Kei_9 なげやりにっき このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-08-31

[] 10万人限定配布のVista Pre RC1 今度は日本語版


昨日のエントリーで取り上げたばかりだというのに、今朝Windows Vista Team からカスタマ プレビュー プログラム参加者宛に日本語版をダウンロードしてテストしてちょうだいメールが届いていました。


やはりこれも10万人限定の早い者勝ちらしいです。*1


メールは来てないけどβ2のプロダクトキーなら持っているよというヒトであれば試すことが出来るので、興味のある方はこちらへどうぞ。


Windows Vista pre-RC1ダウンロードページ


ISO形式での提供なのでダウンロード後にDVDに書き込む必要があります。もしくはDaemonToolsなどを使用してマウントしてからインストーラを起動できます。



専用のダウンローダをインストールして落とすリンクと、自前のダウンローダ用のリンクがあります。

自前でダウンロードする場合はブラウザのものではなくリジューム機能と分割ダウンロードが可能なダウンローダが良いようです。なんと言ってもファイルサイズが約2.55GBありますので。

たとえばFlashGetとかIrVine改とかDownStair等々・・・




追記


例によってパフォーマンスチェックをさせてみたところ、最低点が3.0になった。

あんまりアテにはならないかもだね、コレ。



でもまぁ、評価があがっていること自体は単純にうれしかったりします。

*1:正確には10万回ダウンロードされた時点で完了ということです

2006-08-30

[] 10万人限定配布のVista Pre RC1


100,000人限定の早い者勝ちということなので、英語版ではあるけどVistaの製品候補版のちょっと前というやつを手に入れた。

以前のβ2日本語版を消して空いたところにインストール。

ちなみに同じキーで10台までインストールできると言うことだったのでプロダクトキーは前回ので大丈夫。


見た目はそう変化はないが、気持ち軽くなっているかな。

PCの判定基準も変わったのだろうか?前回の判定では2だったり時々1に落ち込んだりと信用できなかったけど、今回のBuild5536では2.3に評価がアップしていたよ。


ま、何にしても英語圏のVistaファンの皆さんごめんくさい・・・じゃなくてコメンナサイ。

たいして使いもしない評価版だというのに興味本位で落としに言ったらたまたまちゃんと落ちて来ちゃったものですから・・・





あと数ヶ月で正式版もリリースされることでしょうから、今さら評価版を落とすのも何だかなぁってかんじですけど、とりあえずタダでしばらく使えるから良いかな、と。

2006-08-29

[Weblog::ブログ] カテゴリーを追加


今までこのブログに関することを書く場合にカテゴリーが決まっていなかったので、とりあえず関係のありそうなカテゴリーの中で書き込みをしていたけど、なんだかなぁ(by 阿藤 快)だったので新たにつくってみた。


画像の貼り付けに関しての反省


このブログを始めたばかりの頃は、画像を貼り付けてサムネイル表示させるための方法として実画像を読み込ませておいてからタグによって画像サイズを指定して縮小させていた。

この方法は貼り付ける側からするとお手軽で良いのだけど、閲覧者にとってはとんでもないことであり、たいした内容もないのに表示に時間のかかるサイトだという感覚を与えてしまっていたに違いない。

また、<img>タグのアトリビュートで縮小させるときれいに縮小されないこともあり、画像のリンク先を見てみようと思わせるだけの表現が出来ないことにも気がついた。


そこで、ある時期から実画像の他にサムネイルを用意してなるべくページが軽くなるようにし、画像もそこそこ見られるようにしたのだけれど・・・

画像にマウスカーソルを持って行けばカーソルが変化するので一応それとわかるだろうけど、リンク先の画像のサイズまではわからない。

いちいち注釈を添えておけばいいのだろうけどそれも面倒だ。


Targetを指定しない

今まではリンク先を開く場合、別のページ(あるいはタブ)で開いて見てもらうように<a href>のターゲットにあえて_blankを指定していた。

昨今、多機能なタブブラウザが増えてきたこともあり、今さら別窓で開く設定などしても無意味な気がしてきたわけで・・・

また、フレームを使用せずにCSSでレイアウトを設定するのが最近の趨勢でもあるようなので、Target自体があまり意味をなさなくなってきているように感じているわけです。

過去にフレームを多用したHPを作ったときにはいちいち_selfとか_parentsなんかをくっつけていましたが、これがまためんどくさかった。

んなわけで今後このページのリンクを開くときには必要に応じてブラウザの機能を使い別ウインドウなり別タブで開くよう指定してください。


サムネイルにWaterMarkを付けることにしてみた


画面のキャプチャにはWinShotというアプリを使用している。

単なるキャプチャ用としてなら必要十分な機能を備えた優れものだ。


つい最近、WinSnapというアプリの存在を知り、試してみたところこれがなかなか良い感じ。

キャプチャした画像にエフェクトを付けることも出来るし、リサイズも出来る。

さらにはウオーターマークまで貼り付けることが出来る。

厳密な意味でのWaterMark*1とはちょっと意味合いが違うが、つまりはキャプチャした画像に他の画像を合成出来ると言うこと。


この機能を利用して、サムネイルに印を付けてみることに。

もちろんこの記事エリアに原寸で収まってくれるものにはサムネイルは必要ないのだけれど、記事のレイアウトの都合で画像サイズを統一したいときなどがあるので、ひと目見ればリンク先の画像サイズがどの程度のものなのかがだいたいわかるように色分けしたリンクマークを用意。

このページの右上に説明を貼っておいたのでもう気づいているとは思うのですが。


  • 実際にはこのような感じになります
WinSnapのクライアント画面はこんな感じ
barlogさんのところで日本語LanguagePackが配布されています
設定画面の一部。
オプション項目にはほとんど不満はないのだけれど・・・
欲を言えばウオーターマークをいくつかあらかじめ登録できて、クライアント側で選択できれば言うことナイんですけどね
多分今月最後のデスクトップ画像になるでしょう・・・
まだリカバリが完全ではありません orz
野暮用があって葛西まで行ってきました
時間があったので水族園に行こうとしたら足の調子が悪くなったので行くことが出来ませんでした。
ヽ(`Д´)ノウワァァァン


と、まぁこんな感じでこれからはやっていこうかなと考えています。

たぶんWinShotも当分併用していくでしょう、何てったって使い慣れているモンで。

*1:電子的透かし::著作権を明確にするために埋め込まれるサインや画像のこと

2006-08-28

[] チョットいろいろあって


書きたいことはたくさんあるんだけど、今それどころじゃない感じなもので・・・

また明日にでも改めて。

2006-08-27

[] いろいろ槍杉


いっぺんには書けないのでそのうち書きます。

2006-08-26 「ビルコレさん、新色のニンテンドーDS Lite欲しい!」

「ビルコレさん、新色のニンテンドーDS

[] 「ビルコレさん、新色のニンテンドーDS Lite欲しい!」


もういっちょ!


「ビルコレさん、新色のニンテンドーDS Lite欲しい!」


・・・こんなもんでいいかな?!

デジカメは持っているのでDS Liteが欲しいんです。


しつこすぎる?


んじゃ、こんなもんで。

はてな登録者じゃないと意味ワケカカメでしょうけど・・・



追記


「ビルコレさん、新色のニンテンドーDS Lite欲しい!」





暑いのが悪いんだよ〜( ;゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

2006-08-25

[] 昨日のエントリで(覚え書き)


レジストリの書き換えサンプルを引用タグで囲んだらIE以外のブラウザではワードラップしてくれないのね・・・

Firefoxで見たらサイドバーにかぶりまくりでトホホな状態だってことに気づいたよ。

しょうがないのでスーパーPre記法とか言うのに変更して、さらにはスクロールバーがつくようにCSSも追加・・・したけどIE系じゃワードラップするから意味ないし、スクロールバースペースがじゃまなだけだし困ったちゃん。



Firefoxではちゃんとスクロールしてくれてるのにねぇ。

[] ついでにGExplorer最新版


なげやり再起動のログ見てるとGExplorerの最新版を求めて検索しているらしいワードが結構あった。

以前貼ったリンクはとっくに流れちゃってるしねぇ

愛のGyaO(ギャオ)裏技編の情報も古いし、貼ってあるリンク総当たりしてむなしくなったりしたことでしょう。

アップロード先もまちまちなので、探すのも大変だと思うよホント。


実はチョットしたコツ?みたいなのがあるんだけどね。


ちなみに現在手に入る最新版GExplorerは2.0.7.5




わざわざ検索してこのサイトを訪れてくれた方のためにチョットだけサービス。

なげやり再起動の方で、今日の書き込みの最初の一文字目にリンクを張っておきます。(たぶん書き込みは今夜0時近くなってからだと思う)

DLKeyは前回と同じですが、わかんなかったらこのサイト内を検索してみてくださいね。


毎度のことですがいつ流れるか(あるいは消されるかわからない)ので、ほしい方は早めに(σ・∀・)σゲッツ!!

追加カキコ


さっき追加しようと思ったらハテナにしばらく繋がんなかったし〜

2.0.7.6が出てるし〜


作者仕事早っ!!

