ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

『CycleSports KANEDA』営業・イベント案内

このダイアリーは、《 CycleSports KANEDA》の営業やイベントの案内を中心に、

店長の日々の作業内容などについても紹介します。

《 CycleSports KANEDA》は、京都府亀岡市に所在の自転車専門店です。

2016-04-29

Domane 6.2 Disk

ディスクロードのDi2化

昨年お買い上げいただいたDomane 6.2 Disk をDi2化したいとのご依頼を受け、交換セッティング作業を2日に渡り行いました。

f:id:Kanesan:20160428165030j:image:w250:left

まずは元のメカニカルシフト+油圧ディスクブレーキのコンポーネンツを取り外し。ブレーキオイルを抜いてレバーを取り外し、チェーンと前後ディレーラーを外します。

f:id:Kanesan:20160428180933j:image:w250:left

。Di2のエレクトリックケーブルなどを取り付けるためクランクとボトムブラケットも取り外し、Di2対応のSTIレバーR785を取り付けホースをセットし慎重にエアー抜き作業を行います。

f:id:Kanesan:20160429144410j:image:w250:left

Di2前後ディレーラー・内蔵バッテリーなどをエレクトリックケーブルとジャンクションで接続。

B.B.やクランク・チェーンを元に戻します。

f:id:Kanesan:20160429152612j:image:w250:left

取り付けが完了後、内蔵バッテリー専用チャージャー兼用インターフェースをPC接続し、ファームウェアのバージョンアップとオプション設定を行い完了です。

2013-04-05

Kanesan2013-04-05

DuraAce9070Di2のセッティング

昨日準備しておいたシマノDi2用PCインターフェースKITとe-Tubeソフトウェアを使って完成したMadone79070Di2仕様のセッティング変更を行いました。

インターフェースKITをPCに接続してe-Tubeソフトウェアを起動すると、まずは自身のファームウェアのアップデートを自動で行います。完了後、Road/MTB/コンフォートの車種選択画面が表示されます。

今回はもちろん「ROAD」を選択します。

f:id:Kanesan:20130405200453p:image:w360

Di2コンポーネンツと接続すると、そちら側のファームウェアも確認し最新のものがあればアップデートをするかどうか聞いてくるので、アップデートを選択。完了後にコンポの接続確認を選択すると現在の状態が表示されます。

f:id:Kanesan:20130405200451p:image:w360

接続確認完了後、メニューからカスタマイズを選択すると、接続コンポにてカスタマイズできる機能の一覧が表示されます。

今回は、多段変速を標準設定の「Normal」から「VeryFast」へ変更して、オーナーに引き渡しました。

一番早い設定でもシフト位置はしっかり認識できるようです。

2013-04-04

Madone7+9070Di2

DuraAce 9070 Di2取り付け完了

一昨日の作業の続きです。

f:id:Kanesan:20130404142242j:image:w200:left

標準キットに付属のステーでは合わなかったので、急遽発注したショートステーが無事届きました。


f:id:Kanesan:20130404143418j:image:w200:left

これでBB下にバッテリーが無事収まりました。


f:id:Kanesan:20130404170827j:image:w200:left

クランクとチェーンを取り付け、シフトを調整。


f:id:Kanesan:20130404171124j:image:w250:left

特に問題なく完成し、恒例の重量計測。

写真の状態(バーテープ無し)で7250gでした。

オーナー来店後、レバー位置を調整してバーテープを巻けば完成です。


Di2のファームウェアやセッティングを変更するためのPCインターフェースの準備にかかる。

専用ソフトとウェアをダウンロードし、インストール。確認のため操作マニュアルを用意しようとするも、まだ出来上がってない模様(ーー;) まあ、そんなに難しいものではないので困らないけどなんだかなぁw

セッティング変更はまた明日www。

2013-04-02

9070Di2内装セット

コンポ載せ換え開始

昨日準備をしておいたMadone7にDuraAce9070Di2内装セットを組み付けます。

念のためダウンロードしておいたシマノDi2取り付けマニュアルと新マドン用Di2キット取り付けマニュアルを用意しようとすると、マドン用のマニュアルがサイトに無い。トレックジャパンにTELして聞くと、Di2の後付けは初めてなのでマニュアルがまだ無いとのこと(ーー;)

試行錯誤して取り付けるしかなさそうです(;´Д`)


f:id:Kanesan:20130402143120j:image:w200:left

まずは、せっかく骨だけになっているので、汚れを落とし、バリアスコートで仕上げました。

それからDi2レバーを取り付け、ブレーキケーブルの取り付け調整を完了させます。


f:id:Kanesan:20130402175333j:image:w200:left

BB下にバッテリーマウントを取り付けるためのKitを試行錯誤して何とか組み付け完了。

各種エレクトリックケーブルを通し、前後ディレイラーとバッテリーマウントを取り付け。

ここで短いダイレクトマウントステーが必要なことが発覚し、慌ててシマノに発注(大汗)


f:id:Kanesan:20130402175622j:image:w200:left

コックピット用ジャンクションを取り付け、ハンドル回りを結線。チネリのハンドルバーはケーブルを内装できるので綺麗に収まりました。

リヤブレーキは、ケーブルの折れを防止するためフレキシブルケーブルガイドを短く加工し取り付けました。

エレクトリックケーブルもマドン専用キットのキャップでスッキリ収まっています。

f:id:Kanesan:20130402175637j:image:w200 f:id:Kanesan:20130402183048j:image:w200

前後ディレーラーとバッテリーマウントのエレクトリックケーブルを結線し、余ったケーブルをフレーム内に納め、クランクシャフトハウジングを取り付けて配線は完了です。

今日の作業はここまで!

バッテリーマウントステーが届いたら、クランクとチェーンを取り付け、最終調整を行います。

2013-04-01

DuraAce-FC9000

コンポ載せ換え準備

例のコンポ(^^;)が入荷するまで仮に7700DuraAceで組み上げて使用中のトレックMadone7。

いよいよ載せ換えにかかります。


f:id:Kanesan:20130401131352j:image:w300:left

まずは重量計測。写真の状態で7.6kgでした。


f:id:Kanesan:20130401200634j:image:w300:left

コンポ一式を取り外して、取り付け準備は完了しましたが、今日はここまで。

明日からじっくりと取り付けにかかります。


2013-01-26

シマノ SM-PCE1 STANDARD

シマノDi2用PCインターフェースKIT

アルテグラDi2から導入されたeTube仕様Di2ユニットのファームウェアや機能をアップデートするための接続キットです。

今春発売の9070デュラエースDi2もこのタイプになり、シフトSWの入れ替えや連続変速機能のタイミングやスピードを変更できます。

当初この機能がなかったアルテグラもファームウェアのアップデートにより連続変速が可能となったので、試乗用アルテグラを組み付ける予定で準備しました。