「NFL勝敗表(希望)」の補足とか このページをアンテナに追加 RSSフィード

このサイトの説明 : NFL アメリカンフットボール アメフト アメフット 勝敗表 希望 日記 ブログ 初心者 ニュース 予想 感想

本サイト →  NFL勝敗表(希望)

この日記のコンセプト

トピック一覧
イチオシ!トピックス


2007-04-15 最近のニュースより

[][] 「最もあり得そう」なモックドラフト2007(2週間前版)


NFLヨーロッパの情報を遮断するのって、実は、結構大変ですね・・・。


「木下が・・・」という文字を見て、慌てて目をそらし、

アムステルダム・アドミラルズの・・・」という文字を見て、慌てて目をそらし・・・。


いやぁ、恐るべし、「活躍している日本人選手」効果。

NFL自体の情報の方が、まだ簡単に情報遮断できるよなぁ。


・・・と、いうことは、置いておいて。


本日は、以前の予告どおり、

「最もあり得そう」なのに、どこにもない「モックドラフト」の、

ドラフト2週間前版をお送りします。


今回は、4月1日以降に更新された形跡のある44個の「モックドラフト」を集計しました。


前回と期間が全く重なっていないですから、当然、1から集計しなおし。

この企画、何が大変って、この「毎回1から集計しなおし」ってところなんですけども、

まあ、おかげで、記憶力の悪い僕でも、

有力選手の名前をかなり覚えられてきたので、(「反復学習効果」はバッチリ)

それを考えると、良い面もあるのかも・・・?


さてさて、「1ヶ月前版」と比べて、どういう変化があるか。


それでは、まず、グループ分けをします。


最初は、「上位指名確実」な「A」グループ。


グループ上下選手名出身大学最高最低中間最頻
 QB ジャマーカス・ラッセルLSU1位3位1位1位
 QB ブレイディ・クィンノートルダム大2位9位3位2位
 RB エイドリアン・ピーターソンオクラホマ大3位12位6位3位
 WR カルヴィン・ジョンソンジョージア工科大1位4位4位4位
 T ジョー・トーマスウィスコンシン大2位5位4位5位
 DE ゲインズ・アダムズクレムソン大2位13位5位6位
DT アモービ・オコイエルイビル大4位13位8位6位
 FS ルロン・ランドリーLSU5位11位8位8位


オコイエが増えて8人になりました。


オコイエは、前回時点では、

「運が良ければ上位指名も十分あり得る」ということを書いていましたが、

そこから、「上位指名確実」になったわけですね。


しかも、ただ「確実」になった以上に評価が上がっているようで、

上の統計情報を見ても分かるとおり、

ランドリーよりも上になったんじゃないか、という感じです。


他の面々は、まあ、前回とそんなに変わらないかな、と思いますが、

ラッセルの評価の高さは、かなり「磐石」になってきたみたいですね。


一応、今回も1位指名予想は、ジョンソンと分け合っていますが、

割合的には、かなりラッセルに偏った状態となってきています。


次は、「1巡指名は確実」な「B」グループ。


グループ上下選手名出身大学最高最低中間最頻
DT アラン・ブランチミシガン大5位25位10位9位
T リーヴァイ・ブラウンペン州立大5位24位10位10位
 FS レジー・ネルソンフロリダ大7位28位17位17位


前回、「C」グループだったブランチとブラウンですが、


ブランチやブラウンなどは、上に掲載した「A」グループの選手たちを押しのけて、

>かなり上位で指名されているものもありましたので、

>今回は、たまたま外されているものがあった、というように考えた方が良いでしょう。


と、まさしく書いていたとおりの状況で、

今回集計した44個では、全てで「1巡指名される」となっていました。


そんなわけで、この「上昇」は、特にこの間に大きく評価が上がった、

ということではないです。


もちろん、「評価が高くない」という意味ではなく、

「前回から既に評価が高かった」という意味ですよ。


さて次に、「十中八九1巡指名されそう」な「C」グループ。


グループ上下選手名出身大学最高最低中間最頻
DE ジャマール・アンダーソンアーカンソー大5位ランク外9位11位
LB パトリック・ウィリズミシシッピ大7位ランク外12位12位
CB リオン・ホールミシガン大7位ランク外12位15位
 DE アダム・キャリッカーネブラスカ大11位ランク外15位11位
TE グレッグ・オルセンマイアミ大(フロリダ)9位ランク外16位14位
 RB マーショーン・リンチカリフォルニア大8位ランク外16位16位
 WR テッド・ギンオハイオ州立大9位ランク外19位19位
 CB デアエル・レヴィスピッツバーグ大13位ランク外20位22位
WR ロバート・ミーチェムテネシー大11位ランク外23位23位
 LB ポール・ポスルーズニーペン州立大15位ランク外24位24位


