Kei_9 なげやりにっき このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-01-31

[] ウマー


test版を利用されている方ならご存じだと思われますが、Sleipnir.exeのプログラムアイコンがチェスのKnightの駒になっています。

このアイコンには賛否両論あるようですけど、多分バージョン3の時点でこれに変更されるんでしょうね。


いや、悪くはないんですけど色味がグレー寄りなので無機質な感じがするというかなんというか…

個人的には現在の正式版でも使われている舵輪をモチーフにしたものの方が好みというか、Sleipnirならこの青いアイコンだろみたいな。

で、安定していると思われるtest版の時には実行ファイルの中のアイコンリソースを入れ替えて精神的安定を図るというショーもないことをしているんですね。

もちろんこの行為自体リバースエンジニアリングに相当しますので、改変したファイルを再配布しちゃったりするとまずいことになります。

あくまで自己責任において、かつ自分の環境のみでこっそりと楽しむべきことです。


と、言う前置きなどをしてみつつどのようにしてソレをするのかを簡単に記してみようかなと。

アイコンリソース入れ替え

そのむかし、海外製のアプリケーションを日本語化するにあたっていろんなツールを利用してきました。

ResourceHackerとかExeScopeとかほかにもいろいろ・・・

これらを使ってもアイコンの入れ替えはできますけれど、操作が煩雑なので初めて利用される方にはちょっと敷居が高いかなとおもいます。間違って変なところをいじってしまうとプログラム自体が立ち上がらなくなってしまうこともありますしね。

そこでオススメなのがIcoFxというアイコンエディタ。

IcoFxはアイコンを作成するだけではなく実行形式ファイルやdllなどから画像やアイコンリソースを抽出したりできますし、アイコンそのものを変更するためのリソースエディタが備わっています。

まず、アイコンを変更する前にSleipnirを終了しておきます

IcoFxのリソースエディタを立ち上げて左から二番目にあるフォルダアイコンをクリックし、Sleipnirインストールフォルダ>binの中にあるSleipnir.exeを開くとその中に格納されているアイコンが一覧できます。

変更したいアイコン画像をクリックして選択状態にしておき、右から二番目の青い左右矢印のあるアイコンをクリックしてあらかじめ用意しておいたアイコンファイルを指定します。

リソースエディタ上でアイコン画像が入れ替わったことを確認したら左から三番目のフロッピーアイコンをクリックして実行ファイルへ反映させます。



あとはSleipnirを立ち上げると…ウマー♪

今回新たに作成したアイコンを貼り付けておきますのでよろしかったらどうぞ。それと過去に作った画像から起こしたアイコンも一緒に貼っておきます。

256pxまでのマルチアイコンなのでVistaや7でも大丈夫。

っていうかそんなサイズで利用する人いないとおもいますけど(笑)


2010-01-29

[] test2投下

っていうかすでに2.9.3正式版とtest1が同時期にきてたんですけどなんとなくスルーしちゃってました。

今回のtest2におけるFixもワタシの環境ではお目にかかったことのない不具合なのですけれど、精神的安定を求めてとりあえずtest1環境へ上書き。

とはいえ相変わらずマルチスレッド機能は利用していないんですけどね(笑)

Sleipnir Part239
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/win/1264481708/282

282 名前:たば ◆taba/PbPvA [sage] 投稿日:2010/01/29(金) 14:29:29 ID:HUIg3r9A
たばです。test2 です。
test 版の趣旨がわかるかたのみ、お使いください。

※問題のあるプラグインは読み込まないようにしています。
2.8.5 test11 より前の環境から上書きして使う場合はプラグインの再インストールが必要です。

http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/test2.zip

test 版用プラグイン置き場
http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/plugins/

[不具合修正]
			
一部の環境で、プラグインをプラグインマネージャで無効にしても、無効にならないことがあった不具合を修正した。(たば)
アドレスバーの左ボタンのツールチップがでないことがあった不具合を修正した。(YOSSY)
全画面表示にしたとき描画が更新されない不具合を修正した。(YOSSY)
一部の環境で、Sleipnir オプション | ビュー | Trident 基本設定 | 詳細設定 | スクリプトエラーダイアログを抑制する が機能していなかった不具合を修正した。(RAPT)

2010-01-22

[] test7とRC2

連日リリースですね。2.9.3も近い?

