Hatena::ブログ(Diary)

Kazzzの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-11-21

[][]こいつのせいで


PCを使っていると時々突然Aeroが切られてその後GPUの使用率が75%以上に張り付いてファンが轟音をたてるという怪現象が発生していたのだが、ようやく原因が判明した

f:id:Kazzz:20101121011013p:image
全てはこのWinSATのスケジュールタスクのせいだ。

そもそもAeroを切るのに何の通知も無いってどういうことだろう。せめて開始時にダイアログを表示してくれれば理解できるのに、

2009-12-27

[][]40nm


f:id:Kazzz:20091226111806p:image

微細化と新しくなったATI-PowerPlay(アイドル時でGPUクロックは157Mhzでしかない)の効果は絶大だな。
4870の頃とは違い、ファンも轟音を轟かせることが難しい位に静かになった。

2009-12-24

[][]テッセレーション


DirectX11で、やっとこさ標準化されたというその機能、是非みたいもんだ。

MSI R5850-PM2D1G Radeon HD 5850 1GB 256-bit GDDR5

SAPPHIRE HD5850 1GB GDDR5 PCIE

XFX Radeon HD5850 1GB DDR5 XXX Edition

Sapphireが無難だが、5850はどこ探しても無いからなぁ。

2009-11-08

[][]7だけに


BIOSを一つ前のバージョンに戻してから、テストのために2日動かしっぱなしだが、まだ一度もBSOD(STOP 0x124)無し。
結局安定稼働させるのに一週間かかった訳だ。

安定さえしてしまえば快適だな。

f:id:Kazzz:20091108170357p:image

現時点で不満は全く無いが、ビデオカードだけは年明けまでにプロセスルールが上がったものに変えようかな。

2009-11-07

[][]R1.0C->× R1.0b->○


NYYの優勝パレードをFOXのインターネット中継で見ていたんだが、良いところでまたもやSTOP 0x124が出た。
完全にぶち切れモードで全て設定を見直して、最終的にマザーボード(X8SAX)のBIOSをWindows 7導入前のものに戻した所、ついに、ついに安定するようになった。(BIOSアップデートしてから一度もSTOP 0x124は発生していない)

O/Sが変わったので最新のBIOSがよいだろうと信じていたのだが、全くそんなことは無かった訳だ。
今見ると、Intel virtualization technologyがらみの設定値が違っていたような気がするが、もうどうでも良いわ。それにしても、最初に怪しむべきはここだったんだろうが、BIOSがβではなく正式版ってことで油断していたのだろう。

いや〜長かったなぁ、ここまで。おめでとう松井選手! って、あれ?

2009-11-06

[][]その調子


一度起動時にSTOP 0x124が出たがそれ以外は調子いいぞ。放置していても落ちなくなった。

2009-11-04

[][]こんどこそ...


Gavotte RamDiskのアロケートサイズを明示的(3GB)に設定していたことが判明。(今更だが)

このRAMDISK管理ソフトはインストール後のDisk Sizeをデフォルトである16Mのままにしておけば、PAEの設定次第で管理外で使える最大領域を勝手に確保してくれるので、本来はサイズの設定は必要無いのだが、自分の脳内で

メモリは6G搭載でO/S管理は3G。ならば残りは3Gだよな

という思い込みで3Gの設定を行った可能性が高い。
前にも書いたが管理外で使用可能な領域は環境によって変わるため、固定で3GB(3072MB)というのはO/S管理内の領域を浸食している可能性がある訳だ。

恥ずかしいミスだが、これが原因であってほしいな。

[]Vistaはシロ


電源オプション>詳細設定
 >PCI Express
  >リンク状態の電源管理
   >設定: |*****|

開発環境のVistaの設定は「適切な省電力」のままだった。問題なしということだ。
自宅のPCは「オフ」にしているが様子見。また忘れた頃にBSODにならなければよいが...

件のアップデートでVistaは快適になるし、なにか踏んだり蹴ったりだな。

Windows Server 2008 プラットフォーム更新プログラムと Windows Vista プラットフォーム更新プログラムの説明 (KB971644)