「NFL勝敗表(希望)」の補足とか このページをアンテナに追加 RSSフィード

このサイトの説明 : NFL アメリカンフットボール アメフト アメフット 勝敗表 希望 日記 ブログ 初心者 ニュース 予想 感想

本サイト →  NFL勝敗表(希望)

この日記のコンセプト

トピック一覧
イチオシ!トピックス


2006-05-27 最近のニュースより

[][][] 海外開催とリーグ拡張


ワールドボウルの話の前に、ニュースを。


来年から、NFLレギュラーシーズンゲームのうち、毎年2試合ずつを、

海外で開催することを検討しているようです。


その「候補地」は、メキシコカナダイギリス、そして、ドイツ


まあ、ワールドボウル直前のこのタイミングで明らかになる話ですからね。

当然ドイツは絡んでくるところで。


日本は、やっぱり候補に入ってないんですねぇ。

まあ、残念ではありますが、現状を考えれば仕方のないところか・・・。


リーグ関係者も、

「日本ではプレシーズンゲームも開催してるのに、いまいち盛り上がんねぇな」、

とか思っているのかもしれません。


もっとアメフトを盛り上げないと!


それから、NFLヨーロッパは、現在「6チームが毎年10試合」という体制で行われていますが、

これを、2010年までに「8チームが毎年12試合」という体制に、

拡張する方針とのことです。


ここ数年、1チーム減ってはドイツのチームが補充され、

1チーム減ってはドイツのチームが補充され・・・という形で、

なんとなく「衰退」傾向にあったNFLヨーロッパですが、

ようやく、拡張方向にてこ入れされる模様です。


ただ、その「拡張2チーム」の本拠地候補は、

ドイツハノーバーライプチヒらしく、

ますます「NFLドイツ」化していっているのですが・・・。


まあ、試合のための移動とかを考えると、

あんまり遠いところにチームを作りにくい、ってのは分かるので、

これは、仕方のないところなのかもしれません。


なお、8チームに拡張するに伴って、

4チームずつの2ディビジョン制を導入するとのことで、

それもまた、将来に向けての動きとして、楽しみなところです。


そうなると、ワールドボウルは、ディビジョンの優勝チーム同士の対戦になるのかな?