http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/win/1262165484/866

866 :たば ◆taba/PbPvA [sage]: 2010/01/22(金) 17:25:19 ID:TT9fiAPb(単発)

たばです。test7 です。 
test 版の趣旨がわかるかたのみ、お使いください。 

※問題のあるプラグインは読み込まないようにしています。 
2.8.5 test11 より前の環境から上書きして使う場合はプラグインの再インストールが必要です。 

http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/test7.zip 

test 版用プラグイン置き場 
http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/plugins/ 

[新機能] 
			
Sleipnir オプション | クライアント | データ実行防止 (DEP) を有効にする を追加した。(YOSSY)
[不具合修正]
Sleipnir オプション | クライアント | タスクバー | アクティブタブのサムネイルを自動更新する にチェックが入っているとき、一度タスクバーのアイコンをホバーしてサムネイルを表示したあと、再度ホバーするとサムネイルの更新が停止する不具合を修正した。(RAPT)
同じ修正を入れた Sleipnir 2.9.3 リリース候補版その 2 です。 test 版への上書きは禁止です。 http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/sleipnir293-2.exe http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/sleipnir293-unicode-2.zip http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/sleipnir293-mbcs-2.zip http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/portable-sleipnir-293-2.zip

データ実行防止 (DEP)機能が実装されたようですね。

XPのSP2の時点でハードウエアレベル(CPUが対応している場合に限る)で可能にはなっていましたが、ソフトウエア的にも可能だったのは初めて知りました。

今のシステムにリニュする前はDEPどころかVT-xも使えない心臓だったしね(笑)

  • ハードウエアDEPが使える環境(CPU)だと下の囲みのような表示になります。


これでGumblar(ガンブラー)系のやばいヤツに対してセキュリティ的に強くなったかも。ていうかコレ実装したブラウザってほかにありましたっけ!?

追記

インターネットオプションの詳細タブ(IE専用設定)にも文言こそ違え同様の機能が存在していました。

いつも思うんですがインターネットオプションの項目の意味ってはっきり言ってわかりづらいですよね…*1

*1:各項目にオンマウスでtooltipとかつけてくれればいいのにね。

2010-01-20

[] test6とリリース候補版同時投下

絶不調なんですけど、たまたまネットチェックし始めたタイミングで投下されました(笑)

Sleipnirのオプション画面にタスクバーという項目が増えています。

せっかく実装してくれたAero Peek機能対応ですが、邪魔だと感じている人はチェックを外しておけば以前のような表示になってくれます♪

user.iniの編集からでも無効には出来ていたんですけどやっぱりGUIでお手軽に出来た方がいいですもんね。

Sleipnir Part238
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/win/1262165484/789

789 名前:たば ◆taba/PbPvA [sage] 投稿日:2010/01/20(水) 16:13:44 ID:+etB9bUW
たばです。test6 です。
test 版の趣旨がわかるかたのみ、お使いください。

※問題のあるプラグインは読み込まないようにしています。
2.8.5 test11 より前の環境から上書きして使う場合はプラグインの再インストールが必要です。

http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/test6.zip

test 版用プラグイン置き場
http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/plugins/

[新機能]
			
Windows 7 環境で、Sleipnir オプション | クライアント | タスクバー | Aero Peekを有効にする を追加した。(たば)
[不具合修正]
about:blank のみ残して終了したとき、意図しないページが開く不具合を修正した。(Sleipnir 2.9.1 test4 からの修正です。)(たば)
Windows 7 環境で Aero Peek が有効なとき、タスクバーのサムネイルの順番がおかしくなることがあった不具合を修正した。(RAPT)
Sleipnir Part238
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/win/1262165484/790

790 名前:たば ◆taba/PbPvA [sage] 投稿日:2010/01/20(水) 16:14:31 ID:+etB9bUW
続いてたばです。Sleipnir 2.9.3 リリース候補版です。

test 版への上書きは禁止です。
test6 で同等の不具合を修正していますので、そちらをお使い下さい。
2.9.2 からの変更点は History.txt をご覧下さい。

http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/sleipnir293.exe
http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/sleipnir293-unicode.zip
http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/sleipnir293-mbcs.zip
http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/portable-sleipnir-293.zip

2010-01-14

[] きましたねtest5

たばさん、もうすっかり回復されたんでしょうかね。


Sleipnir Part238
http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/win/1262165484/579

