月鎌/Fの中のMの中のF

Japanese Only
『月鎌』……die Mond-sichel。ドイツ語で三日月。欧州の多くの言語において女性名詞(female)である「月」を唯一男性名詞(male)としているドイツ語の中で、女性名詞(female)となる三日月に由来。当初の構成成分はヲタ6割、ジェンダー2割、文体1割、私信1割。しかし最近はオタ9割に愚痴1割。

06/04/04 (Tue)

[]話題の腐女子本 話題の腐女子本を含むブックマーク

ネタに特攻しようかと思っていたが、その価値無いなこれでは……。

(反応集から来た人へ:反応サイトの感想なので注意ね。……そんなに変わったこと書いてたかな俺……w)

『オタク女子研究 腐女子思想大系』批判

http://www.st.rim.or.jp/~nmisaki/topics/otakujoshi.html

…………出てくる人名8割方わかるってのも男性オタクの一人として我ながらどうかと思うが、それは職業病と割り切るにしても、素人の俺が「落としてはいけないところ」と思うことを落としまくってる。

これならまだ荷宮の80年代おたく少女論の方がよほど役に立つ。ヅカオタのフェミファシでも同時代当事者として書いている分まだ踏み込んでいた気がする。

で、どうもやおい・BLを完全に幻想空間に位置づけたいのか、出版社の相関関係抜きに小説ジャンルを語れるか、ってのが俺にはどうも疑問なんだよな。男性向けラノベとの対応関係とか、エロ出版社・部署を表裏に持つラピス*1とかオヴィス*2とかシャレード*3とかと、ディアプラスとかルチルとか表裏に官能小説を持たないところや一般レーベルとは、市場における性質も読者層も読まれ方も異なるだろう。

なんかこれが出版されてるってこと自体に釈然としない物を感じる院生としての俺。

追記:801板関係のまとめができてた。

杉浦由美子「オタク女子研究 腐女子思想大系」まとめ@801

http://otakujoshi.xxxxxxxx.jp/

関連:http://blog.livedoor.jp/odobenus_rosnews/archives/50394220.html

(いずれもidoling life(http://homepage2.nifty.com/kugo/)さんより)

女性側の消費構造について書きたいことはあるけど、事情により自主封鎖。

[]最終防衛ライン 最終防衛ラインを含むブックマーク

Canvas2が(あくまでも俺的に)面白いw。

というか二話にしてそれかエリス。脳内妹に欲しくなる*4じゃないかw

……YouTubeの英語字幕版は21話までしかないのが残念だが、気合いを入れて崩すとしよう。

考えてみれば、「恋愛=戦争」公式を萌え回路にインストールしている脳にとって、妹あるいは姉属性というのは、ある意味最終防衛ラインの攻防とか末期戦とかを愛好するのと同軸上に位置する。転校生や遠すぎる再会、運命的な出会いとかのキャラが攻略戦・電撃戦の様相を呈するのに対して、幼馴染みや先輩後輩というつきあいの長さを持つキャラではその性質は防衛戦。妹・姉属性は直掩戦闘機や対空ミサイルよりも、空をにらむ対空砲に燃えるのに近いかもしれない。

[]はは…… はは……を含むブックマーク

そういえばガンガン系集めてるのって、東まゆみが『ヴァンパイア・セイヴァー』書いてた頃以来か。

で、おそらくあるだろうから来週末イベントで買えばいいのに、同人誌買ってきた愚か者。すっかり当該サークルの信者だな俺。

*1:プランタン出版:フランス書院

*2:茜新社

*3:二見書房

*4:他の脳内妹と殺し合いを発生させかねないけどな!w