Hatena::ブログ(Diary)

Koonies/こりゃいいな! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |
2011 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2012 | 05 | 06 |

2011-09-06

keyhacでCapsLockをモディファイアキー定義して無理矢理使う

keyhacの話。ある2chのスレを見ていたら、keyhacでCtrlとCapsLockキーを入れ替えようとしたが無理だった、というやりとりを見かけました。

CapsLockというキーは他のキーとは違いDownのイベントは発生するけど、Upは発生しない(ドライバマスクしているらしい)ため、Ctrlと入れ替えた場合、押されっぱなしの状態になるとか。

試しにkeyhacで内部ログON*1にして、CtrlとCapsキーを押してみると

# Ctrlを押して離した場合

IN  : D-LCtrl
TRU : D-LCtrl
IN  : U-LCtrl
TRU : U-LCtrl
IN  : O-LCtrl

# CapsLockを押して離した場合

IN  : D-(240)
TRU : D-(240)

という風にCapsLockは「U-(240)」が出力されていません。だから入れ替えは無理、か。確かにこれは無理だなと思う反面、出来ないと言われると、何とかしたくなるのが人情

で、色々考えた末、入れ替えは無理でもユーザー定義モディファイアキー*2としてなら使えるかもと思い、書いてみました。

コード

# config.py

from keyhac import *


def configure(keymap):

    ## 関数実行時にモディファイアの状態をリセットするデコレータ
    def reset_modifier(func):
        import functools

        @functools.wraps(func)
        def _reset_modifier(*args, **kw):
            # モディファイアの状態を無理矢理リセット
            keymap.modifier = 0
            # 関数実行
            return func(*args, **kw)
        return _reset_modifier

    ## JobQueue/JobItem でサブスレッド処理にするデコレータ
    def job_queue(func):
        import functools

        @functools.wraps(func)
        def _job_queue(*args, **kw):

            num_items = JobQueue.defaultQueue().numItems()
            if num_items:   # 処理待ちアイテムがある場合は、その数を表示
                print u"JobQueue.defaultQueue().numItems() :", num_items

            def __job_queue_1(job_item):
                return func(*args, **kw)

            def __job_queue_2(job_item):
                # print "job_queue : ", func.__name__, args, kw
                pass

            job_item = JobItem(__job_queue_1, __job_queue_2)
            JobQueue.defaultQueue().enqueue(job_item)

        return _job_queue

    ## 一定時間経過後にモディファイアの状態をリセット
    @job_queue
    def auto_reset_modifier():
        import time
        WAIT_TIME = 0.5  # 秒
        time.sleep(WAIT_TIME)
        # モディファイアの状態を無理矢理リセット
        # if keymap.modifier: print keymap.modifier
        keymap.modifier = 0

    @reset_modifier
    def minimize():
        keymap.getTopLevelWindow().minimize()

    # どのウインドウにフォーカスがあっても効くキーマップ
    keymap_global = keymap.defineWindowKeymap()

    # ユーザモディファイアキーの定義:CapsLock(240) --> U1
    keymap.defineModifier("(240)", "U1")

    # 単体押しは一定時間後にモディファイアの状態をリセット
    # keymap_global["U1"] = auto_reset_modifier     # これだとキー表記エラー
    keymap_global["(240)"] = auto_reset_modifier

    # Caps + a : ウィンドウ最小化
    keymap_global["U1-a"] = minimize

関数定義で@reset_modifierのデコレータを使うと、関数の実行時にモディファイアキーの状態をリセットします。これによりCapsLockキーの押されっぱなしを防止しています。

これで一応モディファイアっぽく使えます。ただしタイトルに「無理矢理」と書いたように同時押しでなくても

CapsLockを押す → 離す → (0.5秒以内に)Aを押す

でも認識されてしまいます。また、CapsLockを押したままA、Aと2回押すと、2回目のAは同時押しではないAになってしまう等の欠点があります。

■ さいごに

日頃からCapsLockキーって押しやすい場所にあるのに全然使ってないなと思っている方はどうぞ。

■ 参考リンク

ページが見つかりませんでした - craftware

キーカスタマイズソフト 2

*1:トレイアイコン右クリック→内部ログONをクリック

*2:Ctrl・Shift・Alt・Winキーのような装飾キー

2011-08-09

keyhacでカラーピッカー(画面上の任意の場所から色コード取得)

