ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

(株)Jコミックテラスの中の人 RSSフィード

2010-11-10

(1) はじめに

こんにちは、漫画家の赤松健です。

いつもは、週刊少年マガジンで『魔法先生ネギま!』とか『ラブひな』を描いています。

f:id:KenAkamatsu:20101109062306j:image



ところで・・・・

1978年頃に「冒険王」(秋田書店)で連載していた『マッハSOS』というマンガをご存じでしょうか。

f:id:KenAkamatsu:20101109071138j:image:right

「コロコロコミック」で『釣りバカ大将』を連載されていた桜多吾作(おうたごさく)先生の作品、と言えば通りが良いかもしれません。

桜多吾作先生と言えば、古いマンガファンなら、マジンガーZなどのコミカライズで有名ですよね。


『マッハSOS』は、最新鋭の戦闘機で平和を守る、少年達の物語なのですが・・・

・・・これがですね、トップガンのようにカッコよくて、デビルマンのように残酷で、戦国自衛隊のように画期的で、とにかく面白いのですよ!!

3巻〜4巻では、海に浮かぶ”原子力空母”を独立国にして、少年達がそれぞれ大臣になり、世界に対して独立宣言をしてみたり*1、2巻では、せっかくヒロインが美少女なのに、超音速戦闘機からの脱出の際に、空気圧でつぶれる!という残酷な方法で殺してみたり、とにかく子供心には「ショック」の一言でしたね。

エロスとバイオレンス! 私が生まれて初めて触れた、娯楽の真髄がここに!



この『マッハSOS』の単行本は、当時まだ子供だったので、お金が無くて買えませんでした。

そこで、「大人になった今こそ、オークションで集めよう!」と思ったんですが・・・・どうしても、6巻までしか手に入りません。



あと、6巻までオークションで集めてみて気がついたんですが、



オークションで買っても、桜多吾作先生には、1円も入らないんですよね。



今だと、「ブックオフにあるのでは?」とか「Winnyで探せよ」とか言われそうなんですが、それらでも当然、桜多先生には何の原稿料も印税も発生しません



私は、桜多吾作先生に、

「こんな面白いマンガを描いて下さって、ありがとうございます!」

という感謝の気持ちを伝えたいのですが・・・・オークションやブックオフやWinnyで揃えるっていうのは、感謝の気持ちになるんですかね?

・・・これで良いんでしょうか?

f:id:KenAkamatsu:20101109105626j:image



■ ネットに流れる「違法漫画ファイル」は止められない


ところで、一昨年辺りから、「魔法先生ネギま、ブックオフで買って読みました!面白かったです!」という感想メールが増えています。

それが去年からは、「Winnyで落として読みました。面白いです!」というメールも散見されるようになりました。

・・・どうやら、皮肉ではなく、本当に面白いと感じて下さったようで、作者としては複雑な心境です。


今年から、海外からも似たようなメールが届くようになりました。

どうやら、スキャンレーションを収集する漫画サイトが、日本漫画の手に入りにくい海外で横行している模様です

(ちなみに、スキャンレーションというのは「スキャンしてトランスレーション(翻訳)する」の略。)

