自然エネルギーへの転換で旅の安心を!                                                            “9条”で守ろう、旅の安心、世界の未来!  

2016-06-23

[]大阪から隠岐まで55分 夏のジェット便、今年も8月に運航

人知を超えた感島・隠岐

就航10周年 日本一長い名前空港

 隠岐の空の玄関口・隠岐世界ジオパーク空港大阪伊丹空港を結ぶ日本航空(JAL)ジェット便が今年も8月1―31日に運航される。大阪からたった55分。意外と隠岐は近いのだ。

 夏のジェット便の運航は今年で10周年。期間中の搭乗率を約80%前後に保ち続け、ついに節目を迎えた。通常便は定員74人だが、その倍を超える165人が搭乗可能。定員増で夏休み観光需要対応する。

 1日1往復で、往路は伊丹12時55分発―隠岐13時50分着、復路は隠岐14時35分発―伊丹15時20分着。

初便到着時には地元保育園児による出迎えや特産品の振る舞いを行うほか、期間中は特産お菓子「そばかりん」がもらえるなどのおもてなしも。

 通常便は大阪伊丹出雲縁結び空港島根県出雲市から日本エアコミューター直行便毎日1便運航。出雲からは約25分で隠岐に着く。昨年は9―11月フジドリームエアラインズ名古屋小牧信州松本山形などからチャーター便を運航した。

 隠岐世界ジオパーク空港は昨年、開港50周年を迎えたことを記念し愛称公募で決定。日本一長い名前空港となった。小型ジェット便が発着可能な2千メートルの滑走路を持つ現空港になってからは今年で10周年。節目を迎えた今年も夏のジェット便搭乗率80%達成へ、地元では力が入っている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160623

2016-06-22

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160622

2016-06-21

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160621

2016-06-20

[]富良野市麓郷にて 麦畑の海

中村靖様のFBシェアさせていただきました。

f:id:KokusaiTourist:20160625211243j:image:w500

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160620

2016-06-19

[]各地で民泊規制緩和に戸惑い 

業界紙トラベルニュースより 

滋賀県旅館ホテル生活衛生同業組合山本清蔵理事長=紅鮎)はこのほど、滋賀県おごと温泉のびわこ緑水亭で通常総会を開いた。42人が出席した。

 山本理事長は冒頭、佐藤理事長時代から国が進めるHACCP(ハサップ=製品安全を確保する衛生管理手法)による衛生管理義務化に呼応する形で食品の衛生管理研修会を開いてきたことを報告。今年度はびわ湖花街道、湯元舘、ビジネスグリーンホテル日野の3施設HACCP(セーフードしが)認証登録施設になったことを紹介した。

 また民泊についても言及全旅連3月フランスホテル組合関係者を呼んでパネルディスカッションを開いたことに触れ「昨年11月パリで勃発したテロ実行犯民泊滞在していたことでもわかるように、民泊犯罪の温床になっているとの話だった。我々はあくまでも旅館業法範疇内での対処を訴えていきたい」と語った。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160619

2016-06-18

[]訪日客の人気観光地、1位は3年連続伏見稲荷

WEB業界紙トラベルビジョンより

 トリップアドバイザーはこのほど、「外国人に人気の観光スポット2016」を発表した。2015年4月から16年3月までの1年間に、トリップアドバイザーウェブサイト上に投稿された外国語口コミ評価をもとにしたもので、ランキングの発表は今回が8回目。1位は伏見稲荷大社2位は広島平和記念資料館3位は宮島厳島神社となり、上位3位は3年連続で同じ観光地が選ばれた。

 上位30位では、9位の東京都千代田区にあるフクロウカフェアキバフクロウ」や、15位の香川県高松市の「栗林公園」、16位の鹿児島県屋久島町の「白谷雲水峡」など、9ヶ所の観光地が新たにランクインした。アキバフクロウは、6月13日時点で141件の口コミがあり、このうち129件が外国語によるもの。「美しいフクロウと身近に触れあうことができる」などの声が寄せられたという。このほか、栗林公園は橋や池の配置の美しさなどが、白谷雲水峡は自然のなかでハイキングが楽しめる点などが評価された。