前回「B」グループだったアンダーソンウィリズホールが落ちてきています。


これは、先ほどのブランチやブラウンとは全く逆の状況で、

評価の高さから考えれば、やはり、「今回は、たまたま外されているものがあった」、

と考えるべきでしょう。


ただ、前回、「1巡指名から外れるかも?」と書いていたウィリズの名前とか、

「落ちて落ちて」いたホールの名前とかが、

ここに入っているのは、ちょっと気になるところかも・・・。


前回より評価が上がってきているのは、オルセンミーチェム


この2人は、前回の集計後の「モックドラフト」の中で、

「D」グループの選手として最初と2番目に登場していたので、

評価が上がったというよりは、

「より多くの人に有力選手だと認識されてきた」ということになるのでしょう。


次に、「1巡指名される可能性は一応高い」という「D」グループ。


グループ上下選手名出身大学最高最低中間最頻
DE ジャーヴィス・モスフロリダ大13位ランク外21位21位
LB ローレンス・ティモンズフロリダ州立大15位ランク外24位20位
 CB クリス・ヒューストンアーカンソー大9位ランク外22位22位
 WR ドゥウェイン・ボウLSU14位ランク外23位23位
WR ドゥウェイン・ジャレットUSC9位ランク外24位30位
 CB アーロン・ロステキサス大18位ランク外27位27位


「C」グループから落ちてきた中では、

特に、ジャレットの評価が大きく下がってきている感があります。


同じワイドレシーバー選手で、同じファーストネームのボウとは、

前回は明らかに評価に差があったのですが、今はほとんど変わらないか、

あるいは、ジャレットの方が低い評価とも言えるようです。


モスティモンズは、元々、同ポジションの1巡指名候補の中では評価の低い方でしたが、

「それだったら、別ポジションで評価の高い選手を取るんじゃない?」、

というように考えた人が、ちょっとだけ増えてきたのかもしれません。


次は、「1巡指名されるかどうか半々」な「E」グループ。


グループ上下選手名出身大学最高最低中間最頻
 G ジョー・ステイリー中央ミシガン大10位ランク外29位ランク外
SS マイケル・グリフィンテキサス大17位ランク外28位ランク外
LB ジョン・ビーソンマイアミ大(フロリダ)15位ランク外31位ランク外
 G ジャスティン・ブレイロックテキサス大15位ランク外32位ランク外
DE アンソニー・スペンサーパーデュー大14位ランク外ランク外ランク外
 FS ブランドン・メリウェザーマイアミ大(フロリダ)22位ランク外ランク外ランク外


グリフィンビーソンは、「半々」よりは、もうちょっと多い感じでしたが、

「D」グループの面々とは、明らかに頻度に差があったので、こちらに組み込みました。


スペンサーは、前回はグループ分けされていなかった選手。

今回は、かなり頻繁に名前を見かけるようになりました。


ディフェンスエンド選手ですから、先ほどのモスの「降下」と合わせて考えると、

いろいろと「裏事情」を考えられそうで、面白いところです。


さて、前回は「E」グループまででしたが、「半々」というほどではないけども、

結構いくつもの「モックドラフト」で名前を挙げられている、

というグループが出てきましたので、

「1巡指名されても全く不思議ではない」という「F」グループを加えておきます。


グループ上下選手名出身大学最高最低中間最頻
DT ジャスティン・ハレルテネシー大18位ランク外ランク外ランク外
G ベン・グラブスオーバーン大22位ランク外ランク外ランク外
CB マーカス・マッコーリーフレズノ州立大22位ランク外ランク外ランク外
WR シドニー・ライス南カロライナ大24位ランク外ランク外ランク外
DT デマーカス・タイラー北カロライナ州立大25位ランク外ランク外ランク外


