Hatena::ブログ(Diary)

public static void main

誰かが困って検索したときに助けになる話題を書いていければと思っています。

2009-02-19

[][]予測市場について知りたい人が読んでおくとよい本5冊

日本語で読める予測市場に関連がありそうな書籍をまとめました。

予測市場とは仮想市場を使って人々の意見を集約・抽出する仕組みのことです。

予測市場 - Wikipedia

予測市場に限らず集合知に関心のある方は読んでみると、集合知の成功事例やどのようにして群集が個人に勝るのかといったことがなんとなくわかるようになると思います。


リスクの正体!-賢いリスクとのつきあい方

リスクの正体!-賢いリスクとのつきあい方 (木星叢書)
山口浩
バジリコ
売り上げランキング: 12656


駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部准教授の山口浩氏が執筆した本で、今年の一月に発売されました。

自身のブログの「H-Yamaguchi.net」で書いた文章をベースにしているそうですが、体系づけられていろいろと書き足したり書き下ろしたりしたところも多いようなので、氏のブログを読んでいる人も読む価値はあると思います。

実際に予測市場について触れているのは、5章の「市場で予測する」の中でです。

予測市場について非常にわかりやすく説明されています。予測市場の特色、使うことのメリット、制約など予測市場のエッセンスがちゃんとまとまっていました。「予測市場って何だろう」という人にはぜひ最初に読んでもらいたい内容です。

いくつか事例も紹介しており、その中ではてなアイデア総選挙はてなについても触れられています。総選挙はてなの時に話題になった予測市場は公職選挙法に違反しないのかについても解説されていました。

リスクと予測の話の流れで予測市場が取り上げられていますが、某政治家のリスクに関する無知な発言、ライブドア事件での投資会社の話、リアルオプションの考え方、教育の就業に対するリスクなどなど予測市場に限らず個人的にも興味を惹かれる話が盛りだくさんでした。

リスクについて新しい観点が得られる一読の価値がある本だと思います。



「みんなの意見」は案外正しい

「みんなの意見」は案外正しい
ジェームズ・スロウィッキー 小高 尚子
角川書店
売り上げランキング: 9930


翻訳前のタイトルは「Wisdom of Crowds(群集の英知)」で、集合知に興味のある人なら一度は読まれたのではないかと思います。

群集が賢くなるときと賢くなくなるときの事例を紹介しているのがこの本です。ただ、事例を取り上げているだけで、なぜ群集が個人に勝るのかについての理論的なアプローチは弱いです。

具体的に予測市場に触れているのは第1章ですが、11章の市場に関する内容も参考になります。

集合知について知るための最初の一歩に読むべき本です。



参考


「多様な意見」はなぜ正しいのか 衆愚が集合知に変わるとき

「多様な意見」はなぜ正しいのか 衆愚が集合知に変わるとき
スコット・ペイジ
日経BP
売り上げランキング: 11386


今年の1月に邦訳されて出版された本です。

「みんなの意見は案外正しい」に対して、モデルを用いて理論的に多様性が個人に勝ることを説明しています。なので「みんなの意見は案外正しい」を読んだ後に一緒に読むのがよいと思います。

具体的に予測市場について触れられているのは13章ですが、8章の「多様性と予測」という章も参考になると思います。

500ページ近くあって、モデルを用いた説明が少し回りくどく感じることもありましたが、集合知が有効に働くための条件や多様性の重要性を知ることができます。



フューチャー・オブ・ワーク

フューチャー・オブ・ワーク (Harvard business school press)
トマス・W. マローン
ランダムハウス講談社
売り上げランキング: 99298


これまでは情報の集中化が行われてきましたが、インターネットの発達により情報の伝達コストの低下したため、今後は分散化した新しいマネジメントが重要になっていく、ということを論じた本です。