579 名前:たば@代理 ◆taba/PbPvA [sage] 投稿日:2010/01/14(木) 14:24:59 ID:Rm+sYHY3
たばです。久しぶりの test5 です。
test 版の趣旨がわかるかたのみ、お使いください。

※問題のあるプラグインは読み込まないようにしています。
2.8.5 test11 より前の環境から上書きして使う場合はプラグインの再インストールが必要です。

http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/test5.zip

test 版用プラグイン置き場
http://extensions.tabbrowser.jp/labs/yasuyuki/plugins/

[不具合修正]
			
標準ツールバーの背景に無関係のツールバーのアイコンが表示されることがあった不具合を修正した。(YOSSY)
検索ツールバーのハイライトボタンの描画がトグル動作になっていなかった不具合を修正した。(YOSSY)
Sleipnir オプション | ツールバー | 検索バー | キーワードのハイライト表示を継続する がうまく動作していなかった不具合を修正した。(YOSSY)
Windows 7 環境で最小化したとき、タスクバーサムネイルが正しく描画されないことがあった不具合を修正した。(たば)
Aero Peek が有効なとき、問題が起こりそうなコードをいくつか修正した。(たば,YOSSY)
IE8 の環境でローカルネットワーク上のファイルを 表示 | ソースの表示 から開いたとき、キャッシュを開いていた不具合を修正した。(たば)
Windows 7 環境で、Sleipnir オプション | ビュー | Trident 基本設定 | 詳細設定 | スクリプトエラーダイアログを抑制する が機能していなかった不具合を修正した。(RAPT)

まぁ例によってワタシの利用形態では遭遇することはまずナイ部分の修正だったようなのでスルーでも良かったかなとおもいましたけど、新年一発目ということでもありますしね♪

testリリース直後にabout:blank絡みで起動時の不具合を発見された方がいるようです。デベロッパー側でも再現したとのことなので次のリリースまでにはFixされてくることでしょう。

2010-01-13

[][] Exifの閲覧で(;゚∀゚)=3ハァハァ

昨日のスクリプトに関してですがなぜあんなの作ってまで使っているかというとですね、写真のオベンキョをこそこそとしていたりしましていろんな画像共有サイトを巡っているとコレはどうしても手元に置いておきたいとか衝動的になっちゃうわけでして。


Tumblr へポストしちゃってもいいんですけどアレは基本的にリンクなので元画像が削除や移動されちゃうと悲しいわけです、はい。

あと右クリから名前をつけて画像を保存とかもいちいち保存ダイアログとか出てきますし名前だって溜め込んでいくうちに既存のものとバッティングしちゃう場合もあります。そんなこんなで画像取得時のタイムスタンプをファイル名にしてみたんですが、時分秒が同一になる場合も無きにしも非ず。でも必要なら取得年を付加するのも簡単にできます。

まぁそれ以前に溜め込みすぎるなよ整理しろよってことなんですが(笑)


SuperDrag Extensionでも似たようなことできるじゃんといわれてしまえばそれまでだったりしますけど、『規定の場所に画像を保存』のImgDlキーでは保存される名前がアップされているファイル名のままなのでタイムスタンプみないと時系列がつかみにくいとかファイル名の一括変換時にちと具合が悪いとかまぁいろいろあるわけですよ。


あとお気づきでしょうけど、このスクリプトは画像ファイルに対してのみ作用しますので、画像にリンクが張られていたりスクリプトで制御されていたりするとうまいこと取得できません。

そんなときはしゃーないのでほかの手段を使いましょう。

撮影時の情報が知りたい

いい感じの写真に出会うと、そのときの撮影条件って知りたくなるものなんですよね。

写真を撮った方に直接撮影時のカメラの機種やレンズや絞り、シャッタースピードなどをお聞きすることができればいいんですけど直近のものであれば覚えているかもシレマセンが少し前のだったりしたら、よほど几帳面で撮影時情報をそのつどメモされているような方でない限りはまず無理でしょうし、そもそもネットにアップしてある画像についてコメントやメールで根掘り葉掘り問うようなことをたびたびやられたらたまったモノでは無いはず。

