「NFL勝敗表(希望)」の補足とか このページをアンテナに追加 RSSフィード

このサイトの説明 : NFL アメリカンフットボール アメフト アメフット 勝敗表 希望 日記 ブログ 初心者 ニュース 予想 感想

本サイト →  NFL勝敗表(希望)

この日記のコンセプト

トピック一覧
イチオシ!トピックス


2007-09-28 最近のニュースより&第3週の結果(まとめ)&レシーバーランキング

[][] イメージ逆転


NFL第3週、NHKBS1で放送していた、

サンフランシスコ・49ersピッツバーグ・スティーラーズの試合の感想を。


いや、スティーラーズQBベン・ロスリスバーガー、なかなかいいじゃないですか。


先週までは、いまいち良くないイメージが強かったですし、

この試合の出だしも、そんな感じだったのですが、

中盤以降、急激に良くなったように思います。


ロスリスバーガーは、相手ディフェンスをかわしながら投げるところが真骨頂だと、

デビューの年からずっと思っているのですが、

昨シーズン芳しくなかった「動き」が、いよいよ復活してきたように感じました。


これは、今後が楽しみですね。


一方で、スティーラーズの「看板」であるランオフェンスは、確かに好調なのですが、

見ている感じでは、そんなに力強さを感じなかったようにも思います。

(合計205ヤードも獲得したランオフェンスに対して言うのも何ですが)


もちろん、大事なところで選択しているのがパスプレーだったりすることも原因でしょうが、

もっと「ゴリゴリ」が欲しいなぁ、という感じもしてくるんですよね。


というわけで、「期待のドラフト外新人」RBゲイリー・ラッセル

早く登場してくれないかなぁ・・・とか思っちゃうんですけども。


いや、ホント、楽しみにしてるんですって。


マイク・トムリンヘッドコーチ、どうぞお願いします。


簡単ですが、この試合の感想は、こんなところで。


以上、NFL第3週の試合の感想でした。


[][] 第3週の結果(まとめ)


さて、第3週の結果を振り返ってみます。


・・・あんまり、振り返りたくないのですが・・・。


           
アウェイホーム 第1弾第2弾第3弾直前 結果
ARIBAL ARI    BAL
BUFNE BUF    NE
DETPHI PHI DET  PHI
INDHOU IND    IND
MIANYJ MIANYJ   NYJ
MINKC MIN    KC
SDGB SD    GB
SFPIT PIT    PIT
STLTB STL    TB
CINSEA CIN    SEA
CLEOAK CLE    OAK
JACDEN DEN    JAC
CARATL CARATL   CAR
NYGWAS WAS    NYG
DALCHI DAL    DAL
TENNO NO    TEN
   5/165/164/164/16  
         
   26/4826/4823/4824/48  
   54.2%54.2%47.9%50.0%  


「希望どおり」が、16試合中4試合て。


ちなみに、「過去最低記録」は、昨シーズン第7週の「3試合」ですが、

そのときは、全部で13試合という中でのもの。


いや、確率的に見ても、今回の方が良いんですけどね。


でも、「12試合も「希望どおり」じゃなかった」というショックの方が大きい感じです。


あ、ただ、そんな中、インディアナポリス・コルツダラス・カウボーイズの「3連勝」は、

3週全て「希望どおり」の中でのものなので、とても嬉しいところですね。


今後も、好調さが続いてくれることを願うばかり。


とにかく、「これ以上悪いことは無い」という気持ちで、ポジティブにいきましょう!


・・・いや、ホント、これ以上悪いことは起こってくれるなよ・・・。


以上、第3週の結果のまとめでした。


[][] レシーバーランキング(第3週時点)


さて、では、現時点の「レシーバーレーティング」ランキングを。


順位(比)選手名レーティング対象回成功回成功率ヤードTDINTFUM
1位(→)WR ジョーイ・ギャロウェイ
タンパベイ・バッカニアーズ
157.1171376.5249200
2位(→)WR ランディ・モス
ニューイングランド・ペイトリオッツ
141.7252288.0392510
3位(−)TE アルジー・クランプラー
アトランタ・ファルコンズ
136.9141392.9156100
4位(↓)TE ジェイソン・ウィッテン
ダラス・カウボーイズ
135.6211466.7233200
5位(−)WR ボビー・エングラム
シアトル・シーホークス
133.7171376.5197100
6位(↑)WR アンクワン・ボウルディン
アリゾナ・カーディナルズ
127.9322268.8286300
7位(↑)WR ケヴィン・カーティス
フィラデルフィア・イーグルス
124.6301756.7302300
8位(−)WR ドゥウェイン・ボウ
カンザスシティ・チーフス
123.4171058.9135200
9位(−)WR ヴィンセント・ジャクソン
サンディエゴ・チャージャーズ
122.2181372.3179100
10位(↑)TE ダラス・クラーク
インディアナポリス・コルツ
120.1211362.0175200