予測市場について触れているのは第7章の「組織内のマーケット」で、企業内の予測市場の活用について紹介しています。

残念ながらAmazonではもう購入できないようですが、組織マネジメントに関わる人が読むと面白い本だと思います。



ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる


id:umedamochioこと梅田望夫氏が2006年に書いた本です。当時のWeb2.0ブームが起こったときの中心にありました。

ベストセラーになりましたので、Webに関する仕事についてる人でなくとも読んだことがある人は多いかもしれません。

第五章のオーブンソースとマス・コラボレーションの中で予測市場について触れられています。Webという視点から、「個」が「全体」にもたらす価値の創出を論じているので面白いです。

まだ読んだことがない人は同著者の「ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか 」もあわせてぜひ読んでもらいたいです。



どの本でも予測市場は集合知を活用するための一つの形として紹介されているだけですので、1冊丸ごと予測市場を扱った本が出たらいいなあと思います。そのためにはやはり日本での予測市場の注目を高めていかないとだめですね。

現在運用している予測市場サイトの「こうなる。」もブレイクするというには程遠いので、日本でもっと予測市場が認知されるように努力していきたいです。

2008-07-30

[][]そろそろ「こうなる。」について一言言っておくか。

ちょうど一週間前の23日に、私が開発に参加している予測コミュニティ「こうなる。」のリリースを行いました。今日レイアウトを修正したので、是非アクセスしてみてください。

f:id:Kishi:20080730180132p:image

URLはhttp://kouna.ru/とサービス名と一緒なので、覚えやすいのではないかと思います。



「こうなる。」を作った理由

もともと、研究室で次期衆議院選挙の予測市場shuugi.inというサービスを提供していて、そこの経験を生かしてさまざまな事象に対して予測ができるサービスを作りたい、というのが出発点でした。

しかしながら、提供する側としてはもっと多くの人に利用をしてもらいたいのですが、予測市場は仕組みが少し難しいので参加の敷居が少し高くなってしまいがちです。そもそも、予測をするということがユーザにとって楽しいのか、という疑問もありました。

そういった懊悩を払拭してくれたのが、群衆の叡智サミット2008でのパネラーの方々のお話やブログの記事などのやりとりでした。

ユーザ同士の取引の繰り返しというフィードバックによって、みんなが無意識に思っていることが数値化できるのであればとても面白いサービスになるのではないかと現在では思っています。

参加者同士が予測を通じてコミュニケーションを行い、互いに未来のことを考える力を高めあっていけるサービスになっていければ、そして得られた結果が群衆の叡智として多くの人にいい意味で影響を与えていければなあと思います。

参考:


「こうなる。」の特徴

  1. 自分の興味のある事象についての予測を立てることができる
  2. もともと合った株取引に近い仕組みのトレード方式に加えて、競馬のようなベット方式、実験的なシンプル方式を選択可能
  3. 予測への参加度合いによって増加するKP(こうなるポイント)によって立てられる予測の数が決定される
  4. Twitterのようなミニブログに似たコメント機能
  5. コメントに対する「参考になった」ボタンでのフィードバック

ユーザのホームページでは、自分の参加している予測でのコメントとウォッチ対象となっているユーザのコメントを参照することができます。

Twitterでいうフォローを「ウォッチ」という名前にしたのは、ユーザ同士が「お前観測範囲狭いな」という会話ができればというid:youzakaによる発案です。

あと、Twitterでkounatterというユーザを作って情報を発信していますので、お気軽にフォローしてください。


今後の予定

利用方法がわかりにくいとの指摘があるので、その辺りの改善をまずやっていきたいと思っています。

あと、一部の情報はRSSで現在提供しているのですが、どこかの偉い人がPost APIのないサービスはクソだといっていたので、近いうちにAPI提供をしたいと思います。



Wicket勉強会で話すよ!

「こうなる。」はJavaで開発されており、プレゼンテーション部分にWicketというフレームワークを利用しています。

今週の金曜の8月1日に開催される第一回Wicket勉強会でサービスの紹介と開発時に気づいたことなどについてLTで話す予定です。参加される予定の方はよろしくお願いします。

勉強会自体は会場の収容人数をオーバーしている状態なので、新しく参加することは出来ないのですが、発表資料のほうは後でアップできればと思っています。



そんなわけで、今後とも「こうなる。」をよろしくお願いします。

2008-05-22

[][]群衆の叡智サミット2008Spring行って来た

群衆の叡智サミットは、SBMや予測市場やOSSなど多くの人が参加することで価値を生み出すメカニズムや事例について議論をして、理解を深めていくことを目的に開催されています。

自分がやっているshuugi.inに直接関係する話であり、CGM系のWebサービスを作っているなら押さえておきたい話でもあるので、非常に面白かったです。第二回目になるらしいですが、Springとついているので年内にもう一度開催する予定なのかな?

