ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

(株)Jコミックテラスの中の人 RSSフィード

2015-12-24

いよいよ発動、「日本の全マンガ蒐集計画」!・・・9月の広告収益ベスト10作家も発表!

f:id:KenAkamatsu:20151224214718j:image:w110:right先月、作者の許諾を得て行った「ホワイト・リスト&インセンティブ作戦」

  • 海賊版のマンガZIPをネットの皆さんにアップロードしてもらい、それに広告を付けて無料公開した上で、広告収益は作者に100%お渡しする

という画期的な実験でした。

この方法なら、海賊版マンガにダメージを与えつつ、楽に作品データを収集して作者の収益へと繋げることができます。

実験はまたもや大成功を収め、更に色々な特徴(というかコツ)が分かってきました。

  1. アップロード者はこういった実験に協力的であり、その人数は予想よりずっと多かった。
  2. また、アップロード者が必ずしもインセンティブを欲しているとは限らない。
  3. サイバーロッカーにあるのは新刊が主で、マイナー誌の絶版書はあまり収録されていない。また、常に削除されては再登録されている。
  4. 海賊版ZIPの1枚目は表紙カバーの横長スキャンであることも多く、電子書籍としては表紙のみトリミングが必要。
  5. 自分で裁断スキャン(自炊)している人は非常に少ない。
  6. 読者は、多少の画質の悪さは意外と気にしない。

今回の結論として、

  • 第三者が海賊版マンガZIPをアップロードし、それを作者の利益に結びつけるこの手法は、思ったより楽で有効である

と申し上げてよろしいかと思います。


【マンガ図書館Zの広告収益って何円くらい?】

ところで、先ほどから出ている「広告収益」って、どれくらい儲かるのかご存じでしょうか?

マンガ図書館Zでは、ご存じの通り「広告収益を100%作家さんにお渡ししている」のですが、最近その金額がなかなか高額になってきました。何と前会社時代の3倍以上です。

マンガ図書館Zでは、9月の広告収益の振り込みがちょうど11月から始まっています。そのトップ10を発表しちゃいましょう!(※ちゃんと各先生方に、名前と金額を公表する許可を得ています)

f:id:KenAkamatsu:20151224191704p:image

漫画家の皆さん、これは「1年の収益」ではないですよ。「1ヶ月の収益」です。

左が「広告収益にPDF販売やKDP販売など全て合計」した金額(総合)で、右が「広告収益のみ」の金額です。

9月の第1位に輝いた堤抄子先生は、広告収益だけで一ヶ月6万円、KDP等を合わせると一ヶ月10万円に達しております。・・・余談ですが、堤先生は11月の「エルナサーガPDF販売促進キャンペーン」でも30万円以上稼いでおられます。

もちろん、掲載している作品数が多ければ作家ごとの収益は増えますので、一概に「順位が高いから人気」とも言えません。大人気でも一作品だけではベスト10に入れませんからね。

トップ10作家の全広告収益に対する比率は、円グラフにするとこんな感じです。

f:id:KenAkamatsu:20151224185013j:image

ちなみに、アマチュア作家(&プロ作家)の「アップロード投稿作品」にも、やはり広告収益を100%お渡ししています。投稿での収益1位は、神吉李花さんでした!

絶版するほど古めの作品群だと考えると、ぶっちゃけマンガ図書館Zの広告収益は「出版社からの1年分の収益報告に(一ヶ月だけで)匹敵する」と思われるのですが、いかがでしょうか?(出版社から来る電子版印税は、下手すると半年で1万円以下じゃないですか?)

どうやら、プロ商業作家にとって最も効率の良い作品発表方法は、

  • まず「雑誌の原稿料」を貰って、更に「単行本の印税」でも稼ぎ終わったら、数年後にはマンガ図書館Zなどで無料公開して「読み返された分を何度も広告収益で稼ぐ」

という方法でしょう。最後に無料公開すると読者層が桁違いに広がり、現行の新作への導線になります。この回転を目指すわけです。


【マンガ図書館Zの新型「作品データアップロード」機能】

さて、私はこの、

  • 原稿料と印税で稼ぎ終わり絶版となった作品は、最後に広告有益型の無料公開システムで広く読んでもらい、永続的に稼ぐのが良い

という理論と、さきほどの

  • 第三者によるマンガZIPのアップロードを作者が許諾するシステムは、楽で有効である

という結論を組み合わせて、

  • 第三者がマンガZIPをアップロードし、それを作者が許諾して広告収益100%を得ると共に、海賊版マンガにダメージを与え、更に読者は無料で全巻読める

というシステムを構築しました。この手法を、全てのベテラン漫画家に提案するものであります。

そのシステムこそ、マンガ図書館Zの新型「作品データアップロード」機能。

これは、今までの「マンガ図書館Zのアップローダー」に、昔の「絶版マンガ図書館時代のアップロード機能」をプラスしたものと言えます。

アップロードされてきたマンガZIPが「表紙1枚」だけ公開されますので、それに対して権利者が「公開OK」ボタンを押すと、全ページ公開される仕組みになっています。

f:id:KenAkamatsu:20151224235609p:image

今まで古書店や海賊版でしか読めなかったような作品が、安全な形で無料で読むことができ、しかも権利者の方には広告収益の100%が還元される夢のシステム。

作家の皆様、ぜひアップロードされてきた漫画データに対する「公開許諾」をお願いいたします!

