催涙スプレー所持、最高裁で逆転無罪「正当な理由ある」

催涙スプレーをポケットに隠し持っていたとして、軽犯罪法違反の罪に問われた東京都の男性会社員(28)に対する上告審判決が26日、最高裁第一小法廷(甲斐中辰夫裁判長)であった。判決は「スプレーは防御用で、隠し持っていた正当な理由がある」と認定。有罪とした一、二審を破棄し、無罪を言い渡した。

 男性は07年8月26日未明、米国製の護身用防犯スプレーを東京新宿の路上で持っていたとして起訴された。一審・東京簡裁、二審・東京高裁はいずれも「隠し持つ正当な理由がない」と判断し、科料9千円を言い渡した。最高裁判決は、スプレーが比較的小型で、会社で経理を担当する男性が、多額の現金や有価証券を持ち運ぶために購入したことを指摘。路上で所持していた時も健康のためのサイクリング中だったとした。

 無罪は、5人の裁判官全員一致の意見。

これは素晴らしい判決です。

ここでいくつかのポイントが見えます。

ご存知の通り軽犯罪法では「正当な理由なく武器などを持ち歩いてはならない」という法律です。

この判例によると催涙スプレーは「武器」であり軽犯罪法に抵触する。しかし所持や購入理由が「防御用」であれば「正当な理由」と考える事もでき、例えば仕事上で防御が必要として購入していても、プライベートでのサイクリングで所持していても良いという事ですね。

過去にもこういった判例があったという話は聞いていましたが、まさに判例そのものを見たのは初めてでした。情報ありがとうございました。

という事は、催涙スプレーを携帯する時はやはり「所持する理由」を明確に持っておき、必要があれば冷静に説明できる事も大切なようですね。

コメント
0件
トラックバック
0件
ブックマーク
0 users
KSP_Shiraishi
KSP_Shiraishi