2006-08-24

[] PSDをサムネイルでエクスプローラーに表示したい


SPICONが手に入らなくなってから、いろんなアプリを試してきたけどどれもこれもいまいち使えないものばかり・・・


とりあえず表示は出来ても画像の一部が切り取られていたり、マゼンタが現れたり(png)とすっきりしないんだねこれが。


さらにはSPICONでは出来ていたPSDファイルの中身をサムネイルで見せてくれるものを探してさまよっていたら、Susieのプラグインを利用して表示させることが出来るというふれ込みのものを見つけて試したけど、PSD用のプラグイン自体が古すぎて現在のCS2で作成したファイルには使えない・・・

新しいPSD用のプラグインは開発されていないみたいだし、どうしたものかと思いつつ検索を続けていたら、海外のサイトでいいもんみっけちゃった。


PhotoshopのCommon Filesにpsicon.dllを置いて、InProcServer32で管理させる


これは元々Phtoshop7用に作られたものだけど、チョット手を加えることでCS(バージョン8)でもCS2(バージョン9)でも使えるようにする方法が以下のサイトのコメント欄に載っているんです。

notestips.comに紹介されていたpsicon.dll。

やりかたはこんな感じ

  • Program Files\Common Files\AdobeフォルダにShellという新規フォルダを作り、その中にpsicon.dllを格納しておきます
  • 次にレジストリに変更を加えますが、以下のファイルをテキストエディタにコピペして拡張子ををregにして保存後、右クリックして結合を選択します

    ファイルパスはインストール環境に合わせて適宜書き換えが必要です


  • あとはPCを再起動させてPSDをしまってあるフォルダを開くとアイコン表示と縮小版でサムネイルが表示されるようになります。

※画像は改造をしてありますが、WindowsXPのエクスプローラーです


  • もちろんデスクトップに置いたPSDファイルもしっかりとサムネイルになっています。
    PNGだけイタいことになっていますが・・・



CS2以外のバージョンに対応させたい場合は、notestips.comのコメント欄を参考にしてください。

illustratorのファイルを表示させる方法もチラリと書かれています。



これで少しはましになってきたけど、やっぱりSPICONにはかなわないなぁ・・・

ヒトツのアプリで何でも表示出来るってところがね。

どうして配布やめちゃったのかな・・・

追記

検索でこのエントリーを見つけてブックマークされたりしている方がいらっしゃるようなのでこの件に関しての新しいエントリーへのリンクも貼っておくことにします。

関連エントリー

2006-08-23

[] まだまだ暑い・・・


のびてます、パンツいっちょうで。


ひと雨ほしいですねぇ

夕立ていどでいいからさ。


雨上がりの一時的な清涼感が大好きなんですけど、日中蓄えられた地熱のせいですぐムシムシしてくるのが困りもん。

それでも打ち水なんかよりはよっぽど効果絶大なわけですけどね。


サイドバーの天気予報に雨マークがつくのを密かに期待している今日この頃なのでした。

2006-08-22

真夜中のサーバ

[] ちょっとハマリすぎ


AutoHotKeyにはまりすぎて寝不足です。


でも、楽しいのでまぁいいか。



あとでSleipnir用の小物アプリでも作ってアップします。

[] 再起動専用アプリを作ってみた


AutoHotKeyを利用して本当に単純機能のアプリを作ってみました。

機能はSleipnirを・・・再起動するだけです。


( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


こんなの何の役に立つの?って言われてしまいそうですが、Sleipnirでは設定を変更したあとにクライアントの再起動が必要になる場合がいくつかあります。

たとえば、

  • Skinを変更後、一部のアイコンやタブのSkinを完全に適用されたい場合。
  • プラグイン新規導入、あるいは更新時。
  • オプションダイアログでのユーザー定義ツール新規登録時。

その他としてクライアントの挙動がチョットおかしいので立ち上げ直してみようとか、イロイロ・・・


こんな感じ


基本的にSleipnirのクライアントがアクティブになっていないと、このアプリは機能しません。

一応スタートアップに登録して使う常駐型ですが、Sleipnirのユーザー定義ツール*1に登録しておいて、何らかのアクションで起動させるという使い方もできます。この場合はSleipnir起動時に立ち上げておかないと意味がありません。


  • Sleipnir_ReStart.exeを立ち上げると最初に機能説明が出ます
    ほっとくと8秒ほどで消えます


  • クライアントがアクティブになっているときに右Ctrl+右Alt+rキーの同時押しで再起動がスタートします
    メッセージは約5秒で消えます


  • Skin/Pluginマネージャ画面ではショートカットキーが右Ctrl+右Alt+sキーになります
    ここではOKを押すまで再起動しません


  • オプション画面表示中にはショートカットキーを押しても機能させずにメッセージを出すようにしました
    これは、オプション画面ではOKを押して確定しないと設定が反映されないためです


  • タスクトレイのアイコンから再起動を選択すると、状態を選ばず強制再起動します
    ※あくまでウインドウの応答を待ってからの処理ですので、フリーズ状態には無力です



一度このアプリを使って再起動させたあとは、あえて常駐を終了するようにしてあります。

そう何度も使うものではないですしね。

ただしセーフモードで再起動させた場合のみ常駐したままにさせていますので、問題解決後の再起動も簡単です。


現状、WindowsXP用としてますが98やMeでも動作するかもしれません。

ただショートカットキーの指定がNT系用なので不明です。

リクエストがあれば98・Me対応版も考えます。

Sleipnir_RestartToolDownload↓
各種メッセージ付きのお節介版と、余計なメッセージを省いた漢版の2種類
各種アイコンリソースやソースもそのまま載せてありますので自由に改変してください
なお、本体までのパスは2種類あります
%ProgramFiles%\Fenrir & Co\Sleipnir\bin\Sleipnir.exe
%ProgramFiles%\Sleipnir\unicode\bin\Sleipnir.exe

これ以外のパスにSleipnirをインストールしている場合、ソースを書き換えてコンパイルする必要があります
詳細はファイルの中にコメントアウトして書いてありますので確認してください

Version 0.1.2


使ってみた感想などコメントいただけるとウレシイです。




※以前は再起動するとタブの履歴が復元されなかったので、クライアントの再起動はあまりしたくなかったことのヒトツでした。

Sleipnirが2.45になってからは履歴に関する機能強化が図られ、タブの履歴もちゃんと復元してくれるようになりました。おかげでこんなアプリでも役に立つ場面があるのではないかと思います。

追記

ファイルバージョンをちょこちょこ上げるかもしれません。

現在手元には0.1.1が出来ています。

Program Filesへのパス表記を%ProgramFiles%に変更して、インストールディレクトリの親のパスを意識しなくても良いようにしました。


さらに追記

バージョン0.1.2

強制再起動を選択した際、品質向上フィードバックが起動してしまう不具合を修正しました。

あとお節介メッセージ版にまた余計なダイアログを追加。

ファイルを差し替えました。

*1:UserDefindToolsプラグインが必要:Yasuyuki Labsからどうぞ

2006-08-21

[] おもしろい


昨日いじり始めたAutoHotKey

おもしろくっていろんなことを試している。


既存のアプリケーションに対しての操作ならほとんどのことが自動化できるので、操作の煩雑なアプリなどでのよく行う操作であるとか、あるいは毎回行う操作などをスクリプトでほとんどすべてコントロール可能になる。


そんなわけで日頃行っている一連の操作をAutoHotKeyで制御できるようにあれこれ試しているところ。


感覚としてはPhotoshopなどに搭載されているアクションの記録に近い感じかな・・・

もっともそれ以上のことがスクリプトの書き方次第ではできるわけなので、単純には比べられないけど身近なものにたとえるならってことで。

2006-08-20

[] 新鮮!


知人から釣ってきたばかりの魚を頂いた。おおきなサバとアジ。

久しぶりの海の香りにいてもたってもいられなくなってしまう。


そこはぐっとこらえて、今夜のおかずにするべく下ごしらえを始めた。


アジは大きめの方は刺身にして、一回り小さい方は塩焼きにしよう。

あとサバは・・・3秒ほど迷ったあげく味噌煮にすることに。(ほとんど迷ってねぇじゃん)

おかげさまで今夜の夕食はおいしい魚料理を頂きました。






Y口水産部長、そしてミスターT

どうもありがとうございました。

[] 昨日のつづき

同期をとるに当たってSleipnirを強制終了させるのはヤハリまずい結果になりました...orz

そこで、昨日チラリと触れたAutoHotKeyを使ってスクリプトを書き、さらにはそれを実行形式にコンパイルして、単独で使用できるようにしてみました。


AutoHotKeyはインストールしてもいいですが、ほとんど使わないのであればインストーラ版ではなくZIP版を解凍して適当な場所へ格納しておけば余計な関連づけや新規メニューへの追加なども行われないので気軽に試すことができます。

操作方法は割愛しますが、ざっとこんなスクリプトを書いてテスト後にコンパイルしました。

/*

Sleipniを安全に終了したのち同期を開始するショートカットを呼び出して終了する

*/

IfWinActive ahk_class SleipnirMainWindow

WinClose, ahk_class SleipnirMainWindow

WinWaitClose

Menu, Tray, Icon, Sleipnir_Sync.ico

Menu, Tray, Tip, Sleipnir_Syncro

Menu, Tray, Add,同期をしないで終了,Exit

Menu, Tray, Nostandard

MsgBox,   Sleipnirを終了しました.。 --- 同期を開始します ---`n`n中止する場合はタスクトレイの黄色いアイコンから終了してください。

Run "C:\Program Files\Sleipnir\DSync.exe.lnk"

Exit:

Exitapp

Return

#P:: Menu, Tray, Show

ショートカットキーを指定していないので、実行は一度きりで終了(RunOnce)します。

同期のためのアプリであるRSyncはスクリプト中で引数を指定できなかったので、ショートカットへ実行先を割り当ててあります。

(何か引数指定のやり方があるのかもしれないけど、調べる気力がなかった)

