“9条”で守ろう、旅の安心、世界の未来!  

2016-01-08

[][]善光寺住職らが初詣客に戦争反対訴え

毎日新聞長野県版より

f:id:KokusaiTourist:20160108213548p:image:w360:left

初詣客らに戦争反対を訴える若麻績敏隆住職右手前)

長野市大門町大門交差点安全保障法制撤廃を求める全国の医師看護師らが3日、善光寺への初詣客でにぎわう長野市大門町交差点で、戦争反対を訴える集会を開いた。市民団体いのち暮らしを脅かす安全保障関連法に反対する医療介護福祉関係者の会」(事務局千葉県南房総市)が主催。参加した約20人が計3時間にわたり、安全保障関連法廃止を訴えた。

横浜市神奈川区内科医沢田貴志さん(55)は「皆が医療を受けられるのは憲法のおかげ。その憲法無視して法律が作れるなどということを既成事実にしてはならない」と主張した。元八十二銀行頭取茅野實さん(82)は「言論を封じての軍事化は、満州事変に突き進んだ頃の日本と同じ」と語った。

 ゲストとして登壇した善光寺白蓮坊の若麻績敏隆(わかおみびんりゅう)住職は「恨みは連鎖するというのが、お釈迦様の大切な教え」とした上で、「日本は、自らの心に、そして他者の心に、恨みを持たせない政治こそ目指すべきではないのか」と訴えた。

2015-12-29

2015-09-17

[][]まるで「天安門」、阿鼻叫喚の国会前―安保法制反対デモを警察側が過剰警備で弾圧、一部参加者の逮捕も

ジャーナリストの志葉玲さんのFBをシェアしました。

f:id:KokusaiTourist:20150917094924p:image:w360:left

 どけ!どけ!」一際大きな怒号があがったかと思うと、デモ参加者を抱えた警察官らがすごい勢いで突っ込んでくる。危うく、突き飛ばされ、カメラを落とすところだった。緊迫する国会情勢を反映してか、16日の国会前の警備状況は異常な状況。取材していた筆者の頭には「天安門」という言葉がよぎった。

 筆者はここ数日、毎日国会前を取材しているが、16日の警察の警備体制は明らかにいつもと異なっていた。「カマボコ」と呼ばれるバスのような大型護送車で文字通り壁を作り、抗議する人々を歩道に押し込めた。「カマボコ」と歩道の間に若干、通り道は確保されていたが、すぐにいっぱいとなり、人々はぎゅうぎゅう詰めにされ、気分を悪くする人々が続出。大多数のデモ参加者はそれでも理性的に抗議活動を続けていたものの、一部の参加者らが警察官らと押し合いになり、筆者が見ている前だけで数人が逮捕された(一部報道では「13人逮捕」)。

f:id:KokusaiTourist:20150917095037j:image:w360:right

 こうした騒乱もあって、学生団体SEALDsも一時的に抗議のスピーチやコールを中断せざる得なくなった(その後、再開)。これに先立ち、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動」の高田健さんは、マイクを握り「警察側は、ことあるごとに『事故が起きないよう規制している』と主張するが、こんな警備体制では参加者の安全はとても確保されない。警察は過剰警備をやめるべきだ!」と批難していたが、警察側の圧力はどんどん増していったのであった。

2015-08-03

[][]「クーデターに近い」…坂本龍一氏が安保法案反対集会で怒り

日刊ゲンダイ2015年8月1日から

 f:id:KokusaiTourist:20150802191933p:image:w360:left

「安保法制は、正面から改正することなく、解釈によって憲法をなし崩しにしようという、クーデターに近いものだと思っています」

 世界的ミュージシャンも安倍政権に「反対」ののろしを上げた。学生たちでつくる「SEALDs」と大学教授らが31日、都内で安保法制反対の集会を開催。約4000人が参加した集会で、坂本龍一氏(63)の怒りのメッセージが読み上げられた。