また、このシステムでは今まで通り(権利者自身による)自作アップロードもできますので、商業作品以外の発表の場所としてもお役立て下さい。

・・・目指すは、出版社(=新作を持つ)と共同での、日本の全マンガ作品のコンプリート蒐集

ここに来れば、どんなマンガでも必ず読める(または新作を買える)。私たちの仕組みを使えば、この果てしない夢が叶うと考えております。

f:id:KenAkamatsu:20151224222344j:image

「アップロードされた作品データに公開許諾をしたい」、「スキャンした絶版作がある」、「絶版作の生原稿を持っている」、「新作を描いたのでみんなに読んでもらいたい」 など、ご質問やご希望がありましたら、ぜひ「jct-creator@j-comi.co.jp」からご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

【参考】

上の図に出てきた「51カ国語の自動翻訳」のデモンストレーション動画です。

人工知能が漫画内のフキダシを自動検知し、OCR(光学文字認識)して自動翻訳します。

D

あすみあすみ 2015/12/24 22:46 >読者は、多少の画質の悪さは意外と気にしない。
自分は画質を気にするのでコレの根拠データを知りたいです。
キンドルはトーンがつぶれるので、VHS見てる気分になります。
お金出したくない。

KenAkamatsuKenAkamatsu 2015/12/24 23:18 無料で読む場合、意外とみんな気にしないですね。苦情がゼロなんです。
YouTubeやニコ動の画質も酷いですが、みんなすぐ慣れちゃうみたい?
・・・しかし私は耐えられません。
「Zオフィシャル化」の申請があれば、弊社が美品から再スキャンしますので、PDF販売やキンドル化される時には、今のマンガ図書館Zの美麗画質になります。

tetetete 2015/12/25 02:24 この持続的な商法はカラオケの著作権料利益みたいですねぇ
作詞家・作曲家は長期飯を食えるのに、漫画家や文筆家は昔とった杵柄だけじゃ食えませんでしたからね

KenAkamatsuKenAkamatsu 2015/12/25 02:34 普及しているブックオフやオークションでは、作家には1円も入らないのがネックですよね。

にゃんこにゃんこ 2015/12/25 20:15 古いマンガとか読みたくても古本屋でもあつかってなかったり、海賊版を規制するのではなくて共栄するシステムを考えられるなんてすごいアイデアです
この記事を読んで赤松先生の発想のすごさに尊敬しました
『日本の全マンガ作品のコンプリート』 マンガ好きにはたまらない夢のようなシステム
コンプリート達成がたのしみです

laevlaev 2015/12/26 02:43 非常に面白い試み応援しています

画質に関してはストーリーを追うのに支障にならなければ気にならない人は多いでしょうね
絵そのものを見たくなるタイプの作家さんの場合は自分は電子書籍版ではなくて紙の本を買います
それでも紙よりもっと高解像度ならいいのに!と原稿そのままのクオリティを電子書籍で見られたらなとも思います

しかし気になったのはこのサービスを更に乗っ取るサイトが出るのではないか〜と思いました
無料の広告付きのものでは合法故の正面からの宣伝による知名度で圧倒できたとしても
有料の買い切りのものでそのままネットに流されてしまう場合はどうするのかなと

センター長センター長 2015/12/26 12:19 マンガ図書館Zの趣旨に賛同するマンガファンの1人として、絶版本のアップロードのほかに、何かボランティアとしてお手伝いできる事はありませんか?

めがみるくめがみるく 2015/12/26 15:37 できれば、最終的に単行本を欲しい(所有したい)人向けに小部数の印刷と頒布ができれば最高なのですが、ご検討ください。

山本山本 2015/12/27 01:01 個人的には反対
紙が好きです
ネット専用漫画が出なければ賛成

英語が分かる漫画ファン英語が分かる漫画ファン 2015/12/27 20:17 すばらしいアイディアだと思います。

ただ、自動翻訳は絶対にやめた方がいいと思います。現在の自動翻訳技術では、漫画の日本語の元々の面白さを外国語で伝えることが不可能ですから。そこはやっぱり生身の翻訳者じゃないと、ダメだと思います。漫画は特に俗語や特別な用語が多いので、グーグル翻訳レベルでは、文章が意味不明になってしまうケースが多いです。参考動画の英語文章も、ほとんど意味不明です。

このプロジェクトに貢献してくれる翻訳者はいっぱいいると思うので、積極的に声をかけましょう。

絶版マンガマン絶版マンガマン 2016/01/14 08:36 画面でマンガを読むのは絶版物や表紙は気になるけど買う程ではなかったものを見ることがあります。わたしは本棚に背表紙がきれいに並んでいるのがスキで、好きな漫画は必ず在庫をおいている本屋で新刊を購入しています。

他の方も意見を出されていましたが、絶版物印刷本の可能性機能を追加してもらえるとうれしいです。一定数の冊数、金額が集まればまた本として印刷してもらえるような機能ではどうでしょうか?
同様に、翻訳版なども欲しがる人がいるかと。

KenAkamatsuKenAkamatsu 2016/01/14 09:19 プリントオンデマンドは、1ヶ月以内くらいで再スタートします。アマゾンで1冊ごとに紙に印刷して購入できる機能です。ご期待下さい。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証