スクリプトの動作を確認後、AutoHotKeyにファイルに同梱されているコンパイラを使って単独実行できるようにします。

コンパイラでは実行ファイルに使用するアイコンも指定できるので、先日作った黄色いヤツを指定して作成しました。


結果はバッチリOKでした。

この方法だとウインドウクラスを指定して、そのウインドウを閉じる動作をさせるので終了処理には問題が起きません。

ユーザー定義ツールにこの実行ファイルを指定してショートカットキーかマウスのアクションに登録して実行するとSleipnirが終了し、確認のダイアログが出ます。


このときOKを押すと同期が始まりますが、キャンセルしたいときはタスクトレイのメニューから終了させます。


ウインドウの方でキャンセルさせるようにすればよかったのですが、実装がめんどくさくなってきたのでこの方法にしました。


これでようやくまともな同期の半自動式実行が行えるようになりました。

めでたしめでたし・・・

2006-08-19

[] 転ばぬ先の杖


って、もう思いっきり転んじゃったアトなので今さら感はあるけれど、バックアップの大切さを改めて感じたこの一週間でした。

システムのバックアップ環境を構築ついでに、Sleipnirの同期についてあれこれ試してみた。


現在Sleipnirはメインマシンと、別のHDDにインストールしてあるVista β2、そしてWebサーバと三者三様の設定を持ってインストールされている。

プラグインの管理に関しては、plugins.ini editorのおかげでどのマシンからも他のマシンの設定をいじれるようにはなった。

しかし、どうせならヒトツのマシンで集中管理できれば面倒なことはしないですむ。



現状の問題点をあげてみると

OSを移動してSleipnirを立ち上げるたびに、すでに読んだRSSのリストや記事とかが未読状態で現れる。

さらにはそのOSごとに記録したお気に入りやら履歴があるので、他のマシンで作業中に”あれ?ついさっき登録したはずのお気に入りがないなぁ〜”などといったアホをやらかす。(セッションの保存はそのOSごとの方がいい)

また、Sleipnirがマイナー、あるいはメジャーバージョンアップした際にすべてのOSで新たにバージョンアップのための作業を行わなければいけない。


Sleipnirの同期=最新環境へのバックアップともいえる。


と、いうことで希望の動作で同期のとれるアプリを探す旅に出かけた・・・


いや〜あるわあるわ、種類が多すぎてどれを使ったらいいやら。

とりあえずネットワーク越しの同期がとれるものじゃないと話にならないので、そのあたりを中心に検索。


実はすでにMicrosoft Powertoyの新作でSyncToy v1.2というヤツもすでにPCの中に入っていたのだが、これがまた多機能ではあるけれどインターフェースが使いにくいのと、Sleipnirの外部プログラムとして指定した設定だけの同期ができないことで、すでにHDDの肥やしと化してしまった。

最初に目についたのが、フォルダ内 ファイル属性比較&同期支援ツール1.3というヤツで、扱いはシンプルだけどやはり希望の動作はできない。サブフォルダまでチェックできないので単にお気に入り関係の同期をとるだけなら良さそうだけど・・・

あとはAllway Sync v4.6.7とかしっかり!バックアップ、フォルダ同期などなど・・・

いくつか試用してみたけど、シンプルすぎて思ったような同期方法が行えないものや多機能すぎて使い勝手が悪いものまで国産、海外製と6種類ほど試した中で、割とシンプルかつ必要十分な機能とSleipnirのユーザー定義ツールに引数を渡して登録できるものとして選んだのがDSync Ver1.73というヤツ。

かなりの間バージョンアップされていないのが不安要素だが、逆に考えればそれだけ枯れていて安定しているのかもしれない。

DSync Ver1.73を導入して設定をする


解凍して出てきたファイルは本体と簡単な使用説明テキストだけというシンプルさ。

これをフォルダごとProgram Files内に作ったFavorite_Appsフォルダの中に移動して起動してみる。

  • 初期画面


このProgramはレジストリを使用すると言うことなのでチェックしてみたら、最近使ったファイルの履歴と画面上のウインドウ位置を記録しているだけだった。


まず、同期に必要な設定を始めることにする。



  • メインマシンとサーバにあるSleipnirを同期をさせる設定例
起動したら左上の小窓のところを右クリックして、ココではとりあえず実行ファイルのあるbinに名前を変更

次に基本フォルダ(A)へメインマシンのbinフォルダを指定し、対象フォルダ(B)へサーバ上にあるbinフォルダを指定する
当然だが、事前にサーバ側のSleipnirインストールフォルダの共有設定を済ませ、フォルダへのアクセス権を変更可能かフルコントロールにしておく必要がある。

拡張子でのフィルタは環境によって適宜設定する。上書きされたら困るものなどはここで指定しておくといいが、拡張子だけでしか指定できないのがチョット厳しい。

同様にして同期をとりたいフォルダの条件とパスを次々と指定していく
各条件ごとにツールバーにあるボタンの状態も記憶されるので、完全同期にするか、サブフォルダも含めるかなどの条件を指定したのち、フロッピーアイコンをクリックして名前をつけて保存する。

ここまでできたら【>>】ボタンを押して同期の必要なファイルをリスト化する。リスト化は上記の各条件作成時にチェックの意味でその都度行っていてもかまわない。

赤字で表記されているのがメインマシンにあるファイルのタイムスタンプの方が新しい場合で、青字の方はサーバ側の方のファイルが新しいことを指す。

リストから個別に更新するファイルを指定することも可能だが、通常は【>>⊃】ボタンを押して一括で処理する。

【>>】ボタンで同期が必要なファイルをリスト化
この画面で赤いのはほとんどがFaviconのキャッシュだ
【>>⊃】ボタンを押すと確認メッセージが現れる(設定次第)
同期完了すると、文字が黒くなる
真ん中の記号の意味はメニューのヘルプで確認可能

なお、ファイル|基本対象の入れ替えで、各条件ごとにサーバ側からメインマシンを見た状態にすることも可能だけど、通常使用ではあまり意味はないかな。(完全同期の場合は基本の方が親になり、子がそれに従う)


Sleipnirのユーザー定義ツールに登録


ここからの操作はあらかじめSleipnirにUserActionExtensionUserDefindToolsが導入されていることが前提。

DSyncの説明には、コマンドラインから設定ファイルと引数を指定することで同期を行ったアト自動終了させることができるとあった。

この機能に惹かれてこのアプリを導入したと言っても過言ではない。

で、Sleipnirのオプション画面から拡張機能|ユーザー定義ツールを呼び出して以下のようにアプリへのパスと引数を入れてクライアントを再起動後にキーボードショートカットにActionを設定してみた。



・・・しかし、なぜかうまくいかない。


普通にショートカットへ引数を登録してもダメ。UserActionExtensionユーザー定義ツールに引数を登録しても設定ファイルが見つかりませんとメッセージが出るばかり。

ファイル名を指定して実行でもダメ。


何でだろうと思いつつ、なぜかコマンドプロンプトからDSyncのディレクトリへ移動して実行するとうまくいく。

こりゃぁbatファイル作ってそれを指定した方がいいかなと思ったが、ここでチョット考えた。

ファイルのある場所へパスを通してやったらどうだろう・・・と。

そしたら一発で通りましたよまいったね。

  • パスを通したのでSleipnir側の表記も簡単になっちゃった。



  • アトはユーザーインタフェースのキーボートかマウスアクションかジェスチャのいずれかに登録してやればOK



上記の例ではSleipnirを起動中にAlt+sキーを押すことでDSyncが自動で立ち上がってサーバと同期をし、勝手に終了してくれる。

ただ、この方法には難点もあり、現在起動中のSleipnirが終了時に書き込むファイルまでは同期されない。

したがって、時々単独でDSyncを立ち上げて同期をとるか、あるいはバッチファイルを作成してユーザー定義ツールへあらたに登録しSleipnirを終了後にDSyncを起動させるようにした方がいいかもしれない。


  • バッチファイルの一例

taskkill /im Sleipnir.exe

start /min /wait /normal /d "C:\Program Files\My_FavoriteApps\File_Syncro_Apps\dsync173" DSync.exe Sleipnir.DSY /r /x

exit

startの/dスイッチ以降にダブルクォーテーションで実行ファイルまでのパスを記述し、そのアトに実行ファイル名と引数を指定してみた。画面上では改行されて見えるが一行での記述なので注意(コピペしてみればわかると思う)

なぜかXPでは/minスイッチが機能しない(コマンドのスイッチに用意されていないみたいだ)ので、batファイルのショートカットを作り、そちらのプロパティで最小化で起動させるようにしたらうまくいった。


あんまりスマートじゃないけれど、Sleipnirを終了後に同期が始まって勝手に終了してくれるようになった。

ただ、まだ疑問が・・・


Sleipnirに通常の終了処理をさせていないわけで・・・つまりタブの履歴等の書き込みまでちゃんとしてから終了しているかどうかはまだ未確認。



Taskkillの/fスイッチは使っていないけど、タスクマネージャからの強制終了と同じことだしねぇ・・・

AutoHotkeyかなんかで終了ボタンを押したのと同じことにするスクリプトを作った方がいいかもね。


ま、あとは不具合が起きてから考えることにするなりよ。



追記

その後、最初の方法でまた、設定ファイルが見つからないとか言う状態に陥った。

しょうがないのでショートカットを作り、そのプロパティでコマンドラインスイッチを指定して最小化の設定で保存。ショートカットへのフルパスをユーザー定義ツールに記述したところ問題は起きなくなった。

いったい何が関係しているのかさっぱり見当がつかない...orz


ま、だからPCはおもしろいんだけどね。


2006/08/22さらに追記

ユーザー定義ツール(UserDefindTools)とUserActionExtensionを取り違えていたため修正

失礼しましたぁ〜

2006-08-18

[] カスタマイズはつづく・・・


IconWorkshopのローカライズはメニュー周りを書き換えたところでいったん休止。

だって、果てしなく同じ作業がつつくので飽きちゃったんだもん。

そのうち気が向いたらつづきを始めるかも。


画像ファイルをアイコンではなく縮小画像で


Win95(98だったかな)の頃から使ってたアプリにSPICONというのがあった。

これは画像ファイルであれば、システムに登録されたアイコンや関連づけられたアイコンではなく、画像本来の姿をアイコンサイズにまで縮小して表示してくれるという優れもの。


ところが今回、システムの再構築前にバックアップし損ねたらしくどこにも見あたらない。


すでに開発はStopしファイルの配布はおろかサポートまで終了しているアプリなのだけど、特に不具合もなく最終バージョンの2.1ではPNGやPSDにも完全対応していたのでお気に入りだったんだけどなぁ・・・


と、いうことでこれに変わるアプリはないもんかいなと検索を始めたまではよかった・・・


ぜんぜんHitしない。

ワードを変えて何度も試す・・・ダメポ(´・ω・`)





だったら海外製には無いかいなと、それらしいワードを打ち込んであちこちうろうろ彷徨ったあげくそれらしいのを見つけた。

VueIcon6.2という名前のものがあるらしい。早速作者のWebページにいってみた・・・


無い。

これもどうやら開発と公開をやめてしまったようだ。


どこかのダウンロードセンターにファイルが残っていないかとCnetやZDnet...etcを探し回ったらドイツ語らしいダウンロードサービスに同名のものを見つけた。

バージョンが6.0と6.2の2種類あるので当然6.2を落として試してみる。

インスコ始めるとタイトルバーの表記がおかしい。Vueprintとなっている。

そういやさっき作者のページを見たとき同名のアプリが公開されていた。これってファイル名は間違いなくVueIcons6.2なのに中身はVuePrintとなっているってこと?

