「NFL勝敗表(希望)」の補足とか このページをアンテナに追加 RSSフィード

このサイトの説明 : NFL アメリカンフットボール アメフト アメフット 勝敗表 希望 日記 ブログ 初心者 ニュース 予想 感想

本サイト →  NFL勝敗表(希望)

この日記のコンセプト

トピック一覧
イチオシ!トピックス


2007-04-03 最近のニュースより

[][] 「最もあり得そう」なモックドラフト2007(パート2)


では、一昨日の続き。


最新の「モックドラフト」を集計して、

その結果により、ドラフトシミュレーションをしてみよう、という企画。


題して、「最もあり得そう」なのに、どこにもない「モックドラフト」。


まずは、前回までの結果です。


順位チーム選手名出身大学グループ
1位オークランド・レイダーズQB ジャマーカス・ラッセルLSU
2位デトロイト・ライオンズQB ブレイディ・クィンノートルダム大
3位クリーブランド・ブラウンズRB エイドリアン・ピーターソンオクラホマ大
4位タンパベイ・バッカニアーズWR カルヴィン・ジョンソンジョージア工科大
5位アリゾナ・カーディナルズT ジョー・トーマスウィスコンシン大
6位ワシントン・レッドスキンズDE ゲインズ・アダムズクレムソン大
7位ミネソタ・ヴァイキングスFS ルロン・ランドリーLSU
8位アトランタ・ファルコンズDE ジャマール・アンダーソンアーカンソー大
9位マイアミ・ドルフィンズT リーヴァイ・ブラウンペン州立大
10位ヒューストン・テキサンズDT アラン・ブランチミシガン大


では、続きをいってみましょう!


11位サンフランシスコ・49ersDE アダム・キャリッカーネブラスカ大
最高6位最低ランク外中間15位最頻11位


キャリッカーは、「最高6位」となっていますが、それは33個中1票だけで、

それ以外は全部11位以下の指名予想となっています。


ですので、11位で指名されたら万々歳、というところでしょうね。


まあ、ここを逃しても、15位・18位あたりに票が集まっており、

「10位台」で指名される可能性が非常に高そうな選手です。


ディフェンスエンド選手では、6位で指名されているアダムズと、

8位で指名されているアンダーソンの方が、明らかに評価は高いですが、

恐らく、ここまで残っている可能性は低い、という判断で、

「11位指名予想」で1番多いのは、元々その2人ではなくキャリッカーになっています。


まあ、それでも、残っている可能性もある、と踏んでいる人もいて、

アンダーソンは、「11位指名予想」でキャリッカーに次ぐ票を集めていますね。

(さすがに、アダムズには票は集まってないです)


他には、オハイオ州立大WRテッド・ギンミシシッピ大LBパトリック・ウィリズが、

アンダーソンと同じ票数を集めており、

それに次ぐのは、直前の10位で指名されているブランチ

・・・と、そんな感じです。


ニーズとしては、ディフェンスエンド選手あたりが1番高く、

また、ここまでの順位で全員いなくなっている可能性は低いため、

49ersとしては、それなりに良い選択が出来るのではないでしょうか。

アンダーソンが残っていたら無茶苦茶ラッキー、という)


なんか、直前に見たテキサンズが、指名順位が2つ下がったことで苦しみそうなのとは、

対照的なように見るのが、ちょっと面白いところですね。


では、次。


12位バッファロー・ビルズRB マーショーン・リンチカリフォルニア大
最高12位最低ランク外中間16位最頻16位


はい、リンチです。

グリーンベイ・パッカーズのファンは、嘆くところです。(多分)


「最頻」が16位となっていますが、「16位」というのはパッカーズの指名権。


ちょっといくつかの「モックドラフト」を見てみるだけでも、

パッカーズの指名予想の多くがリンチになっていることが分かると思いますが、

実際、集計した中でも、半数以上のもので「16位指名予想」はリンチになっています。


しかし、だからと言って、すんなりと指名できるわけではないのがドラフト


「12位指名予想」で圧倒的に多いのも、これまた、リンチだったりします。

(ちなみに、33個中14票)


パッカーズは、どうしてもリンチが指名したいのであれば、

ビルズより先に指名できるように、トレード等を考える必要があるかもしれません。


とはいえ、12位というのは低くない順位なので、ちょっと厳しいかもしれませんね。

(そこまで無理する必要は無いか・・・という意味も含めて)