漫画を無許諾でスキャンして公開、iPhoneアプリで閲覧 欧米「スキャンレーション」に業界団体が対策へ - ITmedia NEWS




恐らく、ネット上に漫画の違法スキャンが出回るというのは、今後も止められないでしょう。

本当に好きなら、金を払って買うべき・・・とは言いますが、現実に無料マンガがネットに落ちているのですから、やっぱり悪いと思いならがもダウンロードしちゃいますよね。

海外でのスキャンレーションだって、止めるのは難しい。WinnyなどP2Pを止めるのも難しい。

新刊なら、出版社が違法サイトを差し止めすることもありますが、絶版のマンガだとぶっちゃけ違法流通し放題です。


こういった状況を何とか変えられないか。



・・・・そこで考えました。いわゆる「広告モデル」です。


スキャンされた漫画を収集し、作者の許諾を得て無料公開する。

その漫画の中に、広告を入れる。

そして、その広告料は作者にお渡しする・・・と。


この方式なら、

  • 読者は、合法的に、しかも無料で漫画を読めちゃう。
  • ダウンロードした作品を、お友達にあげちゃってもOK。
  • 中に入っている広告がクリックされればされるほど、作者にお金が入る。
  • 巻末にアフィリエイト*2のページを付けて、その作者の新作が買えるようにすれば、新作のプロモーションにもなる。
  • もちろん、そのアフィリエイト料も、作者に行くようにする。


・・・・おっ、何か良い感じじゃないですか?!


ただし、いま連載中の漫画(ネギまとか)でこれをやると、出版社と作者の利益を阻害してしまいます。普通は出版契約書というのがあって、ある年数*3の間は、その出版社以外ではそのマンガを出してはいけないことになっているのです。

それに、絶版になっていないマンガは、ちゃんと書店で買って欲しいですよね。


じゃあ、契約が切れて、絶版になったマンガは?

もう一切刷られておらず、オークションやブックオフやWinnyでしか手に入らない絶版マンガこそ、この方法で復活させるに相応しい文化遺産なのでは?!



私は、作者にちゃんとお金が行く「絶版マンガの図書館」を作るべく、調査を開始しました。


ここまでで、何か質問やご意見がありましたら、コメント欄に書き込んで下さい。よろしくお願いいたします。

一応、複数の弁護士にアドバイスを受けましたので、又聞きでよろしければ(笑)、法律的な問題にも回答させていただきます。

*1:1978年の作品です。これ系の話では元祖かもしれません。

*2:広告の一種で、閲覧者がクリックしてその商品を買うと、何パーセントか報酬がもらえるという仕組み。

*3:通常3〜5年程度。契約終了の意思表示が無ければ、1年ごとに自動延長される場合が多い。

KTKT 2010/11/17 16:30 意見募集ということなので、部外者で恐縮ですが書き込みさせていただきます。

自分のサイトで長々と書いたのですが、将来的な構想として、このサービスで外国のファンをターゲットにできないでしょうか。規模の大きな英語や中国語はともかく、イタリア語やロシア語など規模の小さな言語圏では勝手翻訳の漫画しか出回っていない漫画が多いと思います。

最近海外アップロードサイトの閉鎖が相次いでいますが、P2Pに場を移すだけで漫画家さんに還元されない状況が続くと思います。そこで海外の翻訳サークルなどを取り込む形で海外ファンの受け皿になれないでしょうか。翻訳の品質管理などはCGM的に評価制度を整えることで解決を図ります。P2Pより正規でダウンロードできるとなれば、海外読者は流れてくると思います。国境をまたぐ広告をどうすんだ?という問題がありますが...市場として育てば新刊から紙で出版するという展開も取れるのではないでしょうか。

KenAkamatsuKenAkamatsu 2010/11/17 18:39 >そこで海外の翻訳サークルなどを取り込む形で海外ファンの受け皿になれないでしょうか。翻訳の品質管理などはCGM的に評価制度を整えることで解決を図ります。
■それは、ぜひ実現したいアイデアですね。
ところで、例えば「中国へは日本の漫画を輸出できない(拒否される)」のですが、日本に「広告付きの中国語版マンガファイル」を置いておき、それを中国の読者がダウンロードするのは可能なことが多いのです。
これは、中国に向けて広告を出す、ちょっと便利な方法ですよ。

ks1234_1234ks1234_1234 2010/11/17 23:04 はじめまして。すみけんたろう と申します。
(6)からさかのぼって読んでおります。

「ダウンロードした作品を、お友達にあげちゃってもOK。」
今回のモデルでは、ユーザーによるネット再配布についてはどうお考えですか?
改竄がなければ自由ですか? 