不安を覚えつつもインスコ完了したら、やっぱり別のアプリだったし・・・orz

なんか画像ビューアらしいんだけど、シェアウエアで画像そのものに銭払えマークが一面に並んでいるという、絶対使いたくない類の(`皿´)ウゼーアプリをインスコしてしまったらしい。


しかもこいつ、アンインスコしても消えないときた。

リカバリ早々にシステムの復元のお世話になりそうな悪寒...




こいつは使えるか?

その後もネットをさまよい続け、どうやらそれっぽいアプリに行き当たった。

Xentient Thumbnailsというアプリ。


説明を見る限り、画像の対応形式はSPICONより少ないが同様のことができるらしい。(JPG, JPE, JPEG, JP2, J2K, GIF, PNG, BMP, WBMP, EMF, WMF, PCX, PBM, PGM, PNM, PPM, RAS, TIF, TIFF, and TGA)


しかもフリーだって言うじゃないですか。

早速落としてきて適用してみたところ・・・おお! デスクトップに置いていた画像ファイルがthumbnailになっている。










ただ縦横の比率は一定のようで、それ以外の部分はカットされるみたいだし何より(+д+)マズーのがワタシのよく使うPNG形式画像の透過情報を完全処理できていないのが致命的。

JPGとかだったら全然問題ないけどね。



本来なら透過グラデーションでバックが透けるべきところが処理されずにマゼンタが現れる。





やっぱりSPICONと同じことを望むのは無理なのかなぁ・・・






誰か、SPICONの再配布場所知りません?



後で気がついたけど、Xentient Thumbnailsは窓の杜でも紹介されていたのね・・・

あの検索に費やした時間はいったいどうしてくれるんだ〜ヽ(`Д´)ノウワァァァン

2006-08-17

[] なかなか進まない環境再構築


まっさらな状態から始めた環境再構築作業だったけど、途中で寄り道しちゃうものだからいっこうに進まない。


以前使ってたツール類も知らない間にバージョンがあがっていたりするので、つい弄り出しちゃう。

今日もお気に入りツールを仕込み中に AxialisのIconWorkshopが、この間まで使っていた5.01から6.02にバージョンがあがっていたので早速弄りだしてしまった。


Vistaの圧縮アイコンタイプにも完全対応しているようで、今後のIconカスタマイズも安心だね。

何よりも驚いたのが、ランゲージパックによる各国語対応になったこと。

しかし・・・残念ながら日本語のランゲージパックは用意されていない。そのかわりランゲージパック作成のためのSDKは用意されていて、ほしかったら自分で作れということらしい。

VC++なのでさっき入れたばかりのVisual C++ 2005 Express Edition で作れそうだけど、そっちを弄りだしたらまたもやハマッてしまうことは間違いないのでランゲージパックどころじゃなくなるなと・・・


試しにAxialisのサイトからランゲージパックを落としてみたら実行ファイルになっている。(画像の右下にあるピンク色のヤツね)

これをゴニョゴニョして見たら中身は言語リソース入りのdllファイルだったので、これをテンプレートにしてローカライズしてみようかと思ったのが大間違い。


IconWorkshop6.02の日本語リソース作成


素にするのは簡体字中国語のリソース。他の言語は全然読めないし、ショートカットキーの表記も違うので日本語に近いヤツにしたというわけ。

何の気なしに始めてしまったこの作業、途中でとんでもないことに気がついた。

dllに収容されているワード数が半端じゃない!


ダイアログとかメニューだけでもかなりの数あるのに、StringTableにあるステータスバーのTips用とか各種メッセージ用とか・・・

これはチャチャッと終わらす訳にはいかなくなってきたので、とりあえず今日はメニュー周りだけにして後は少しずついじることにしよう・・・

2006-08-16

[] 残暑お見舞い申し上げます。


お盆も過ぎたってことで暑中から残暑に変わったわけで、変わらないのはワタシの体と生活環境だけという今日この頃。


あいもかわらずソーメン三昧な食生活を送っております。


ふと思い立って、鶏の唐揚げが食べたくなりケンタさんまでいこうかなとも思ったのだけど、たまには自分で作ってみるかぁ・・・

となると足の向く先はいつものハナマサ。


冷凍もも肉のパック(ブラジル産)が、2kg入りで税込み698円。手羽元も1.5kg入りパックが980円。

サラダオイルと調味料をいくつか追加して帰宅後早速肉を解凍。



さぁ、昨日に続いてクッキングた〜いむ



・・・とはいってもいちいち写真を撮るのはメンドクサイので、途中は割愛。

結果写真だけアップしました ('∀`)


調味に使ったのは醤油、お酒、ニンニク、ショウガ、カレーパウダー、粉末唐辛子、ごま油といったところ。

30分ほどつけ込んで、後は片栗粉をまぶして油の中へ・・・熱い。


ビールがあれば最高ですけど断酒中なので飯のおかずにしてしまいました。

食べる段になって気がついた、レモン買うの忘れたよ( ゚∀゚)アハハ

2006-08-15

[] 今日は画像が盛りだくさん!


このエントリーは昨日アップする予定でした。都合により一日ずれてしまったのでお天気は昨日の状態です。


また、画像が全部表示されるまで時間がかかるかもしれませんのでご承知おきくださいませ。



用事があって区役所まで。


天気がいいのでデジカメを持って出かけた。(携帯より画像転送が楽だし)


あいかわらず例のオブジェが黄金色に輝いている・・・

ヽ( ・∀・)ノ ウンコーー



隣のアサヒビール本社ビルはビールジョッキをイメージして作られているらしいけど、おつまみがウ○コじゃぁねぇ。










錦糸公園


スーパーで買い物をして帰宅するつもりだったけど、公園内でセミの声がすごかったので手ぶらな今のうちにヤツラの姿をカメラにキャッチしてやろうと、そお〜っと鳴き声のする木へと近づいていった。



 あちこちで鳴いているので、どの木にしようか迷ってしまう・・・












 この辺にいそうなんだけど、よくわからない。












 ズームしてみたら・・・


 いました、だけどカメラを上向きでホールドするのが難しくてぶれてしまってます・・・

 鳴き声から察するに、ミンミンゼミというやつみたいですね。







 すぐ隣の枝にも。












 こちらは見事に木と同化してカモフラージュしているように見えます。











 上向きでズームを使うと、どうしてもボケボケになってしまいますね。

 この画像はズームを使わず高解像度にセットし直して撮ってみました。

 多少は減色処理したんですが、それでも0.6MBくらいあります。

 この画像だけ、クリックでフルサイズ画像が見られます





 公園中央にある噴水。

 いまいち勢いがないので清涼感もやはりいまいち・・・









 そろそろ買い物に行こうと、公園の反対側に出たところで別の鳴き声が聞こえてきました。












 こちらはどうやらアブラゼミのようです。











 よく見ると下の方にもいました。

 オスとメスの出会いの場に出くわしちゃったかな?











 そろそろ食材の買い物へ



 錦糸町から亀戸への境にある横十間川。


 お盆過ぎからはハゼ釣りする人なども見られます。

 天然ウナギもいるらしいですよ。








 ちょっと文字が判別不能ですね・・・












この建物の一階が食料品スーパーになっています。

コモディイイダとマツモトキヨシがあります。










 さて、今日は何を買おうかな・・・












 野菜不足だといわれているので、緑黄色野菜をとりあえず。












 いつもはトマトジュース飲んでるけど、たまにはサラダにしてみようかな。











鮮魚コーナーにスルメイカのいいのがあったので衝動買い。












大好物のチョコ入りアイスモナカもまとめ買いしちゃった。



とりあえず今回はこんなもんでいいかな。










 自家製イカの塩辛と沖漬け風


めずらしくかなり鮮度のいい大きなスルメイカが手に入ったので、自分流(と、いうよりは自分のイナカ風+α)のイカの塩辛を作ってみようと思った。

ただ、塩辛を作るにはイカ一杯につき二杯分の肝が必要なので、肝をとった残りのイカは刺身にしようかな・・・とも思ったけど、どうせなら大好物の沖漬け風にしてみようと。


で、手前味噌ではありますが結構おいしい塩辛と沖漬け風の作り方を紹介しようと思います。

  • 解体開始
まず、イカの目と目の間の上の方、胴体と内臓が連結している部分に指をつっこみ、なるべく奥の方まで分離させておく。

  • 二つに分ける
胴体のエンペラ(俗に耳などと呼ばれている)部分と本体(ゲソ側)の胴体寄りの部分を左右別々につかみ、内蔵を引っこ抜く。

この時点で、内蔵がきれいに抜けてこなかったり中身が潰れてしまうような場合は鮮度に疑問があるので加熱調理用にした方がいい。

大きさの割にキモがちっちゃい・・・

  • 軟骨?を処理
この作業は後で胴体を切断するときでもいいけど、簡単なので今のうちに・・・

先ほど指をつっこんだ上のあたりに堅く感じる部分がある。
そこを左右から指でほじくり出して末端をつかむ。

  • 引っこ抜く
エンペラ部分を握り、もう一方の手で先ほどの軟骨?を強く引っ張るとこのような感じできれいに抜けてきます。

失敗したら胴体を切るときに取り除きましょう。

  • 墨袋
キモの周りには得体の知れない(笑)内臓がくっついています。
指さしているのが墨袋。
これをつぶすと辺り一面真っ黒けになってしまいますので、ほかの内臓と一緒に取り除きます。