でも今は便利な手段があります。

デジイチやコンパクトデジカメなどのデジタルカメラでの撮影を趣味にされている方ならほとんどの人がご存じでしょうけれど、保存用メディアに記録された画像には撮影時の各種情報が埋め込まれています。

これがExif

写真ファイル(jpg)のプロパティをひらいて詳細を確認すると、Exifフォーマットで同時記録されたいろんな撮影時情報がずらずら〜っと閲覧できます。

ただしこの情報は撮影後にトリミングなどされた場合、そのとき使用したアプリによっては書き出し時に抜け落ちてしまう場合があります。つまりネット上にアップされているすべての写真画像にExifがあるというわけではないのがちとつらいところ。

また、Exif情報が見たいからと言っていちいち画像を落として来てプロパティを確認していたのでは効率が悪すぎます。


以前はSleipnirのスクリプトとしてFenrirの謎の人がブログでさらっと紹介していたActive Perlのライブラリを利用するPerlスクリプトを使っていましたが、サーバマシンならいざしらず、クライアントマシンへActive Perlをインストールしてまでつかうのもオーバーヘッドが大きすぎます。

FirefoxならばExif Viewerという便利なアドオンがあるので、今までそういった写真情報の確認時にはSleipnirのGoButtonMenuからURIをFirefoxへ渡して確認すると言うことをしていました。

しかしこれもFxが立ち上がるまで、そしてアドオンを発動するまでのロスが気になるところ。最初からFxつかえばって? いやいやw

Sleipnirだけで完結できるようにIEのビュー上で利用出来るExif Viewerは無いものだろうかと以前検索したことがあったのですが、当時は見つけられず半ばあきらめていたんです。

で、今回何の気無しにググってみたら・・・ありましたもの♪

Exif Quick Viewer

フリー版と有料のPro版がありますが、情報の閲覧のみならフリー版で十分です。

インストールするとIEとExplorerのコンテキストメニューへアプリの起動メニューが追加されます。(インストール時のオプションチェックが必要)


コレのおかげで写真画像があるビュー上で右クリックからビューアを起動し、その場で情報の確認ができるようになりました。これはもう便利すぐる♪

Explorerからも写真ファイルの右クリメニューから即情報の確認ができちゃいます。プロパティ開いてタブクリックしてという一連の作業がなくなり楽ちんです。

上部のサムネイルの横に絞りやシャッタースピード、iso感度などの基本情報、下部に詳細情報が表示されます。

Sleipnirで右クリからExif Quick Viewerを起動したところ


どうやら今後の写真画像漁りがさらに加速しそうですよ。

2010-01-12

[] あの画像保存スクリプトもメンテとか

多分誰も使っていないであろう(笑)俺様仕様の例のアレにも少しだけ手を加えてみました。


以前のは画像の保存パスが決め打ち状態でSleipnirの設定フォルダ/ユーザー名以降にフォルダを作ってその中へ保存するようにしていましたが、あんまり親切じゃないかなとか思ったりしたのでXpやVistaなかたとかが保存先を変更出来るような一例と説明をちょこっと追記。*1

加えてちゃんと画像が保存されたかどうかをお知らせするようダイアログを数秒間出現させてみるなどしてみました。*2

試して見たい方はSeahorseスクリプトですしなんども同じ説明するのもアレなので前回のエントリーを参考に導入してみてくださいね。

・・・とか書いた後確認したらたいした説明していなかったし(笑)

※大事なことを忘れていたので追記

以前のSleipnirでは画像のドラッグでキャッシュが別タブで開くという動作がデフォだったので失念していました。

つまり最近のものは初期状態のままではこの挙動がなくなっていたんですね。ホントに忘れていました。*3

そのため、必須プラグインとしてSeahorseはもちろんですがSuperDrag Extensionの導入も必要です。

SuperDrag Extensionのオプション画面で、『画像のドロップを受け付ける(G)』にチェックが入っていないとこのスクリプトは動作しません。気づくの遅くてごめんなさい…(´・ω・`)


下のほうにあるソースをテキストエディタへコピペして、適当なファイル名で拡張子をuser.jsで保存してSeahorseフォルダへ入れてやります。

あとはSeahorse再読込後に機能するようになるはず。

一応ファイルを固めて画像の下へリンクも張ってあります。


てことで保存の仕方ですが画像をクリックしたまま好きな方向へちょいとドラッグすると保存されます。画像保存が完了*4すると真ん中辺にメッセージが出ます。↓


あくまでも俺様仕様ですのでご利用はくれぐれも自己責任で。

SaveCacheImage.user.js(7z)

