BKD

2007-12-02 泊まりなんですよーっ!

2007年12月02日。

今日は泊まりですので早め更新で。


この書き方も慣れてきたなぁー。(´・ω・`)

そして今日ー明日の仕事が終われば明後日はようやく休みです。前の休みが11月06日ですので、ほぼ一月ぶりの完全休日!


待ち遠しい…!


話は変わりますが、実家がオール電化に着手されました。おかげで突然ドリルの音がしたり家を出入りする音がガタガタガタガタしたりと中々やかましいです。おまけに少しづつ進んでいるらしく、一部電化、一部ガスとか何処で何が使われているのか微妙に不明だったりして。

しかも、本来は11月末までに終わらせていないといけないようで。何かオール電化に関する告知書がきてました。「11月末までに終わらせた旨の報告書を出さないと、国の助成金出しませんよー?」と。既に12月…どうなっているのか?(笑

[][][]デモンパラサイトリプレイ 剣神2

デモンパラサイトリプレイ 剣神2 簒奪

著者・力造先生。挿絵・今野隼史先生によるプレイヤーキャラクター(以下PC)たちが「悪魔寄生体」と呼ばれるモノに憑かれる事によって「悪魔憑き」と呼ばれる超常能力者となって遊ぶTRPGシステム、デモンパラサイトリプレイシンシリーズですね。著者の力造先生はデモンパラサイトの別リプレイ「悪魔憑きの放課後」などの「悪魔憑きの〜」のシリーズもやっており、挿絵の今野隼史先生は「七人の武器屋」シリーズの挿絵などを描かれていましたね。

・登場人物

天然で面白い台詞を放つ主役級として扱われている明坂聡美 女史扮する三男・御剣凪。きくたけリプレイなどで有名でバランス良いぶっ壊れPCをプレイすることでは右の出る者の無いベテランゲーマー・田中天 氏が扮する長男・御剣嵐、「新ソード・ワールドRPGリプレイNEXT」シリーズでGMを務める藤沢さなえ 女史扮する次女・御剣楓、「ローズトゥロード」「無限のファンタジア」というリプレイで活躍している河村有木生 氏扮する御剣颪。この4人のPCでプレイされています。

・シナリオ

夜の大友市を騒がす悪魔の宴。ネットゲームでばら撒かれた悪意が、昏い街を呑み込んでゆく。連続して起きる、ペットとその飼主が重症を負う事件。悪魔憑きにして刑事である、御剣姉弟の次男オロシは、同僚の真耶とともに捜査を開始する。時を同じくして、セラフィム大友支部が入居するビルが何者かに破壊された。二つの事件を結ぶ悪意が、否応なく御剣姉弟に降りかかる!天下無敵の悪魔憑き一家、御剣姉弟の活躍を描く伝奇アクション・リプレイ。剣の欠片が凪を呼ぶ!(裏表紙より抜粋。)

・感想

この巻はネットゲームを介して拡散していく脅威を止める為に御剣一家が奔走する、といった感じの話ですね。その一方で、現実世界でネット世界で得た情報を元にしたり、聞き込みで得た情報を活用したりしつつ動く、と。

バトルに関しては「笑い&格好良い」といった形で成っていて、格好良く決めたりもするんですがその直後に笑いで落とす、という典型的なギャグバトル物っぽくなっていますね。それでも本当に決めるところではきちんとしたロールプレイで決めてくれていますが。

笑いの極地としては、長男の嵐が「瞳術」として使い初めいつの間にか周知の事実となった『御剣忍法』。それを他のPC―――言ってしまうと次女のかえでが使い始めた事でしょうか。「そ、そこでその名前で技を使うのかよ―――!?」とばかりに。また、かえでのキャラが大食いハラペコ系として確立されていたのも笑いのネタでしたね。(笑

かと思えばシリアスなところはシリアスに進んでいました。シリアスと見せかけて笑い、というのも多かったですが、前述したように決めるところではきっちりしたロールプレイで決めていて、「笑い&格好良い」を見事に演じ分けてくれていました。そうやってきっちりするところはする、というのは流石プロ、といったロールプレイでしたね。

話そのものとしては、前巻でも出ていて話のキモである特殊な能力を所持者に与える『欠片』を巡る話だけに、普通の『デモンパラサイトリプレイ』ではない敵や味方の能力が目立ちだしたのが気になるところでしょうか。最終能力2回使用可能、など、限定的ですが特異性の高い能力が欠片の数だけ出始めていて、色々とバランスとかも気になるところですが、切り札が増えすぎやしていないか、と懸念があるところです。それだけ敵側の特殊な性質や存在が出ることも考えられて、緊張感の枠が広がった、という点は良いのですが。

最後に。個人的な好悪の感覚ですが、本書296−297Pに見開きで描かれていた挿絵のオロシと敵ボスとの対峙の構図。笑いのいじられキャラであったオロシが昆虫形態に変化して背中を向けているのですが、これがとても格好良いと感じました!立ち方がスタイリッシュ系の立ち方ですが、話の流れ的にその背中に哀愁を背負っている―――となっているんだよな、と考えると本当に某仮面の英雄みたいでお気に入りであります!

gensouyugigensouyugi 2007/12/02 23:47 ども、きっとはじめましてです。(ブログはいつも拝見していますが)
あの挿絵は僕もすごく好きです。特撮ファンなんで、特に(笑)
やはり昆虫はいいですなあ。あのかっこよさが次巻も続くかは甚だ疑問ですが。

KiyoshimaruKiyoshimaru 2007/12/04 02:01 ありがとうございます。自分と同じ意見の人がいてくれると嬉しいです。(^^

Connection: close