NFL記事引用 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-07-05 7月5日の記事

レイダーズの新加入RBローズ、4試合の出場停止

 オークランド・レイダーズRBドミニク・ローズが、リーグの薬物規定違反により開幕から4試合の出場停止処分を受けることになった。リーグは詳細について明らかにしていないが、28歳のローズはオフシーズンにインディアナ危険運転により逮捕されている。そして検察飲酒運転での告訴取り下げに同意した後に、危険運転の罪を認めていた。プロ6年のローズは、2001年のプロ入りから昨季までインディアナポリス・コルツに所属。昨季は16試合出場で、ラン187回641ヤード、5TDをあげ、チームのスーパーボウル制覇に貢献していた。

 レイダーズのランオフェンスは、昨季ラン1回平均3.9ヤード、リーグワースト4位の1試合平均94.9ヤードと低迷。チームがローズと昨年の先発RBだったラモント・ジョーダンとのコンビで、ラン立て直しを目指す中でのシーズン序盤の離脱となった。今回の処分は8月31日から適用されるもので、トレーニングキャンププレシーズン全試合には出場可能だ。そして、第4週のマイアミ・ドルフィンズ戦を終えた翌日の10月1日からチームに再合流できる。また、彼と同じくタンパベイ・バッカニアーズDBトリー・コックスも薬物規定違反で開幕4試合の出場停止処分を科せられる。昨季16試合出場で30タックル、リターン18回387ヤードをあげた26歳のコックスは、スペシャルチームの中心選手として活躍していた。

NFL JAPAN:NFL2006:ニュース

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Kiyota2/20070705/p1
Connection: close