以下ソース
// ==UserScript==
// @name 画像をビューでD&Dしてキャッシュを開くと指定フォルダに保存しつつ余計なタブを閉じる。
// @description D&Dなどでキャッシュファイルを開いたときに、指定のフォルダにファイル名を日時へ変更してコピーしたのち開いた余計なタブを閉じます。
// @include *Temporary%20Internet%20Files*
// @type SleipnirScript 
// ==/UserScript==

// この設定の場合、Sleipnirインストールパス/settings/ユーザー名/以降にSaveCacheImagesというフォルダを作ってそこへ画像を保存
var saveto=sleipnir.UserFolder + 'SaveCacheImages\\';		// 保存先フォルダパス(末尾の「\」を含む)

//画像の保存先を変更したい場合は下の例を参考に
//上をコメントアウトして下を有効にした場合にはデスクトップへSaveCacheImagesフォルダを作ってそこへ保存するようになる
//var saveto='C:\\Users\\ユーザー名\\Desktop\\SaveCacheImages\\';	//このパスの記述はVista/2008Server/7の場合の一例
// var saveto='C:\\Documents and Settings\\ユーザー名\\デスクトップ\\SaveCacheImages\\';	//このパスの記述は2000/2003Server/XPの場合の一例

var fs = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");		// 出力フォルダがなければ作成する
    if (!fs.FolderExists(saveto)) {
        fs.CreateFolder(saveto);
}

var fp=decodeURI(_window.location).replace("file:///","").replace(/\//g,"\\");

var fso=new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
var fn=fso.GetFileName(fp);

var fntype = '\.' + fso.GetExtensionName(fn);				// ファイル名を取得日時へ書き換え
var nowdate = new Date();
//var ymd = (nowdate.getYear()).toString() + (nowdate.getMonth() + 1).toString() + (nowdate.getDate()).toString() + '-';	//
var hms = '[' + (nowdate.getHours()).toString() + '-' + (nowdate.getMinutes()).toString() + '-' + (nowdate.getSeconds()).toString() + ']';
//var fname = ymd + hms + fntype;
var fname = hms + fntype;

var savename=saveto+fname.replace(/\[\d+\](\.\w+)$/,"$1");		// ファイルを指定ディレクトリへ書き出し
fso.CopyFile(fp,savename);

var api=sleipnir.API;							// 開いてしまった余計なタブを閉じる
if(api){
	var c=api.GetCount();
	for(var i=0;i<c;i++){
		var id=api.GetDocumentID(i);
		if(api.GetWindowObject(id)==_window){
			api.Close(id);
			break;
		}
	}
// 画像を保存してタブを閉じた後にメッセージをビューの真ん中あたりへ出力(デフォルトでは3秒間)
PopupPanel("<style>body{background-color:#5a5f72}</style><div style=color:#fff;margin:15px 0 0 15px;font-size:14px>指定のフォルダへダウンロードできたとおもいますよ<br />多分ですけど・・・</div>", 200, 100, 3000);	//右端の数字の増減で表示時間調整
function PopupPanel(html, width, height, time){
 	var window;
 	var document;
	 if (window == null) {
  		document = API.GetDocumentObject(API.GetDocumentID(API.ActiveIndex));
  		window = API.GetWindowObject(API.GetDocumentID(API.ActiveIndex));
 	}
 
 	canvas = document[ "CSS1Compat" == document.compatMode ? "documentElement" : "body"];
	var ch = (canvas.clientHeight/2) - (height/2);
	var cw = (canvas.clientWidth/2) - (width/2);
	panelTop = window.screenTop + ch;
 	panelLeft = window.screenLeft + cw;
 
	 var opt = "dialogHeight:" + height + "px;"
	         + "dialogWidth:" + width + "px;"
	         + "dialogTop:"  + panelTop + "px;"
	         + "dialogLeft:" + panelLeft + "px;"
	         + "status:no;";
 
 	window.showModelessDialog("about:<body onload='setTimeout(\"close()\", " + time + ")'>" + html + "</body>", null, opt);
 	window.setTimeout("window.focus()", 100);
	}
}

