Hatena::ブログ(Diary)

箱の外から このページをアンテナに追加 RSSフィード

2022-03-11 はじめに

東北地方太平洋沖地震関連

  • はじめに

東日本大震災が発生した2011年3月11日から、丸5年が経過しました。

亡くなられた多くの方に哀悼の意を捧げ、ご遺族の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。

2015年からの一年間で、行方不明者は23人、身元不明の御遺体は4体、それぞれに減りました。

今も捜索を続けられている皆様の努力と、家族を探し続ける方々に思いを馳せる数字。

.

.

5年前、この記事をブログトップにしようと決めた時、中越地震などの経験から「おそらく5年くらいで更新する内容はほとんどなくなるだろう」そして「10年経てば過去の情報として処理できるだろう」と考え、日付を10年後の「2022年3月11日」としました。

そして5年。私の目に届く範囲で、東日本大震災に関する新たな情報を集めることは、やはり難しくなってきています。

一方で今日、多くの場面で「未来」という言葉を見聞きしました。

時間は流れ、色んなものが変わってゆく。よい方向にも、悪い方向にも。

それを止めることは出来ないのでしょう。

どうか、全ての人にとって、ほんの少しでも、これからの日々が良い未来へと向かっていきますように。

私は心から願っています。

.

2016年3月11日 記

以下、震災関連の情報源をまとめます。

続きを読む

このブログについて。

この記事は先頭に表示されます

※意味不明な文字列が表示されている場合は更新をお願いいたします(動画へのリンクエラーです)

.

このブログはアイドルマスター】 箱m@s 【CUBE応援しています。

最新:【アイドルマスター】 箱m@s D-route 21 【CUBE】

.

使用しているマッピングツール:ProjectM

作成者:gakkun氏(サイト「gakkun’s room」)

.

D-route 19話終了時のマップを公開中。※10月21日更新

ブログ記事には本編のネタバレを含みます。

マップのみご覧になりたい方は、この記事の続きからどうぞ

※02/02:第12話終了時の「予想CUBE全体図」を追加。

続きを読む

書くものとして。

この詩を常に心に留め置く事。

冬に

谷川俊太郎

.

続きを読む

2016-02-18

べっ別にアンタのことなんk以下略

えー、そのせつはお騒がせ致しまして以下略

「あれ」からこっそりと生きてはいたんですが、何かもう今更のこのこと出て行けない感じに盛大にいろんな方に送り出されて頂いてしまったわけでして、

「うん、このまま伝説として

f:id:K_1155:20160218213434p:image

.

なにはともあれ。

引き続き宜しくお願いいたします。

2016-01-24

かなわない。

ありがとうございまし、た:続・空から降ってくるので

カズマ 氏

.

さて。

何を書けばいいのか、そもそも何か書けるのか。

何か言葉をかけることができないかと、この週末は雪除けなんかしながらウダウダと考えていたわけなんですけども、まぁ考えてどうにかなる話ではないので。

.

私がこの場所に遊びに来て、アイドルマスターというものを認識し、更にニコマスというフィールドを意識するようになった頃というのは2009年のこと。

ここに居る、ここに居た人々の多くが、発信する事に魂を燃焼させていた時期でした。何がそうさせていたのか、というのは、きっと多くの要因が絡んでいて「これが原因です」なんてものは誰にも捉えきることはできないのだろうけれども、とにかく、常にどこかで誰かが大声で何かを叫んでいて、そしてそれに対してより大きな声でレスポンスがある。それは賛同であったり、反発であったり、ぜんぜん関係ないだろそれ、みたいな暴発であったりしました。

で、あの頃はよかったよね、みたいに言えればいいんだけども。そらそういう事ばかりではなくて、もちろん取り返しのつかないこともあったりしました。ただ、その「取り返しのつかないこと」についてさえ、誰かが言及し、本気になって悩み、傷つき、それでも何かを返そうと発信し続ける。そんな時期であったと思っています。

私はニコマスに対する感想として、時に「血の味がする」という表現をすることがあり、その原体験は、まさにその頃に自分の周囲に存在していた日常であったのでしょう。

.

「○○はいいぞ」なんて言い回しが流行ってるそうで、お察しの通り私はこのフレーズ大っ嫌いなんですね。

「かわいい」とか「ヤバい」とか、そういう日常の表現については、もうどうすることもできないんでしょう。「どこがどう」かわいくてヤバいのか、なんて説明は、今の市井での会話には求められていない。

でも、何かを本気になって思う人、そこに何かがあると信じ、自分が惹きつけられていることを自覚している者が、それを誰かに伝えるにあたって、自分の中からその思いを取り出し、言葉という形を与えて送り出す。その行為を否定していいのか。わかっている者同士が、何も口にすることなく、お互いが自分の中にあるものだけをよりどころに、それが共有されていると勝手に思い込んだまま、微笑みを浮かべ肯く。それが同じ時に同じものを好きになった者同士の、あるべき姿だというのか。

その言葉は、傍目にはその人の腹部から抉り出された臓腑の様に、血塗れでグロテスクに映ることもあるかもしれない。でも、それでも目の前に「こんなに素敵なものを見つけたんだ。それをあなたに見てほしいんだ」と笑顔で突きつけられたら、少なくとも人はそれを無視できないでしょう。

私は、そうして生み出されてきた言葉たちと、それらによって表現されてきた動画、そしてその動画の中にいるアイドル達に魅せられて、今ここにこうしています。ほんの僅かでも、誰か一人にでも、あと一度だけでも、自分を揺さぶるモノについて伝えることができたら、その思いと共に。

.

とは言いながら、今まさに私が書いているこの文章はやたら感傷的で、前後もばらっばらで、我ながら誰かに届けるという意識に欠けているな、と思います。では何故こんなモノを書いているのかというと、それはもう、悔しいからですね。

本気であの人に殴りかかって、そんであっさりと返り討ちにあうか、あるいはへらりと身を躱され、飄々と置いていかれるか。でなければ、思いのほかクリーンヒットしちゃって、こっちが気まずくなっちゃってる所でけらけらと笑い飛ばされるか。

私にとって、この場所には私がどう足掻いても「かなわない」と心底刷り込まれている方が何人も(!)いる。その人の背中を追いかけて、いや姿が見えなくても、私の前に居るんだと信じていられるだけで、この場所の私が私でいられる、そんな人。

そんな人に対して、私が今さら、何か言えるんだろうか、という悔しさと、それでも何か言わなくてはいけないんだ、という負けず嫌いでちっぽけな自尊心産物が、この文章です。

でも本当なのか。本当にもう、私のこの思いは、かなわないのか?

.

んで、あと1時間ですか。そりゃ見てますとも。

どうなんでしょうね。あと1時間。ひたすら書いてほしい気もしますし、そんなんいいから好きな動画をウハウハ見てください、とも思うし。

まぁ、その、なんだ。一度〆た記事に追記ってのも、これ恥ずかしさがあるので。

f:id:K_1155:20160124231312p:image

だから、ね。

大好きですよ。