iPhoneとiMacと自分と…

2010.07.29

Toodledoを使って本格的にGTDを実践してみることにした

このエントリーをはてなブックマークに追加 

今回は、仕事やプライベートで実施しているGTD(Getting Things Done)の自分なりのまとめです。

いつでもどこでも入力、管理ができること

GTDを実践するに辺り、まず最低限必要な環境作りを整えました。タスクを一箇所にまとめ、iPhoneとPCで入力・管理したいのでToodledoというサービスを使うことにしました。

以下、実際行っている方法をiPhoneとPCに分けて紹介してみます。尚、職場での利用も考慮し、ブラウザで使用できるWebサービスを中心に考えました。

iPhoneでは爆速アプリ「速Todo For Toodledo」でタスク入力

12.速Todo For Toodledo - iPhoneのアプリたち

Toodledoにタスクを放りこむ「だけ」のアプリ。タスク一覧表示もできませんが、起動時間が早くサクサク動いてくれます。


f:id:Kiphonen:20100729212101j:image

アプリを起動したら、タスクを入力し送信するだけなのでシンプルです。設定画面からToodledoのコンテキストとフォルダを取得できるので、入力時に選択することが可能です。期日はなし〜5日後までなので、それ以上先のタスクはとりあえず放り込んでおいて後でPCなどで編集することになります。

私は気に入ったので有料版(85円)を使用していますが、機能は全く変わらない広告付きの無料版があるので、Toodledoユーザーは試してみることをオススメします。


速Todo Lite For Toodledo 2.0.1(無料)App
カテゴリ: ビジネス, ライフスタイル
販売元: Shohei Fukui(サイズ: 0.9 MB)

速Todo For Toodledo 2.0.1(¥85)App
カテゴリ: ビジネス, ライフスタイル
販売元: Shohei Fukui(サイズ: 0.9 MB)

iPhoneのタスク管理に「Pocket Informant」

改めてPocket Informant(1.30)をレビューしてみる。

タスクを放り込み、その後の管理は全てこのアプリ。スケジュールとタスクの両方を一括管理できる個人的に神アプリの一つ。


f:id:Kiphonen:20100729212100j:image f:id:Kiphonen:20100729212058j:image

基本的な使い方は以前レビューしているので省略。速Todo For Toodledoから送ったタスクの表示も問題ありません。

PCのタスク管理

ブラウザを使った方法をいくつか。主に私がよく利用する(=ブラウザ上で表示している時間が長い)サービスにToodledo専用のガジェットを表示しています。

ToodledoのWebサイトにアクセス

Toodledo ? Sign in

最も基本的な方法。英語表記ですが、そんなに難しい作業は行わないので問題なし。タスクの追加やタスク一覧・管理など一通りの作業は行えます。


Firefox用アドオン「Toodledo」

Toodledo :: Add-ons for Firefox

ブラウザ上で簡単にタスクを追加することができるアドオン。任意の文字列を選択した状態で右クリックし、タスクを追加するとノートに文字列が自動挿入される機能もアリ。


Gmail画面でToodledoを使う

職場でGmailを開くことはほとんどありませんが、プライベートでは利用するシーンもありそうなので、設定してみました。


1.Gmailの設定→Labsタブを選択し、一覧の中から「URLでガジェットを追加」を有効にする。

f:id:Kiphonen:20100729212548j:image


2.Gmailの設定→ガジェットタブを選択し、http://www.toodledo.com/widget/gmail.phpと入力して追加ボタンをクリック

f:id:Kiphonen:20100729212652j:image


3.Gmailの左サイドバーにToodledoの画面が表示される。

f:id:Kiphonen:20100729212900j:image


Googleカレンダー画面でToodledoを使う

タスクとスケジュールは切り離せないことが多いので重要。Googleカレンダーからでもタスクが分かりやすいようにしました。

尚、以下で作成するタスク用の二つのカレンダーは他のカレンダーとは色分けしたほうが見落としがありません。


1.ToodledoのWebページにアクセスし、左サイドバーにある「Tools & Services」からiCalの「Configure...」をクリック。


2.「Enable Live iCal Link」にチェックを入れ、表示されたGoogleカレンダー用のURLをコピー。

f:id:Kiphonen:20100729213025j:image


3.Googleカレンダーを開き、左サイドバーにある「他のカレンダー」から追加→URLで追加を選択し、コピーしたURLを貼りつける。

f:id:Kiphonen:20100729213158j:image


これだけもGoogleカレンダー上にToodledoのタスクは表示されますが、もう少し使い勝手を良くするために以下も実施しておきます。


4.ToodledoのWebページにアクセスし、左サイドバーにある「Tools & Services」からGoogleガジェットの「More Details...」をクリック。

f:id:Kiphonen:20100729213234j:image


5.表示されたページのGoogleカレンダーガジェットをクリック。

f:id:Kiphonen:20100729213257j:image


6.GoogleカレンダーにToodledoのチェックボックスが表示され、クリックすると新規のタスクが追加できる。

f:id:Kiphonen:20100729213323j:image


7.既存のタスクがある場合は、一覧が表示され詳細も確認できる。

f:id:Kiphonen:20100729213348j:image

コンテキスト・フォルダの使い分け

はっきりと定まっていない部分。うまく使いこなせば楽になることは分かるんですが...現時点ではPocket Informantのタスク一覧画面で表示できるコンテキストを重視して運用中。フォルダはまだテスト中です。

使っているコンテキスト

タスクを実施する場所をメインに考えています。

・「@自宅」

・「@職場」

・「@銀行」

・「移動中」

・「どこでも」

今後の活用方法

toodledo×GTD×タスクシュート

まだまだ「とりあえず始めてみた」感が強いGTDですが、頭の中を書き出して一箇所に整理するという動作は忘れっぽい私には向いていると感じました。これからは上記のサイトなど、色々なユーザーの活用法を参考にして自分なりのGTDスタイルを生み出せたらと思います。

関連記事

改めてPocket Informant(1.30)をレビューしてみる。

アプリ購入総額6万円を超える中から厳選した私のiPhoneレギュラーアプリ50+α

同期による待ち時間から解放される便利な入力専用アプリ達

iPhone用Safariの不満な点を見事なまでに解決してくれたiCab Mobile