Hatena::ブログ(Diary)

まだまだペンキぬりたて

2016-03-06

[][]トーキョー下町ゴールドクラッシュ!

ストーリー
見に覚えのない罪を着せられ、務めていた証券会社を解雇された伝説の女トレーダー・橘立花。
華々しい活躍から一転、無職となった立花は、下町・人形町の商店街に偶然辿り着く。
そこで出会った人情溢れる江戸っ子たちの助けを得て、解雇の裏にある巨悪な陰謀に気づくのだが……。



第22回電撃小説大賞<大賞>受賞作品。
陥れられて辞職に追い込まれた女性トップトレーダーによる爽快な復讐劇。
うん、面白かった! M&Aのことはよく分かりませんが、分からないなりにも分かるように、しっかりと盛り上げて描いてくれていました。
何よりも女主人公の竹を割ったような性格が実に格好良くて、読んでいて清々しい気持ちになりますね。


外資系証券会社「L&L」に勤務する伝説級女トレーダー・立花。月に5億もの収益を叩き出す才能溢れる彼女が、なぜか突然解雇処分に!
立花のアカウントから行われた不正行為。それがきっかけだったことを知った立花は、必ず犯人を見つけて引きずり出すことを誓うのです……。
証券取引のことは、正直全くといっていいほど知らないのですが、知識がなくてもそれなりに理解できるように書いてくれているので、ドラマは意外なくらいすんなりと入ってきました。
いやあ、しかし熱いですね。才能ある者が不当に貶められれば、そりゃもうムカついて仕方ないわけで、だからこそ復讐のために全力を賭す立花の姿には、燃えるような情熱を感じます。
この立花という主人公が、実にいい。かつては何億という金を動かした女傑……なんだけれど、家は以外と汚いし、穴の開いたスーツを平気で着るし、案外あっさりと下町のご老人集団に交じっちゃうし、最初に感じた刺々しさとは真逆の人間味を感じさせるところが色々あって、様々な魅力を見せてくれる主人公でした。
そんな彼女が転がり込んだ下町の洋食屋に集う町人たちも、ぶっちゃけ名前は覚えられないけれど(笑)、言葉の端々から優しさが溢れるあったかい人々。
立花とはまるで縁遠いはずの人種なのに、なぜかずっと一緒にいたような気分にさせてくれる、これが下町の人情ってやつですか。


無職に追い込まれた立花でも利用できる最大限のコネを使って調べあげた犯人。
しかしそれは、その裏にどこまでも大きく広がっていた陰謀の氷山の一角でしかなかった!
あるで関係がないと思われていた事実が絡みあって、次第に浮かびあがっていく巨大な悪。そして実行犯の裏に隠れていた真犯人。
一度は会社を追われ、賠償金百億円を支払わされる可能性さえあった主人公が、全てを引っくり返すために再び会社へ戻ってくる……これでスカッとしないわけがない! 最後に全てを明らかにする立花の姿が、また切れ味鋭くて格好良いのです!
金融ミステリーというジャンルはたぶん初めて読みましたが、読み応えたっぷりで存分に楽しませてくれました。もし続くのなら、まあこの感じだと全く別のお話になるかもしれませんが、それはそれで楽しそうですね。期待して待ってます。


間宮のキャラクターは嫌いになれない。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Kizumi_penki/20160306/1457276053