Hatena::ブログ(Diary)

箱の外から このページをアンテナに追加 RSSフィード

2022-03-11 はじめに

東北地方太平洋沖地震関連

  • はじめに

東日本大震災が発生した2011年3月11日から、丸7年となりました。

亡くなられた多くの方に哀悼の意を捧げ、ご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。


7年前の自分というものを思い返そうとしても、もうおぼろげでしかなくて。

あの日に何を見たか、と考えると、いくつかの場面だけが浮かんでは消えていきます。

それは家の外に避難し、藤棚の柱に縋りついている母であったり。

出産を控えて入院し、不在の母親を思って夜中に泣く姪っ子だったり。

思い立って買い出しに行った先で見た、乾電池がいっこもない棚だったり。

他に覚えているものとしては、緊急地震速報の音くらい。


あとは自分の体験なのか、報道で見たものなのか、それすら定かではありません。

もう私の中で、あの日の事実は、どこにあるのかわからない。

あやふやな記憶と、検索によって見ることができる記録が、あの震災に関する情報の大部分を占めています。

そして、記憶よりも記録が占める比率が、時とともに増していくのを感じています。


多くの人がそうであるのではないでしょうか。

それはきっと、仕方のないことでもあるし、また正常なことでもあるでしょう。

ただ、ひとつ心に留めておかなくてはいけないことがあるとするなら。

「長期的にみて、記憶は記録には勝てない」ということ。

そして「記録は誰かの意思によって残されたものだ」ということ。

今、自分にとっての事実だと思っているものは、誰かの意思が入り込んだものではないでしょうか?

あるいは自分の願望や欲求に沿った記録を集めることで、記憶を作為的に塗り替えていないでしょうか?

それとも、更新されることもなく、過去の一ページとして閉じられているでしょうか?


7年前のあの日は、あなたの中に残っていますか?

静かに考える時間を、今日という日に持てればいいと思います。


2018年3月11日 記

以下、震災関連の情報源をまとめます。

続きを読む

このブログについて。

この記事は先頭に表示されます

※意味不明な文字列が表示されている場合は更新をお願いいたします(動画へのリンクエラーです)

.

このブログアイドルマスター】 箱m@s 【CUBE応援しています。

最新:【アイドルマスター】 箱m@s D-route 21 【CUBE】

.

使用しているマッピングツール:ProjectM

作成者:gakkun氏(サイト「gakkun’s room」)

.

D-route 19話終了時のマップを公開中。※10月21日更新

ブログ記事には本編のネタバレを含みます。

マップのみご覧になりたい方は、この記事の続きからどうぞ

※02/02:第12話終了時の「予想CUBE全体図」を追加。

続きを読む

書くものとして。

この詩を常に心に留め置く事。

冬に

谷川俊太郎

.

続きを読む

2018-10-04

ニコマス考古学

先ほど、こんなネットニュースが目に入りまして。


『アイマス』雪歩・美希・律っちゃんたちで『シュタゲ』風のオープニングを再現 高すぎるクオリティに「なんだこの世界線」

ニコニコニュースoriginal

 『STEINS;GATE』オープニング映像を『アイドルマスター』のキャラクターで再現した動画『【Steins;GateOPパロ】 Twilight Stage  アイドルマスター』がMashiruさんによって投稿されました。

【Steins;GateOPパロ】 Twilight Stage  アイドルマスター

作:魔汁P/ピジャP(シネ☆MAD3rd・Bチーム)

2009/11/28 00:04投稿


ええと。

この記事が投稿されたのは2018年10月02日の12:00。

この動画が投稿されたのは2009年11月28日の00:04。

動画投稿から数えて、ほぼ9年後に、この記事は作成されたことになります。

いやぁ、シネ☆MAD3rdから9年ですか、ははは。いや笑い事じゃない。


この9年間、ずっとニコマスの中に身を置き、この動画が生まれる瞬間も見届け、

それによって生じた興奮をこの身に刻んでいる者としては、この記事の内容は

「いまさら?」

と言いたくなるモノではあります、正直なところ。

ですが、9年という時間を冷静に考えてみると、知らない方が自然なのではないか、

とも思えます。

9年というと、小学6年生が成人するだけの時間です。なにそれこわい。

9年前、あなたは何をして、何を見、何を追いかけていましたか?

