Hatena::ブログ(Diary)

Radium Software

About

Twitter

 | 

2009-02-16

Structure Synth 日記

最初は,GI をやるならモノトーンの方が味が出るのかもしれないと思っていたのだけれど,ためしに色を付けてみると,やはり色付きの方が断然面白いことがわかる。淡い色合いと柔らかなライティングが簡単にマッチしてしまうのが GI の面白いところ。オブジェクトが密集する部分にできる陰が,とても味わい深くて,わざとそういう部分を作りたくなってしまう。

以下は習作と,そのソースコード。こうして改めてコードを見返してみると,たったこれだけのソースから,これだけみっちりとしたシーンを生み出すことができてしまうというのが,とても愉快に感じる。

f:id:KZR:20090217014905p:image

set background #eeeeee
20 * { h 10 rx -30 s 0.9 } R1
rule R1 { { } E1
          { x 1 ry 3 h 0.01 } R1 }
rule R1 { { } E1
          { x 1 rz 3 h 0.01 } R1 }
rule R1 w 0.003 {}
rule E1 { { s 0.8 sat 0.9 h 140 } box }

f:id:KZR:20090217014903p:image

set background #eeeeee
set maxdepth 20
800 * { y 0.35 rx -2.9 h 0.1 s 1 0.999 0.999 } R1
BG
rule R1 { { x 0.5 ry 5 s 1 0.9 0.9 } E1 }
rule R1 { { x 1 ry 5 s 1 0.9 0.9 } E1 }
rule R1 { { x 1.5 ry 5 s 1 0.9 0.9 } E1 }
rule E1 { { s 1 0.2 0.2 sat 0.8 } box
          { h 10 } R1 }
rule E1 w 0.1 {}
rule BG { { s 0.1 100 100 sat 0 } box }

f:id:KZR:20090217014904p:image

set background #eeeeee
120 * { rz 3 rx 3 h 1 } R1
rule R1 { { x 1.5 rz 6 } R1 }
rule R1 w 0.1 { { } R2 }
rule R2 { { s 1 0.1 1 b 1 sat 0.9 h 100 } box
          { x 1.5 rz 6 } R2 }
rule R2 w 0.03 {}

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

 |