自然エネルギーへの転換で旅の安心を!                                                            “9条”で守ろう、旅の安心、世界の未来!  

2016-05-25

[]「アベ首相増税延期検討

拡散

f:id:KokusaiTourist:20160530175721j:image:w500

「アベ首相増税延期検討」と報道。延期じゃダメだ、アベノミクスで儲けた大企業税金払うべき(怒)。明日を決めるのは私たち政治を変えよう!6・5は全国で安倍政権を包囲!‪#‎消費税‬ ‪#‎大増税‬ は中止だヨ! ‪#‎変えよう

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160525

2016-05-24

[]“星のふる町。びえい”

f:id:KokusaiTourist:20160530124527j:image:w450

FB日本の美しい村】からシェアさせていただきました。

Photo by Nao Akimoto.https://www.facebook.com/naohiro.akimoto.5

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160524

2016-05-23

[]車内で郷土料理フルコース 「走る農家レストラン運行 長野飯山線

WEBSITE【乗りものニュース】より

 「ふるさと」がイメージされた観光列車の車内で、地元の人たちによる“郷土料理のフルコース”を楽しめる長野飯山線の「走る農家レストラン」。今年の運行計画が決定しました。

日本一信濃川を眺めながら 温泉手すき和紙体験

 JR東日本飯山線観光列車「おいこっと」を使用した「走る農家レストラン」について、今年の運行計画が決定しました。

 飯山線は、豊野駅長野市)と越後川口駅(新潟県長岡市)を結ぶ96.7kmの路線で、車窓には「日本一長い川」である信濃川千曲川)やリンゴ畑などが展開。俗に「日本原風景」と呼ばれるような、四季折々に姿を変えるのどか景色が広がります

 そして、この飯山線を走る観光列車「おいこっと」は、「訪れる人すべてにやすらぎと癒やしを提供したいという思いと、田園風景や川、山など日本人が思い描くふるさと田舎)をイメージ」した車両で、「夏休みに遊びに行っていたおばあちゃんの家」のような古民家風の内装デザインなどが特徴です。

f:id:KokusaiTourist:20160530123444p:image:w260:left

千曲川などが織りなす長野の「ふるさと」を眺めながら、長野郷土料理を楽しめる「走る農家レストラン

 こうした沿線環境車両を生かし、観光列車「おいこっと」でノンビリした風景を楽しみながら、車内で「前菜から「デザート」まで、地元食材を使った、地元の人たちが提供してくれる“郷土料理のフルコース”を楽しもうというのが、この「走る農家レストラン」です。

f:id:KokusaiTourist:20160530123554p:image:w360:right

古民家イメージされた飯山線観光列車「おいこっと」の車内

 2016年運行は「初夏コース6月18日(土)、「夏コース7月9日(土)、「晩夏コース8月20日(土)、「初秋コース9月10日(土)、「秋コース10月15日(土)、「晩秋コース11月12日(土)の合計6回。北陸新幹線接続する長野駅から飯山線観光列車「おいこっと」で森宮野原駅長野県栄村)まで往復する行程で、途中、車内での“郷土料理フルコース”ほか、温泉入浴や手すき和紙体験ブナ林の散策などが楽しめます料理体験の内容はコースによって異なる)。

ディーゼルカー2両編成の観光列車「おいこっと」。普段一般観光列車として飯山線を走る

f:id:KokusaiTourist:20160530123624p:image:w360:right

 乗車には「走る農家レストラン」のツアーへ参加する必要があり、申込みはJR東日本の駅にある「びゅうプラザ」や、電話(「びゅう予約センター」026-227-6809)で可能。代金は長野駅発着おとな1人9000円で、上田駅上諏訪駅など長野県内発着のプランも用意されています

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160523

2016-05-22

[]滞在で「現代湯治」 医療機関連携プランを設定

鳥取三朝現代湯治で六感癒す

万病の湯のホルミシス効果体感

 古くから万病の湯として親しまれてきた三朝温泉が今、提案しているのが「現代湯治」。世界有数のラドン含有量を誇る泉質と地元医療機関とのタイアップ武器に、現代人に健康増進を提案する。

 現代湯治プラン岡山大学病院三朝医療センター三朝温泉病院連携して設定。医療機関での健康療法に臨むメディカルチェックプランと、観光温泉リフレッシュしたい人向けのフリータイムプランがあり、旅館19軒が対応する2泊以上の連泊で三朝ならではの「保養リゾート」を楽しんでもらう。

 メディカルチェックプラン三朝温泉病院での診察と各種療法を用意。温泉プール療法や鉱泥湿布などの対応可能で、整形外科関係リウマチなどのリハビリテーションを行う。

 フリータイムプラン温泉入浴による湯治はもちろん、温泉街散策や小鹿渓での森林浴、サイクリング、周辺観光などを自由に組み合わせ、自然の中で好きなように時間を過ごすことで日ごろの疲れを癒してもらう。