 坂本氏といえば、中咽頭がんを患い療養中の身だ。病身を押して安倍政権の姑息なやり方に憤りの声を上げた坂本氏。女性が戦争への拒否感を示すことに理解を示すとともに、若者たちが危機感を覚え声を上げたことを称えた。

 会場にいた高千穂大准教授の五野井郁夫氏はこう言った。

「坂本氏は日本の危機的な状況をしっかりと理解している。安保法案を危惧し、声を上げずにはいられなくなったのではないか。世界中にいる多くのファンたちも共感するでしょう」

「SEALDs」の中心メンバー、奥田愛基さん(23)は、坂本氏にこんなメッセージを送った。

「体調が万全でない中、わざわざ声を上げてくれて、とても感謝しています。体調がよくなったら、ぜひ一緒に国会前抗議に参加してほしい」

 日増しに拡大する安保法案反対デモ。坂本氏だけでなく、今後も著名人の賛同者が増えるのは確実。いよいよ廃案が現実味を帯びてきた。

2015-08-02

[][]後方支援は兵站です!

どう見ても、戦争法案でしょう。これ。

f:id:KokusaiTourist:20150801221225j:image:w360:left(しんぶん赤旗)

参院委員会質疑から

福島「なんで弾薬が武器じゃなくなったんですか? 解釈を変えたんですか?」

中谷防衛相「これまでは米軍のニーズがなかったんです」

福島「ふざけた答弁はやめてください。米軍のニーズができたら武器提供ができるようになるのか」

…これはまた一段と酷い答弁だわ。

2015-07-29

[][]安倍政権のゴンデモ答弁!

今日の国会質疑から

f:id:KokusaiTourist:20150730231524j:image:w360:left

大塚委員(民主党)「わが国に対して直接の武力攻撃も、その意志も、その予測もない国を存立危機事態と認定して武力行使することは先制攻撃ではないか」

岸田外相「国際法上は先制攻撃」

安倍首相「先制攻撃ではなく集団的自衛権。攻撃する意図を隠しているかもしれない」

 こんなこと言い出したらキリがありません。人にしろ国にしろ、行動や意志表示があってこそ、周囲がそれを評価・判断するのであって、何も“表”に出てないことには、論評出来ないことはもちろんのこと。ましてやそれを勝手に一方的な判断で実力行使できるなんて…もうムチャクチャな言い分です。誰にでもわかること。何よりもこんな答弁が国の最高権力者が立法の最高機関で平然と…恐ろしいです。そしてあまりにも恥ずかしい、イヤ恥知らずなことです。

2015-06-07

[][]「安保法制憲法違反」衆院審査会参考人全員が批判

毎日新聞 2015年06月04日 21時34分(最終更新 06月04日 23時19分)

f:id:KokusaiTourist:20150607230142j:image:w360:left

 衆院憲法審査会は4日、与野党が推薦した憲法学者3人を招いて参考人質疑を行った。この日は立憲主義などをテーマに議論する予定だったが、民主党の中川正春元文部科学相が、集団的自衛権行使容認を含む安全保障関連法案について質問したのに対し、全員が「憲法9条違反」と明言した。政府・与党は今国会で、関連法案の必要性を丁寧に説明して国民の理解を得ようとしているが、専門家から批判的な見解が示されたことで、今後の審議への影響を懸念する声も出ている。

 ◇「解釈、整合性確保」官房長官

 参考人は、自民党、公明党、次世代の党推薦の長谷部恭男氏、民主党推薦の小林節氏、維新の党推薦の笹田栄司氏。自民党の委員に続いて質問に立った中川氏は「先生方が裁判官なら安保法制をどう判断するか」と各氏の見解を聞いた。

 長谷部氏は集団的自衛権行使容認について「憲法違反だ。従来の政府見解の基本的枠組みでは説明がつかず、法的安定性を大きく揺るがす」と指摘。「外国軍隊の武力行使と一体化する恐れが極めて強い」と述べた。

