「NFL勝敗表(希望)」の補足とか このページをアンテナに追加 RSSフィード

このサイトの説明 : NFL アメリカンフットボール アメフト アメフット 勝敗表 希望 日記 ブログ 初心者 ニュース 予想 感想

本サイト →  NFL勝敗表(希望)

この日記のコンセプト

トピック一覧
イチオシ!トピックス


2006-07-22 最近のニュースより&第12週の希望

[][][] 怪我とホールドアウト


昨日書いたニュースに、言葉足らずな点がありましたので、まずはその補足を。


セントルイス・ラムズRBマーシャル・フォークが、膝の怪我で今シーズン絶望」、

と書きましたが、新たに怪我をしたわけではなく、

怪我を抱える膝を手術するために今シーズンはプレー出来ない、ということです。


早速今日、結構いろいろなところ(日本語サイト)でニュースになってましたね。

さすがフォーク

ネームバリューが違うなぁ。


それから、ついでに書いた、

ニューオリンズ・セインツRBレジー・ブッシュが契約交渉のもつれでホールドアウトか」、

という件ですが、その件についての新たなニュースが。


思い通りの契約が結べなければホールドアウトする・・・ということに加え、

なんと、その場合には、来年のドラフトに再エントリーする考えがあるのだとか。


・・・そこまでやるか。


いや、あくまで噂話であり、ブッシュ本人が言ってるわけではないんですけどね。

(もちろん、契約交渉の段階で、選手本人が何かを話すことはないでしょう)


新人選手の契約交渉のもつれについては、ちょうど1年前にも触れていました。


 http://d.hatena.ne.jp/Kiyota/20050723


もう1度、声を大にして言いたい。


NFLで活躍する自信があるのなら、

まずは試合で活躍して、その後、大きな契約を勝ち取ったらどうですか?


ホールドアウトなんて、「百害あって、ちょっとの利」ですよ、ホント。

(「一利なし」とは言えないのですが・・・)


ふと思ったんですけども、最近の新人選手の契約交渉って、

ドラフトの下位選手から順番に進められていって、

同じくらいの指名順位の選手同士は、ほぼ同じ契約内容になっていっているようなので、

だったら、最初から「何位指名は何年契約いくら」ってことを、

リーグ側が決めちゃっておけばいいんじゃないでしょうかねぇ。


そうすれば、無用の混乱も起こらなくなるだろうし。


まあ、ドラフトの本来の意味が、「契約交渉権の獲得」ってことを考えると、

ドラフトの定義から覆す必要が出てきますが・・・。


あと、契約交渉で儲ける代理人たちからは、猛反対されるでしょうけども。


どうでしょうか、次期コミッショナー様? (まだ誰になるか分からんが)


今年、「何位指名は何年契約まで」っていう上限の規定が新たに設けられているので、

あながち、方向性としては間違ってないと思うけどなぁ。


あ、あと、もう1つニュース。


フィラデルフィア・イーグルスドラフト5巡指名された、

オリンピックモーグル選手のWRジェレミー・ブルームが、

ハムストリングスを断裂しちゃったそうです。


・・・って、マジか!


うわぁ、こりゃ参った。


一応、これには「続報」がありまして、

ブルームの怪我については現在検査中」と、

アンディ・リードヘッドコーチからプレスカンファレンスが出ており、

「断裂」したかどうかについては、まだ正式発表はないようです。


でも、あんまり良くなさそうな雰囲気は漂っているなぁ・・・。


とにかく、酷い怪我でないことを祈りたいです。


[][] 第12週の希望


さて、続いては、「NFL勝敗表(希望)」の補足。

急がないと。


本日は第12週。


まずは、対戦カードと勝利チームの「希望」を。


      
アウェイホーム 希望
MIADET DET
TBDAL DAL
DENKC DEN
ARIMIN ARI
CARWAS CAR
CHINE NE
CINCLE CIN
HOUNYJ HOU
JACBUF BUF
NOATL NO
NYGTEN TEN
PHIIND IND
PITBAL PIT
SFSTL STL
OAKSD SD
GBSEA GB


この週は、恒例の「サンクスギビングデーゲーム」がある週ですが、

デトロイト・ライオンズダラス・カウボーイズがホストとなる伝統の2試合に加え、

デンバー・ブロンコスカンザスシティ・チーフスの試合が、

木曜日に行われることになります。


前にも書きましたとおり、新たに増えた「1試合」は、

他の2試合と違って、これから毎年チーフスがホストとなるわけではないのですが、

1960年(旧AFL発足時)から連綿と続いている同地区対決を持ってきたのは、

「伝統」というものも意識してのことでしょうね。


テレビ放映権の関係で作り出された「1試合」ではあるのですが、

この「枠」が、来年以降どういう展開を見せていくのか、

ということにも、注目していきたいものです。


さて、この週も、サンデーナイトゲームは「フレキシブルスケジューリング」なのですが、

当然、前述の3試合は対象外となります。


マンデーナイトゲームは、グリーンベイ・パッカーズシアトル・シーホークスの試合。


というわけで、残りの12試合の中から、サンデーナイトゲームの「希望」を。



こちらは、1970年(統一NFL発足時)から続く同地区対決。


ベンガルズは、昨シーズンどおりの強さを見せてくれれば、それなりに勝っているでしょうし、

あとは、ブラウンズが、今シーズン「いきなり」強くなっていれば、

この対決は、なかなか面白いものになるのではないでしょうか。


前にも書きましたが、今シーズンのブラウンズは期待できそうな感があり、

「いきなり」強くなるのも、十分にあり得るのではないかと思っています。


「勝敗表(希望)」の「2006年ドラフト直後Ver.」を作成した際には、

まだブラウンズにそんなに注目していなかったので、

上記の「希望」でも、「ベンガルズ勝利」となっていますが、

今の気持ちとしては、「ブラウンズ勝利」にかなり傾いています。


もし、この試合が本当にサンデーナイトゲームに選ばれるようなことになれば、

(イコール、この2チームがここまで良い成績を残せているのであれば)

AFC NORTHは、かなり凄いことになりそうですねぇ。


あ、もちろん、ピッツバーグ・スティーラーズが1番強いことを前提として。


そんなことになると面白いなぁ。

期待します。


ちなみに、この2チームの対戦成績は、現時点でブラウンズの33勝32敗。

(1982年にストライキの関係でシーズン短縮があったため、ずっと同地区なのに奇数


もし、今シーズン第2週の対戦でベンガルズが勝つことになれば、

第12週のこの対戦は、「五分五分対決」となります。

・・・シナリオとしては、なかなか良さそうかも?


以上、第12週の「希望」の補足でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Kiyota/20060722