ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

piyolog RSSフィード

2017-09-10

徳島県警察の誤認逮捕事件についてまとめてみた

| 02:40 |  徳島県警察の誤認逮捕事件についてまとめてみたを含むブックマーク

2017年9月10日、チケット売買を巡り、徳島県警察(三好署)により詐欺容疑で女性Aが逮捕、勾留されていた事件について、別人(女子中学生B)によるなりすましの犯行であり、女性Aは誤認逮捕であったと報道されました。ここでは関連情報をまとめます。

インシデントタイムライン

日時出来事
2016年8月頃女性AがTwitter上にチケット売買を書き込み。
2016年8月17日女子中学生BがAになりすましてC、Dと架空の売買契約。
その後徳島県内の女子高生C、Dがチケット代として計8万円を振り込み。
2016年9月チケットが届かなかったとして女子高生Cが被害届を徳島県警察三好署へ提出。
女性A逮捕直前徳島県警察が女性Aの自宅を家宅捜索。
2017年5月15日現金をだまし取ったとして女性Aが詐欺容疑として徳島県警察により逮捕。同月送検。*1
:(19日間)女性Aを勾留
2017年6月2日徳島地検が女性Aを処分保留で釈放。
2017年6月7日女性Aが徳島地検にチケット送付の証明書を提出。
2017年8月下旬徳島県警察が女子中学生Bの存在を把握。
2017年9月10日徳島県警察が女性Aを誤認逮捕していたと報道
同日 13時半頃徳島県警察 三好署幹部が女性A宅を訪問し謝罪
2017年9月11日徳島県警察が詐欺の疑いとして女子中学生Bを書類送検、及び女性Aの誤認逮捕について発表。

事案概要

f:id:Kango:20170911234327p:image:w640

  • 売買交渉や出品の順番はpiyokangoの推測を含みます。
登場人物
愛知県女性A 21歳Bのなりすましによる詐欺容疑で誤って逮捕、送検され19日間勾留された。その後処分保留で釈放。
京都市女子中学生B 15歳チケット売買を通じAのなりすましを行い、現金6万1880円を受領した疑い。A釈放後の捜査により、存在を把握され詐欺容疑で書類送検
徳島県内の女子高生C 10代Aの投稿を見て購入を希望した一人。AになりすましたBと架空の売買契約を行い、Aの口座へ4万円を振り込みした。その後チケットが届かないとして徳島県警察へ被害相談。
和歌山県内の女性D 10代Aの投稿を見て購入を希望した一人。AになりすましたBと架空の売買契約を行い、Aの口座へ4万円を振り込みした。
関東の女性E 20代Bが売買サイトにA名義で出品したチケットを6万5千円で落札した。

逮捕後の状況(女性Aの勾留

  • チケットはきちんと販売したと容疑を一貫して否認していた。
  • 逮捕後に事案に関して実名での報道が行われた。*2
  • 捜査のためなどとして19日間の勾留が行われたが、容疑が固まらないとして徳島地検が処分保留で釈放。
  • その後の捜査で女子中学生Bが女性Aになりすまして最終的に現金をだまし取っていたことが判明した。
釈放後の状況(徳島県警察の再捜査)
  • 女性Aは発送に利用していた郵便局が別であったことに気付いた。
  • 女性Aはチケット送付の配送記録(特定記録郵便物等差出票)の控えを郵便局から取り寄せし、釈放から5日後に徳島地検へ提出。
  • チケット送付先であった女性Eへの聴取を通じ、販売サイトでのやり取りを追跡。女子中学生Bの存在が浮上した。
徳島県警察から女性Aへ謝罪
  • 2017年9月10日13時半頃、三好署の幹部が女性宅を訪問し誤認逮捕について謝罪。約1時間の滞在。
  • 訪問したのは三好署 安部圭彦副署長、國金益郎刑事課長。*3
  • 三好署幹部の謝罪を受け、女性は憤りを感じている。今後、こうしたことのないようにしてほしい、そっとしておいてほしいと話していたとの報道*4

徳島県警察が女性Aを誤認逮捕した理由

記者会見やその後の取材を通じ、誤認逮捕となった理由について西岡署長らが次の通り回答した。

  • 捜査開始時は女性Aがなりすまされていることは頭になかった。
  • (任意聴取時に)女性Aの供述が曖昧であった。
  • 客観的な証拠が乏しいまま逮捕に踏み切ってしまった。捜査に慎重さを欠いていた。
  • ネット犯罪に対する知識不足であった。
  • 刑事課単独で捜査が行われ、サイバー犯罪に詳しい捜査員がいる生活安全課や徳島県警本部と連携を行っていなかった。

