Hatena::ブログ(Diary)

Radium Software

About

Twitter

 | 

2010-01-26

子どもがすべき50の危険なこと

Fifty Dangerous Things (You Should Let Your Children Do)

Fifty Dangerous Things (You Should Let Your Children Do)

この本 "Fifty Dangerous Things (You Should Let Your Children Do)" (「子どもがすべき50の危険なこと」)は, Kevin Kelly (Wired の創始者の一人として有名な編集者)のブログ紹介されていたものだ。この本には,例えば「指を接着剤で貼り合わせてみる」だとか「9V電池を舐めてみる」だとか,そういった「あまり深刻ではない,ちょっと危険なこと」が50項目載せられている。

f:id:KZR:20100126205341j:image

この本が伝えようとしていることは,著者が 2007 年の TED において行った講演「子どもがすべき5つの危険なこと」を見ればよく分かる(下記のリンクから日本語字幕付きで見ることができる)。

http://www.ted.com/talks/lang/jpn/gever_tulley_on_5_dangerous_things_for_kids.html

TED2007 - ゲーバー・タリー:子どもがすべき5つの危険なこと

現代社会は子どもを危険から遠ざけようとする傾向にある。これは,本当に子供とって必要なことだから行われているのか,それとも単に企業が訴訟のリスクを最小化しようとして行っているのか,僕にはどちらなのかよく分からない。しかし少なくとも著者のゲーバー・タリーは,このような傾向によって,子どもたちが周囲の世界との接し方を学ぶ機会から遠ざけられていると考えている。

この本のタイトルはちょっと挑発的だけれど,実際に教えようとしていることは,身の回りの世界をコントロールするための知識と経験であり,それは結果として安全へと繋がるものでもある。

とてもユニーク創造的な発想の本だと思う。

ところで,上の TED のプレゼンで特にユニークだと感じたのは,5つ目の「危険なこと」が "Break the DMCA" (「デジタル著作権法を破ってみる」)であるということだ。法律というものは,ごくありふれた一連の行動によって,ふいに破られてしまうことがある。特に著作権法について,僕は子供の頃にそういった事実を教えてもらった記憶が無い。今の子どもたちはいつの時点で,著作権法を破るという「危険なこと」を学ぶんだろう?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

 |