改竄対策と広告モデルがしっかりしていれば、
ユーザーの口コミにおける効果が具体的に見込めるかもしれません。

−−−−−−−

私はPC専門書を執筆したことがあります。
PC本の賞味期限は大変短く、一般的には1年くらいです。
5年目に公的に絶版になったため、ネットで自著を公開しました。
http://www.asahi-net.or.jp/~jy3k-sm/css1/2003maki/index.html

その際は、とくに改竄を防ぐモデルがなかったので、
EULAとして
「1次配布サイトへリンクを貼ってください。2次配布はしないでください」
というお願いを設けました。

私の場合はとりたてて名もない執筆者でしたので、
実際は改竄や2次配布があったところでどうということはありません。
また、できるだけユーザー性善説を採りたいところでもあります。

−−−−−−−

無駄な自分語りが入ってしまいました。失礼しました。
とくにご返答は必要ありませんので、
ベータ公開の際、
もしお気が向いたら再配布に関しての条項を付けてくださると幸いです。

☆YUKI☆YUKI 2010/11/17 23:56 ざっと思いついた疑問点をば

お友達にあげちゃってもOKとの事ですが、ネット上で再配布は有なんですかね?
有なら、メリットとして、Jコミのトラフィックが減ってサーバ代が少なくて済み総コストが下がり作者還元率が高く出来るでしょうが、DLページにアフィリエイト貼って便乗して儲けようというヤツも出て来そうな予感がします。

また、プリントアウトされたものについてはそれ以後クリックはされず広告料は発生しないと思うのですが、プリントアウト出来ないような対策を施すのでしょうか? それとも、雑誌の広告のように広告を見るだけで広告効果のあるものも入れ、PDF開かれるだけ、印刷される毎にも発生するような仕組みになるのでしょうか?

それと、広告の広告効果有効度は時が経っても常に一定ではなく旬の時期があるものが多いと思いますが、公開は無期限なのでしょうか?それとも有期で広告がついた期間のみとなるのでしょうか?

KenAkamatsuKenAkamatsu 2010/11/17 23:58 >改竄がなければ自由ですか? 
自由ですが、同じ漫画でもファイルの更新(解像度が上がったり)があるので、JコミからDLするのがベターだとは思います。

ks1234_1234ks1234_1234 2010/11/18 01:18 ご回答、ありがとうございます。−−当然ですが、このコメントへの返答は無用です。

40代のマンガマニア40代のマンガマニア 2010/11/18 03:16 マッハSOSの話ですが自分の知る限りマッハSOSの単行本は6巻までのハズです。それ以降は当時の冒険王を探すしかないようです。

ShihoKaguraiShihoKagurai 2010/11/18 08:04 はじめまして、ラブひなやネギま、すごい面白くて大好きですw
あ、ちゃんと本は買っていますよ(笑)
バイトもしてない一高校生にはちょっとキツイですけれどね(^^;)

さて、前置きはここまでにして
赤松先生の考え、とてもいいと思います。
なので、Jコミをもっとよくできるようこうしたらどうだろうという意見を書かせていただこうと思います。
自分はまだニュース記事を読んで、このブログのこのページを読んだだけなので、他のページにすでに書いてある意見だったらすいません(^^;)

まずはじめに、広告を挟む位置ですが、話と話の間の切りのいい位置を選んで挟んだ方がいいと思います。
そうしないと、話しがすごく盛り上がってる所で広告が入るなど、とても邪魔な物となり、最終的には広告を抜いた形での二時配布が横行してしまうでしょう。
また、広告の種類ですが、テニプリのようなテニス漫画ならテニス関連の、けいおん!などの音楽バンド漫画なら楽器サイトや、CD販売サイトの広告といったように、漫画に関連した広告を載せるとクリック数も上がるのではないでしょうか。