追記2

某つぶやき処にてフォロワーの方から挙動不審な場合があるようだと指摘を受けました。*5

どうやらマルチスレッドがONになっている場合に時々固まっちゃうようなことがあるようです。

ワタシはStyleEditorとか使いたい口なのでtest版であってもマルチスレッドをOFFがデフォなので気づきませんでした・・・(汗

と、いうことで、現状ではマルチスレッドのオプションが存在しない2.9.2正式版か、もしくはtest版利用の際はマルチスレッドをOFFにした場合限定ということでご利用くださいね。

*1:デフォでは保存時のファイル名は画像の取得時間にしてありますので、マウス操作の加減では同じ画像がダブって保存されることもあるカモです。

*2:他で拾ったスクリプトの一部を活用させていただきましたw

*3:ユーザー歴の長い方ならご存じでしょうけど以前はビューの選択部分をCtrl+xで切り取ったりCtrl+vで挿入できたりしてたんです。

*4:というか正確にはスクリプトの処理が終わると。

*5:あとコッソリと恥ずかしいスペルミスを別な名前にしちゃってなかったことへと(汗。

2010-01-11

[] CravingExplorerDockをメンテ

ほぼ1年+ぶりに手をつけたというかなんというか…

いや、メンテといっても以前のものにDockを隠すためのクリック領域を追加したのと*1ドロップダウン用画像を変更しただけなんですけどね。

↓こんな感じ

ただ、コレをクリックしていったん隠しちゃうとワンタッチで表示させるためにはShowCravingExplorerDockアクションを何らかの手段で発動してあげないといけません。*2

以前のものを利用されている方であればすでにその辺のアクションはマウスジェスチャーとかに仕込んであるでしょうけれど。


あと、今のやつは自分用にSagittarius DockやExSearchBar、あるいはVerticalToolBarなんかで使えるShowCravingExplorerDockアクションのためのボタン画像を追加してたりとかします。

↓Sagittarius Dockで利用中

←これだけでよければ右クリ画像保存してShowCravingExplorerDock.pngという名でdefaultスキンのactionsフォルダへ入れてご利用ください。

とまぁそれくらいで基本的にはほとんど前回のものと変わっていないです。*3

Craving Explorerの方はバージョンもいつのまにか1.0.0 RC 9aまで来ていてCraving Scriptでの対応機器も増えているようですが、そのための画像リソース増やす気はいまのところ無いですメンドイし。

たいした変更ではないのですけど、一応前回のものとは別のファイルとしてこちらへアップしておきますね。

あ、そうそう、Craving Explorerの1.0.0 RC 9からタスクトレイへの格納オプションが利用出来るようになりましたので、コレをONにしておくとスクリプトのAPI経由で呼び出されたクライアントがウインドウを開かずにタスクバー上のアイコンとして現れてくれるようになります。

したがいまして、以前同梱していたCE_Minimize.exeは外すことにしました。

Save Asが…

今の新しい環境にしてから、あらためてCraving Explorerの最新版を導入したわけなんですけどCraving Explorer Scriptの挙動がおかしい感じです。

Save Asのドロップダウンボタンで保存を選択したときに現れるはずの保存先選択ダイアログが出現せず、なぜかDefault側の動作と同じになってしまいます。

環境依存なのか、はたまたエンバグ発生なのかは不明ですけど、とりあえずサポート掲示板の方へ状況を書き込んでおきました。

ワタシの環境とは違う方で、同様の症状を確認出来る方がおられましたらコメントなどで教えていただけるとうれしいです。

その際はサポート掲示板の方へ事例報告として追記したいと思っています。

追記(2010/02/03)

作者のtuckさんからコメントいただきました。

上記リンク先のサポート掲示板に原因と対処法が書いてありますが、一応ここでもアナウンス。

  • Craving Explorerのツール>Craving Explorerオプションを開いて、ダウンロードタブを選択。
  • 『保存先を毎回指定する』へチェックをいれる。

これで、SaveAS側ドロップダウンのボタンを利用してダウンロードするときに保存先を選択するダイアログが出現してくれます。

元々デフォルト状態でこういう挙動だったと言うことなので、多分以前の版を使っていたときには知らすにチェック入れていたんでしょうね…

とりあえずコレで懸念事項がひとつクリアになりました♪

追記2(2010/02/06)