20110808232618現在はまっているkeyhac*1Win+Cを押すとマウスカーソル位置の色コードを取得し、クリップボードコピーするようにしてみました。

■ コード

from keyhac import *

def configure(keymap):

    ## バルーンヘルプ(ツールチップ)を指定の位置に開く
    #
    # keyhac_keymap.py / popBalloon() を流用
    #
    def pop_balloon(name, text, timeout=None, pos=None):
        if pos == None:
            # オフセット量
            OFFSET_X = 0
            OFFSET_Y = -20

            # マウスカーソルの位置を取得
            pos_x, pos_y = pyauto.Input.getCursorPos()
            pos_x += OFFSET_X
            pos_y += OFFSET_Y
        else:
            pos_x, pos_y = pos

        keymap.balloon.setText(pos_x, pos_y, text)

        if keymap.balloon_timer:
            keymap.killTimer(keymap.balloon_timer)
            keymap.balloon_timer = None

        if timeout:
            def onTimerCloseBalloon():
                keymap.closeBalloon(name)
            keymap.balloon_timer = onTimerCloseBalloon
            keymap.setTimer(keymap.balloon_timer, timeout)

        keymap.balloon_name = name

    ## カーソル位置のRGB情報取得
    def color_picker():
        root = pyauto.Window.getDesktop()
        img = root.getImage()

        width, height = img.getSize()
        x, y = pyauto.Input.getCursorPos()

        if not (0 <= x < width and 0 <= y < height):
            rgb = u"範囲外"
        else:
            start = (width * y + x) * 3
            buf = img.getBuffer()[start:start + 3]
            r, g, b = [ord(c) for c in buf]

            if 0:  # 10進表記
                rgb = u"(%d,%d,%d)" % (r, g, b)
            else:  # 16進表記
                hex_24_bit = lambda val: u"#%06X" % val
                rgb = hex_24_bit((0x10000 * r) + (0x100 * g) + b)

        pop_balloon("color_picker", rgb, 1500)
        setClipboardText(rgb)
        print rgb

    keymap_global = keymap.defineWindowKeymap()

    # カーソル位置のRGB情報取得
    keymap_global["W-c"] = color_picker

■ さいごに

no titleに触発され書いてみました。このリンク先とは違って取得するカラーコードは16進表記になっています。もし10進表記の方がよければコードの中の「if 0:」を「if 1:」へ変更してからお使い下さい。

■ 参考リンク

*1Autohotkeyみたいなフリーソフトで、Pythonコードで色んなソフトショートカットキーを設定できる

2011-08-08

keyhacでクリップボード内のJavaScriptコードを整形/圧縮(JSBeautifier/SlimIt)

JavaScriptをさわってる人ならご存知の人も結構いそうなOnline JavaScript beautifier。JavaScriptコードを見やすく整形してくれるWebサービスです。

僕はブックマークレットを作る際など便利でよく使っているのですが、サイトを見てるとコマンドラインバージョンということでPythonコードでも公開されていました。探したらSlimItという圧縮する方も発見。

keyhac*1クリップボード内のテキストに対して直接実行できたら便利だろうなと書いたのが ↓ のコード。

Win+Jで整形、Win+Sift+Jで高圧縮、Win+Ctrl+Jで低圧縮、というキー配置にしています。

from keyhac import *

## 関数を返す関数にするデコレータ
def ret_func(func):
    import functools

    @functools.wraps(func)
    def _ret_func(*args, **kw):
        @functools.wraps(func)
        def __ret_func():
            return func(*args, **kw)
        return __ret_func
    return _ret_func