発表はUstで流されたものがそのまま公開されています。

WOCS2008Spring

以下まとめと感想です。誰の発言かあんまりメモっていなかったので


セッション1:「群衆の叡智」につながる条件とメカニズム

Webサイト、企業内・企業間のコラボレーションの事例についてのお話でした。

はてなブックマークご紹介 株式会社はてな 伊藤直也氏(id:naoya
  • みんなで面白いURLをブックマークして共有して楽しむサービス
  • 会場に来た人ははてブ使っている人多数、パネリストの方々は使っていない
  • 現状
    • 登録15万6千人
    • 300万UU/月
    • 2480万ブックマーク 861万エントリ
  • 人気投票ではなく、各々が勝手にブックマーク → 各個人が独立していてそれを集約することが重要
  • お気に入りのブックマーカーを登録できるソーシャルメディアとしての機能
  • 今後の課題
    • 現在は単純集計 → 統計的手法による情報の集約、関連情報とか関連記事をうまく見せるなど
    • 単純に集約したデータはマスすぎて各個人の好みに合わない → 各個人に合致した内容を
  • テレビの報道の仕方だと事件の一面しか見えず、はてブにあがってくるブログ記事などをみることで多くの視点を持つことが出来た → 集約のメカニズムをなんとかして、意見の多様性を保ちたい

ちょっと前に記事になっていましたので、そちらを参考にするとより詳しくわかると思います。


OSSの開発モデルと企業間協調(の一側面) 日立製作所 鈴木友峰氏
  • 前回の議論の結果、OSSは集合知ということに
  • OSSの開発モデルはバザールモデル
    • 企業の開発は特定の人が専従度100%
    • OSSだと専従度がロングテール
  • OSSコミュニティの開発パワーは無限であり、0でもある
  • 叡智を発揮するためにはリーダーシップが重要
  • OSSはコンセンサスで決められるので、ニッチなものが入らない = 先進的なものより二番煎じなものが多い
  • 企業で評価プロジェクトを行ったところ、OSSは性能は問題なく、商用ミドルに対して破壊的なイノベーションであるとの結論
  • OSS:オープンにすることで知識の積み上げができる ⇔ 企業製品:栄枯盛衰で消えていく

「企業のOSSのお話はお花畑ではないか」とのパネリストの生越氏*1の指摘。実際は新しいOSSが生まれては消えていき、死屍累々の上にOSSは成り立っているそうです。また、最近freshmeat*2にあがってくるOSSは2割がPHPによるCMSでぜんぜん分散化しておらず、むしろクラスタリングしているとのこと。

OSSコミュニティで重要なのは「Release Early, Release Often」(吉岡氏)。前提として開発が盛り上がっていないと開発者が集まらないのでスタートアップが大切だそうです(伊藤直氏)。


Prediction.jpとは 株式会社Prediction 谷川正剛氏
  • 前回のサミットと同時にスタート
  • 加者の自由な取引を通じて、さまざまな人たちの考え方を発見、集約・重み付けし、市場全体として評価、ないし予測するシステム
  • 世の中のあらゆることを予測する
  • 株式方式とベット方式(馬券方式)がある
  • 7月にフルリニューアルの予定

