AFTER★SE7EN このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-09-15 16分で20億円を稼ぐジェイコム男ことBNF氏 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

B・N・Fがマスメディアに初めて登場したのは2005年12月8日、新規上場したジェイコム株式においてみずほ証券男性担当者が「61万円1株売り」とすべき注文を「1円61万株売り」と誤注文し株式市場を混乱させたジェイコム株大量誤発注事件である。

この事件において7,100株を取得、同日中に市場で1,100株を売り抜け、残る6,000株(発行済み株式の41.38%)を現金決済(20億3,500万円)していたことが大量保有報告書で分かった。

この誤発注事件において個人利益としては最高額となった。わずか10分程度の間に自己資金40億円以上を投入し、当日の売買益は不明ながらも強制決済による清算益だけでも約20億円超を稼いだ計算になるが当人は「いつもと変わらず冷静だった」と語っていた。

この事件以降、しばしば雑誌テレビの取材に顔を伏せて答えていたが、2006年2月28日テレビ東京の『ガイアの夜明け』で素顔を明らかにする。2008年5月17日には日本経済新聞の1面に顔写真入りで紹介される[2]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/B%E3%83%BBN%E3%83%BBF

D

D

D

D

D


千葉県市川市内に2億円の中古の二世帯住宅の豪邸を購入し、親には高級自家用車クラウンマジェスタ)を贈り、港区の4億円の高層マンションを購入したこと以外には、特別に贅沢をしておらず、普段は専用のトレードルームに引きこもって1人で取引している。

満腹感による眠気や「集中力の欠如」を避けるため、朝食はとらず、昼食はカップラーメンを食べる[8]。買い物は「100円ショップ」も利用する。2006年の『ガイアの夜明け』出演時には「趣味も特にない」と言っていたが、2007年東京スポーツインタビューでは趣味競馬を挙げ、馬主になる可能性を示唆した。ただし馬券は買わないとのこと。ジェイコム事件当時はPHSを連絡先として使用している。

株式トレードに強い意欲がある訳でもないが、目の前に儲けられる機会があるのに無視するのは損するのと同じと考えており、止めることができないと語っている。

株価が気になって海外旅行にも行くことができない。

他人の金の運用はしたくないと言っており、証券会社の雇われトレーダーなどになる予定は無く、ソフトバンク孫正義社長と会談した際に資産運用するよう頼まれたが断っている。

北畑隆生経済産業事務次官2008年1月同省の関連団体の講演会デイトレーダーに批判的な内容の話をした件について、「講演で話したことなので、正確な意図は分からない」と前置きした上で、「批判には慣れているので『またか』という印象です。」とコメントをした[9]。

2008年番組出演にさいして対談をした久米宏によると、日本の食糧自給率の低さに関心を持ち、将来農業の立て直しに役立ちたいとの思いがあるとのこと[4]。

ネットトレードを始めた時は大学に在学していたが、卒業までの単位を2科目残したまま中退している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/B%E3%83%BBN%E3%83%BBF