一般的には、この間ずっと同じものだけ見続けていたという方が、むしろ異端なはずです。

個人の中での興味の移ろいだけではありません。

このニコニコ動画に集う人たち、その中身も、ある程度は入れ替わっていることでしょう。

それだけの時が流れているんです。


ただでさえ、個人流入する情報量が加速度的に増大している昨今、アンダーグラウンド

同人作品というフィールドでは、過去の作品はあっという間に押し流されてしまいます。

(まして今のニコニコの検索システムでは、過去への遡及がとても難しい)

過去において、どれほど名作や大作と呼ばれようと、『今』誰かに見られなければ、

それは何の力も及ぼすことはできません。

この記事は、これだけのパワーを持つ動画が、こうしたニュースを記事として広める立場にある

記者にさえ、つい先日まで届いていなかったことを示しています。

この9年間、ニコマスブログなどというものをやっている身としては、実に不甲斐なく、

申し訳ない思いがしたワケですよ。

9年前の動画をニュースにしたことを、もしかしたら嗤う人もいるかもしれません。

でも、この人は『今』この動画に出逢い、感動し、こうして今の世に広めてくれたのです。

私は恥じ入るとともに、この記事の作者に深く感謝します。

ありがとう。もう一度この作品に、光を当ててくれて。


ああ、この人に伝えたい。

ニコマスってすごいんだよ。もっともっと、すごい動画がこんなにあるんだよと。

2018-08-31

100 PV feat. “The IDOLM@STER 2”

マイリスト:100 PV feat. “The IDOLM@STER 2”

選者:K_1155

選考基準:アイドルマスター2を用いたニコマスPV100作品     

規定1:1P1作品(合作・別名義投稿は可とする)

規定2:765プロアイドルごとに6作品を選出する

規定3:シャイニーフェスタ/ワンフォーオール素材は判別できる範囲で選外とする

規定4:MMD、手描き素材等はその内容によって判断する

規定5:各アイドルの誕生日順に配列する(オールスター動画は任意とする)


このマイリストは、2013年頃から作っては潰し作っては潰ししていた「THE IDOLM@STER 2nd.Vision」まとめリストから、

アイマス2の要素を抽出し、それでも収拾がつかずにPV系に限定して、なんとか形としたものです。

テキスト系・手描き系・音MAD・Remix&Mushup系など、こぼれ落ちた要素が数え切れずあるのは承知の上で、

何故いま、こんなものを公開しようという気になったかというと。


一人勝手にニコマス100選:観月亭-Looking For Bear-

今からやろうと思ったから勝手に開催します


からの、


オールタイム東方テキスト系動画100選:すごろく格納庫(中)

というわけで早速、私ものっかってオールタイム100選を選んでみました!


こんなことがあったんですね。それなら、と。

『便乗が許されるのは先駆者から2人目まで』と以前に釘を刺された気もしますが、いいんです。

だって、こんなことがあったんですから。


さそPが動画を削除されるとのこと:すごろく格納庫(中)


私が作りかけては(表に出ることは無かろうな)と考えていた2nd.Visionのリスト。

その中で欠くべからざるものとして、さそPの動画は常に置かれていました。

でも、それは何の意味もなさないまま、空欄となってしまったのです。

このまま、あーでもないこーでもないと悶々としていたら、気付いたらできることは何もなくなっていた、なんて話になるんじゃないか。

それだったら、たとえ限定的であっても、いま自分から引き出せるものを形にしておいた方がいいだろうと。


私は2009年からニコマスを通じてアイマスに関わり始め、それから今まで、近づいたり遠ざかったりを繰り返しつつ、それに関わり続けています。

その中で、アイドルマスター2の発表からリリース、そしてTVアニメへの展開に至るまでの期間というのは、特に大きく私の中で位置を占めています。

今回、このリストを作りながら、私は幾度となく考えていました。

アイドルマスター2とはなんだったのか』。

それは、私の中でずっとくすぶり続けている問いでもあります。

もちろん、私一人ごときの知見で答えが出せるようなものではありません。

ただ、少なくとも私は、人並みより幾らかは多くゲームとしての『アイドルマスター2』、

そしてニコマスにおける『アイドルマスター2』を観測し、思考してきたと自負しています。

たとえそれが自惚れによる幻想であっても、そこから何を得て、どう考えたのかを記しておくことは、私自身にとっても、また何処かの誰かにとっても、無意味ではないだろうと思うのです。



100PVと銘打っといてリストは99本。

コメント中にリンクを置いた「あの動画」を100本目にしてもいいですし、

あなたが「あれが無いじゃないか大馬鹿ヤロー!」と思い出した1本が100本目でも構いません。

あるいは、この先に出逢う動画が、いつか100番目を埋めることになるのかもしれません。

ともあれ。

このリスト作成にあたって見返した、幾千のニコマス動画、そして見返すことの出来なかった幾百の動画。

その全てに対する敬意と感謝をこめて、私の精一杯を、ここに。