いかに予測市場やSBMのような群衆の叡智の結果に信憑性を持たせるのかという話が議論されました。

なんとなくみんなの考えがわかるんだったらコックリさんじゃないのか、という意見も出ました。

信憑性を上げるには、なぜその結果が正しいのか、どういうルールに基づいているのかということを明らかにすることが重要なのではないかという結論になりました。


IBMでの取り組み IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社 伊藤久美氏
  • IT系ではなく戦略系
  • イノベーション = 発明(Invention)と洞察力(insight)が結合することによって生まれる → IBMが採用
  • Jam、IoFT、GIO、Extreme Blueなどの取り組み
  • Innovation Jam ・・・ オンラインで72時間 * 2ディスカッションし、新しいアイデアを出す試み。従業員だけでなくその家族やお客様や大学など104カ国、15万人が参加。4万6000件以上のアイデアが集まり、そこから10個選出した。
  • IoFT(Impact on Future Tech)
    1. 未来学者がサインポストを決める
    2. サインポストがどのように動くのかWebの情報や特許情報などをデータマイニングで観測
  • イノベーションに群衆の叡智を活用するには
    1. 多様性が鍵
    2. 正しいブレストをする
    3. 垂直*3、または水平*4に広げる

群衆の叡智は専門家に勝っているのかどうかで議論が行われました。

専門家が集まればいいものが出来るのは当たり前で専門家が解決できないことを群衆の叡智でブレイクスルーしたのがOSSであるという話(吉岡氏)や、OSSはまぐれの連鎖でうまくいっているように見えるのでは、群衆の叡智で作ったものより意図的に群衆をエミュレートしたほうがより精度の高い叡智が得られるのでは(生越氏)といった意見が出ました。

また、競馬を例に、群衆とは何なのか?という疑問が投げかけられました。余談ですが、楠氏*5がこの話に関連して以下のようなエントリを書いています。

歌舞伎町で遇ったギークなタクシー運転手の編み出した、群衆の英知を活かした馬券購入法 - 雑種路線でいこう


セッション1の感想

OSSといえば革新的なイメージがあったのですが、確かに先進的なものはニッチなものになりやすいので、人が集まらない・使ってもらえないという状況になった結果消えていくのは納得がいきました。これはWebサービスにも言えることですね。

Prediction.jpの話で出てきたいかに結果に信憑性を持たせるか、という話は統計的な手法を使っているサービスを展開しようと考えている人は考慮すべき問題だと思いました。

たとえば、Amazonの「この商品を買った人はこの商品も買っています。」という文章は、具体的な手法はしらなくてもなんとなく妥当であることがユーザにとってイメージしやすいです。しかし、はてなブックマークなどがまったく新しい計算手法に則ってよい結果を出すようになったとしても、ユーザのその手法に対するコンセンサスが得られなければ結果に信憑性が生まれません。

PageRankなどはGoogleがアルゴリズムの概要を公開しているので、ユーザはなんとなく自分のページをどうすれば結果がよくなるかをわかっています。ユーザの行動が結果に反映されるサービスの場合、どのような行動に対してどのような反応が返ってくるのかをなんとなくでも公開することがコンセンサスを得るために必要なのではないでしょうか。



セッション2:「群衆の叡智」のポテンシャル - 経済活動のイノベーションは起こせるか

このセッションは、群衆の叡智とイノベーションの関係についての議論でした。

イノベーションとは 駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部 山口浩氏(H-Yamaguchi.net
  • 性産は生産要素の結合 = イノベーションは新技術・発明・特許ばかりではない → 例:キューピー + 駒澤大学
  • 新しい生産要素の結合を行う人が企業者
  • 成功した企業はその成功ゆえに失敗する
  • イノベーションが生まれる仕組み
    • 無から有は生まれない → 何かをベースに
    • 思いつくだけでは駄目 → 思いついても成功するとは限らない
    • 天の声は遠い → 群衆の叡智は絶対的な正解ではない
  • 囲い込みか共有地か
  • いくつかのポイント
    • 考えるのは個人 → 自分が思いつくとは限らない
    • 誰でも自分が得したい → 自分だけボロ負けは避けたい
    • 生産要素を集約すると徳 → 何かいい仕組みがあれば
    • どじょうは2匹いないかも → 事例は法則の証明ではない
  • まとめ
    • 正解を探すのはいかがなものか(幸せの青い鳥)
    • 多様性、柔軟性こそが重要

OSSは最近は企業ばかりじゃないかといわれるがもっとも多くコミットしているのは個人で、また、Linuxカーネルについては担保されている270以上の企業が参加しており、多様性が確保されている、とパネリストの吉岡氏*6