 ランキングの詳細は以下の通り。

▽「外国人に人気の日本観光スポット2016」トップ30

順位(前年) 観光地名/地域

1位(1) 伏見稲荷大社京都府京都市

2位(2) 広島平和記念資料館広島県広島市

3位(3) 厳島神社広島県廿日市市

4位(4) 東大寺奈良県奈良市

5位(8) サムライ剣舞シアター/京都府京都市

6位(12) 新宿御苑東京都新宿区

7位(18) 奈良公園奈良県奈良市

8位(11) 鹿苑寺金閣寺)/京都府京都市

9位(初) アキバフクロウ東京都千代田区

10位(-) 清水寺京都府京都市

11位(10) 箱根彫刻の森美術館神奈川県箱根町

12位(7) 高野山 奥之院/和歌山県高野町

13位(5) 禅林寺 永観堂京都府京都市

14位(24) 三十三間堂京都府京都市

15位(初) 栗林公園香川県高松市

16位(初) 白谷雲水峡/鹿児島県屋久島町

17位(14) 成田山 新勝寺千葉県成田市

18位(-) 浅草浅草寺)/東京都台東区

19位(初) 大本山 大聖院/広島県廿日市市

20位(15) 兼六園石川県金沢市

21位(9) 沖縄美ら海水族館沖縄県本部町

22位(初) 立山黒部アルペンルート富山県立山町

23位(初) 河口湖山梨県富士河口湖町

24位(20) 弥山広島県廿日市市

25位(25) 明治神宮東京都渋谷区

26位(初) 京都駅ビル京都府京都市

27位(初) サムライ ミュージアム東京都新宿区

28位(19) ギア専用劇場ART COMPLEX 1928)/京都府京都市

29位(初) 城崎温泉兵庫県豊岡市

30位(23) 世界遺産 白川郷合掌造り集落岐阜県白河村

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160618

2016-06-17

[]山陰に新たな日本遺産 島根出雲國たたら風土記

山陰地域物語求めて

地域文化物語ストーリー

f:id:KokusaiTourist:20160625114950p:image:w360:left

 文化庁の「日本遺産」に今年もまた山陰から2件が選定された。山陰特集第1弾として今回紹介する島根県からはいにしえから続く「たたら製鉄」にまつわるストーリー日本遺産に。地域根付く“物語”を追えば、おのずと地域風土がわかるというもの国宝松江城など歴史資源地域に広がる自然はそれぞれに物語を持っている。ご縁の国・島根を訪れ、日常と違う物語に身を委ねたい。

 地域文化財をまとめ、その価値や魅力を伝える「ストーリー」を認定することで観光振興や地域活性化につなげる文化庁の2016年度の「日本遺産」に4月25日、山陰から2件が選ばれた。

 鳥取県から大山町伯耆町江府町米子市の「地蔵信仰が育んだ日本最大の大山牛馬市」、島根県から安来市奥出雲町雲南市の「出雲國たたら風土記―鉄づくり千年が生んだ物語」。日本遺産創設初年度の昨年にも両県から1件ずつ認定されており、これで山陰日本遺産は4件に。これを機に、地域風土物語ストーリーを活かした観光振興の進展が期待され、山陰観光の深みは一層増しそうだ。

 島根県2市1町では、いにしえから続く鉄づくり「たたら製鉄」という独自文化を語り継ごうと、かねてから「鉄の道文化圏」を形成し取り組みを推進してきた。今回、「出雲國たたら風土記」として日本遺産認定を勝ち得たことで、地域振興への熱も一際高まっている。

 たたら製鉄は砂鉄と木炭を燃やすことで高純度の鉄を生産する技法。一時の衰退を経て近年、復活し、技術現代に受け継がれている。鉄づくりの神話が残る安来市金屋子神社、砂鉄採掘関係が深い奥出雲町棚田風景たたら製鉄鉱山町の景観が残る雲南市の「菅谷たたら山内」など地域暮らしに今もたたら製鉄文化根付いている。

f:id:KokusaiTourist:20160625115359p:image:w360:right

たたら製鉄鉱山町の景観が残る「菅谷たたら山内

 民謡安来節奥出雲町祭事「大呂愛宕ばやし」といった郷土文化も鉄の交易により増えた人の往来からもたらされたもの出雲そばや仁多米といった食も含め、自然共生するたたら製鉄文化は1千年といわず未来へと紡がれていく。

 山陰日本遺産は、昨年度は鳥取県三朝町の「六根清浄と六感治癒の地」、島根県津和野町の「津和野今昔」が認定されている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160617

2016-06-16

[]社会保障費ではすぐに財源の話になるが・・・

f:id:KokusaiTourist:20160625113522j:image:w360:left

 社会保障問題だと財源が話題になり大手メディアも強調し、国民も"洗脳"されてるのか"遠慮がち"に……。でも私自身はそんな心配をする人はあまり見たことも聞いたこともない。どうやら、財源を心配する"町の声"なるもの眉唾物かもしれない……❗メディアリテラシー大事ですね❗

 防衛費軍事費予算ではなぜ財源の話が出ないのか?・・・

 首相海外でばらまく金ではなぜ財源の話は出ないのか?・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160616