 小林氏も「憲法9条は海外で軍事活動する法的資格を与えていない。仲間の国を助けるために海外に戦争に行くのは憲法違反だ」と批判した。政府が集団的自衛権の行使例として想定するホルムズ海峡での機雷掃海や、朝鮮半島争乱の場合に日本人を輸送する米艦船への援護も「個別的自衛権で説明がつく」との見解を示した。

 笹田氏は従来の安保法制を「内閣法制局と自民党が(憲法との整合性を)ガラス細工のようにぎりぎりで保ってきた。しかし今回、踏み越えてしまった」と述べた。

 これに対し、安保法制に関する与党協議会で公明党の責任者だった北側一雄副代表は「9条でどこまで自衛の措置が許されるか、(憲法解釈を変更した)昨年7月の閣議決定に至るまで突き詰めて議論した」と反論。憲法上許される自衛の措置には集団的自衛権も一部含まれるという見解を示して、違憲ではないと強調した。

 これに関連し、菅義偉官房長官は4日の記者会見で「憲法解釈として法的安定性や論理的整合性が確保されている」としたうえで、「まったく違憲でないという著名な憲法学者もたくさんいる」と述べた。

 しかし、3人の参考人がそろって安保法制を批判したことに、自民党国対幹部は「自分たちが呼んだ参考人が違憲と言ったのだから、今後の審議に影響はある」と認めた。一方、民主党の長妻昭代表代行は会見で「本日の憲法審査会での議論を踏まえて質疑する」と述べ、5日に再開する衆院平和安全法制特別委員会で政府を追及する考えを示した。【田中裕之、高橋克哉】

 長谷部恭男氏(はせべ・やすお)早稲田大大学院法務研究科教授。東京大卒。著書に「憲法平和を問いなおす」など。

 小林節氏(こばやし・せつ)慶応大名誉教授。慶応大卒。著書に「白熱講義! 集団的自衛権」「憲法改正の覚悟はあるか」など。

 笹田栄司氏(ささだ・えいじ)早稲田大政治経済学術院教授。九州大卒。著書に「司法の変容と憲法」「実効的基本権保障論」など。

2015-05-23

[][]沖縄2紙に意見広告を! 辺野古に米軍新基地をつくるな!

f:id:KokusaiTourist:20150523211139p:image:w500:left

f:id:KokusaiTourist:20150523211137p:image:w500:left

2015-05-16

[][]これが紙面 ニューヨークタイムス意見広告

f:id:KokusaiTourist:20150516215433p:image:w360:left

 5月3日憲法記念日に、「戦争する国づくり ストップ❗」の全面意見広告が掲載されたニューヨークタイムスアジア版です。紙面の大きさは、タテ58 ヨコ36僂如日本の新聞より一回り小さいですね。この紙面の全面広告です。

 全国からの3000件を越える応募で、掲載費用と事務諸経費をどうにか賄えたようです。この勢い❗で、事務局では沖縄辺野古に基地を作らせないために、沖縄慰霊の日の6月23日、沖縄タイムス、琉球新報の現地2紙に意見広告掲載する運動をスタートさせました。

2015-05-11

[] アメリカがオスプレイ17機と関連装備を30億ドル(約3600億円)で日本に売却。

f:id:KokusaiTourist:20150511225910j:image:w360:left

 もともとアメリカでは新品で一機3千万ドル(約36億円)と言われていて、17機なら(約612億円)です!何で6倍も出して買うのか?おまけに販売じゃなくて売却とは!予備のエンジン40基や補器塁を付けるっていう事は中古の可能性が高い。もう無茶苦茶!アメリカの従属ここに極まれり!

http://www.recordchina.co.jp/a108207.html

  本当ならオスプレイなんか必要ないけど、必要なら必要で何で価格交渉しないのか?  日本の企業には入札で競争させておいて、節税に取り組んでいるって言っておきながら、アメリカには言い値ですか?

世界中探しても、こんなデタラメな税金の使われ方をする国は日本と韓国ぐらいなもの。

 安倍首相がワシントンで「どこまでも付いて行きます!」と演説したのはこういうことだったのか。