まあ、まだ先の話ではありますが、

盛り上がっていくことを楽しみにしましょう。


[][] 手に汗を握ったワールドボウルの試合


では、NFLヨーロッパ今年最後の一戦であるワールドボウル

フランクフルト・ギャラクシーアムステルダムアドミラルズの試合の感想です。


正直な話、「これは掛け値なしで面白い!」という試合ではありませんでしたが、

序盤からのディフェンス合戦は、なかなか手に汗を握りました。


なんと言っても、序盤、目立ったのはギャラクシーのディフェンス陣の頑張り。


アドミラルズQBジャレッド・アレンが、

いきなり、12ヤード、14ヤードと、立て続けにリズムよくパスを通し、

このまま一気に行ってしまうか、と思われたところで、

ギャラクシーDTアンタージ・ホーソーンサックをお見舞い。


これで勢いをそがれたアレンは、あっけなく3プレー後にパント


次のアドミラルズのシリーズも、パスをポンポンと通していたのに、

DEウルリッヒ・ヴィンクラーサックで終了。


ここまで見て、今日は、やけにサックがポイントとなるなぁ、と感じてまして。


ので、次のシリーズ、ギャラクシーパントが上手くいき、

アドミラルズオフェンスが自陣2ヤード地点から始まったときには、

「危ないぞ、危ないぞ」と思ってました。


そうしたら、案の定。

2プレー目にDTジェローム・ニコルズエンドゾーン内でサック


先制はギャラクシーセイフティという、なかなか面白い展開となりました。


その後、なんだかんだでアドミラルズタッチダウンを返し、

2対7のアドミラルズリードで前半終了。


ここまで見た感想。

やっぱり、ギャラクシーRBロジャー・ロビンソンは、前半はダメなんだな、と。


前半は11回25ヤードに止まった、というスタッツもさることながら、

サードダウンで残り1ヤードを残してストップする場面が、やっぱりあって、

ここまで律儀に「傾向」どおりでなくてもいいのに、と、ちょっと笑ったり。


そうなると、当然、後半の「爆発」に期待が高まります。


案の定。


後半開始早々に24ヤードのラン。

1回で、もう前半の合計獲得ヤードに並ぼうかという、そんな走り。

ここまで律儀に「傾向」どおりでなくても・・・。


そして、そんなロビンソンの活躍と、もう1人、RBブッチー・ウォレスの活躍があり、

第3クォーター半ばにタッチダウンで逆転。


さあ、アドミラルズはどうする。


・・・となった、その矢先、出ました、

ギャラクシーFSブランドン・ホウインターセプト


期待していただけに、ちょっと嬉しかったです。


そして、その折り返しのシリーズでフィールドゴールを成功させ、12対7。

ただ、まあ、まだタッチダウンで逆転できる差です。


最初の「2点」が、得点推移を面白く見せている感じ。


ここで、ふと考えた「今後の展開」は、

フィールドゴールで15対7になった後、アドミラルズタッチダウンを返し、

 更に、ツーポイントコンバージョンで、土壇場に同点に追いついてオーバータイム突入」、

・・・というもの。


そうなったら面白いなぁ、と思いながらも、

そんな上手くいくわけないわな、と見ていたら、

第4クォーター終盤に、見事、フィールドゴール成功で15対7に。


俄然、「先ほど思い描いた展開」に向けて、力が入りました。


そうしたら、12ヤードのパス、15ヤードのラン、22ヤードのパス、

と、面白いようにオフェンスが進んでいきます。


おおっ、これは!

・・・と思いきや、ここでDEジョシュ・クーパーサック


やっぱり、サックがポイントとなり、ここで勢いをそがれてしまいます。


そして、残り時間2分を切ったところで、フォースダウンギャンブルに失敗。

事実上、ここで「終戦」。


で、そうなると、考えるわけですよ。

「誰が、この試合のMVPなんだろうか」と。


ロビンソンも、ここまでで100ヤード近くを走る活躍を見せていましたが、

タッチダウンがなく、インパクトに欠けますし、他のオフェンス選手も同様。


そうなると、ディフェンス選手。

最初にサックセイフティを決めたニコルズか、

はたまた、インターセプトを決めたホウか。


ただ、まあ、これも決め手に欠けるなぁ。


とか、なんとか考えながら、続きを見ていたら、

ウォレスが63ヤードのランを決めまして。


・・・いや、ずるくない?

この、ほとんど試合が決まったような段階で、おいしいところを持っていくのは。


そして、その直後にJ・R・ニクロスタッチダウンランで22対7。


アドミラルズ側にアンネセサリーラフネスの反則が出たりして、

もうなんか、「集中力が切れてるなぁ」と感じる場面でした。


ちょっとこのあたりは、「蛇足」的な部分だったなぁ。


その後、アドミラルズオフェンスが残り時間1分で回ってきますが、

まあ、どうしようもなく、最後はクーパーの今日2個目のサックで終了。

非常に、この試合を象徴するかのような感じでした。


で、まあ、MVPは誰になったかというと、ウォレス

18回143ヤード1タッチダウン・・・というスタッツではありますが、

その中には、最後の「63ヤード」が入ってるわけで・・・。

・・・やっぱり、ずるくない?


まあ、逆転のタッチダウンを決めたのがウォレスだったんだから、

と納得しておきますか。


でも、この試合は、ギャラクシーのディフェンス選手に、

MVPをあげたかったなぁ。


この試合の、アドミラルズの「敗因」を挙げるとしたら、

アレンサックを喰らいまくったことになるのではないでしょうか。


最終的に6サックを喰らったアレンですが、

ギャラクシーのディフェンスが良かったことに加え、

ちょっとボールを持ちすぎていたんじゃないかなぁ、という気もします。


スクランブルに出ることも多かったですし、

サックを喰らったときの喪失ヤードが、結構大きかったですし。


エースWRスカイラー・フルトンも4回41ヤードに止まっていますし、

ちょっと、アレンにはこの大舞台は荷が重かったのかな、という感じです。


なお、WRノリアキ・キノシタに、目立った活躍はありませんでした。

これも残念。


何はともあれ、ギャラクシーの3年ぶり4回目のワールドボウル制覇。

おめでとうございます!


4回の制覇は、もちろんリーグ単独トップ。

ベルリン・サンダーと「3回」で並んでいましたが、突き放しました。


これをもって、今シーズンのNFLヨーロッパは終了。

初めて、シーズンを通して見ていきましたが、なかなか面白かったです。


ありがとうございました。


以上、第14回ワールドボウルの感想でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Kiyota/20060527
Connection: close