Hatena::ブログ(Diary)

現場指向のブログ

プロフィール

Kouhei_Toki

システムの運用・保守について、いろいろと。

 | 

2012-12-06

Spring IntegrationとMuleの棲み分け

今回のブログは、Spring Framework Advent Calendar 2012の6日目の記事として投稿します。

Springに関係する内容として何を書こうか考えたところ、最近、私の周りでよく話題になるSpring IntegrationとMuleについて、妄想レベルですが、書きたいと思います。

Spring IntegrationとMuleは、どちらもEAIのプロダクトとして知られており、EIP(Enterprise Integration Patterns)に従って作られています。ですので、プロダクトの選定時の候補として、どちらを採用すべきか比較されることが多いのですが、実は、用途が結構違うのではと考えています。なぜかと言うと、サービスバス(データの流れを制御する部分という意味で使っています)によって疎結合にしようとする対象が違う(と思う)からです。

Muleの場合、サービスバスは、スタンドアロンサーバの上に存在します。

f:id:Kouhei_Toki:20121206064005p:image

ですので、システム間を疎結合にする場合に向いていると言えます。

これに対し、Spring Integrationの場合は、サービスバスが、各システム(Javaアプリ)の中に存在します。

f:id:Kouhei_Toki:20121206064047p:image

ですので、アプリ内のプログラム間を疎結合にする場合に向いていると言えます。

こう考えると、2つのプロダクトは棲み分けが出来ているので、以下の図のように併用しても良いかもしれません。

f:id:Kouhei_Toki:20121206064120p:image

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Kouhei_Toki/20121206/1354744223
 | 
Connection: close