Hatena::ブログ(Diary)

A Day in Serenity @ kenjis

2011-08-26

GitHub で CodeIgniter の開発に参加してみよう

CodeIgniter のリポジトリが Bitbucket から GitHub へ移行しました。

そこで、GitHub で公開されている CodeIgniter 2.x の開発に参加する方法について解説します。

準備

まず、https://github.com/ にアクセスしてアカウントを作成します。

続いて、自分の PC に Git をインストールします。

Ubuntu の場合は、以下のようにします。

$ sudo apt-get install git-core

Windows の人は Github を Windows で使ってみる 2011 年版 – Numb. を参考にしてください。


GitHub で EllisLab の CodeIgniter リポジトリを fork する

まず、EllisLab の CodeIgniter リポジトリを fork して、自分用のリポジトリを作成します。

へアクセスし、「fork」ボタンを押します。

f:id:Kenji_s:20110822211438p:image


自分用の「CodeIgniter」リポジトリが作成されました。

f:id:Kenji_s:20110822211439p:image


なお、自分が作成したリポジトリはいつでも完全に削除できますので、気軽に試してみましょう。


自分の PC に作成したリポジトリを clone する

GitHub 上で作成したリポジトリのコピーを自分の PC 上に作成(ダウンロード)します。

$ git clone git@github.com:kenjis/CodeIgniter.git

以下のように表示されて完了です。

Cloning into CodeIgniter...
remote: Counting objects: 25091, done.
remote: Compressing objects: 100% (4826/4826), done.
remote: Total 25091 (delta 20435), reused 24892 (delta 20243)
Receiving objects: 100% (25091/25091), 28.05 MiB | 226 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (20435/20435), done.

本家リポジトリを PC 上のリポジトリに登録する

フォーク元である EllisLab の CodeIgniter リポジトリを「upstream」として登録します。

$ cd CodeIgniter/
$ git remote add upstream git://github.com/EllisLab/CodeIgniter.git
$ git fetch upstream
From git://github.com/EllisLab/CodeIgniter
 * [new branch]      develop    -> upstream/develop
 * [new branch]      feature/fixmemcache -> upstream/feature/fixmemcache
 * [new branch]      feature/html5 -> upstream/feature/html5
 * [new branch]      feature/ipv6 -> upstream/feature/ipv6
 * [new branch]      feature/unit-tests -> upstream/feature/unit-tests
 * [new branch]      feature/user-notes -> upstream/feature/user-notes
 * [new branch]      master     -> upstream/master

Git の設定をする

ここではこのリポジトリ専用の設定をします。自分用の共通の設定をしたい場合は「~/.gitconfig」に記載します。

clone したリポジトリに移動し、設定ファイル「.git/config」を編集します。

$ vi .git/config

以下を追加します。名前とメールアドレスの設定です。

[user]
	name = your_name
	email = foobar@example.jp

自分の PC 上のリポジトリで CodeIgniter に変更を加える

CodeIgniter の開発は、CodeIgniter のコーディング規約 に従う必要があります。また、Taking part in CodeIgniter Development も参考にしてください。

変更点に関するユーザガイドの作成とユーザガイドの 変更履歴 (changelog.html)への記載を忘れずにしてください。

作業用のブランチを作る

pull request は pull request 用のブランチで行いますが、その前に作業用のブランチを作成し、そこで作業をします。その後、pull request 用のブランチに綺麗なコードを移し pull request します。

ここでは、pull request 用のブランチ名を「html_escape」、その作業用のブランチを「html_escape_spike」とします。

$ git branch html_escape_spike
$ git checkout html_escape_spike
変更を作業用ブランチにコミットする