## JobQueue/JobItem でサブスレッド処理にするデコレータ
def job_queue(func):
    import functools

    @functools.wraps(func)
    def _job_queue(*args, **kw):

        num_items = JobQueue.defaultQueue().numItems()
        if num_items:   # 処理待ちアイテムがある場合は、その数を表示
            print u"JobQueue.defaultQueue().numItems() :", num_items

        def __job_queue_1(job_item):
            return func(*args, **kw)

        def __job_queue_2(job_item):
            # print "job_queue : ", func.__name__, args, kw
            pass

        job_item = JobItem(__job_queue_1, __job_queue_2)
        JobQueue.defaultQueue().enqueue(job_item)

    return _job_queue

## JavaScriptコードを整形
# JSBeautifier : http://jsbeautifier.org/
@job_queue
def jsbeautifier():
    import jsbeautifier
    clipboard_text = getClipboardText()
    if clipboard_text:
        js_options = jsbeautifier.default_options()

        js_options.jslint_happy = True
        new_code = jsbeautifier.beautify(clipboard_text, js_options)

        setClipboardText(new_code)
        print
        print "/*  jsbeautifier  */"
        print "// before --------------------"
        print clipboard_text
        print "// after --------------------"
        print new_code

## JavaScriptコードを圧縮
# SlimIt : http://slimit.org/
# PLY : http://www.dabeaz.com/ply/
@ret_func
@job_queue
def jsminify(mangle=False):
    import slimit
    clipboard_text = getClipboardText()
    if clipboard_text:
        new_code = slimit.minify(clipboard_text, mangle)

        setClipboardText(new_code)
        print
        print "/*  SlimIt (mangle=%s)  */" % mangle
        print "// before --------------------", len(clipboard_text), "byte"
        print clipboard_text
        print "// after --------------------", len(new_code), "byte"
        print new_code

def configure(keymap):

    keymap_global = keymap.defineWindowKeymap()

    # JavaScriptコードを整形
    keymap_global["W-j"] = jsbeautifier

    # JavaScriptコードを圧縮(高圧縮)
    keymap_global["W-S-j"] = jsminify(mangle=True)

    # JavaScriptコードを圧縮(低圧縮)
    keymap_global["W-C-j"] = jsminify(mangle=False)

ライブラリインストール

・JSBeautifier

https://github.com/einars/js-beautify/raw/master/python/jsbeautifier.py

↑ のファイルをkeyhacのextensionフォルダコピーする。

・SlimItとPLY(コード解析)

https://github.com/rspivak/slimit

圧縮ファイルをダウンロードし、圧縮ファイルのsrcフォルダ下にslimitをフォルダごとkeyhacのextensionフォルダへコピーする。

http://www.dabeaz.com/ply/

圧縮ファイルをダウンロードし、圧縮ファイルのplyをフォルダごとkeyhacのextensionフォルダへコピーする。

■ さいごに

ブックマークレットをよく書くという方は特に便利だと思うので、よかったら使ってみてください。

■ 参考リンク

*1Autohotkeyみたいなフリーソフトで、Pythonコードで色んなソフトショートカットキーを設定できる

2011-07-31

keyhacのPythonスクリプトにも便利なデコレータ

引き続き、keyhacネタ。keyhacPythonでスクリプト(設定ファイル)を記述するのでもちろんデコレータも使えます。デコレータの説明はdecorator.htmlが分かりやすかったので、こちらを見ていただくとして早速コードの紹介。

■ 処理時間計測

上記のサイトで紹介されていたのをちょこっといじったのが、最初に紹介する処理時間計測をするデコレータ。

・デコレータ
from keyhac import *

## 処理時間計測のデコレータ
def profile(func):
    import functools

    @functools.wraps(func)
    def _profile(*args, **kw):
        import time
        timer = time.clock
        t0 = timer()
        ret = func(*args, **kw)
        print '%s: %.3f [ms] elapsed' % (func.__name__, 1000 * (timer() - t0))
        return ret
    return _profile

↑ をconfig.pyの先頭で定義しておく。そして、以下のように測りたい関数の直前に@profileを挿入する。

・使用サンプル
def configure(keymap):

    ## メモ帳を起動
    @profile
    def exe_notepad():
        shellExecute( None, None, "notepad.exe", u"", u"" )

    keymap_global = keymap.defineWindowKeymap()
    keymap_global["W-n"] = exe_notepad