作者のtuckさんからまたまたコメントいただきまして、セキュリティの警告が出る環境があるらしいということを知り配布中のCE_Dock.7zを対策したものに差し替えました。

上記現象が発生している方はファイルを差し替えてみてください。

ちなみにインターネットオプションの詳細設定から『マイ コンピュータのファイルでのアクティブ コンテンツの実行を許可する』をチェックしてもOKっぽいんですが、利用している方の手を煩わせるのもアレなのでコメント欄で教えていただいた方法を採用しました。

ただ、

<!-- saved from url=(0013)about:internet -->

のカッコ内の数字はそれに続く文字数ということなので、

<!-- saved from url=(0014)about:internet -->

が正解な気がしますw

*1:前回そんなこと最後に書いちゃってたのをすっかり忘れていましたものw

*2:手間を惜しまないのであれば、メニュー>表示>Dock>CravingExplorerDockとたどってクリックすれば再表示できますけどね。

*3:内部的にはaタグへのフォーカス時に現れる点線を消してしまうスクリプトを追記していたり。IE8利用の方のみであればCSSでoutlineを非表示指定するだけでいいんですけどね…

2010-01-05

[][] 正月休み最終日

明日から仕事です。でも相変わらず飲んでいます(笑)

32bit環境から64bit環境へコピペしたSleipnir環境が一発ですべてOKにならなかったりとかわかっちゃいたけどしょーもない部分の編集に手間取ってみたりとか。*1


ネタもイロイロあるんですけどね

っていうか色々試してはいるんです、そして結構おもしろいことになっていたりとか。

ただね、再現性とかを鑑みるにここで紹介するにはあまりよろしくないなぁとか思っちゃって・・・


まぁいってみれば環境を選ぶということに尽きるわけですよ、つまり万人向けではないことばかりやっているということですね。


ついさっきモノになったヤツでいえばSleipnirのViewでの表示画像(jpgのみ)にExif情報があった場合にはそれを表示させるような仕組みをなんとかかんとかできたっぽいとか。*2

コレはどちらかというと写真マニアというかその道の人しか興味がないことなので需要があれば、というかコメントでもしていただければ公開出来るかたちにまで煮詰めていってもいいかなといったスタンス。現状ではとてもお見せできるような代物ではないのでw


他にもAppleのUSBキーボードをWinでつかうネタとかgdi++の64bit版ともいえるezgdiの導入法とかいろいろ・・・


またコピペされるかなw

あ、そうそう。Sleipnirの本スレへワタシんとこのコピペをされた方。

ネタがなくって燃料投下ってのはわかるけどそういう陰湿なことはやめなさいよみっともない。

エントリーに対してのリンクなら気にしませんけど一部だけ抜粋というのはその前後の流れや文意まで伝わりきれないと思うのでそれはホントにやめてください。

スレに書き込んでも不毛なだけなので傍観していましたけれど、ブログとして公開しつつコメント欄を閉鎖しているわけでもありませんのでワタシを個人的におとしめたいだけならコメントへどうぞ。匿名でも大丈夫ですよ。

ただし相手にするかどうかはワタシの気分によりますが。

*1:Program FilesがProgram Files (x86)になっちゃっている関係で各種設定部分のパスをすべて書き換えとか結構めんどくさかったです。

*2:すでに謎の人がPerl導入前提での方法をブログで紹介していますけど、インタプリタなしで実現させたかったので・・・

2010-01-02

[][] たぶん三日ぐらいまで

・・・酔いが覚める暇がないかなとおもっていますw


起きぬけにのどが渇いたなぁとビールを喰らい*1、PCの前に根を下ろすとポン酒を飲み始め、ほろ酔い気分でネットを見たりムービー観たり。

いやぁ、コレはコレで正月のすごしかたとしてはアリなんじゃないでしょうか、特に最近は。


TVは代わり映えのしないコンテンツをだらだら流しているし、ネット連携とかうたいつつネットの良いところを生かし切れているのかどうかすらはなはだ疑問な番組構成に辟易しちゃっている方も多いのではないかと思うのです。

