Hatena::ブログ(Diary)

Radium Software

About

Twitter

 | 

2008-05-18

ビープが鳴るのは仕様です

f:id:KZR:20080518234002j:image

The compatibility constraints of your side effects: Beeping - The Old New Thing

Windows XP では,起動直後の「ようこそ」スクリーンでスペースキーを押すと,ビープ音が鳴る。これは,無効なキー入力が行われた際のデフォルトの挙動であって,意図されたデザインではない。

Windows Vista では,「ようこそ」スクリーンの構成が変更されていて,スペースキーを押してもビープ音が鳴ることは無い……少なくとも,ベータ版まではそうだった。

Vistaベータテストの実施中に,あるベータテスターから「『ようこそ』スクリーンでスペースキーを押してもビープ音が鳴らなくなったのはなぜか?」という問い合わせがあった。

意図的に削ったわけではなく,仕様変更によって生じた些細な副作用のひとつに過ぎない。でもなぜそんなことを,このベータテスターは気にするんだろう?

そのベータテスターは目が見えなかった。 Windows が起動したことを確認するために,件のビープ音を利用していたのだという。

こうして,ひとつの特殊処理が Vista に付け加えられた。製品版の Vista では,「ようこそ」スクリーンでスペースキーを押すとビープ音が鳴るようになっている――意図されたデザインによって。

ソフトウェアの互換性とは何か?」「ソフトウェアの品質テストとは何か?」――様々な見方があるだろうけども,例えばマイクロソフトは,どう考えているのだろう? それを示唆するエピソードのひとつだと思う。

コメントの中にはこんな意見もある

読み上げ機能みたいにアクセシビリティオプションの中に作ればいいのでは。なぜ,極少数のユーザーにとってのシナリオを最適化するために,意図的なバグの再現をするのだろう?

立場によっては,それも正しい見方のひとつだと思うよ。ただ,億単位のユーザーを抱えるソフトウェアと,そうでないソフトウェアでは,見方が違うのも当然なんだ。

し 2008/05/19 16:51 両方使ってみりゃ、かちっと作ってあるなって思うよvista。
マックに比べて。

dd 2008/05/19 16:53 あと、ハテブのコメントは十年くらい遅れてる感じだ。
まぁ、普通の人々の意見なんてあんなもんだ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

 |