 滞在期間中に体験できる療法も充実。三朝温泉豊富ラドン含有量免疫力自然治癒能力を高める「ホルミシス効果」を感じてもらう。

 ラドン熱気浴」はNPOみささ温泉「たまわりの湯」で。温泉の熱を利用した熱気浴室でゆっくり寝ころび、身体を温めるながらラドンを吸入することで、新陳代謝が高まり身体の免疫力自然治癒力の向上を促す。細胞から身体を元気にしようと言うものだ。

 ラドン熱気浴体験とたまわりの湯入浴セットで料金は1千円。毎週月、木曜日は休業。

f:id:KokusaiTourist:20160528223016p:image:w300:left

ラドン熱気浴で細胞から元気に

 三朝温泉宿泊客限定体験できる「鉱泥湿布」は、腰痛五十肩股関節痛など疼痛疾患への効用で知られる。三朝温泉病院では温泉で80度に温めた鉱泥をタオルくるみ、30分ほど患部を温める。料金は無料で、予約・問い合わせは宿泊旅館まで。

f:id:KokusaiTourist:20160528222841p:image:w300:right

鉱泥湿布宿泊限定

 このほか三朝温泉には足湯公衆浴場、飲泉場が点在しており、「浸かってよし、飲んでよし、吸ってよし」の三朝の実力を体感できる。

 公衆浴場・飲泉場「株湯」は三朝温泉発祥地。楠の古木の根元から湧く源泉は今も現役だ。料金は大人300円、小人150円。

 三朝温泉シンボル存在河原風呂公共露天風呂無料24時間入ることができる。足湯と飲泉場はすべて無料

 旅館でも日帰り入浴ができるほか、入浴アドバイザー「ラヂムリエ」が効能や入浴方法を教えてくれるので健康増進のための温泉利用に有効だ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160522

2016-05-21

[] 「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」鳥取では「仁風閣」にも立ち寄り

WEBSITE【乗り物ニュース】より

 5月20日(金)、JR西日本2017年春のデビューを予定している豪華クルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が、伯備線の一部区間にも乗り入れると発表しました。

f:id:KokusaiTourist:20160528083850j:image:w320:left

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」は2泊3日で周遊する「山陰山陽コース」と、1泊2日で片道移動する「山陽コース」「山陰コース」が計画されている(画像出典:JR西日本)。

 伯耆大山駅鳥取県米子市)で伯備線乗り入れ岸本駅(同・伯耆町)で(冬季江尾駅で)折り返して伯耆大山駅へ戻るという計画です。

 該当する運行コース時間帯は、1泊2日の「山陰コース上りにおける2日目朝と、2泊3日の「山陽山陰コース」における3日目朝です。JR西日本によると「『伯耆富士』と呼ばれる大山の美しい姿や四季折々の田園風景」を車窓から楽しめるといいます。

f:id:KokusaiTourist:20160528084027j:image:w300:right

伯備線の車窓から見える大山イメージ写真出典:JR西日本)。

 また、1泊2日の「山陰コース上りにおける鳥取駅での立ち寄り地については、国指定重要文化財の「仁風閣」(鳥取県鳥取市)が加わります。ちなみにすでに決定している立ち寄り地は、鳥取砂丘(同)と「砂の美術館」(同)です。

 JR西日本は「TWILIGHT EXPRESS 瑞風がご提供する美しい日本の姿を再発見する特別な旅に、どうぞご期待ください」としています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160521

2016-05-20

[]旅行クーポン九州一丸 7県6月にも発行 観光復旧へ宿泊費補助

西日本新聞より

 熊本地震の影響で落ち込んでいる観光業を立て直すため、九州7県と九州観光推進機構が共同で、九州周遊旅行クーポン券を発行することが18日、分かった。九州を訪れる観光客宿泊費の割引を受ける制度で、夏の行楽シーズンの予約が始まる6月にも発行する。

 九州では、地震被害を受けた観光地以外にも風評被害が広がった。このため、九州7県などでつくる同機構熊本大分両県などがクーポン発行の財政支援を国に要望。17日に成立した補正予算活用する方向で国と最終調整している。

 関係者によると、クーポン九州全域で使用でき、個人客や団体客の宿泊費が割り引かれる。旅行業者と連携し、クーポンの割引額を織り込んだ周遊ツアー商品もつくる。割引率や発行期間は今後詰める。

 クーポンは、国が15年度に地方創生事業の一環として実施した「ふるさと旅行券」の仕組みとほぼ同じで、国の財政支援を受けた自治体クーポンをつくれる制度宿泊費を半額補助する自治体も多かったという。

 こうしたクーポンの導入を含め、観光庁は「総合支援プログラム」を月内にも公表する方針。4月の九州宿泊者数は前年同月比で2〜3割減っており、被災した観光資源復旧などの支援策も盛り込むという。