リンチに次いで「12位指名予想」で多いのは、

ここまでもたびたび名前が出ております、ミシガン大CBリオン・ホールですが、

「次いで多い」と言っても「4票」なので、

ホールはここでも指名されない可能性が高そう。


・・・まだまだ落ちます。


13位セントルイス・ラムズDT アモービ・オコイエルイビル大
最高4位最低18位中間9位最頻13位


一方、もう1人の「落ちて落ちて」いたオコイエが、ここで指名。


「最高4位」ですから、随分待ちました。

その間、時間換算で、2時間15分(最大)です。


「最低18位」となっていますが、これは1票だけで、

それ以外は、全て13位以上の予想となっていますので、

オコイエにとってみれば、ここまで落ちたら「最低」なのかもしれません。


とはいえ、「最頻」が13位なのは、

「まあ、現実的な線としては、このあたりだよね」、

・・・と思われているということなんでしょう。


果たして、実際にオコイエのドキドキが何時間続くことになるのか、当日は注目です。


なお、「13位指名予想」でオコイエに次ぐのは、既に10位で指名されているブランチ

次いで、先ほど11位のところで名前の出ていたウィリズ


「新・落ちて落ちる」選手が、オコイエに替わって登場・・・?


14位カロライナ・パンサーズTE グレッグ・オルセンマイアミ大(フロリダ)
最高12位最低ランク外中間18位最頻14位


「D」グループの選手が初登場です。


「最頻」が14位ですが、ほとんどこれが最高の評価ですから、

ここで指名されたら相当喜べるところでしょうね。


まあ、オルセンは、今年のタイトエンド選手でナンバー1の評価ですから、

本人がどうこうというよりも、タイトエンドを必要としているチームがどこなのか、

・・・ということに、指名順位を大きく左右されてくるのかもしれません。


ここを逃すと、次にオルセンが指名されそうなのは16位、

更にそこも逃すと、一気に25位にまで落ちる可能性が出てきそうです。


そう考えると、オルセンは、この14位指名の間、かなりドキドキすることになるでしょう。


「14位指名予想」でオルセンに次ぐ票を集めているのは、

つい先ほども出てきたウィリズ


落ちていきます。


ちなみに、ウィリズが14位までに指名される、と予想している「モックドラフト」は、

33個中、3分の2の22個にまで及びます。


オルセンが14位指名されたとき、ウィリズは心中穏やかではないでしょうねぇ。


ウィリズに次ぐのは、フロリダ大FSレジー・ネルソン

次いで、既に9位で指名されているブラウン、となっています。


15位ピッツバーグ・スティーラーズDE ジャーヴィス・モスフロリダ大
最高13位最低ランク外中間21位最頻21位


スティーラーズも、49ers同様にディフェンスエンド選手のニーズが高いらしく、

キャリッカーモスが、同票で並んで、最も多くなっています。


さすがに、ここまで来ると、アダムズアンダーソンは残っていないでしょう、

・・・ということで、その2人には0票。


で、まあ、残っているのがモスだけなので、モス指名、と。

そんな感じです。


モスの「最頻」は21位ですが、ディフェンスエンド選手を欲しいチームが多そうなので、

それなりに高い順位で指名される可能性も高そうですね。


ただ、もちろん、上位の誰か1人でも指名が遅れたら、モスはその分後回しになるわけで、

15位指名だったら上々、21位指名で普通、

・・・と、それくらいに考えておくべきでしょう。


「15位指名予想」でモスに次ぐのは、フロリダ州立大LBローレンス・ティモンズと、

そして、「落ちて落ちて」いるホール


・・・そろそろ、本当に指名されるのか、不安になってくる頃かも・・・。


16位グリーンベイ・パッカーズCB リオン・ホールミシガン大
最高8位最低20位中間12位最頻9位・18位


「16位指名予想」で圧倒的に多いのは、12位のところで書きましたようにリンチ


それだけでも、パッカーズとしては頭を抱えるところですが、

次いで多いのも、既に14位で指名されているオルセン


そうなると、他の候補は、かなりバラけています。


ホールとギン、それからUSCWRドゥウェイン・ジャレットが、

かろうじて2票ずつ集めていますが、

「明らかにこの選手」というのは見えてきません。


・・・まあ、それもこれも、リンチに票が集まりすぎているためですが。


このシミュレーションでは、「多数決」が基本なので、

その3人の中から選ぶことになり、その中で最も高く評価されていると思われるのが、

まあ、ここまで見てきても明らかなようにホールなので、ホールとしました。


ただ、実際は微妙なところかもしれませんねぇ。


ともかく、ホールの「落ちて落ちて」は、ここでようやくストップ。


「最頻」が「9位・18位」と広がっていますが、

ホールは、この範囲で薄く票が広がっており、

いまいち、「ここで指名される」というポイントが無いんですよね。


このまま18位まで落ちていく可能性もありますが、

ただ、逆に、それ以上落ちる可能性は低そうです。

(そもそも「B」グループで、評価自体は高いんですし)