たとえば投票だけならネット使わず地デジの双方向機能だけでできるやんか! とかねw


こんなんだったら普通にねっとさーひんとかお気に入りサイトのRSSフィードチェックとかしてたほうがずーっとマシかなぁと。

でも楽しい♪

暮れにマシンの中身をリニュしたり新しいOSを導入したりで個人的にはイロイロ遊べて楽しい状況なのですが、ここをみてくれている方々に対して情報発信をしきれていないのが少し申し訳ないかなとおもったりおもわなかったり。←どっちやn(ry


今年の抱負とか今更語る年でもないですし、去年は更新頻度が落ちちゃったりとかありましたけど、まぁここはワタシの生存証明みたいな感じなのでダラダラぐだぐだスタイルは今後も継続するでしょう。


正直、ネタはいっぱいあります。ただ、ここみたいな公の場所にはちと躊躇してしまうものとかSleipnir関連でも便利なアレコレが年末近く、人知れずにテストが進行していたりとかスクリプターとして認知されているあの方がSkinをリリースされていたりとか、まだ公式や某スレなどでは出せないけどデベロッパーの裁量でもって新しいプラグインの限定投下とかとか・・・ etc


閑話休題

Sleipnirの現在の正式版は2.9.2。

しかしコレはリリース直後に特に重大ではないものの不具合が認められたためファイルの差し替えが行われました。

これに対してのアナウンスは公式サイトに掲載されていますが、2.9.2初回リリース後にアップデートされた方は自動でやったとか手動アップデートで更新したかにかかわらず、その後に公式サイトをチェックされていない場合には問題部分の修正はされていないと思われます。

コレに関してはSleipnirの自動アップデート機能ではその仕様上対応しきれるものではありませんし、ユーザー各自がたびたび公式のアナウンスをチェックしていないと気づかないレベルのものです。

なのですでに2.9.2正式版にアップデートされた方で、公式サイトのアナウンスをご覧になっていない方はとりあえず自分のファイルが問題ないかどうか、不安であればもういちどアップデート(上書きインストール)しておくことをお勧めします。

たぶんFenrirとしても年末の業務が終了した後のことだったので、柔軟な対応ができかねる状況だったのでしょうけれど、それでも公式サイトでのアナウンスがされたことは評価すべきだとワタシは考えています。

この対応に関して某スレにDQNな書き込みが沸いていますけど、自分がこの立場だったらとか業務外であっても対応してくれたスタッフに対してのねぎらいはないのかと逆に憤ってしまいました。

というのも年明けの業務開始後に知らんぷりしてファイルを差し替えてとぼけることだって可能だったわけですよ。タイムスタンプ? そんなのいくらでも偽装できますやんw


今回の本スレに関する対応が慣れてないRAPTさんだったということもあったかもですけど、ワタシ的にはFenrirの対応に異を唱えることはできません。

確かにもっといい方法があったのかもシレマセンが、あの時点でできることは限られていたでしょうし、その中での最良の対応だったのではないでしょうか。


ちなみにコレは書いていいかどうか迷いましたしワタシも後から知ったのですが、たばさんは年末まで入院されていたらしいです。

憶測で書き込むのも結構ですしそういうのがアリなスレではありますけど、もう少し人間的というか常識を踏まえた書き込みをしませんか?

Sleipnirが潜在的に抱えているバグというものの存在を否定はしませんが、不具合に遭遇した際バグだバグだと声高に叫びながらスレに反射的に書き込む前に、もう一度冷静に自分の環境を見直してみませんか?

とりあえずできることといえば追加インストールしたプラグインを無効にしてみるとか表示後の問題かもしれないとかだったらSeahorseスクリプトをとりあえず無効にしてみるとか。


ワリとこのあたりのことをするだけで、問題部分の洗い出しができちゃったりします。

スクリプトも多種多様で、公開されているからといって万全なものであるわけではないですしjavascriptレベルでのメモリリークだって存在するんですよ。*2

*1:逆効果なのは承知の上ですw

*2:この辺をクライアントにせいにしているヒトが多いような気もしています。

2010-01-01

[] 明けましたよっと

月並みなご挨拶ではありますが、明けましておめでとうございます。


ホントにおめでたいかどうかは別としても、今年は少し景気が上向いてくれることを望んでいます。

今日はたぶんというか絶対無理っぽいので初詣はパス。だって半端なく寒いしw

明日以降、明後日までには門前仲町の富岡八幡宮まで去年の厄落としと今年のイロイロを祈願しにいこうとおもいます。





月別アーカイブ

2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

Banners