 また大分宮崎鹿児島の各県は、県内で使える独自クーポンも発行する方針風評被害に苦しむ県内観光地に誘客を図るため、各県の予算で早ければ6月にも発行する。=2016/05/19付 西日本新聞朝刊=

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160520

2016-05-19

[]“春耕の畑風景 ……

[日本の美しい村]からシェアしました。

f:id:KokusaiTourist:20160527223839j:image:w480

北海道十勝芽室町郊外(2016-05-12)”Photo by Kazutoyo Tanaka.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160519

2016-05-18

[]京都市旅館客室稼働率は70% 15年実態調査訪日割合ホテルと大差なく

 京都文化交流コンベンションビューローはこのほど、2015年1年間の「京都市旅館稼働実態調査」を発表した。年間平均旅館客室稼働率は全国平均を大きく上回る70.1%。宿泊客全体に占める外国人客の割合は29.2%で、市内ホテルと同程度の割合だった。

 調査京都市内の旅館の稼働状況や外国人観光客対応の状況を把握するために、市内全旅館対象に初めて実施調査結果をもとに、京都府旅館ホテル生活衛生同業組合などと連携して外国人観光客の受入環境整備など旅館稼働率の向上につなげたい考え。

 年間平均客室稼働率は80%以上が36.3%、70―80%が18.6%と70%以上の施設が過半数を占めた。市内27ホテルの平均88.9%には及ばないものの全国平均の37.8%と比較すると国際観光都市京都市の人気ぶりがうかがえる結果に。

 宿泊客全体に占める外国人客の割合は29.2%でホテルの35.1%と比べても大差ない。個人・団体比率は個人客が85.4%、団体客が14.6%、平均泊数は2.1泊。居住国は1位が中国で40.5%。次いでアメリカ11.9%、台湾10.3%。フランスイギリスといった欧米諸国も上位にランクされるが、ホテルと比べて中国人の占める割合が高い。

 外国人集客への取り組み状況は「積極的」「取り組んでいる」と回答した施設は71・3%。行っているサービス対応は1位がWi―Fi、2位が泊食分離、3位が多言語メニュー作成だった。

 外国人客の受入で発生したトラブル課題を聞くと、「連絡のないキャンセルなどの防止に向けた対応」「事前情報とのギャップによるクレーム」「浴場の利用方法トラブル」といった外国人特有のものから、「旅館認知度はまだ低く、個別施設でのPRには限界がある」「安心安全治安観点から民泊は反対」「人材確保が難しい」といった旅館業界が抱える課題を訴える声があがった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160518

2016-05-17

[]京都鉄道博物館が開館 初日に1万4千人

 京都鉄道博物館が4月29日にオープンした。初日の来館者数は約1万4300人(同日17時、JR西日本発表)を記録。開館前に約2千人が列を作り、一番乗りは前々日の27日から並んでいたという。

 初日は開館予定の9時より10分早くゲートが開かれ、待ちわびていた人々がいっせいに館内に駆け込んだ。運転士になりきれる運転シミュレータ体験抽選で、日本最大級の面積を誇る鉄道模型ジオラマ運転の見学は入場制限が行われた。ミュージアムショップ(売店)では公式ガイドブック限定鉄道グッズが飛ぶように売れ、購入までに最大2時間待ちとなり、閉店時間を早めた。SL体験乗車ができる「SLスチーム号」も10から15分間隔の特別ダイヤ運行した。

f:id:KokusaiTourist:20160429161023j:image:w300:left

転車台を回る生きた蒸気機関車C62-2」

初日の来館者で賑わうトワイライトプラザf:id:KokusaiTourist:20160429090428j:image:w300:right

 京都鉄道博物館は、旧梅小路蒸気機関車館京都市下京区)と旧交通科学博物館大阪市港区)を統合して開設された、国内最大級鉄道ミュージアム。初代新幹線0系や実際に館内を走行する蒸気機関車など実物車両53両を展示・収蔵している。鉄道ファンの新たな聖地としてだけではなく、京都水族館などが隣接していることから、一帯が京都観光の新スポットとしても期待されている。f:id:KokusaiTourist:20160527222256p:image:w300:left

 オープン前日に行われた開業記念式典には、JR西日本真鍋精志社長京都市門川大作市長関係者200人以上が集まった。真鍋社長はあいさつで「子どもから大人まで楽しんで体験していただける博物館を目指します」と話した。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160517

2016-05-16

[]国内は6.5%増 2月の旅行取扱

 観光庁がまとめた2月の主要旅行業者の総取扱額は、前年同月比3.2%増の4749億2600万円だった。

国内旅行は同6.5%増の3090億2200万円。人気が続く北陸に加え、ふるさと効果東北方面好調だった。

 海外旅行は同4.0%減の1544億3900万円。円安などによる需要減と欧州方面不振が続いている。外国人旅行は同26.3%増の114億6500万円。引き続き東・東南アジアから訪日客が好調

 49社のうち29社が前年同月を上回った。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/KokusaiTourist/20160516