Hatena::ブログ(Diary)

A Day in Serenity @ kenjis

2013-02-14

3分でできる FuelPHP 1.6 テスト環境

FuelPHP に PHPUnit を Composer でインストールする手順です。

FuelPHP は 1.6 から標準で Composer 対応します。

FuelPHP 1.6 をインストールする

FuelPHP 1.6 はまだ開発版なので、ブランチを指定して GitHub から取得し、サブモジュールのブランチも 1.6/develop にしておきます。

$ git clone --recursive --branch 1.6/develop git://github.com/fuel/fuel.git fuelphp
$ cd fuelphp
$ git submodule foreach git checkout 1.6/develop

正式リリースされれば、oil create だけでインストールできるようになるでしょう。

パッケージをインストールする

composer.json を変更して、PHPUnit なども Composer でインストールするようにします。

--- a/composer.json
+++ b/composer.json
@@ -18,7 +18,9 @@
     "require": {
         "php": ">=5.3.3",
         "monolog/monolog": "1.3.*",
-       "fuelphp/upload": "dev-master"
+       "fuelphp/upload": "dev-master",
+        "phpunit/phpunit": "3.7.*",
+        "piece/stagehand-testrunner": ">=3.5.0"
     },
     "suggest": {
         "mustache/mustache": "Allow Mustache templating with the Parser package",

Composer からパッケージをインストールします。

$ php composer.phar install

FuelPHP で PHPUnit の設定をする

oil コマンドから Composer の PHPUnit を使用するように設定します。

$ cp fuel/packages/oil/config/oil.php fuel/app/config/

fuel/app/config/oil.php を変更します。

--- fuel/packages/oil/config/oil.php	2013-02-14 17:02:35.333916614 +0900
+++ fuel/app/config/oil.php	2013-02-14 17:11:23.682270519 +0900
@@ -42,8 +42,8 @@
 		 * At present, there is no support for phpunit.phar.
 		 */
 
-		'autoload_path' => 'PHPUnit/Autoload.php' ,
-		'binary_path' => 'phpunit' ,
+		'autoload_path' => '' ,
+		'binary_path' => DOCROOT.'fuel/vendor/bin/phpunit',
 
 	),
 );

テストを実行する

これで普通に oil コマンドからテストを実行できます。

$ oil test --group=Core

おっと、Pagination のテストが 4つ失敗してますね。

f:id:Kenji_s:20130214171936p:image

参考

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close