最近は墨も一緒に入れた黒造り塩辛なんていうのもあるみたいですが、ワタシはちょっと・・・(;´∀`)

  • 作業開始
墨袋の脇から指をつっこんでとりあえずキモと分離させます。

  • つぶさないで!
上の方をつまんでそ〜っとひっぱていくと本体と連結されているあたりで、それ以上引っ張れなくなります。
ここで包丁の先を使い、なるべく奥の方から切り離します。

切り離した墨袋はイカスミパスタなどに使えますので、冷凍して保存しておいてもいいでしょう。

  • キモの上の内臓
これもキモをつぶさないように引きはがします。
これもやはり本体とつながっている部分(たぶん食道)があるので、本体側で切り離します。

この内臓は食べられないこともないですが、キモチワルイので捨てちゃいました。

  • キモを切り離す
普通ならココで豪快にキモを絞り出すのですが、少し体裁よくやってみました。

目の上の部分に包丁を当てます。
キモに近すぎると後で流れ出してきますので、この辺がポイントです。

  • こんな感じ
この辺の位置が正解みたいです。
あと5ミリ上だとキモが流れ出して・・・

ココまできたら、いったんキモは脇へよけておきましょう。

  • ゲソの処理
イカの足?には二本の触腕と呼ばれるなが〜い部分があります。
ココの吸盤内にある固い部分を、包丁の背を使ってしごきとります。

気になる方はほかの部分も丁寧にしごきとるといいでしょう。

  • 頭の中は・・・
イカってどこに脳みそがあるんでしょうね?

真ん中から縦に包丁を入れて行くと、通称カラストンビと呼ばれるイカの歯?に当たります。
ここで包丁を止めておきます。

  • カラストンビを外す
この周りは丸い形状をしていますが、先ほど包丁が少し入っているので、そこから中のカラストンビをほじくり出します。

  • 目玉の処理
塩辛に目玉はいりませんので、やはりほじくり出して捨てちゃいます。

  • 水の中で
生きのいいイカの場合は目玉の周りに指を入れて取り出せますが、たまに力のいれどころをミスって潰してしまうことがあります。
このとき、勢いよく内容物が飛び出してあたりを汚してしまうことがあります。

水の中でこの処理を行えば、万が一潰してしまっても被害は少ないです。

  • オイ!、鬼太郎!!
目玉の親父じゃないっちゅうねん。

とりだした目玉はとっとと捨てちゃいましょう。

  • キモの処理
イカ一杯につき二杯分のキモを使用します。
キモが十分に大きいなら一杯分でもできますが、キモは多いに超したことはありません。

  • しごき出す
容器の上で、キモに切れ目を入れて中身をしごき出します。
生きのいいキモの場合は、しごきだしてもプルブルして弾力性があります。

  • 調味開始
基本は塩。

食卓塩でもいいんですが、できれば荒塩を使いたいですね。
漬け物用として売られているやつでいいです。

  • 量は?
こればっかりは好みにもよるでしょうが、基本的に保存食なので昔ながらの(イナカの)やり方ではキモ2杯分に大さじかるく山盛り一杯くらいいれていましたねぇ・・・

あんまり塩辛くしても体に悪いので、ココでは大さじすり切り一杯にしておきます。

  • 隠し味?
ワタシ流だとここで市販の濃縮3倍つゆの素を加えます。
おおさじ二杯分くらいでしょうか・・・

  • まぜまぜ
軽くかき混ぜてなじませておきます。
つぶれきれていないキモもここで潰して混ぜておきます。

  • 切り刻む
本体(ゲソ)側は軽く塩を振ってもみ、水で洗い流して水気を切ったら食べやすい大きさに刻んでおきます。
このときキモを絞り出した残りの部分も一緒に刻んでおきましょう。

  • 胴体の処理
エンペラの両端をつまんでその下に包丁を入れます。

  • こうなります
刺身にする場合は、この時点で切り離した部分から皮をはいでいくわけですが、塩過多*1(←タイプミスで誤変換)は皮付きのままでOK。

気になる方は皮を剥ぎ取ってももちろんOK。
どうせゲソが皮だらけですけどね・・・

  • とりあえず半分に
縦に二つ割りにします。すると取り切れていなかった内臓が残っているので取り除きます。
透明に近い白色の房状のものがある場合、それは卵巣ですのでもしあったら一緒に塩辛にしちゃいましょう。

ココで注意:イカにはアニサキスと呼ばれる寄生虫がいる場合があります。
胴体の内側をよく観察し、螺旋状にとぐろを巻いている部分を見つけたら、その部分は切り取って捨ててください。

  • 胴体を切り刻む
食べやすい大きさになるよう、刻んでいきます。
エンペラももちろん一緒に。

  • キモの中へ
切ったイカの身一杯分+αをキモの中へ。

  • まぜまぜして完成!
よ〜く混ぜ合わせてキモと身が絡むようにします。
最初はキモが少ないと感じるかもしれませんが、少ししてなじんでくると、イカから出た水分でキモが増えたように見えます。

  • 沖漬け風のタレを作る
基本は先ほど登場した濃縮3倍つゆ。
タッパーに100ccほど入れて次へ。

  • 唐辛子を加える
保存性の向上と風味付け。単に私の好みでもあります。

いつもなら輪切り唐辛子を使うんですが、ちょっと切らしていたので漬物用に買い置きしてた鷹の爪を三本。

  • みりんを加える
だいたい大さじ二杯強くらい。

このあたりは好みですので分量は参考程度に。

  • 日本酒を追加
これも大さじ二杯〜三杯くらい。

本来ならココでいったん火にかけてアルコールなどをとばした後にさましてから使うのが本筋でしょうが、ワタシはそんなメンドクサイことしません。
実際、このままでおいしい沖漬け風ができあがりますので(・ε・)キニシナイ!!

  • つけ込む
残りのイカを全部つけだれの中へ。

  • こくを出すために
先ほど作った塩辛から、+α分加えます。
これをやるかやらないかでできあがりに俄然差が出てきます。

  • よ〜く混ぜて完成!
後は塩辛も沖漬け風もしっかりとフタをして、冷蔵庫に一晩寝かせておきます。
翌日の朝から食べることができます。




保存性は塩辛が1〜2週間以上、沖漬け風が一週間以内といったところでしょうか。

塩分濃度によっても変わってきますし、常温にさらしておく時間が長いと発酵が進んでしまうので、食べる分だけ取り出したらすぐに冷蔵庫にしまう習慣をつけた方がいいと思います。



で、今日の朝食はもちろん


  • 作ったばかりの塩辛と沖漬け風
    後はたくあんと海苔のお吸い物。

    どちらも最高の出来映えでした、おもわず朝からご飯のおかわりしちゃいました。






最後までちゃんと表示されましたか?


ホントは自鯖のブログにアップしようと思っていたんですが、メインマシンの再構築中にPicasa2を導入したので、そのテストをかねての試験的なアップでした。


前半部分に関してはイメージをフローティングさせたときの文字の処理は特にせず、改行のみで調節していますので、環境によっては一部ずれるかもしれません。

塩辛編のようにテーブル処理をすればいいんですが、とりあえずということで。

*1:TとRを押し間違えたら言い得て妙な誤変換だったのでそのままにしてみました(゚∀゚)

2006-08-14

[] とりあえず復旧?


というか、OSを再インストールして以前の環境に戻す作業をちまちまと行っている最中です・・・

今夜は疲れたのでもう寝ることにします。


おやすみなさい・・・

2006-08-13

[] 大変だぁ〜


飯を喰らうのも忘れてしまうほど、今現在取り組んでいることがあるんです。

とってもトホホなことをしてしまったためにあれやこれやとやってる最中です。


ちょっと息抜きをしようとサーバの方から書き込んでいるんですが・・・




XPもVistaβ2も起動しなくなったよ〜


昨日は見事にHDDの復活に成功したけど、その後もいろいろいじっていたらエライことになってしまった。

調子の悪かったXPを何とかしようとアレコレしていたら、どちらのOSも起動不可能になっちゃたよ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


現在、必死こいてリカバリー中。

果たして今日中にモノになるのだろうか・・・

2006-08-12

[] ・・・といっても


PC本体の方なんだけどね。


HDDのリムーバブルケースを増設してあまっているHDDを活用しようと・・・


ついでに


しばらく前にお亡くなりになった160GBのHDDを捨てきれずにとっておいていたのだけど、ちょうどいい機会なのでリカバリーできるかどうか試してみようと。


GIGAZINEで紹介されていたHDD Regeneratorというツールを使って、いかれたHDDをチェック。


対象は2番目のHDD。





チェック開始!









さっそくバッドセクタを見つけてリカバリーしてくれましたが、修復不能のセクタもあるようです。



可能ならバッドセクタをリカバリーしてくれるらしいのだけど・・・





結果は・・・ダメポですた。

最初の方にリカバリー不可能なバッドセクタが大量に見つかり、その後ほかのセクタもチェックしてみましたがリカバリーは無理なようです・・・(泣)





燃えないゴミの回収日はいつだったかなぁ・・・


・・・とかいいながら


あきらめの悪いワタシ。


ローレベルフォーマットし直してナントカナランモンカイナと・・・



実はこのHDD、Seagateのbarracudaシリーズで型番がST3160023Aというやつ。

ところがSeagateのサイトにはHDDの診断ツールはあってもローレベルフォーマットをするためのツールがないのであきらめかけてほおっておいたんだけど、今回はどうせダメもとってことで別のHDDベンダが提供しているツールを試してみることにしてみた。


この手のツールのなかでは有名どころのMaxtorのPowerMaxというのをFDに仕込んで起動してみたところ、なんとイカレHDDが認識されたんです!!