するとこの関数が実行されたとき(=Win+Nが押されたとき)にkeyhacのコンソール画面に以下のような情報が出力されるという仕掛け。

exe_notepad: 352.611 [ms] elapsed

新しく関数を追加するときなどに、こうした方が処理は速くなるかな?ってときにお手軽に時間計測できます。機能は地味だけどとても便利。

■ サブスレッド処理

つぎはサブスレッド化ってやつを簡単にするデコレータ。処理に時間がかかる関数は、サブスレッド処理で実行することが推奨されているようです。

・デコレータ
from keyhac import *

## JobQueue/JobItem でサブスレッド処理にするデコレータ
def job_queue(func):
    import functools

    @functools.wraps(func)
    def _job_queue(*args, **kw):

        num_items = JobQueue.defaultQueue().numItems()
        if num_items:   # 処理待ちアイテムがある場合は、その数を表示
            print u"JobQueue.defaultQueue().numItems() :", num_items

        def __job_queue_1(job_item):
            return func(*args, **kw)

        def __job_queue_2(job_item):
            # print "job_queue : ", func.__name__, args, kw
            pass

        job_item = JobItem(__job_queue_1, __job_queue_2)
        JobQueue.defaultQueue().enqueue(job_item)

    return _job_queue
・使用サンプル

メモ帳起動関数をサブスレッド処理化。(関数定義の前に@job_queueを付ける)

    @job_queue
    def exe_notepad():
        shellExecute( None, None, "notepad.exe", u"", u"" )

もし ↑ をデコレータ使わずに書いたら ↓ になる。

    def exe_notepad():
        def _exe_notepad_1(job_item):
            shellExecute( None, None, "notepad.exe", u"", u"" )

        def _exe_notepad_2(job_item):
            pass

        job_item = JobItem(_exe_notepad_1, _exe_notepad_2)
        JobQueue.defaultQueue().enqueue(job_item)

1つ2つなら良いが、毎回この処理を書くのが面倒になってきて、デコレータを使うようにしたらすごく楽チンになった。

■ キー定義

3つ目はキー定義。このキーが押されたらこの関数の実行するというのを関数定義と一緒に行う。

・デコレータ
from keyhac import *

## キー定義用デコレータ
def def_key(window_keymap, key):
    def _def_key(func):
        window_keymap[key] = func
    return _def_key
・使用サンプル

このデコレータは、@def_key(ウィンドウキーマップ, キー表記文字列) という風に使う。

def configure(keymap):

    keymap_global = keymap.defineWindowKeymap()

    ## メモ帳を起動
    @def_key(keymap_global, "W-n")  # Win + N
    def exe_notepad():
        shellExecute( None, None, "notepad.exe", u"", u"" )

これは以下のコードと同等になる。

def configure(keymap):

    ## メモ帳を起動
    def exe_notepad():
        shellExecute( None, None, "notepad.exe", u"", u"" )

    keymap_global = keymap.defineWindowKeymap()
    keymap_global["W-n"] = exe_notepad  # Win + N

このデコレータではコード記述量は減らないが、関数定義とキーへの紐付けを同時にできるのでコードがシンプルで分かりやすくなる。

■ 関数を返す

4つ目は関数を返す関数にするデコレータ。引数をともなう関数をキー割り当てするときには、関数を返す関数にする必要がある。それが面倒になって作ったのがこのデコレータ。

・デコレータ
from keyhac import *

## 関数を返す関数にするデコレータ
def ret_func(func):
    import functools

    @functools.wraps(func)
    def _ret_func(*args, **kw):
        @functools.wraps(func)
        def __ret_func():
            return func(*args, **kw)
        return __ret_func
    return _ret_func
・使用サンプル

関数定義の前に@ret_funcを挿入する。

def configure(keymap):

    # 引数のパスを起動する
    @ret_func
    def exe_sub(path):
        shellExecute( None, None, path, u"", u"" )

    keymap_global = keymap.defineWindowKeymap()
    keymap_global["W-n"] = exe_sub("notepad.exe")

これは以下のコードと同等になる。

def configure(keymap):

    # 引数のパスを起動する(デコレータ無し版)
    def exe_sub(path):
        def _exe_sub():
            shellExecute( None, None, path, u"", u"" )
        return _exe_sub

    keymap_global = keymap.defineWindowKeymap()
    keymap_global["W-n"] = exe_sub("notepad.exe")

■ さいごに

とりあえずこんなところで。デコレータおもしろい。というかPythonおもしろいです。また何かあったら追加しときます。

追記(2011.08.02)

■ キー定義(別パターン)