前回「E」グループだったマッコーリーライスは、

「やや評価落ち」という感じですね。


他の3人は、前回はグループ分けされていなかった選手ですが、

グラブスは、グループ分けされていなかった中で、

唯一、集計後の「モックドラフト」に登場していた選手でしたから、

まあ、ここに名前が挙がってくるのも、妥当なところでしょう。


・・・と、以上が、今回のグループ分け結果となります。


まあ、総じて言えば、「微妙な動き」ってことになりますかね。

この中間、ドラフト指名権のトレードがあったわけでもないし、

そうそう大きな動きも無いのか。


さて、では、これを踏まえまして、

「最もあり得そう」なのに、どこにもない「モックドラフト」を。


1位から32位まで、一気にどうぞ。


順位チーム名選手名出身大学グループ前回
1位オークランド・レイダーズQB ジャマーカス・ラッセルLSU1位→
2位デトロイト・ライオンズQB ブレイディ・クィンノートルダム大2位→
3位クリーブランド・ブラウンズRB エイドリアン・ピーターソンオクラホマ大3位→
4位タンパベイ・バッカニアーズWR カルヴィン・ジョンソンジョージア工科大4位→
5位アリゾナ・カーディナルズT ジョー・トーマスウィスコンシン大5位→
6位ワシントン・レッドスキンズDE ゲインズ・アダムズクレムソン大6位→
7位ミネソタ・ヴァイキングスFS ルロン・ランドリーLSU7位→
8位アトランタ・ファルコンズDT アモービ・オコイエルイビル大13位↑
9位マイアミ・ドルフィンズDT アラン・ブランチミシガン大10位↑
10位ヒューストン・テキサンズT リーヴァイ・ブラウンペン州立大9位↓
11位サンフランシスコ・49ersDE アダム・キャリッカーネブラスカ大11位→
12位バッファロー・ビルズRB マーショーン・リンチカリフォルニア大12位→
13位セントルイス・ラムズDE ジャマール・アンダーソンアーカンソー大8位↓
14位カロライナ・パンサーズTE グレッグ・オルセンマイアミ大(フロリダ)14位→
15位ピッツバーグ・スティーラーズCB リオン・ホールミシガン大16位↑
16位グリーンベイ・パッカーズFS レジー・ネルソンフロリダ大17位↑
17位ジャクソンビル・ジャガーズWR テッド・ギンオハイオ州立大21位↑
18位シンシナティ・ベンガルズCB デアエル・レヴィスピッツバーグ大18位→
19位テネシー・タイタンズWR ロバート・ミーチェムテネシー大19位→
20位ニューヨーク・ジャイアンツLB ローレンス・ティモンズフロリダ州立大20位→
21位デンバー・ブロンコスDE ジャーヴィス・モスフロリダ大15位↓
22位ダラス・カウボーイズCB クリス・ヒューストンアーカンソー大22位→
23位カンザスシティ・チーフスWR ドゥウェイン・ボウLSU30位↑
24位ニューイングランド・ペイトリオッツLB ポール・ポスルーズニーペン州立大24位→
25位ニューヨーク・ジェッツCB アーロン・ロステキサス大25位→
26位フィラデルフィア・イーグルスSS マイケル・グリフィンテキサス大28位↑
27位ニューオリンズ・セインツLB ジョン・ビーソンマイアミ大(フロリダ)32位↑
28位ニューイングランド・ペイトリオッツFS ブランドン・メリウェザーマイアミ大(フロリダ)26位↓
29位ボルチモア・レイヴンズG ジョー・ステイリー中央ミシガン大外↑
30位サンディエゴ・チャージャーズWR ドゥウェイン・ジャレットUSC23位↓
31位シカゴ・ベアーズG ベン・グラブスオーバーン大31位→
32位インディアナポリス・コルツDT ジャスティン・ハレルテネシー大外↑


かいつまんで見ていきます。


まず、1位から7位までは、前回と変わりありません。

そして、8位に「Aグループ入り」のオコイエが登場しています。


9位と10位は、入れ替わり。

元々、どちらのチームの「指名予想」でも票を集めていた両者ですが、

ここに来て、ドルフィンズブランチテキサンズはブラウンと、

はっきりした境界が出来つつあるような感じです。


前回、「A」グループの面々に次ぐ評価、と書いて、8位指名予想だったアンダーソンが、

「C」グループに落ちるとともに、指名順位予想も13位にダウン。


先ほど、グループ分けのところでは「たまたま」と書きましたが、

そういうことが起こるのは、それなりに理由があってのことかもしれません。


「16位指名予想」は、相変わらず半分がリンチですが、

今回も、やっぱり12位でリンチを指名されてしまっています。


ただし、「12位指名予想」におけるリンチの割合は、かなり減っていて、

ウィリズが、一気にリンチに迫る票を集めてきました。


前回は、「12位指名予想」でウィリズの名前はほとんど挙がってなかったのですが、

「12位まで残ってないと思ったら、もしかしてウィリズ、残ってるのか?」、

・・・ということで、票が集まり始めたのかもしれません。


単純に、ウィリズリンチの評価を比べてみると、ややウィリズの方が高いですから、

ビルズは、リンチではなくウィリズを選択する可能性も高くなってきたような気がします。


そうなれば、16位のパッカーズも、嬉しいところなんでしょうけどねぇ。


リンチがいなくなってしまった後の「16位指名予想」は、やっぱり散々なもので、

前回と指名選手は違いますが、今回のネルソンも、

「2票集まっている中で最も評価の高い選手」という形で選んだものになります。


で、そうなると、たまったものではないのが、直後のジャガーズ


前回、「ほとんど1点集中」と書いたほどの偏りっぷりで、

ネルソンは17位指名予想となっていたのですが、そのネルソンが消えてしまったため、

泣く泣く、「次点」のギンを指名することに。

(ちなみに、今回も、相変わらず17位指名予想はネルソンに偏っています)