こうなりゃ早速ローレベルフォーマットを実行するっきゃありません。

メニューから目的のHDDを指定後ローレベルフォーマットを指定してやると、”ホントにいいんかい?”と聞いてくるので”いいよ”と答えると、しつこく”ホントに実行してもいいんやね?”と聞いてくるので”ええよ”と再び答えるとこの画面になり、フォーマットが始まります。



160GBのディスクなのでかなり時間がかかりそう・・・


今夜中には終わってほしいなぁ


リカバリー成功!


燃えないゴミの日なんてもうどうでもいいや。

飯喰って風呂はいっているうちにローレベルフォーマット完了!


Vistaβ2を立ち上げてディスクの管理からHDDの初期化を行った。

  • 現在フォーマット中・・・


せっかくのハードディスクを無駄にすることなく再生できたのがなんといってもありがたい。

160GBとはいってもWindowsで認識されている容量は150GB弱なんだね。

まぁ使用可能領域ってことなんだろうけれど・・・




ようやくメインマシンのメンテも一段落したので、Sleipnirのテスト版でも適用してみるかな。

2006-08-11

[] 特になし


少しばかり調子が悪くてほとんど横になっていた。


とりあえず書き込みだけはしておこうと・・・

2006-08-10

GraniIcon

[] スマートなGrani



FenrirからGraniのRC版が公開されましたね。

見た目はスッキリしていて中身はSleipnirと同様なわけですから気になったのでインストールしてみました。

DefaultでAdvancedスタイルが適用された状態で立ち上がります。

どうやら新しくデザイナーをスタッフに招聘したらしく、Icon等の見た目が洗練されていますね。


HLRのIconも変更され、記事リストのドロップダウンメニューもユーザが個人で内容を変更できるよう改良されています。

DefaultではIconの色がそのまま表示されますが、この色名称を自分の好きな名称に変更できるというのが現状のSleipnir用HLRよりもいけてます。



また、前回のGraniではSleipnirとの排他使用でしたが、今回はClientの同時起動を両方とも許可することでSleipnirとGraniを同時に立ち上げて使用できるようになりました。

ただ、まだ確認は出来ていませんがどちらかのClientが強制終了したときにもう一方がどうなるのか、チョット気になるところですね。



Fenrirも来週からは夏期休暇だそうで業務が一時的に停滞しますが、休暇明けにはSleipnir本体の方もrefreshしてもらいたいものですね。

[] どうせいっちゅうねん!(なぜか関西弁)


つれあいと呼ぶヒトと離別(死別)してもう数年の月日が流れた。


その後すぐにワタシの生活は乱れに乱れまくり取り返しのつかない状況までになった。

不摂生がたたり身体をこわし、20数年勤めた会社も退職せざるをえなくなり、再起を図った会社も2年足らずで体調不良のため退職せざるを得なくなった。


ここまで痛めてしまった身体を通常の状態まで持って行くにはよほどの覚悟と精神力が無ければムリらしい。


つまりヘタレなワタシにはとうていムリってことだ。


医者に言わせると自己管理が出来ない貴方はちょっとおかしいよ、みたいなことをいわれるがそんなことはアンタに言われるまでもなく百も二百も承知なワケで、逆に自分よりおそらくふたまわりは年下であろう若造にえらそうな口調でもっともなことを言われる方が腹立たしく感じたりする。

おまえはスーダラ節をしらねぇのか! ・・・なんて、前時代的なことをいってもしょうがないしね。

(ちなみに前東京都知事の青島幸夫がクレージーキャッツに提供した詩)


おかげで何度病院を変えたことか。


とりあえず今通院している病院の医師は人当たりも良く、居丈高にものをいうヒトではないので素直にお言葉を受け止めている。


でも、結局専門医でないヒトのいうことは言い回しはともかく内容は一緒なワケで・・・


とりあえずあなたは野菜不足だよ〜


と、どこの病院でもいわれるのが定番になっている。



別に野菜は嫌いじゃないし、生野菜でも漬け物でも食事時には必ず添えて食べるようにしている。


なのになぜ?


結局野菜を食べても必要なビタミン量の摂取がうまくいっていないせいなのだろうと先出の医者はのたまった。

結果、普段の薬の他にビタミン剤まで処方されるにいたり食後の作業が増えてしまって飯を喰うこと自体がメンドクサイことに思えてきてしまっている。


でもやっぱりハラは減る。

朝からカップラーメン


別に医者の言っていうことにあらがうためではないが、今日はたまたまご飯が無かった。

で、買い置きのカップラーメーンを朝・昼二食喰らって、その後冷蔵庫にあった野菜ジュースを1リットルラッパ飲みし、文句あっかってなかんじで威張ってみたあとにコソコソと処方された薬を数えながら口に運ぶワタシなのでした。




とりあえず今夜のおかずはポークウインナーをメインにキャベツとキュウリとトマトをあしらって見ました。

http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/K/Kei_9/20060810/20060810213024.gif


あしたは・・・多分素麺日和かな。

[][] HeadlineReaderプラグインのカスタマイズ


コメント欄でkzis42さんが触れていらっしゃいますが、HeadlineReaderプラグイン(以下HLR)のフォントをuser.iniへコードを追加することで暫定的に変更可能になったようです。


恐れ多くもHLRプラグイン作者ご本人からもコメントを頂き、恐縮至極なワケですが・・・


で、どうすれば?


コメント欄でkzis42さんが書いていますが、あえて手順を書いておきます。

Sleipnirは終了時にuser.iniをそのときの設定に書き換えてしまいますので、書き換えは必ずSleipnir本体を終了させたあとに行う必要があります。


テキストエディタでuser.iniを開き、最後の行に

[VclSettings]

FontName=”フォントファイル名”

といった感じに書き加えて上書き保存します。

”フォントファイル名”はお好みのフォントを指定できますが、間にスペースを含むものの場合は必ず半角ダブルクオーティションでくくる必要があります。


指定したフォント名に間違いがなければ、次回HLRを呼び出したときには指定したフォントが適用されているはずです。

HLRフォント変更

ちなみに現在のワタシの場合、システムフォントにしているものと同じものを指定しています。

おかげで、フィードリスト・記事リストともに見慣れたフォントなので読みやすくなりました。(゚д゚)ウマー


追記:使用中のフォントは

いろいろなフォントをTTeditというアプリケーションで合成したものを使用しています。

TTedit

コレは再配布できませんのでご容赦ください。

2006-08-09

[] 涼しい朝


夜半から雨が降り続いています。

気温は26℃、室温も同じくらいで先日来の熱帯夜も一休みといったところでしょうか。


相変わらず明け方から動き出し、サーバの方をいじくりまわしています。

興味を引く事柄が次から次へと出てきて退屈しない日々を送っていますが、時々寝食忘れて没頭してしまうのが悪い癖ですねぇ・・・

こんなんだからいつまでたっても健康体に戻れないんでしょうね。

わかっていながらヤメラレナイ。目の前のPCたちはワタシにとってのBad drugですね。

[][] アイコン変更してみた

数日前のエントリーで触れたplugins_ini_editerだけど、Dockタイプランチャーに登録してみたらアイコンがちょっとねぇ・・・

  • 本体のアイコンも作り直したいなぁ・・・(最大48pxなので画像が粗い)

http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/K/Kei_9/20060809/20060809092738.gif

  • で、こんな感じのアイコンを作ってみた。

http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/K/Kei_9/20060809/20060809091725.png

  • Dockランチャーに登録したところ

http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/K/Kei_9/20060809/20060809092737.gif

どうでしょうねぇ、自分的には満足しちゃったんですが。


ついでにResourceHacker使ってplugins_ini_editer.exe本体のアイコンも入れ替えちゃった。

http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/K/Kei_9/20060809/20060809093607.gif


今回のアイコン作成はすべてフリーソフトウエアで行いました。

使用したのはPictBear SEとIrfanView32、@アイコン変換1.20、そしてResourceHackerです。



気が向けばアイコン作成の工程などもアップしてみようかと。

リクエストかなんかあればがぜんヤルキが出るんですけどね(笑)



思い立ったら


やろうかな〜と思ったときに物事を始めないと結局忘れてしまったりするので、Sleipnir本体のアイコンも作っちゃいました。


デザインを考えるのはあまりトクイじゃないので、ありきたりのラウンドタイプで・・・

http://i52.photobucket.com/albums/g33/Kei_F/Hatena/Sleipnir_2.gif


ちょっと凝った効果も入れてみたかったので、PictBear SEではなくPhotoShop CS2で加工し、アイコン作成にはIconWorkshop5を使用、ひとつの画像から一気に各種フォーマットを含めたマルチアイコンにしました。

  • PhotoShopで加工中

http://i52.photobucket.com/albums/g33/Kei_F/Hatena/ss0034.gif


  • IconWorkshopで一気にマルチアイコンに変換

IconWorkshop



  • ResourceHackerで本体に適用

http://i52.photobucket.com/albums/g33/Kei_F/Hatena/ss0037.jpg


  • Dockランチャーにも登録

http://i52.photobucket.com/albums/g33/Kei_F/Hatena/ss0036.jpg


と、いうことで一気にここまでやってしまいました。

このアイコン、使いたいっていうヒト、・・・いる?