今はこの辺りしか出てきませんでしたが、この先このブログを読んで新しい考えが浮かんだら、またコメントしようと思います。
また、よろしくお願いします。

mayumihagiwaramayumihagiwara 2010/11/18 11:01 matsunastuさんのツイッターで、この企画を知りました。非常に共感しました。詳しい仕組みなど、ぜひ今後勉強させていただきたいと思います。

当方、連載作品がことごとくコミックス化されず(評価が低かったわけではありません。編集者もコミックスになったら云々と言っていましたし。しかし決定的な言質はとられないようにしていました)、しかも契約書があるわけでもないのに、他誌への再録を認めないと言われました(法的な場に出れば無効な言い分ではありますが、編集部との関係が決裂するので、できずにいます)。

こういう状況のかたは、おそらく山ほどいらっしゃると思います。

市販されているコミックスの違法アップロードは、早急に解決されなければならない大問題です。それに比べれば、もともとコミックス化さえされなかった作品をどうするか、というのは些細なことかもしれません。
とはいえ、どちらも作家にとって「死活問題」であることに変わりはありません。
この企画が、どちらの立場のかたにとっても光明となるように思います。

きちんと勉強してから、またメールさせていただきます。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

祥夫祥夫 2010/11/18 11:58 まず何よりも、読みたくても読めない不遇な作品の例として『マッハSOS』を挙げられているのがズルい。もうそれだけでこの企画に賛同するしかないじゃないですか!(笑)
冒険王の連載をリアルタイムで読んで大好きだったものの、単行本化まで数年待たされ、しかしそれも途中で刊行打ち切り。あんまりだ。
Jコミの成功を期待いたします。そしてその際にはぜひ『マッハSOS』も……。

aetos382aetos382 2010/11/18 12:59 はじめまして。ラブひなもネギまも全部読んでます!(読み終わった後は古本屋に売っちゃってますけど…)。

素晴らしい企画だと思います。
俺は今のところ電子書籍にはちょっと懐疑的で、自炊設備も持っていませんが、もしこれで自分の持っている漫画が提供できるとなったら、設備を整えてもいいと思います。

さて、ところで、ちょっと畑が違う話になってしまいますが、プログラマーをしています。
> PC本の賞味期限は大変短く、一般的には1年くらいです。
という点は大変憂慮しています。
Jコミは、将来的には漫画以外にも拡充される可能性があるでしょうか?

海外の翻訳書なんかだと、日本で絶版になっていても、原版が生きているうちは使えないんでしょうかね。

KenAkamatsuKenAkamatsu 2010/11/18 18:18 >☆YUKIさん
>DLページにアフィリエイト貼って便乗して儲けようというヤツも出て来そうな予感がします。
■なるほど・・・確かに。
>プリントアウト出来ないような対策を施すのでしょうか?
■そうです。

>40代のマンガマニアさん
>マッハSOSの話ですが自分の知る限りマッハSOSの単行本は6巻までのハズです。それ以降は当時の冒険王を探すしかないようです。
■話数によりますが、かなり難しいですよね。これは、桜多先生に教えてもらうしかないかな?

>ShihoKaguraiさん
>また、広告の種類ですが、テニプリのようなテニス漫画ならテニス関連の、けいおん!などの音楽バンド漫画なら楽器サイトや、CD販売サイトの広告といったように、漫画に関連した広告を載せるとクリック数も上がるのではないでしょうか。
>セリフの中の文字をOCRで認識して、広告とマッチングさせることが出来れば便利なのですが、相当難しいです。

>mayumihagiwaraさん
>当方、連載作品がことごとくコミックス化されず(評価が低かったわけではありません。編集者もコミックスになったら云々と言っていましたし。しかし決定的な言質はとられないようにしていました)、しかも契約書があるわけでもないのに、他誌への再録を認めないと言われました(法的な場に出れば無効な言い分ではありますが、編集部との関係が決裂するので、できずにいます)。
■電子書籍時代になれば、そういう事例も多少減るかと期待しております。

>aetos382
>Jコミは、将来的には漫画以外にも拡充される可能性があるでしょうか?
■あります。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証