Hatena::ブログ(Diary)

ぺーぺーぷーぷーな日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-10-26

医療4.0 (第4次産業革命時代の医療)

紹介していただいて読んだ本です。

"医療現場の課題から、テクノロジーを用いた解決に取り組む医師30人とのインタビュー(第3章)"などが掲載されています。


医療4.0 (第4次産業革命時代の医療)

医療4.0 (第4次産業革命時代の医療)


帯に、AIIoTビッグデータブロックチェーン、などなど、それぞれ聞いたことのある言葉がならんでいます。

まさにトレンドといえるキーワードです。それらが連環して、さらに医療の世界で化学変化をおこしたら、どういうことになるんだろう。そんなことを垣間見せてくれる本です。


詳しくは理解できないんですけど(笑)。


それにしても。


来院前に、予約して、Webで問診まで出来できちゃったら、素敵ですよね。

医師も事前に把握できて、その上で診察。

ウェアラブル端末も使ってバイタル確認とか。


メルプWEB問診:全ての電子カルテに連携して、カルテを自動作成


自動精算機を設置して、支払いもスッキリ。

田舎のスーパーですら、自動精算機の時代ですからね。


AIホスピタル」という構想もあるそうな。


政府はこのほど、診断や治療に人工知能AI)を活用する「AIホスピタル」の実現に向けた研究開発計画を発表した。AIが臨床にどのように役立ち、医師の働き方はどう変わるのか。プロジェクトディレクターを務める、がんプレシジョン医療研究センター所長の中村祐輔氏にその未来像を聞いた。

政府が進める「AIホスピタル計画」とは何か?(日経デジタルヘルス)

世界は否が応でもこの方向に進んでいきます。

自らのITオンチを拗らせている場合ではないのです。