Hatena::ブログ(Diary)

Kazzzの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-07-27

[][]開発環境をJetBrains IntelliJ IDEA Ultimateに切り替える

f:id:Kazzz:20140727092511p:image
開発中のアプリケーションは、フロントエンドにHTML+Bootstrap(CSS)+AngularJS、バックエンドにGAE/J+Slim3を利用しているが、それぞれWebStormEclipseと別々なIDEを利用しており、互いを行き来するのが面倒だと常々思っていた。 

そんな中、JetBrains社はAndroidStudioを開発者向けに無償提供しており、これが同社のIntelliJ IDEAがベースということで、元々歴史があり評価も高い同IDEが更に評価を受けている。
ということで私もフロントエンドとバックエンドの開発環境を統合したいと思い、まずはIntelliJ IDEAを評価してみることにした。
幸いにも評価期間が1か月あり、十分に使い込んでから購入するかどうかを決めることができる※

フロントエンドは元々WebStormを使っているのでIDEAに適宜プラグインを導入すればいけそうである

IntelliJに導入したプラグイン(デフォルト有効ものは除く)

AngularJS
File Watchers (Closure Compiler)
Karma
NodeJS

問題はバックエンドだ。Slim3は元々サポートしていたEclipseでも少々怪しい所が出てきており、特にAPT部分が動作するかどうか心配していたのだが、案の定IntelliJのAnnotation ProcessorはSlim3のModel Processorで使用されているcom.sun.mirrorパッケージでの実装はサポートされておらず、動かすためにはJSR-269 ("Pluggable Annotation Processing API")ペースに変えなくてはならないことが判明した。

slim3のModel Processorの実装やんのかぁ?...と途方に暮れていたのだが、twitterで愚痴っていた所slim3のgithub上には既にJSR269版のModel Processorがアップされているという!
slim3/slim3-gen-jsr269 at master · Slim3/slim3 · GitHub
これで一番の懸念は解決した訳で、アプリケーション全体をIDEA一本で開発できるようになった。(@vvakameさんありがとう。少なく見積もっても10日は節約できました)

サーバサイドはIDEに頼らずmavenJenkinsなどでCIしとけっていう考え方には一理あるが、どうせ一人で開発してデプロイしている訳でIDEに頼っても困らないので、当面はIDEA一本で開発していくことにした。

※一か月も使い込むと間違いなく購入することになる

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Kazzz/20140727/p1
リンク元