・・・本当にこのとおりになったら、

ビルズリンチを指名することによる、「悲しみの連鎖」になってしまうなぁ・・・。


さて、ギンは前回、21位指名予想だったのですが、

その21位のところには、15位から落ちてきたモスがピッタリと収まります。


前回、「ブロンコスは本当はモスを指名したいんだけど」と書いていましたが、

ここは、丸く収まった形になりますね。


ただし、その「原因」となった15位指名予想では、

ホールモスの票が拮抗していますので、

今回はホールとなりましたが、まだまだ分かりません。


さて、次に動きが目立つのは、23位。


先ほど、グループ分けの「D」グループのところで、

「同じワイドレシーバー選手で、同じファーストネームの・・・」と書いていましたが、

ちょうど、それが分かりやすい形で表れました。


前回、23位指名予想は、ジャレットでしたが、今回は、ボウとなっています。


そして、それは、直に30位指名予想にも影響。


チーフスがジャレットを選んだらチャージャーズはボウ、

チーフスがボウを選んだらチャージャーズジャレット

・・・という関係は、今回も変わりないようです。


ただ、前回より、チーフスはボウ、チャージャーズジャレットと、

棲み分け(?)が進んでいるようではあります。


26位より後は、さすがに不確定要素の多い下位指名だけあって、動きまくってます。


グリフィンは、前回も26位指名予想でそこそこ票を集めていました。

28位メリウェザーと、ちょうど入れ替わった形になりますね。


27位指名予想で最も票を集めていたのは、前回同様ロスなのですが、

その票数は、前回と比べ物にならないくらい多いものとなっています。


・・・まあ、どちらにせよ、先に指名されてしまっていてはどうにもならないのですが。


で、27位指名予想は、ビーソンに。

前回は、27位指名予想でビーソンの名前はほとんど挙がっていなかったので、

セインツのニーズに変化があったということなのかもしれません。


で、ビーソンは、前回、32位指名予想だったので、そちらに影響が出るのですが、

今回は、32位指名予想で1番多かったのは、ビーソンではなく、ハレルでした。


だから、まあ、コルツとしても問題なし、というところかな。


29位指名予想は、前回32位までに入っていなかったステイリーですが、

ただ、29位指名予想としては、元々そこそこ票が入っていましたね。


そして、31位は、この位置にしては不思議なほど「不動」のグラブスです。


さて、グループ分けしたときに挙げた名前は合計38人でしたので、

この32位までの表に入っていない選手が6人います。


グループ選手名出身大学最高最低中間最頻
LB パトリック・ウィリズミシシッピ大7位ランク外12位12位
DE アンソニー・スペンサーパーデュー大14位ランク外ランク外ランク外
G ジャスティン・ブレイロックテキサス大15位ランク外32位ランク外
WR シドニー・ライス南カロライナ大24位ランク外ランク外ランク外
DT デマーカス・タイラー北カロライナ州立大25位ランク外ランク外ランク外
CB マーカス・マッコーリーフレズノ州立大22位ランク外ランク外ランク外


・・・ウィリズ・・・。


どうにも、めぐりが悪い選手のようですねぇ。


まあ、先ほども書きましたように、12位(ビルズ)のところで、

ウィリズ指名予想が増え始めているようですから、

このままいけば、この「嫌な流れ」は断ち切られるかもしれません。


マッコーリーは前回27位指名予想、ブレイロックは前回29位指名予想で、

この2人は評価が落ちた形にはなりますが、

今回も、27位指名予想でマッコーリーに票はそこそこ集まっていますし、

29位指名予想でブレイロックに票はそこそこ集まっています。


入れ替わることは、十分にあり得るでしょう。


・・・以上。


「最もあり得そう」なのに、どこにもない「モックドラフト」。


次回は、「ドラフト1週間前版」・・・と考えていたのですが、

明日・明後日あたりに、トレードなどの大きな動きが無ければ、

あんまり大きく変わることもないだろうから、やらなくてもいいかな、と思ってます。


その場合、次回は「ドラフト直前版」ですね。


いよいよドラフトが近づいてきました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Kiyota/20070415