楠氏は、米MSで社外向けブログで、早め早めに情報をオープンにしてフィードバックを得るようにしている話を取り上げていました。


EGM(Employee Generated Media)における群衆の叡智 日本電気株式会社 福岡秀幸氏
  • 群衆の叡智は正解を言い当てるゲームではない
  • 群衆を構成する人をエンパワーするのが重要
  • 相互作用することによってエンパワーメントされる
  • EGM ・・・ 社員の社員による社員のためのメディア
  • 大企業では独立性を満たさないため、群衆の叡智が発生しない
  • 社員主導で企業内にイノベーションを
  • NECグループの中で、15万人で誰でも閲覧可能なSNS
    • 2004年9月にスタート
    • 閲覧者20000人
    • 投稿者2500人
  • EGMというと、システムやツールに目がいくが、本質は人と情報
  • ファシリテータ ・・・ コミュニティを愛し、その発展を願う人々のこと → イノベーションが生まれるのに必要
  • EGMが企業内を変えたら次は企業間
  • 一人一人がエンパワーされてイノベーションが生まれる

そのほかに、SNSが提供するのは出会うまでで出会った後はメールベースなどに水面下にもぐってしまう、知恵は出てくるけどお金を持っている事業部長と結びつく必要がある、などの話もされていました。

また、山口氏の「OSSが必ずしも企業に導入されてないのはなぜか」や「車や飛行機が群衆で作れるか」という問題提起に対し、生産要素の組合せに群衆の叡智が使えるのではないか(福岡氏)、予想できない人のコラボレーションが可能性を広げるのでは(岡田氏)といった意見が出てきました。


セッション2の感想

セッション1で腑に落ちなかった「群衆の叡智は正解を当てるゲームじゃないのか?」という疑問に対していくつか回答がこの議論の中で出てきたように思います。その一つが、群衆の叡智は人をエンパワーするものであるという福岡氏の意見です。また、群衆の叡智が合意形成をするための仕組みである(山口氏)、人に選択肢を提供するものである(徳力氏)といった意見も納得がいく回答でした。

研究ベースだとどうしても蓄積される情報自体やそれより得られた結果を重視してしまいますが、群衆の叡智を集約するサービスはその蓄積された情報を用いてユーザをエンパワーできることを心がけて行きたいですね。

機材の不具合で画面が出なくなって時間が空いたときの、徳力氏の「出るまで小話」メソッドは有効活用したいと思いました。



会場の意見を集約する仕組みについて

今回、普通のカンファレンスと違っていたところは、会場の意見を集約する仕組みを作っていたところです。会場で質問に対して1〜4の選択肢で回答して、インターネットからアクセスして解凍してもらって集計結果を見るという仕組みでした。

誰か田代砲を撃つのではないかと思いましたが、そんなことはありませんでした。

あと、コメント機能もあったのですが、いまいち機能していなかったようなのでUstのコメントも一緒に会場で見えるようにしてあるとよかったなあと思いました。無線が飛んでたらPCから利用が出来てコメントもしやすそうです。

あと、瓶に詰まったジェリービーンズの数を当てるゲームを会場入り口でやっていたのですが、正解の1321個に対し会場での平均は1415個でした。類似事例を紹介している本に比べると誤差が大きいですが、それでも結構近い結果が出ていて会場で感嘆の声が上がっていました。



終わりに

はてなアカウントとかTwitterアカウントを持っている人が多かった気がします。とりあえず後ろの席でそれっぽい会話をしている人に話しかけてみたところ、id:Dainさんid:manameさんでした。id:naoyaさんが登壇者にいるからってのもあるのかな。

会場からはネット接続できなかったので、誰かUstのログをください。

あと、次回はもっと学生が集まるとよいですね。



関連記事

*1:WASP株式会社(おごちゃんの雑文

*2:OSSの総合情報サイト

*3:同じことをしている全然別の人・部署・企業

*4:バリューチェーン上にいる全然別の人

*5:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(id:mkusunok

*6:ミラクル・リナックス株式会社(no title