アイコンの配布までは考えていなかったので、とりあえずpngフォーマットの画像を貼り付けておきます。

せっかくなのでカラーバリエーションを用意してみました。

http://i52.photobucket.com/albums/g33/Kei_F/Hatena/Sleipnir_fantasticred.pnghttp://i52.photobucket.com/albums/g33/Kei_F/Hatena/Sleipnir_lightblue.pnghttp://i52.photobucket.com/albums/g33/Kei_F/Hatena/Sleipnir_green.png

http://i52.photobucket.com/albums/g33/Kei_F/Hatena/Sleipnir_midnightblue.pnghttp://i52.photobucket.com/albums/g33/Kei_F/Hatena/Sleipnir_yellow.pnghttp://i52.photobucket.com/albums/g33/Kei_F/Hatena/Sleipnir_urbandarkyellow.png

http://i52.photobucket.com/albums/g33/Kei_F/Hatena/Sleipnir_whitegray.pnghttp://i52.photobucket.com/albums/g33/Kei_F/Hatena/plugin_ini_editer.png



画像上の右クリックで保存し、@アイコン変換等を使用してアイコンに変換してください。


ResourceHacker等でアイコンを入れ替える場合には、マルチアイコンにして256色以上、16px、24px、32px、48pxを含むものを用意した方がいいと思います。

WindowsXP上での使用なら他に64px、72px、96px、128pxなどの全フォーマット入りでもOKです。




アイコンの配布をしてほしいとのリクエストがありましたので、とりあえずファイルを置いておきます。

Sleipnir_ColorIconSet+1

右端の赤いアイコンをクリック!

[] はてなでは出来ないこと


サーバのセキュリティ上の制限のために、はてなでは自分の日記ページ等にJavaScriptやEmbedタグなどを使用することが出来ない。

何か変わったことをしてみたいと思っても先方が用意しているものしか使えないわけで、それらのツールの中には自分のページで使ってみようと思えるものがあんまりないんだよね。


試してみたいことがあっても今までは我慢するしかなかったけど、自宅サーバでMovableTypeを弄りだしてからは今までやってみたかったいろんなことにトライしている。


サムネイル画像の表示法をちょっと凝ってみた


LightboxというJavascriptとCSSで構成された画像表示変更用のツールがある。

旧版のLightbox jsの頃から興味はあったけど、今までは試す環境が無かったため他の人のWebページで使用しているところに出会うとうらやましく思っていた。


で、今回なげやり再起動の方にLightbox1.0を導入してみた。

コレがまたおもしろくってイロイロ弄っているウチにMovableType本体の画像アップロード画面に組み込めたら便利だろうな〜・・・と、思ったところで早速トライ。

結果、なんとか組み込みに成功したようで画像アップロード時にLightboxの使用を選択できるようになった。


興味ある方はなげやり再起動の方を覗いてみてくださいな。




ここんとこ、サーバの方をアレコレを弄るのが楽しくってこちらにネタを提供できていない。

ということで今日はSleipnirのアイコンなんかを提供したりしてお茶を濁しているのでした。


では、おやすみなさい・・・

2006-08-08

[] 疲れたなぁ

今から寝ます。



起こさないでくださいね・・・ってダレに言ってんの? <オレ

2006-08-07

[] 暑いってば!


タダでさえ食欲がナイって言うのにこの暑さ。


飯もろくに喰わずにアイスキャンディーやジュースだけで一日過ごしてる不健康な日々を送っています。


予報によるとこの暑さも今日までで、明日からは一息付けそう。

PCのファンの音も少しは静かになってくれるかな。


MovableTypeっておもしろい

最近はサーバの方でMovableTypeばっかり弄っているので、こちらに書くような話題がないなぁ

なげやり再起動、ちまちまとイタズラしてるのでよかったら覗いてみてくださいね。

たいしたことはしてないけど・・・

2006-08-06

[][] こまったちゃんが・・・


昨日の話になるけど、なげやり再起動のアクセスが急激に増えた。


原因は誰かが2chのSleipnirスキン・プラグインスレッドにアドレスを晒したせいだとわかったんだけど・・・

コメントもナニもナシでサイト名とURIだけ貼り逃げしたって感じだったけどいったい何のため?

まぁトップページへのリンクだったから別にどうってこともないんだけど、どういうつもりでそんなことをしたのか皆目見当がつかない。昼頃にピークが来てトラフィックの集中のためかサーバがフル回転しているせいでLANからのアクセスもできない状態がしばらく続いてちょっと困ったけどね。

元々しょぼいスペックのサーバなんだからあんまりイジメないでほしいね。


Skinのデータはこっちにしか貼っていないし、ましてプラグインやスクリプトを書いて置いてあるわけでもない。

当日のネタは自分で書いたPHPの記事に関する愚痴だけだったけど、なんのつながりもないしねぇ...


単なる嫌がらせだったのかな?!

恨みを買うようなことしたおぼえもないけどなぁ。



2chの方にヘンに書き込むとジサクジエーンにされてしまいそうなので、再起の方でちょっとだけ触れておいたけど、特にコメントもつかなかったしアクセスも落ち着いたのでまぁいいやとか思った。

メニュー(だけ)追加した

なげやり再起動の方にメニューを追加してみた。その名もすぺしゃるこんてんつ(平仮名)

もちろんjavaScript切ってるヒトにはまったく意味をなさない自己満足なだけの折りたたみメニューさ。


でも中身はほとんどナイ。


ナニがすぺしゃるかって? コレも特に意味はナイ。

じゃぁなんでって? 遊んでみたかったのさ。




...いや、ゴメンナサイ。そのうちにちゃんとコンテンツを作りますってば、ホント。


何度も言うが・・・暑いぜよ


愚痴ってみただけ。





夏は暑くてアタリマエだろって突っ込みはナシで。


わかって言ってるから。

[] ファビコンや〜い


ふと思いついてハテナのこのページにFaviconを設置してみた。

・・・ところがSleipnirでは表示されないのね。

FirefoxやOperaではちゃんと表示してくれるのになぁ・・・

Sleipnirの場合、Faviconはサーバのルートにあるものしか取得してくれないようで、ページのタグに

<link rel="shortcut icon" href="/images/diary/K/Kei_9/favicon.ico">

という具合に指定してあっても無視されちゃう。 

ハテナなんか特に他の人のページをリレーで閲覧しててタブをふと見るとおなじみのアイコンがいつの間にかずら〜っと並んでいて戸惑うことがある。


これはフォーラムに要望出てたっけかなぁ。何となく見たような気もするけどWikiのバグトラのほうだったかしらん?!


ま、そんなに困るモンでもないし、いつかはちゃんと対応してくれるだろうと軽く構えて待ってることにするよ。

2006-08-05

[] あと少し

MovableTypeの導入記を再開した。

PHPとMySQLに関するエントリーをアップしたところで今日は力尽きた・・・



次回はようやく本題、MovableType導入に関しての実際を(あくまで自分流)記す予定。

だけど、イツになるかは不明。



気が向けば一気に書いちゃうんだけどね。その気になるまでがイロイロと・・・ね。

2006-08-04

[] 暑さ本番はこれから


もうね、目まいがするほど暑くて部屋の中にいるのが地獄なワケですよ。

どっか涼しいところに避難すりゃいいんだろうけどエアコンのばっちり効いた場所に行くとしてもデパートとかはヤロウが一人で行ってもつまんないしね。

かといって興味のある場所(PC関連のショップとか)に行くと余計なものを衝動買いしてしまいそうでこれまたやばい。

こうなりゃ来月の電気代の請求なんて気にしていられないってなかんじでエアコンフル回転。

一応28℃ぐらいでセットしてみたけど足元のヒーター(PC)からの熱気が半端じゃないので自分のいる場所はそれほど冷えてる感じがしない。

熱暴走したー!!

PCといえば昨日、初めて熱暴走して落ちるという場面に遭遇した。

OSXを10.4.7へとアップグレードしたところ、今まで普通に使えていたアプリケーションのCPU占有率が上がってしまった感じで二つみっつ他のアプリを立ち上げて作業中に突然電源が落ち、すぐには復帰できなかった。

30分ほどPCを休ませたらいつもと同じように起動できたけど、やはり夏場のPCの冷却対策は必要だなと改めて感じた一日でした。

人間魚雷回天

今日は昼から今までGyao三昧。

あれこれ見ては(゚゚)ツマンネと思いながらタイトルを切り替えて観ていたところ、映画チャンネルでちょっと古めの日本映画のタイトルを見つけたので視聴してみたら、ストーリー自体は単純なんだけれどなんか引き込まれるのものがあってつい最後まで観てしまった。

映画自体はモノクロで時代を感じさせるけど、いわゆる往年の名優といわれる方々が出演していらっしゃるのであぁ、そういやこんなヒトもいたっけなぁと懐かしく思い出したりしながら楽しませてもらった。

もちろん海中のシーンとかは今の映画に慣れた目から見るとちゃち過ぎてちょっと悲しくなってしまうけどこれはしょうがないよね。


出演者の中で今も現役なのは宇津井健ぐらいかな。木村功も小さい頃TVで良く観た記憶があるし、子供心になんとなく好きな俳優だったなぁ・・・



ネタバレするから内容にはあえて触れないけれど、タイトルをみればおおかた察しがつくと思います。

いわゆる特攻ものなのだけど、当時の日本軍の最終兵器ってなんの意味があったのかなと疑問に思う部分がありますね。

どちらかといえばWW兇よびそれ以後のヒコーキに興味があるワタシの知っていることからヒトツ。

当時の特攻専用兵器にはこの回天の他にも桜花というものがありまして、コンセプトは回天とまったくおんなじお空版、というこれまた困った特攻兵器なんですが、これがまた出来が悪くまともに使用できたという記録は残っていないみたいなんですね・・・

多分、この桜花の試験中にも回天同様に多くの若い命が無駄に失われていったことでしょう・・・

奇しくも今月は、かの対戦から幾度めかの終戦記念日があります。

ワタシとしては特別に戦争の是非に関して声高に叫ぶつもりはナイのですが、過去の過ちをこれからの時代を築いていくであろう若い人々に繰り返してほしくないと思うので、とりあえず現在の日本国憲法を再確認してほしいなと。