ホールとしては、9位か10位で指名されておきたいところだろうなぁ。

こちらも、2時間を越す待ち時間を過ごすことになるかどうか。


17位ジャクソンビル・ジャガーズFS レジー・ネルソンフロリダ大
最高7位最低22位中間17位最頻17位


続けて、「B」グループの選手が指名。


ただ、ホールが「ようやく」指名された感があるのに対して、

ネルソンの名前は、ここまで、ほとんど出てきていませんでした。


その理由は、ネルソンに対する票が、ほとんど「1点集中」だからです。


17位といえば、1巡も折り返し地点を過ぎたところですが、

そんな順位なのに、ネルソンに18票も入っているという偏り方をしています。


それだけ、ジャガーズのニーズがはっきりしている、ということなんでしょう。


そういう意味では、1つ前のパッカーズも同じだったわけですが、

ジャガーズにとって幸いなのは、こちらは「望みの選手が指名できそう」ということですね。


もちろん、もしネルソンが先に指名されてしまった場合、

待っているのは、パッカーズと同じ状況なわけですが・・・。


14位のところにネルソン票がいくらか集まっているので、

ジャガーズ関係者は、そこで、「指名されないでくれー」と祈ることになるのかも。


18位シンシナティ・ベンガルズCB デアエル・レヴィスピッツバーグ大
最高13位最低ランク外中間20位最頻18位


「18位指名予想」で最も多いのは、既に11位で指名されているキャリッカー


次いで、こちらも既に16位で指名されているホールと、

そしてレヴィス、という状況になっており、ここは、残っているレヴィスとなりました。


レヴィス自身の「最頻」も18位なので、その通りになれば良いところですが、

この後、19位でも20位でも、ちょっと飛んで25位あたりでも、

それなりに票が集まっているので、もし18位で指名されなかったとしても、

そんなに心配する必要はないのかもしれませんね。


もちろん、「C」グループということは、

「1巡指名されない」という予想もあるわけで、

本人にしてみたら、「大丈夫、大丈夫」と思ってはいられないでしょうが。


19位テネシー・タイタンズWR ロバート・ミーチェムテネシー大
最高7位最低ランク外中間23位最頻19位


「D」グループ2人目。


ミーチェムは、ここまで全く名前が出てきていませんでしたが、

「最頻19位」の力(?)で、ここで指名となりました。


やっぱり、「テネシー大」で「テネシー・タイタンズ」というのが、

何か影響していたりするんでしょうかねぇ?


ここを逃すと、ミーチェムの次のチャンスは23位で、

そこも逃すと、そろそろ1巡指名が怪しくなってきます。


まあ、ミーチェムは、「D」グループの中では、かなり有力な方なんですけどね。


「19位指名予想」でミーチェムに次ぐのは、

11位・16位のところで名前が出ていたギンで、

次いで、つい先ほど指名されたレヴィスと16位のところで名前が出ていたジャレット

・・・という感じになります。


ギンは、そろそろ焦り始める頃か。


20位ニューヨーク・ジャイアンツLB ローレンス・ティモンズフロリダ州立大
最高13位最低ランク外中間20位最頻20位


17位で指名されたネルソンほど票が集まっているわけではありませんが、

「中間」で「最頻」である順位で指名される、というのは、

ある意味、最も望ましいことなのかもしれませんね。


そりゃまあ、本人にしてみれば、もっと上の順位の方がいいでしょうけども。

ティモンズは、15位のところで名前が出てきていました)


「20位指名予想」でティモンズに次ぐのは、18位で指名されたレヴィスと、

テキサス大CBアーロン・ロスあたりになります。


・・・以上、本日はここまで。


そろそろ、あんまり名前を聞かない選手が増えてきましたが、

このあたりで誰が指名されて誰が指名されないか、というのが、

最終的に、ある選手が1巡指名されるかされないか、というのに大きく影響してくるところ。


ここまで、何度か名前が出てきているのに、

まだ指名されていない選手が、どこで指名されるのか。

そのあたりも、この後の注目点になってきます。


例えば、11位・13位・14位のところで名前が出ていた、

ミシシッピ大LBパトリック・ウィリズは、

ここに至ってもまだ指名されていません。


ウィリズは、「B」グループで残っている最後の1人。

今年のインサイドラインバッカー選手でナンバー1、という評価を得ています。


「最高」が7位、「最低」が28位、「中間」と「最頻」は14位、

・・・という統計情報になっており、

20位まで指名されなかったら、ウィリズにとって「かなり悪い」状況と言えるでしょう。


では、問題です。


そんなウィリズは、このシミュレーション、何位で指名されることになるでしょうか。


「最もあり得そう」なのに、どこにもない「モックドラフト」。

次回は、21位から最後までお送りします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Kiyota/20070403