ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ラディカルな経済学(旧館) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-04-16

客觀的な正義など

「最低の道徳」即「刑法」と言つたのは、要は「道徳ではないです」と云ふ事。(2010/04/15 03:15

それでは論理が成立しません。「最低の道徳」も道徳である以上、野嵜さんは「道徳は道徳でない」と仰つてゐることになります。

客觀的な正義なるものは存在しません。客觀的なものは眞理です。

眞理が客觀的であることを述べても、客觀的な正義が存在しないことの證明にはなりません。

道徳は客觀的な正義です。道徳は存在します。ゆゑに客觀的な正義は存在します。

自己の所屬する國家による財産の收奪が「ある」にしても、他の國家による收奪から蒙るであらう被害の程度と比較すればまだ増しである、と云ふ判斷はあり得ます。(2010/04/15 03:28

たしかに現實にはそのやうな判斷はあり得ます。しかし理想の上ではもつと望ましい選擇肢があります。

外敵に對する防衞は重要だからこそ、非効率な政府に任せるのでなく、遙かに効率的な民間で行ふべきです。經濟面を含め政府規制がなくなれば高度な科學技術が急速に發達し、それも民間の國防力を大きく高めるでせう。國内外いづれからも收奪の恐れがなくなり、一石二鳥です。

國防民營化により、優秀な自衞官は民間の「防衞會社」などに引き拔かれて存分に手腕を發揮する一方で、政府と軍需産業の不健全な關係もなくなるでせう。

具體的に、現在の世界の體制を、木村さんの仰る「理想」の社會に移行する爲には、全世界の全ての國家が一齋に「理想」の體制に移行しなければなりません。(2010/04/15 03:30

その必要はありません。理想の自由社會に早く移行すれば上記のやうに國防力がむしろ高まりますから、他國が同じ行動をとるまで待つ必要はありません。

惡意の存在は現實の社會建設を檢討する際の大前提となります。

政府の役割を擁護する人がしばしば忘れてしまふのは、政府もまた、生身の人間が構成する組織にすぎないといふ事實です。しかも政府には民間にない權力があります。惡意の存在を前提とするからこそ、一部の人間だけが權力といふ兇器を持つ體制は避けるべきなのです。

<こちらもどうぞ>

野嵜野嵜 2010/04/16 22:18 >それでは論理が成立しません。
木村さんは杓子定規に考へ過ぎです。

>道徳は客觀的な正義です。道徳は存在します。ゆゑに客觀的な正義は存在します。

徳目と道徳の違ひは、松原先生の御話を聞いてゐれば、御存じですよね。

>しかし理想の上ではもつと望ましい選擇肢があります。

理想の話をするなら、人間が全員、キリストか御釋迦樣みたいになれば、人間の問題は全部解決します。議論は不要ですね。

>惡意の存在を前提とするからこそ、一部の人間だけが權力といふ兇器を持つ體制は避けるべきなのです。

カオスの社會より、秩序のある社會の方が、惡意があるにしても遙かに増しです。

野嵜野嵜 2010/04/16 22:20 政府を非難する人は、民間人がやれば何でもかんでも理想的に事が運ぶと勘違ひしてゐますが、どつちもどつちです。

民間には權力がない、だから良い、と云ふのなら、新聞批判は成立ちませんね。なるほど、木村さんの意圖が讀めましたよ。

KnightLibertyKnightLiberty 2010/04/17 21:10 >民間には權力がない、だから良い、と云ふのなら、新聞批判は成立ちませんね。なるほど、木村さんの意圖が讀めましたよ。

野嵜さんからそのやうな言葉を聞くとは思ひませんでした。殘念です。

野嵜野嵜 2010/04/20 21:49 良く意味がわかりませんが、木村さんにジョークが通じなくなつたのは大變殘念です。

野嵜野嵜 2010/04/20 21:51 と言ふか、他の指摘全てを無視すると云ふのは何ですか。反論できなくなつて言葉に詰まつて、それで私の「餘計な一言」に反應したのですか。何處ぞの爺さんと同じですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証