Git には「リポジトリ」と「作業領域」の他に「インデックス」または「ステージングエリア」と呼ばれる領域があります。

「作業領域」→「インデックス」→「リポジトリ」という流れで、インデックスに登録されたものがリポジトリにコミットされます。

ファイルをインデックスに登録するには、「git add」コマンドを使います。インデックスには git add した時点のファイルが登録されます。

$ git add path/to/filename.php

変更したファイルの状態は「git status」コマンドで確認できます。

$ git status

変更した内容は「git diff」コマンドで確認できます。

$ git diff

変更をリポジトリに登録するには、まず、「git add」コマンドでインデックス(ステージングエリア)に登録します。そして、「git commit」コマンドでインデックスに登録された変更を自分の PC 上のリポジトリに登録します。

コミットされるファイルは git status で確認することができます。

$ git add path/to/filename.php
$ git commit
本家の変更を取り込む

作業中にフォーク元である本家のリポジトリが更新されることもあります。その場合は、以下のようにします。

CodeIgniter の開発は develop ブランチで進められていますので、develop ブランチに移動し、本家のリポジトリの develop ブランチを pull します。

$ git checkout develop
$ git pull upstream develop

作業用のブランチ html_escape_spike に移動し、develop ブランチに加えられた変更を取り込みます。この時、「git rebase」コマンドを使います。

$ git checkout html_escape_spike
$ git rebase develop html_escape_spike

rebase することにより、自分が加えた変更が、取り込んだ本家の変更の後に移動します。

もし、衝突してしまった場合は手動でファイルを修正し、「git add ファイル名」「git rebase --continue」とします。

pull request 用のブランチを作る

pull request 用のブランチを作成します。1つの pull request ごとに 1つのブランチを必ず作りましょう。そうしないと、2つ以上の変更が 1つの pull request に混ざってしまう可能性があり、そうなると本家にはマージされません。

作業用のブランチ html_escape_spike に移動し、pull request 用のブランチ html_escape を作成し移動します。

$ git checkout html_escape_spike
$ git checkout -b html_escape

html_escape のコミットを 1つにまとめます。「git rebase -i」を使います。

$ git rebase -i develop

これで、develop ブランチにない変更を 1つにまとめることができます。エディタが起動しますので、2つ目以降のコミットはすべて「squash」を指定します。詳細は、GitHubへpull requestする際のベストプラクティス を参照してください。


自分が行った変更を GitHub へ push する

自分の PC 上のリポジトリでの変更を「git push」コマンドで GitHub へアップロードします。

pull request 用の html_escape ブランチを GitHub のリポジトリに push します。

$ git push origin html_escape
Counting objects: 17, done.
Delta compression using up to 2 threads.
Compressing objects: 100% (9/9), done.
Writing objects: 100% (9/9), 1.12 KiB, done.
Total 9 (delta 8), reused 0 (delta 0)
To git@github.com:kenjis/CodeIgniter.git
 * [new branch]      html_escape -> html_escape

上記のように表示されて完了しました。

GitHub の自分のリポジトリのページにアクセスすると、変更がコミットされていることが確認できます。

f:id:Kenji_s:20110825130507p:image


本家へ pull request を送る

GitHub の自分のリポジトリのページにアクセスします。

f:id:Kenji_s:20110825130508p:image

ブランチが正しいことを確認し、「Pull Request」ボタンをクリックします。


f:id:Kenji_s:20110825130509p:image

Pull Request の説明を記載し、内容を確認します。「Files Changed」タブから差分を確認できます。OK なら「Send pull request」ボタンをクリックします。


f:id:Kenji_s:20110825130510p:image

pull request が完了しました。


不要になったブランチを削除する

pull request が本家に取り込まれたりすれば、そのブランチは不要になりますので削除します。

ローカル、リモートすべてのブランチの一覧は、

$ git branch -a

で表示されます。

html_escape_spike ブランチを削除します。

$ git branch -d html_escape_spike

html_escape ブランチも削除します。

$ git branch -d html_escape

GitHub にある html_escape も削除します。

$ git push origin :html_escape

参考

関連

CodeIgniter徹底入門

CodeIgniter徹底入門

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close