さらには今はやりの憲法の拡大解釈というやり方を肯定してほしくはないなと感じたのでした。

2006-08-03

[][] 今日も一日OSX


一日中ず〜っとOSX三昧。このエントリーもShiiraから書き込んでいる。

OSを10.4.7にアップグレードし、CD/DVD焼きアプリのToastを導入。ついでにQuickTimeもPROにしていろんなコーデックを追加してMpeg2やWMVを見られるようにして、ブラウザのRSSリーダは(ノ・∀・)ノ=●ウンコー!!ーなので新しいRSSリーダーNewsFire1.4を導入。

それから2chブラウザのBathyscaphe用画像閲覧インスペクタをバージョンアップし、QUICKSilverのプラグインの設定を追加し、Butlerも弄りことえりをKillして完全にATOK環境にして、え〜っとあとなんだっけ。あ、そうそう、CandyBarを導入したらShapeShifterとバッティングしたのでThemeをいったんAQUAに戻してアイコンを弄って、StuffitDeluxeを突っ込んでアーカイバに完全対応して、え〜っとそれから・・・


ほかにもあれこれしたはずだけど一気にいろんなことをしすぎたせいで思い出せなくなっちゃった。



明日からはまたXPに帰ります。

2006-08-02

[] ShapeShifter2.4 β3


昨日やっと試すことが出来たShapeShifter2.4b2 UniversalBinaryだけど、さっき見たらバージョンがまた上がっていた。

ついでにThemeparkも。

今回からはオフィシャルのBlogで紹介されていたのでリンクを貼っておこうと思う。

USANITYのShapeShifterに関するページ→USANITY WEBLOG

ShapeShifter 2.4b3→Theme’o’Riffic!

ThemePark 3.1b4→Theme Creation Nation



 Finderのかわり


ShapeShifterをバージョンアップするべくOSXにスイッチ中。

ついでにあれこれファイルをいじっていた。

OSXに標準で装備されているのはFinderというファイルエクスプローラーだが、Windowsのエクスプローラーになれている身としては少々使いづらい。

そこで、マカーの間ではかなり有名らしいPathFinderというのを導入してみた。


これがすこぶる使い勝手がいい。というか何でもできちゃうというそつのないアプリケーションだ。

ちゃんと日本語化されているしね。

  • ターミナルいじる関係でrootでログインしている。なのでguiKitによるテーマは未適用

シェアウエアだが、*1これなら納得といったところ。

OSX環境もこの頃ずいぶんと改善されつつある。

でもやっぱりメインはWindowsかなぁ・・・

*1:ごにょごにょすると・・・(^g^)ヒントはスクショの中に

2006-08-01

[] おーがすと


8月です。





いや、ただそれだけ・・・

[][] ShapeShifterがintelマシンのOSXでも使用可能に!


ながらくまってた・・・といっても2〜3ヶ月だけどようやくintel上で動作するOSXでもguiKitが使えるようになった。

ホントは数日前に手に入れていたんだけどなかなかOSを切り替えるタイミングがなくて・・・


で、8月になったことだし壁紙も変更しつつためしてみようかな、と。


今回使用するShapeShifterは正式リリース版ではなくテストリリースのβ2なので、動作に保証があるわけではない。

そのくせしっかりと登録して金払えの画面はあります。

使い物になるならカネ払うから心配しないでねと、いいつつ試用開始。


いくつか使えそうなguiKitを用意して早速適用してみたところ・・・表示がおかしいのがいくつかある。

つまりこれはintel用ShapeShifterで使うために作られたものではないということがわかった。

guiKit作成用のThemeParkはすでにintelでも使えるようにUniversalBinaryになっているので、今後は優れたThemeをコンバートしてくれる人が現れるに違いない、と・・・思う。


ならば対応してるやつで良さそうなのをと選んだのがMilk_v3というやつ。これを適用したら見事に真っ白けなウインドウが出現。

これはこれでいいんじゃないかなということで、しばらくこれでいってみることにする。

  • SafariもShiiraも真っ白け、ついでにFinderも真っ白・・・


壁紙がXPと同じだって? そこ、細かいことに突っ込まないように!

[][] 表示位置の入れ替え


SleipnirにHeadlineReaderPluginを導入した場合、このプラグインを呼び出した時には記事リスト表示のために3ペイン式の表示へと切り替わります。

ワタシの場合、この記事リストの表示のさせかたやフォントなどをカスタマイズして使っていたのですが、昨日のエントリーに関してコメントを頂いたこともあり、どうせなら手順を書いてしまった方がいいかもしれないと思ったので、表示の変更に限ってですが例によって画像を多用して(笑)やり方の説明を・・・

(フォントに関しては過去のエントリーにありますが、今後設定で変更可能になりそうなので割愛)

SleipnirのDock

SleipnirでDockと呼ばれているものは各種表示に関するモジュールであり、設定ファイルにおいて編集可能です。

plugins.iniに以下のように記されている部分があります。ここの並び順を変更することでブラウザのレイアウトをある程度カスタマイズすることが出来るようになっています。

  • テキストエディタでplugins.iniのDockセクションを確認


上記は現在のワタシの設定です。適用した状態は以下のようになります。

  • 記事リストの下にページ切り換え用のタブが配置されている

以下、この状態を基に説明します。


Dockの入れ替え

実際にplugins.iniを編集して変化を確認してみましょう。

なお、リアルタイムにレイアウトが変化するわけではありません。設定編集後はSleipnirの再起動が必要です。

HeadlineArticleDock.fxの配置を変更してHLRの記事リストをエクスプローラーバーの上へ持ってくる

  • Dock2とDock3の内容を入れ替えると記事リストがエクスプローラーバーの上に来て表示領域が広くなりました



さらに上へ

  • HeadlineArticleDock.fxを一番上に持ってきました。エクスプローラーバータブのさらに上、ブラウザの横幅いっぱいに配置されました




ページ切り換え用タブの入れ替え

今度はこの状態からTabDock.fxの配置を変更してタブをHLRの記事リストの上へ持ってくる

  • タブの表示領域が横幅いっぱいまで広がりました。HLRパネルを閉じてもエクスプローラーバータブのさらに上に表示されたままになります



標準状態に戻す

  • しょっちゅう弄ってるので標準状態を忘れてしまいました(笑)こうだったかな?!

無事に戻ったようですね。




と、まぁこのような操作でレイアウトを変更していたのですが、今まではこの作業をテキストエディタでコピペしながら手作業で行っていました。

ところが7月28日のエントリーでレビューしたように、RAPT氏作のplugins_ini_editorを使用するとこの順番の入れ替え作業が簡単にできちゃいます。

plugins_ini_editorによるDock位置の変更

  • Sleipnirを一旦終了します
  • plugins_ini_editor.exeをクリックして起動
  • Sleipnirのインストールされている場所のbinフォルダ内にあるSleipnir本体を指定するとplugins.iniの内容を自動的に読み取って表示してくれます。
  • セクションペインからDockを選択すると右側ペインに現在の設定状態が表示されます

  • 移動したいDockを選択し、右側にある【上へ】・【下へ】ボタンで配置を変更します、このときキーの欄にあるチェックを外すとコメントアウトされますのでそのDockは更新後使用不可になります。また、配置を変更するとDockの番号が一時的におかしくなってしまいますが更新時にちゃんと番号を付けかえてくれるので心配はいりません

  • 配置を決定したら【更新】ボタンを押すとplugins.iniに反映されます
  • settingsフォルダには更新ごとにバックアップファイルが作成されますので、時々確認してお掃除した方がいいかもしれません



  • 更新が終わったら終了ボタンを押します。plugins_ini_editorを起動したままだとSleipnirが起動しません

更新後にSleipnirを起動するとレイアウトの変更が有効になっていると思います。

同様にしてエクスプローラーバータブの順番の変更や、プラグインの読み込み順序、有効・無効など各種設定を書き換えることなども出来るのでとても有用なツールです。


SearchDock.fxは本体のオプションに依存するので特に変更はしていません。

OutputDock.fxは常時表示させておく性質のものではないので(スクリプトの出力結果表示用とか)同様に変更はしていません。

注意

これらの作業を行った後、Sleipnirを起動した時にエクスプローラーバータブやページ切り換え用タブが表示されなくなっている場合があります。

これは配置を換えたことで表示に関する設定がリセットされてしまう為のようです。

不具合ではありませんのでメニューから表示→Dockで必要なDockをチェックしてください。

[] Photobucketが・・・?


画像をハテナに貼り付けるために使っている画像共有サービスのヒトツ、Photobucketだが、毎回ログインするなり(`皿´)ウゼー広告の嵐だったのに今日はそれらすべての広告が停止している。


中には最近話題になっている偽物ウイルス駆除ソフトの本当にウゼ━━━━ヽ( `皿´ )ノ━━━━!!やつがページのトップに張り付いていたのに今日はホントになんにもない。

ただ一つ、無料版からPro版にアップグレードを勧める一行フラッシュだけというシンプルさ。


なんなんだろう、このかわり様。

最初はIE7のβ3いれたせいかとおもったが、Firefoxで見てもサーバのIE6エンジンのSleipnirで見ても同様。

メインマシンの方だけはProxomitronやSeaHorseなどである程度は撃退していたのだが、敵も然る者でしょっちゅうアドレスを変えてくるやつにはお手上げだった。


ライバルのFlickrやZooomrが広告などをごちゃごちゃ並べていないのに気づいて今までのやり方を見直したのだろうか。


それとも一時的なものかな?(広告主のサーバが保守点検中とかのオチかもしれない)

ユーザーにとっては有難い状態だが、はたして・・・

追記


その後数時間たってログインしたらウゼ━━━━ヽ( `皿´ )ノ━━━━!!やつらが復活していやがりました。

やっぱPhotbucketはこうでなくちゃ・・・って、工エエェェ(´д`)ェェエエ工





月別アーカイブ

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

Banners