2016-06-15

[]飛騨富山の高速が乗り放題に ETC車向けプラン7月から登場

web site 乗りものニュースより

 岐阜県飛騨地域富山県内などの高速道路が定額で乗り放題になるETC限定の「速旅『ぐるっと飛騨富山ドライブプラン』」が発売されました。

期間と区間が異なる2コースから選択

 NEXCO中日本2016年6月16日(木)、岐阜県飛騨地域富山県内などの高速道路が定額で乗り放題になるETC限定の「速旅『ぐるっと飛騨富山ドライブプラン』」を発売しました。

 このプランは、行き先のエリアに応じて「富山飛騨エリア周遊コース」(連続する2日間有効)と、「富山飛騨・郡上エリア周遊コース」(連続する3日間有効)の2コースから選べます。それぞれの乗り放題区間は次のとおりです。

f:id:KokusaiTourist:20160624224820p:image:w360:left

富山飛騨エリア周遊コース

北陸道金沢IC朝日IC

東海北陸道小矢部砺波JCT飛騨清見IC

富山飛騨・郡上エリア周遊コース

北陸道金沢IC朝日IC

東海北陸道小矢部砺波JCT郡上八幡IC

 富山飛騨エリア周遊コース」と「富山飛騨・郡上エリア周遊コース」の対象区間画像出典:NEXCO中日本)。

 対象車種はETCを搭載した普通車ならびに軽自動車など(二輪車含む)。対象期間は7月1日(金)から11月30日(水)まで(8月10日から8月16日までは除く)です。値段は「富山飛騨エリア周遊コース」の普通車が3500円、軽自動車などが2800円。「富山飛騨・郡上エリア周遊コース」は普通車が6600円、軽自動車などが5300円です。NEXCO中日本ウェブサイトから申し込めます。

 なお、周遊エリアサービスエリアSA)、パーキングエリアPA)では、コーヒー1杯無料サービスなどの優待特典が用意される予定です。

 NEXCO中日本は、普通車が平日2日間に「富山飛騨エリア周遊コース」を利用して五箇山富山県南砺市)や富岩運河環水公園富山市)、宇奈月温泉(同・黒部市)、岐阜県高山市などを周遊した場合、通常のETC料金に比べ4810円安くなると紹介。「この機会にぜひドライブプランをご利用いただき、食・自然温泉祭りなど、魅力たっぷり岐阜県飛騨地域富山県の旅を満喫してください」としています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160615

2016-06-14

[] 大河、山岳高原観光長野を駆ける

上高地で「山の日」を祝う 8月11日に記念全国大会

山の日世界に向けて発信

 今年から国民の祝日になった8月11日の「山の日」。8月11日に日本代表する岳都、松本市上高地で第1回「山の日」記念全国大会が開かれる。

 山の日は「山に親しむ機会を得て山の恩恵感謝する」ことを目的に制定された。記念大会にはヨーロッパ北米中国韓国ネパールなど山に縁の深い世界各国や松本市海外姉妹都市などから駐在大使ら多数を招き、国際会議も開催する。山の日世界に向けて発信することで、日本での登山や山岳観光の魅力も知ってもらう。

f:id:KokusaiTourist:20160624223425p:image:w280:left

山の日記念全国大会全国大会ロゴ

 記念大会は前日10日に松本市の「まつもと市民芸術館」やホテルブエナビスタで開く会議やレセプションで開幕。11日に上高地で記念式典を開催する。レセプション終了後、招待者など参加者上高地に移動し、上高地宿泊する。

 式典会場は上高地バスターミナル。9時13分に上高地信州の山の魅力、文化を紹介するプロローグ主催者あいさつなどを経て、山の日制定記念音楽会が行われ、松本市に縁の世界音楽家集団による演奏で、「山の文化を育む力」を表現する。そのほか、各界からの山に寄せるメッセージの紹介や、会場には山に関連する絵画写真などの展示ブースが設けられる予定。式典の終了は10時半ごろ。

f:id:KokusaiTourist:20160624223138p:image:w360:right

当日午後には、再び会場をまつもと市民芸術劇場に戻し、一般参加500―600人程度も加わり、山の日祝祭式典を開催する。「山の日の歌」表彰式や舞踏などのライブ公演で、第1回目の山の日を祝う。

 記念式典が開催される上高地は、日本における近代登山発祥の地とされる。イギリス人宣教師登山家でもあったウォルター・ウェストンが120年前に、著書で上高地を絶賛したことでも知られる山岳観光地で、年間120万人が訪れる。最近個人旅行上高地訪問する外国人旅行者や、アジアからの団体旅行者も急増している。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160614