NFL - My New Ratings & Stats


1位・2位は先週と変わらず。

・・・のみならず、値が先週より上がっています。


この2人の好調さが、それぞれのチームの好調さを物語っていますね。


しかし、レシーバーが好調でも、チームが好調ではないチームもあります。


3位のクランプラーは、「3連敗」ファルコンズタイトエンド

チームは絶不調ですが、頼りになるレシーバーです。


今後に向けての「光明」ではあるのかもしれません。


他に、「3連勝」カウボーイズコルツで「最も頼りになる」レシーバーも、

現時点ではタイトエンド選手。


どちらも、クォーターバックは変わらず、主力レシーバー陣も同じなのに、

昨シーズンとはちょっと違う傾向になっているのが、興味深いところです。


今週、調子が良かったのは、7位のカーティス


14回中11回成功221ヤード獲得3タッチダウンという大活躍で、

先週50位(値は「54.4」)から一気に上昇してきました。


これだけ活躍しているのに週間MVPを取れなかったのは、

まあ、それだけイーグルス自体の調子が良すぎた、ということで。

(週間MVPを受賞したのは、同僚のRBブライアン・ウェストブルック


また、6位のボウルディンも、

17回中14回成功181ヤード獲得2タッチダウンという好成績で、

先週20位(値は「97.9」)から上昇してきています。


こちらは、「QBカート・ウォーナー効果」も大きかったですね。


さて、では「QBレーティング」のランキングも見てみましょう。


 1位(→) 141.8 トム・ブレイディニューイングランド・ペイトリオッツ

 2位(−) 121.4 チャド・ペニントンニューヨーク・ジェッツ

 3位(↑) 111.9 ジェイク・デロームカロライナ・パンサーズ

 3位(↓) 111.9 トニー・ロモダラス・カウボーイズ

 5位(↑) 105.6 ジェフ・ガルシアタンパベイ・バッカニアーズ

 6位(↑) 104.9 ペイトン・マニングインディアナポリス・コルツ

 7位(↑) 103.8 デイヴィッド・ギャラードジャクソンビル・ジャガーズ

 8位(↑) 102.9 ベン・ロスリスバーガーピッツバーグ・スティーラーズ

 9位(↓) 100.9 マット・シュアブヒューストン・テキサンズ

 10位(↑)  97.8 ジョン・キトナデトロイト・ライオンズ


ブレイディは、相変わらず好調。


2位のペニントンは、先週は欠場していて「ランキング対象外」になっていましたが、

復帰してきたら、これだけの好調さ、という感じです。


ジェッツレシーバー陣には、まだそんなに目立った選手がいないところからも、

ペニントンが頑張っている様子が分かります。


3位のデロームは、好調をキープするも、怪我で途中退場。


パンサーズレシーバー陣では、WRスティーヴ・スミスが今週は不調で、

先週4位から14位に下がっています。


ギャラードロスリスバーガーあたりも、

レシーバーの活躍よりもクォーターバックの活躍の方が目立つ、という感じでしょうか。


逆に、レシーバーが上位にいるのに、クォーターバックが比較的目立ってないのは、

シーホークスQBマット・ハセルベック(12位・レーティング「97.1」)、

イーグルスQBドノヴァン・マクナブ(13位・レーティング「96.7」)、

ファルコンズQBジョーイ・ハリントン(15位・レーティング「90.6」)、

チャージャーズQBフィリップ・リバーズ(16位・レーティング「89.5」)、

チーフスのQBデイモン・ファード(23位・レーティング「77.5」)、

・・・というあたり。


なお、カーディナルズは、QBマット・ライナートが不調で、

レシーバーの値の高さは、ウォーナーに引っ張り挙げられた形ですが、

ウォーナーは「規定回数」に足りていないようで、ランキングには入っていません。


以上、第3週時点の「レシーバーレーティング」でした。


[][] ランナーランキング(第3週時点)


では、引き続き、「ランナーレーティング」のランキングを。


順位(比)選手名レーティングラン回成功回成功率ヤードTDFUM
1位(→)RB マリオン・バーバー
ダラス・カウボーイズ
140.8403690.025640
2位(↑)RB ブライアン・ウェストブルック
フィラデルフィア・イーグルス
116.1514792.229120
3位(−)RB サミー・モーリス
ニューイングランド・ペイトリオッツ
111.2332987.915120
4位(↓)RB クリントン・ポーティス
ワシントン・レッドスキンズ
110.2484083.422730
5位(↓)RB ジョセフ・アッダイ
インディアナポリス・コルツ
109.0655889.327140
6位(→)RB エジリン・ジェイムズ
アリゾナ・カーディナルズ
104.8605591.727720
7位(↓)RB ラモント・ジョーダン
オークランド・レイダーズ
101.2685580.935020
8位(↓)RB クリス・ブラウン
テネシー・タイタンズ
100.5423685.824700
9位(−)RB ロニー・ブラウン
マイアミ・ドルフィンズ
96.9453782.317720
10位(↑)RB トラヴィス・ヘンリー
デンバー・ブロンコス
96.5604981.730210

NFL - My New Ratings & Stats


1位は、相変わらず、1人だけ飛びぬけた値のバーバー

大活躍で、カウボーイズの好調さを支えています。


2位には、今週「大爆発」だったイーグルスオフェンスの中から、

週間MVPにも選ばれたウェストブルック


ウェストブルックが週間MVPに選出された理由は、

ランでもレシーブでも共に100ヤード以上獲得した、という活躍によるものですが、

ランだけでも、十分に活躍しています。


今週、ラン14回中13回成功だったように、

やはり、「成功率」の高いランニングバックがいると頼りになります。


3位には、モーリスが「規定回数」に達して登場。

ペイトリオッツ、好調なのはパスだけではありませんねぇ。


その他、比較的好調なチームの選手が並んでいますが、

あまり目立たないところでは、ドルフィンズのブラウンが、なかなか活躍しているようで。


如何せん、パスオフェンスが不調なこともあり、

勝利に結びついてはいないのですが。


ちなみに、今日の放送で見たピッツバーグ・スティーラーズRBウィリー・パーカーは、

レーティング「88.2」で19位という位置に落ち着いています。


獲得距離は多いのですが、「効率」という面で見ると、ちょっと良くないようですね。

「成功率」も、そんなに高くないし。


以上、第3週時点の「ランナーレーティング」でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Kiyota/20070928