

[]柔軟に

9月23日にオンエアされたラジオ日本モーニング娘。'17モーニング女学院放課後ミーティング〜』の中で、印象に残ったやり取りがありました。


あるテーマに対して出席メンバーひとりひとりが答えを挙げていくオープニングのコーナーで、この日のテーマは「モーニング娘。で一番涙もろいメンバーといえば」。

このテーマに対して佐藤優樹さんは「“涙もろい”がよくわかりません」と答えたのですが、そのあとで佐藤さん自身が語ったその理由が興味深かったです。


「涙もろいってそもそもなに? だってさ、人によってはこの感情は……」

はるなんは、メンバーのことを思って感動するタイプ。人のこととか、よくちゃんと知りあったことの感動に関して泣くタイプ。小田んごは、自分お話したりとか緊張するとちょっと涙が出るタイプ。その種類に関して、優樹は個別になっちゃうんだよね」


ほかの出席メンバー・飯窪春菜さんと小田さくらさんと会話をしながらの説明だったので、話が途中で切れてしまったような部分もありますが、私はこの佐藤さんの説明、すごく面白いと思ったんですよね。

たぶん佐藤さんが言おうとしていたのは「すぐ泣く人もなく理由感情がそれぞれ違うから“涙もろい”という言葉ひとつにくくれない」ということではないかと思います。


感情を表す言葉はたくさんあって、でも言葉がある分、感情表現するときに、どこか無意識言葉の表すことに合わせてしまっているところはあるのかもしれません。

佐藤さんは、既存言葉感情を当てはめるのではなくて、もっと適したかたちで感情言葉にしたいと思っているのかもしれないと思いました。ときおり、ちょっと不思議に思える言葉の使い方をしたりするのも、感情に似合う言葉、ふさわしい言葉を探した結果なのかもしれません。


言葉大事だけれど、言葉の枠組みにとらわれ過ぎてしまうことのないよう、柔軟でありたい。

そんなことを思った佐藤さんの発言でした。



という内容をradikoタイムフリーで当該回が聴けるうちに更新しようと思っていたんだけど間に合わなかったの。すまん。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KKT/20170930

2017年08月31日

[][]Dyna Comp

ちょっと今回は軽めな内容の更新で。

7月20日にLoVendoЯ岡田さんのInstagramリハーサル時にエフェクターボードの前にしゃがむ宮澤茉凜さんの写真掲載されていまして、エフェクターボードが実によくわかる1枚となっております

コンパクト・エフェクタースイッチャーを組み合わせた最近スタンダードな組み方のエフェクターボードと言っていいのかな? でもって並んだエフェクターは上段右から

そして下段スイッチャーの右に KORGチューナー PITCHBLACK。


基本的

コンプレッサーオーバードライブディストーションブースターコーラスディレイ

という比較シンプルな組み合わせで、歪み系はSUHR、空間系はTC Electronic、コンプブースターがMXRというメーカーもわりと統一されていますね。

シールドの長さが揃えられたきれいなボードとなっていて、細やかな方がセッティングしたボードかなと思いました。


で、画像を見ていて気がついたのは、右端のDyna Comp Miniが、スイッチャーのセンド・リターンに入っておらず、Dyna Comp Miniアウトプットからスイッチャーのインプットに入っているようなんですね。

この位置だと踏みにくいでしょうし、Dyna Comp Miniは常時かけっぱなしの可能性があるのではと。


さて、以前『MUSIC FESTA』のバンドに参加しており、魚住さんにギターを貸したり、宮澤さんが2本目のポールリードスミスを購入するときに付き添ったり、岡田さんと宮澤さんのユニットおかまりん」のアコースティックライブゲストで出演したりと、LoVendoЯはいろいろ縁のある新井健さんというギタリストがいらっしゃいまして、新井さんのエフェクターボードには宮澤さんが使っているMXR Dyna Comp Mini の元の機種というべきMXR Dyna Comp が入っております(『ギターマガジン』の連載『プロのペダルボー道』ウェブ版の記事で見ることができます)。

雑誌版の記事によると新井さんは Dyna Compコンプレッサーとしてではなく、「ピックが当たった瞬間にアンプがこたえてくれるような、スピードのあるトー」にするために使用しているそうです(引用リットーミュージックギターマガジン』2016年1月号236ページより)

もし、宮澤さんが新井さんにエフェクター関連でアドバイスを受けていたら、新井さんと近い使い方でかけっぱなしで Dyna Comp Mini を使うこともあるのではないかななどと想像しています


ちなみに上記記事によると新井健さんの Dyna Comp の使い方は新井さんの師匠である佐橋佳幸さん譲りということで、佐橋流 Dyna Comp の使い方が宮澤さんまで伝わっているのだとしたら、実に面白いと思います


このInstagram画像は、LoVendoЯリハーサルではなく、岡田さんと宮澤さんが「Play with Rock」というスペシャルバンドのメンバーとして参加したライブリハーサルで撮られたもの

宮澤さんの6月22日のツイートによるとLoVendoЯでは以前から使用しているマルチエフェクターBOSS GT-100を使っているようで、このエフェクターボードLoVendoЯ以外のセッション用なのかもしれません。

機会があればこのエフェクターボード活躍するライブも観てみたいと思います

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KKT/20170831
2004 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |