ただの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-12-04 ハロプロ楽曲大賞2007 このエントリーを含むブックマーク

締め切り忘れててしまった!と思ったらトラブルで締め切りが1日のびたので投票しますよ。

例によってシングル曲ではなく、眠っている良曲を掘り起こし広めたいということでアルバム曲が中心に。

あとPVを基本的に見ない人なのでPV部門は投票していません。


5位:後藤真希 DAYBREAK 0.5Pt

残念ながらハロプロから脱退となってしまった後藤真希のハロプロラストアルバムから。

軽快なアシッドジャズのメロディとは対照的な、同アルバムの全体的な傾向である重い歌詞がマッチする。

晩節を汚したとはいえ、彼女の楽曲およびライブがハロプロの中で独自のポジションを確立し、多くのファンから

高く評価されたという事実はゆるぎない。これまでの功績も踏まえてノミネートしたい。


4位:美勇伝 恋する♡エンジェル♡ハート 1.0Pt

タイトルおよびツアータイトルに合わせた天使をイメージした衣装や、いわゆるヲタ芸「マワり」の振り付けで

インパクトを与えつつ、ライブにおいてはその軽快なメロディで演者と観客とが一体化できるキラーチューンに

まで成長した。路線が固まらず迷走を続ける彼女たちが出した一つの答えとして評価したいため選考した。


3位:℃-ute 都会っ子 純情 2.0Pt

レコ大新人賞獲得、初の紅白出場と世代交代へ向けて飛躍の一年となった彼女達の最新シングルから。

好きすぎてバカみたい」に代表される、つんく♂が好んでしばし使う一昔前のユーロビート路線は

個人的に好きであるため投票しておきたい。蛇足ではあるが、その存否が論議となる台詞部分については

これはこれでいい意味での古臭さが出てるからいいのではないか、と思う。


2位:モーニング娘。 元気+(プラス) 3.0Pt

8thアルバムを聴かずに参戦した現場で衝撃を受けたことがただただ記憶に残っている。

出だしの「優しい声が聞こえる 優しいその声が」のリフレインをはじめ、歌詞に体言止めが多く、

聴いた者に実に強いインパクトを与える。タイトルの通り、彼女たちが持つ有り余る元気を

我々に分け与えてくれる、そんな良曲であるからこそ多くの人に聴いてもらいたいためノミネートした。


1位:Berryz工房 サヨナラ 激しき恋 3.5Pt

今回ノミネートした楽曲の共通項として「ライブの1曲目」という点がある。近年のハロプロのライブに

おいては「(未発売を含む)現時点での最新シングル」及び「最新アルバム収録曲」を最初に持ってくる傾向がある。

今年に限ると前者は美勇伝初夏・後藤秋・松浦秋など、後者は安倍春・GAM娘。春などが該当する。

前置きが長くなったが、ベリ夏ツアーの1曲目は後者に該当し、そこで披露されたのがこの曲である。


1曲目はライブにおいて最も重要な位置を占めるポイントの一つであり、そこに何を持ってくるかで大きく変わる。

逆に言えばそこで流れる楽曲は印象に残りやすい。とある機会にライブDVDを拝見した時、この曲が強烈な印象に残り

それ以来ヘビーローテになったこと、そしてそれまで興味を示すことなく、いわば喰わず嫌い状態だった

彼女達のライブに一定の関心を示すきっかけとなった事実を踏まえて今年の1推し曲として投票したい。

ちなみに、5曲に絞り込む前に残っていたのを列挙すると

悲しみトワイライト女に幸あれ Hand made CITY(以上娘。)

胸さわぎスカーレットサクラハラクサ・ガキ大将(以上ベリ)

通学ベクトルディスコクイーン(以上℃)

・LULULU 純潔〜Only〜 …H(以上GAM)

鳴り始めた恋のBell(音ガタ) 

・FANTASY(美勇伝) ・LEATHER(メロン)・インナーチャイルド(後藤)


推しメン部門:三好絵梨香

ごっちんと迷ったものの、現時点での推し度を考えてみ〜よに。

投票した過去2年は紺野→後藤と投票したメンバーがいずれも翌年ハロプロを脱退(紺野は復帰)

という嫌なジンクスがあるだけに・・・


こんなところでしょうか。どう見てもDDです。本当にありがとうございました。

最後に「下町育ちの僕だから」は個人的に殿堂入りとなりました。

誰の楽曲かはググって察してください・・