3つ目のキー定義の亜種。このサイトの@addtoを使ってwindow_keymapを呼び出し可能にしてしまう。上で書いたやつよりシンプルでいいかもしれない。

・デコレータ
from keyhac import *

# http://wiki.python.org/moin/PythonDecoratorLibrary#Easy_adding_methods_to_a_class_instance
def addto(instance):
    def decorator(f):
        import types
        f = types.MethodType(f, instance, instance.__class__)
        setattr(instance, f.func_name, f)
        return f
    return decorator

def configure(keymap):

    def define_window_keymap(*args, **kw):
        window_keymap = keymap.defineWindowKeymap(*args, **kw)
        print args, kw

        @addto(window_keymap)
        def __call__(self, key):
            def def_key(func):
                self[key] = func
            return def_key

        return window_keymap
・使用サンプル
    # keymap.defineWindowKeymap の代わりに define_window_keymap を使う
    keymap_global = define_window_keymap()

    # 通常どおりのキー設定も可能
    keymap_global["S-C-w"] = "LWin"

    # デコレータにもなる
    @keymap_global("W-n")
    def exe_notepad():
        shellExecute( None, None, "notepad.exe", u"", u"" )

■ 参考リンク

2011-07-18

keyhacからcomtypes経由でExcelマクロ関数をコールする

前回に引き続き、keyhacネタ。keyhacPythonコードでWindowsのショートカットキーをカスタマイズできるフリーソフト。バージョン1.34からcomtypesが使用できるようになった。

このおかげでWScriptでやれていたことがkeyhacでもできるようになった。下記コードのようにすればExcel側で定義している自作マクロ関数も呼び出せる。

from keyhac import *


def configure(keymap):

    def personal_xls(macro_name, *args):
        def _job_1(job_item):
            import comtypes.client
            xl = comtypes.client.GetActiveObject("Excel.Application")

            is_older_than_2007 = lambda: float(xl.Version) < 12
            if is_older_than_2007():
                book_name = "PERSONAL.XLS"
            else:
                book_name = "PERSONAL.XLSB"

            xl.Run(book_name + "!" + macro_name, *args)

        def _job_2(job_item):
            # print macro_name, args
            pass

        job_item = JobItem(_job_1, _job_2)
        JobQueue.defaultQueue().enqueue(job_item)

    # Excel用キーマップ
    keymap_excel = keymap.defineWindowKeymap(exe_name=u"EXCEL.EXE")
    # ボタンを大きくするマクロ
    keymap_excel["C-S-b"] = lambda: personal_xls("SwitchLargeButtons")
    # 引数付きの関数もコール可能!
    keymap_excel["C-S-m"] = lambda: personal_xls("Macro1", u"abcde.")
    keymap_excel["C-S-n"] = lambda: personal_xls("Macro1", u"あいうえお!")

一応Excel2003も2007も動くようにしている。

それとSwitchLargeButtonsは前に書いたやつ → 一発でエクセルのボタンをビッグサイズに切り替えるマクロ

ちなみにこのコードではJobQueueを使っているが、これを使わずに直に関数コールするとエラーにになってしまう。

ERROR : _onKeyDown failed
[Error -2147417843] アプリケーションが入力同期呼び出しをディスパッチしているため、呼び出せません。
Traceback (most recent call last):
  File "keyhac_keymap.pyo", line 804, in _onKeyDown
  File "keyhac_keymap.pyo", line 728, in _keyAction
  File "C:\Program Files\craftware\keyhac\config.py", line 1764, in <lambda>
  File "C:\Program Files\craftware\keyhac\config.py", line 1747, in personal_xls
  File "comtypes\client\__init__.pyo", line 180, in GetActiveObject
  File "comtypes\__init__.pyo", line 1165, in GetActiveObject
  File "_ctypes/callproc.c", line 936, in GetResult
WindowsError: [Error -2147417843] アプリケーションが入力同期呼び出しをディスパッチしているため、呼び出せません。

Excelは無理なのかなと色々試してたら一応動いた。結果オーライ。ますますkeyhacが便利になったなー。

■ 参考リンク

2009 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 10 |
2011 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2012 | 05 | 06 |
日記の検索

ads
最近のコメント
etc
あわせて読みたいブログパーツ