BKD

2009-07-19 時間欲しい…っ!

2009年07月19日。

近似のタイトルを今まで何回使っただろう…?



それくらい、もっともっと本を読んだりゲームしたりする時間が欲しいです。本を読むのやゲームをするのが仕事だったら良かったのに…!

1冊読むごとに¥1000、とかだったら寝食を忘れて読みふけりそうです。

あれ、でもそれだと1冊2時間で読み、一日7冊読んだとして14時間かかってようやく¥7000なのか…

さすがにそれだと飽きが来たり体を壊しそうですね…。


やはり趣味は趣味、仕事は仕事としておけ、ということなのか…!

[][][]退魔生徒会出雲邪神陵

退魔生徒会出雲邪神陵 Replay:真・女神転生TRPG 魔都東京200X

著者・朱鷺田祐介先生。挿絵・黒百合姫先生によるTRPGシステム、『真・女神転生TRPG魔都東京200X』のリプレイ本。一応続き物シリーズ作品物、となりますがどこから読んでもそれなりに楽しめる、1冊完結型の展開になっています。ですがこの巻はちょっとその通例から外れている感じですかね?『修学旅行編』ということで前後編的な展開になっていて、今巻は後編。修学旅行で京都を後にし、出雲の地での苺の修行や各PCたちが神属覚醒するための布石的なやり取りなどが見られ、さらに出雲の地に封じられていた邪神を相手にする姿が見られます。

・登場人物

炎の魔晶剣・『章姫』を継承する剣士→サクセサーで以前の巻での行動で生徒会長となった豊野香苺。アメリカから来た交換留学生の妖精探偵で、アームターミナルを入手してデビルサマナーにもなった探偵→サマナーのチャーリー・ウェリントン。生まれはインスマウスと嘯き敵と密会もしたりして暗躍する、未来ではアンドロイドを開発したりするらしい運命を持つドクター→アウトサイダーの溝呂木麟。猫娘的言動ですがオニの兄貴やダーキニーの姉貴という格闘系悪魔に師事していて愛用のチェーンソーでパーティでは苺に次ぐ戦闘系キャラとして戦う、悪魔(魔獣バステト)→気孔拳士の笹塚千代。この4人のPCで組まれたパーティが、所属する学園の生徒会から怪しい物事担当の「退魔生徒会」として依頼を受け、それらを解決する1話完結形式が基本のプレイングです…が、前巻に引き続き修学旅行にかこつけて学園を出ていて、この巻では出雲での騒動に関わります。

・シナリオ

修学旅行を終えたと思ったら、そのまま出雲へ行けと指示された退魔生徒会一行。風祭や藤原とともに、神の湯とされる玉造温泉「神の湯」へ。さらに、出雲で神奈備の山を巡る四社めぐりの試練にさらされ、ライバルとなった風祭、藤原と対決することに。そんななか、神奈備の封印をヨハンが破壊。宍道湖の湖底に封じられていた神霊・九頭龍復活の儀式が始まる…。(7&YHPより抜粋。)

・感想

収録されているのは2話+付録。この流れはもうお決まりですね。第14話「出雲在月の試練」第15話「出雲邪神伝承:宍道湖底の決闘」。付録に関してはスキル修正や絆アイテムについて。GMをする場合のシナリオのボスレベルに関しての事などのGMガイダンスなども。

第14話「出雲神在月の試練」。これは出雲の地で開かれる神々の総会的な行事に顔を出すことで『神属覚醒』というPCのパワーアップ(但し、覚醒した神属によって行動に制限が出たりもする)をするための布石を打ちながら、苺が持つ魔晶剣『章姫』にヒノカグツチを入れて強化するために宍道湖周辺の4箇所を巡る試練に挑む、というもの。

14話は神属覚醒のためにそれぞれのPCが目的とする神属と会話をしていたのが印象的です。苺は特にどの種族と決めるほどではないですが天津神系が希望かと、しかしまだ急いで神属覚醒はしたくないということで、千代は種族のバステトからラー神属系で、チャーリーは人間であることにこだわり、燐は何も言わずともその行動でカオス系…クトゥルフ系を匂わせと、パーティ・メンバーながらそれぞれの進む道が分かたれていきそうで彼らの行く末にますます興味津々です。バトルに関しては「出雲神在月の試練」というタイトルに従い(或いは内容からタイトルが従い?)、宍道湖周辺の4箇所を巡ることでひとつずつ試練―――これは特定の相手との戦闘を意味しています―――を乗り越えていくと言うもの。つまりバトル4連戦なわけですが、特に印象的だったのは3戦目の対・藤原&山本戦でしょうか。聖ゲオルギウス学園のザ・タワーとテンペランスという2人に仲魔を加えたチームを相手に、苺たちPC勢が最大の苦戦を強いられていました。神属覚醒までしていた山本くんの奥の手に、PCはかなり追い詰められていました。バトル以外でも、チャーリーの空気を読めない行動や思い込んだら一直線の暴走があったりして一般的な生活面でも楽しめます。渡会百合さんとの馬鹿ップルぶりも健在でしたしね!

第15話「出雲邪神伝承:宍道湖底の決闘」。これは宍道湖の底にある邪神の封印を解こうとするヨハンや葵様、ユキたちラスト・バタリオン&ガイア教団の混成部隊を阻止するべくPCたちが宍道湖底に向かい、そこで彼らと雌雄を決するというもの。敵は雑魚から中BOSS、BOSSも交えた大部隊で、PCたちはしかしメインPC以外はNPCの山本くん1人。チャーリーがサマナーとしてマカロニ・ヒーホー団の仲魔を呼んだりローラが護衛していたり、燐にはアンドロイドのアニーが護衛についていたりしていましたが、それでも数の上では大きく差があるわけで。そんな少人数でそれらを相手に大決戦を繰り広げていたのが見ものでした。

バトル面に関してはBS効果を付与してくる攻撃が強力になり、一部で燐とアニーの「ケア・マネージャー」だけでは減衰し切れなくて即死効果を受け倒れる仲魔などがいるのが印象的です。PCの売りである「連続で決まればBOSSもあっさり倒せる」という可能性を秘めたスキルを組み合わせた超強力な物理攻撃にもテトラカーンで対処していたり、「ガン無効」などで特定の攻撃が効かないというステータスだったりと、敵側のステータスもだいぶ嫌らしい感じに仕上がっていて、それを相手にPCも攻撃属性を変化させたり、仲魔の多さで手数を増やして中威力の魔法による連続攻撃を繰り広げたり、クリティカル打消しのために大量の命運が飛び交い、クリティカル回避の観音神符が乱舞しと、パワーアップした結果クリティカルしやすくなった戦いにおいてのハイレベルな攻防が見物でした。

次回は、今回の戦いで40レベルを越えたPCたちが神属覚醒したり超人化したりと、またパラメーターに大きな変化が起きそうで、戦闘がまた変化しそうで色々と変化が楽しめそうです。スキルの組み合わせなどでどんなものが見られるのか楽しみですねー。