発表まで時間を要した理由について次の通り回答した。

  • 女性Aと女子中学生Bの共犯の可能性を打ち消すことに時間を要した。
女性Aが行ったチケットの送付
  • 女性Eへのチケット発送に使用した郵便局を特定できなかった。
  • 女性Aの家宅捜索で配送記録を発見できなかった。
  • 女性Aの証言にもとづき、A宅近くの郵便局1か所を捜査したが確認できなかった。
  • これらから徳島県警察は女性Aの証言は信用できないと判断した。
女性Aの銀行口座
  • 女性Aは女子中学生Bと売買の約束をしていた。
  • 実際に入金したのはCとDであり、当然ながら振込先は銀行口座は女性A名義のものであった。
  • 入金自体は行われていたことから女性AはBの行為に気づいていなかった。
  • 女性Aは入金後すぐにお金の一部を引き出していた。
  • これらから徳島県警察は一連のカネの流れに対して疑問を持たなかった。
女性AになりすましていたTwitterアカウント
  • 女性Aの名前でチケット売買の投稿がされていた。
  • 女性Aの名前を使ってなりすまし、C、Dと女子中学生Bが売買交渉を行っていた。Cはなりすましに気付かず、女性Aとやり取りしていたと申告。
  • なりすましが行われていたTwitterアカウントはCによる被害相談時点で削除されていた。
  • 女子高生Cとやり取りした相手をTwitter社へ照会したが、アカウントが削除されており不明。捜査が難航。
  • 女性Aの家宅捜索では女子高生CとのTwitter上のやり取りを示す物証は確認されなかった。
  • これらから徳島県警察は女性A本人が係っていると判断した。*5 *6

徳島地検が起訴しなかった理由

徳島地検町田聡次席検事が理由を説明

  • 起訴できるだけの証拠が集まっていなかった。
  • 最後まで女性Aの自供を得られなかった。

また、徳島地検は女子中学生Bの処分が決まり次第、女性Aへの謝罪等の対応について適切に行うとコメントした。

なりすましを行っていた女子中学生B

  • 2016年8月17日に女性Aの名前を騙り、チケット代として女子高生C、Dから女性A名義の銀行口座にチケット6枚分として8万円を振り込ませるなどして、最終的に不正に現金を得た疑い。
  • 徳島県警察により女子中学生Bは詐欺容疑で書類送検となった。
  • 女子中学生Bは容疑を認めている。
  • 犯行手口は自分で考えたものと供述している。
  • 動機は「お金が欲しかった」として供述している。
  • 最終的にチケット販売サイトの手数料を引いた6万1880円を手に入れていた。

更新履歴

*1女性を誤認逮捕 その後釈放,NHK,2017年9月11日アクセス

*2誤認逮捕発覚を受け、報道各社は実名個所や記事自体の削除を行っている模様。

*3徳島・三好署が誤認逮捕謝罪 19日間勾留された専門学校生宅訪れ,徳島新聞,2017年9月11日アクセス

*4徳島県警が21歳女性を誤認逮捕、19日間勾留 「公演チケット売る」と女性に成り済ました女子中生を書類送検,産経ニュース,2017年9月11日アクセス

*5徳島県警、21歳女性を誤認逮捕…詐欺容疑で19日間勾留,SANSPO.com,2017年9月11日アクセス

*6徳島・三好署が誤認逮捕 詐欺容疑の専門学校生 成り済まし被害,徳島新聞,2017年9月11日アクセス

*7徳島県警 詐欺誤認逮捕 勾留19日 21歳女性 SNSなりすまされ,読売新聞,2017年9月11日夕刊

*8中3女子、警察をも欺く手の込んだ偽装工作 被害女性はチケット配送記録で潔白証明,産経ニュース,2017年9月11日アクセス

*9チケット詐欺で誤認逮捕=21歳女性を19日間勾留−徳島県警,時事通信,2017年9月11日アクセス

*109月12日付 三好署誤認逮捕  成り済まし見抜くすべは,徳島新聞,2017年9月12日アクセス

*11なりすまし誤認逮捕、「ネット犯罪の知識不足」,読売新聞,2017年9月12日アクセス

*12チケットの送付先を調べず、専門学校生を逮捕,産経ニュース,2017年9月12日アクセス

*13なおざりな捜査が誤認逮捕招く 徳島・チケット詐欺,徳島新聞,2017年9月12日アクセス